挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
八男って、それはないでしょう!  作者:Y.A
3/195

第三話 辺境最南端貧乏貴族家。

「……」

 あの睡眠学習とでも言おうか、夢の中でヴェンデリンの情報を得た俺はその後すぐに目を醒まし、同じく目の覚めた他の兄弟達と共に屋敷の食堂で朝食を食べていた。

 屋敷とはいえ、そこは貧乏下級貴族。
 それなりに部屋数はあったし、書斎や食料や金品・武具などをしまう倉庫などもあったが、俺の感覚で言えば精々で豪農の家に毛が生えた程度でしかない。

 実際にこの家で個人の部屋が貰えるのは、当主アルトゥル四十五歳と、正妻ヨハンナ四十四歳の他には、長男クルト二十五歳に、次男ヘルマン二十三歳だけであった。

 残りの俺も含めた四人の兄弟は、一つの部屋に押し込められていたのだ。
 三男パウル十九歳、四男ヘルムート十七歳、五男エーリッヒ十六歳。

 まさに、部屋住みの悲哀という奴であった。
 昔の時代小説などに良くあった設定だ。

 なお、妾であるレイラ三十一歳は普段は実家である名主の家の別邸に、六男ヴァルター十四歳、七男カール十三歳、長女アグネス十一歳、次女コローナ十歳と一緒に住んでいた。

 何か名前だけはドイツ貴族風で立派なのだが、実際はこんな程度かと思うのはどこの世も同じであり。
 それと昨日の夢からの情報であったが、これだけの大人数で住めるほど屋敷の部屋が多くなかったのと、本妻と妾が仲が悪いのはいつの世でも一緒という事情かららしい。

 それに、妾の子達はうちの男子連中のように貴族としての教育という物を受ける必要もない。
 よって、向こうの子供達とはあまり交流はないらしい。

 記憶の中のヴェンデリンも、数度顔を合わせたくらいだ。

 領地内の有力者である名主の跡取息子達と没交渉な当主やその妻というのも考え物だが、別に俺が継ぐわけでもないのでどうでも良いであろう。

 あとは屋敷を維持する使用人達であったが、先代から仕えている執事のアーベル七十一歳に、メイドも四名いるが、これは若い子にするとまたあの家庭計画ゼロの父アルトゥルが孕ませてしまう可能性があるので、全員村のバアさんばかりになっていた。

 他にも戦時に軍を指揮する従士などもいるのだが、みんな基本普段は村の中で農夫や職人、猟師、鍛治師などとして働いているので屋敷にはおらず、全員村内にある自宅から通勤していた。

 こんな辺境の貧乏村で、兵農分離とかは夢物語でしかないようだ。

 有事の際に、忠誠を誓った主家のために兵を出す。
 そのために、狭いとはいえ領地を貰っているのだが、肝心の戦争とやらはここ二百年以上も発生していないらしい。

 そもそも、この現当主アルトゥル・フォン・ベンノ・バウマイスターが治めるバウマイスター騎士領は、主家であるヘルムート王国領内の南端にある。

 現在ヘルムート王国の仮想敵国は、王国のあるリンガイア大陸をほぼ南北で二分しているアーカート神聖帝国だけである。
 更にこの両国は、ヘルムート王国は南方未開発領域に、アーカート神聖帝国は北方の未開発領域の開発に資金と労力を多く費やしていた。

 つまり、両者共に戦争などしている余裕がなかったのだ。

 それでも、今から二百年前くらいまでは、数年に一度は諸侯軍の召集があったらしい。
 だが、無駄に人・金・食料・物資ばかり消費して損ばかりであると言う理由から、国境線を確定して停戦条約を結んでしまっていた。

 更に、その後両国間で貿易も始まってしまったので、今では極一部の強硬派を除いて、戦争などという言葉を口にする者はいなくなってしまったそうだ。

 どうやら、戦争にだけは借り出されないで済むらしい。
 その部分では、ラッキーとも言える。

「あなた、いかがなされましたか?」

 黒パンに野菜と肉の細切れの入った、塩だけで味付けしたスープ。

 何とも味気ない食事であったが、朝から肉が食えるのは貴族の証であるらしい。
 貴族は一日三食、農民は一日二食。

 パンとスープのメニューに、身分差はあまり存在しないらしい。
 ボソボソと硬い黒パンが、柔らかい白パンになったり、そこに、ジャム、バター、チーズ、紅茶などが付くか。
 あとは、スープの具が貧しいか豪華になるくらい。

 農村と都市部、他にも地域によっても大分差はあるようだが、俺が聞いている範囲ではそういう事のようであった。
 本当に事実なのかは、外の地域に行ってみないとわからないのだが。

 ただ残念なお知らせであったが、我がバウマイスター騎士領はかなり貧しい方であるらしい。

「冒険者ギルド支部の設置だが、見事に断られてしまった」

「まあ、お仕事ならいくらでもありましょうに」

「もっと開けていて、交通の便も良い、同じように稼げるポイントならいくらでもあるそうだ」

 我が新しい父アルトゥルは、半分ほど残ったスープ皿の前で苦虫を噛み潰したような表情をしていた。

 前に、この新しい世界には魔法が存在する事が確認されたが、今度は冒険ギルドまで存在する事が確認された。
 魔法があると言う事は、これは魔物のような生物も存在していて、これを狩って生活の糧にする冒険者も存在するのではないかと思っていたからだ。

「うちの領内の魔物は手強いからな……」

「父上、ここは一度軍を召集してある程度を一気に狩らないと」

「クルト、それは出来んのだ。ブライヒレーダー辺境伯殿の二の舞はゴメンだからな」

 長男で跡取り息子のクルト兄さんが、『領内で軍を集めて一気に討伐しては?』と進言したが、それは父アルトゥルによって退けられてしまう。

「あの……、父上?」

「何だ? ヴェンデリン。スープのお替りなら無いぞ」

 昨日の夢の情報によると、俺は八男で現在数えで六歳。
 しかも、一つ上の七男とは七歳も年が離れている。
 食事の席も一番端であったし、家が貧乏なのであろう。
 ただ質問をしただけなのに、スープのお替りを無心したと思われるところが、この家が貧乏である証拠とも言えた。

「いえ、スープのお替りの話ではなくて、ブライヒレーダー辺境伯様が魔物の討伐軍を出した件についてです」

「ああ、数年前に一部の利権を条件にバウマイスター騎士領内の魔物の討伐をお願いしたのだ……」

 相当の利権を条件に、断腸の思いでお願いしたらしいのだが、下手に大軍で魔物の領域に攻めたために向こうを無駄に刺激してしまい、ブライヒレーダー辺境伯の二千人の軍勢は哀れ壊滅的な打撃を受けたらしい。

 直後にブライヒレーダー辺境伯は代替わりをし、新しい当主の最初の仕事が壊滅した諸侯軍の建て直しだったらしいので、相当に大損害だったようだ。

「新しいブライヒレーダー辺境伯殿に言われたよ。『他領の利権を貰うなど、貴族としては相応しくないので』とな。要するに、二度と我がバウマイスター騎士領内の魔物とは関わらないという事だな」

 どうやら俺は、とんでもない魔境で成人までを過ごさなければいけないようであった。
 そう思うと、口に入れたスープが途端に不味く感じられるのであった。

 実際、少量の塩でしか味付けされていないので、あまり美味しい物ではなかったのだが。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ