挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
八男って、それはないでしょう!  作者:Y.A
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

193/205

第百五十二話 高速アキツシマ島統一。

「キリキリ働くのである!」

「無謀な戦で荒らした分は、開墾で倍にして返せよ。せっかく魔力があるんだ。生産力の増大に貢献するように」

「「「わかりました!」」」



 この世界にいた織田信長、武田信玄、上杉謙信の通り名を持つ三人の少女達は、俺達膨大な魔力を持つ魔法使いの前に膝を屈した。
 天下統一のためだからという理由で本気の犠牲が出る戦を行った罪により、三名は当主の地位を強制引退。

 元々クーデターで当主の地位に就いた者もいたので、彼女達はいなかった事とされた。
 織田家は、北条家で匿われていた信長の父織田信秀が一日だけ当主に復帰、信長の弟で信勝という少年がいたので、彼が本来の通り名信秀を継いで当主となった。

 隠居した信秀も、暫くは信勝の補佐を行う。
 織田家の新しい通り名信長は夢幻と消え、彼女は織田吉子に戻っている。

 武田家も、北条家が匿っていた信虎が旧武田領の代官として一日だけ復帰。
 すぐに信玄の弟信繁が、従来の武田家当主信虎の名を継ぎ、新しい通り名信玄も二度と使われない事が決まった。

 彼女も、ただの武田晴美となる。

 上杉家も同じで、先代為景の名を継いだ竜子の従兄が上杉家の家督を継いでいる。
 謙信の通り名はタブーとなり、謙信は上杉竜子に戻った。

 実家を追われた三人は、今罰として導師監視の下で魔法による開墾を行っている。
 戦で荒れた東部地域の復興と開発を、責任を持って行う事になったのだ。

 逃げようにも、監視役は導師である。
 それに、魔導飛行船がないのに小さな船で逃げても、たかが中級レベルの魔法使いだと確実に海竜の餌であろう。

 特にこの島の周辺海域には、海竜の巣が大量に確認できた。
 彼女達だと、頑張っても一回に十匹倒せればいいくらいだ。
 その程度だと、仲間を殺されて怒り狂った他の海竜達の餌食にされてしまう。

 この島が一万年以上も外部と交流がなかったのには、ちゃんとした理由があったのだ。
 彼女達が魔導飛行船を奪っても運行は不可能だし、他の場所に逃げても生活が成り立つ保証もない。

 三人は、導師監視の下で大人しく土地を開墾していた。
 攻撃魔法が得意なようで未熟な点も目立つが、それはブランタークさんなどが指導する事になった。

「バウマイスター伯爵様、私達は戦の方が得意なのですが……」

「南部平定の時には是非ご指名を!」

「戦でこそ、私は輝くのです」

「却下。お前らは、多くの東部諸侯に恨まれている。戦で荒らした場所を元に戻すのが最優先だ」

 この三人がDQNと言われる所以は、今までのこの島のルールでは一向に統一できないと本気の戦を仕掛けてしまった事だ。
 織田家は、今川家、水野家、松平家などの領地を奪う、武田家も村上家、諏訪家、木曽家の領地を奪っている。
 上杉家も反抗的な家臣の領地を奪い、神保家、畠山家などの領地を奪った。

 犠牲者も出ており、この三家は新当主になっても肩身が狭い状態であった。
 おかげで、東部全体の代官は領地を奪われた領主とその家族を匿って養っていた北条氏康に、その補佐に負傷から復帰した今川義元がついている。

 匿われていた領主達も、代官としては復帰できたので喜んでいる。
 領主ではなくなったので不満がある者もいるかもしれないが、あの三人のDQNを魔法で圧倒した俺に逆らうほど、現実が見えていないわけでもないであろう。

 それに彼らからしたら、俺よりも三人の方が憎いという者の方が多いのだから。
 処刑しろと言う者もいたが、俺がこの三人を生かして開発作業に従事させているのは、バウマイスター伯爵家への不満や怒りが、彼女達に向かって統治が楽になるからである。

 復興や開発で扱き使っているので利益もあり、こういう考えに至る俺は貴族らしくなったのであろうか。

「それに、こう言っては悪いが大した戦力にならない」

「そうですね。うちは上級魔法使いが多いですから」

 リサから見ても、この三人の実力は普通の中級魔法使い。
 この島の中では天才扱いだが、リンガイア大陸では上級魔法使いに圧倒され、魔族の国は普通の人。
 領主階級で魔力が遺伝するというこの島独自の特徴があったが、長い年月で徐々に魔力が劣化していき、遺伝しても初級レベルが平均になっていた。

だからこそ、外部からの刺激が欲しいという気持ちもあったのかもしれない。

 アキツシマ島の住民が異民族であるバウマイスター伯爵家の支配を素直に受け入れたのには、上級魔法使いの多さがあった。
 黒硬石の岩盤をぶち抜いて井戸を掘れる魔法使いがここ数百年出現しておらず、彼らは水不足が深刻化するかもしれない危機に怯えていた。
 そこに新たに井戸を掘れる俺達がきたので、特に悪政を働くわけでもなく、受け入れて当然という流れになったようだ。
 外部との交易も行え、移民も可能かもしれないという点もあった。

「うぉーーー! 外の魔法使いがここまで凄いとはぁーーー!」

 この三人の他にも、開墾を手伝っている者達がいた。
 行動はDQNだったが一定の支持者がいた彼女達について、主家を出た者達がいたからだ。

 柴田勝家、武田四天王、小島弥太郎の他に、十数名の初級魔法使いが開墾を手伝っている。
 前田利家、丹羽長秀、滝川一益、武藤喜兵衛、柿崎景家とか、どこかで聞いたような名前の者が多かった。

「それでも、監視は必要だから面倒だな」

「そうですね。監視を緩めて暴れられでもしたら押さえる手間が面倒です」

 今はとにかく、開発で魔力を搾り取って余計な事を考えないようにしないといけない。
 それにしても、導師のみならずリサも監視役として置いているから井戸を掘る速度が下がって困ってしまった。

「ほら見ろ、信玄。お前が陰湿な手段ばかり用いるから、お館様に信用されないのだ」

「人の事が言えるのですか? 今川義元を奇襲で大怪我させたあなたに」

「私のように正々堂々と戦えば、そのような評価は受けぬのです」

「戦バカの謙信に言われたくない」

「お前は、容赦なく戦うから怖いんだよ」

 怒られるのでちゃんと作業をしながらであったが、この三人敵対していた割には会話が弾んで仲がよさそうに見えてしまう。
 今は同じ立場だから、余計そういう風に見えるのであろうか?

「織田家の家督を弟の信勝に取られてしまった。あいつと親父は、今の領地なしで給金を貰って代官をするくらいならちょうどいいか」

「うちの信繁も同じです。彼は父に気に入られていましたからね」

「今の上杉家の家督なら、特に未練もありません。暫くは魔法の修練をしつつ、機会を狙います」

「機会だと? 謙信、また兵でも挙げるのか?」

「信玄、今さらそんな事をして何になるというのです。私は、勝ち目のない戦は嫌いなのです」

「それは奇遇だな。私も負けるのは嫌いだ」

 またよからぬ事を考えていないだけマシか。
 この三人は勝利するのが好きだから、無謀な、最後の意地を見せるための反乱などを起こさないというわけだ。

「信長、何か考えたのですか?」

「簡単な事だ」

「簡単な事?」

「この島で平定されていない場所は南部だけ。あの三好長慶でも成し遂げられなかったアキツシマ島の統一はお館様によって成し遂げられる」

「それはわかります。それが何か?」

 信玄は、何を今さらそんな事をという表情を浮かべた。

「落ち着け、謙信。ならば、次に我らが目指すものは何か? ずばり! 私が女だからこそできる天下取りの方法。お館様の寵愛を受け、産まれた子供がこの島全体の代官に任じられれば勝ちなのだ!」

「秋津洲高臣、細川藤孝、伊達藤子などがいますが……」

 信玄は、この三人が俺の妻の座を狙っている情報を掴んでいた。
 この世界の信玄も、情報収集に長けているようだ。
 今はどうなっているのか知らないけど。

「これより抵抗がないわけでもないが、女として色々と磨く必要があるな。エリーゼ様達が産んだ子供達は、あくまでもバウマイスター伯爵領本領を継いだり、家臣になる身。私がお館様の子を産んで寵愛されるように女を磨くのだ」

「信長がそういうのであれば、この武田信玄も負けていられません」

「つまり、これは女の戦なのですね。受けて立ちましょう」

 この三人、そういう相談は俺がいないところでやってくれないかな?
 これ以上、厄介な女はいらないんだが……。

「リサ、俺、あいつらは嫌」

 なかなかの美人なのだが、既に俺のイメージではDQN三人娘でしかない。
 俺は元々、前世では普通で真面目な学生だった。
 この三人はヤンキー系に見えてしまい、生理的に苦手な部類に入る女達に見えるのだ。
 俺の子供を産んだ直後に騒動を起こさない保証もないし、このまま距離を置いておきたかった。

「何かうっ憤を晴らせる場所が必要でしょうか?」

「ルルがいた島にある魔物の領域にでも押し込もうかな」

 冒険者にしてしまい、毎日魔物を狩らせて余計な事を考えさせないようにしようか?
 パーティメンバーは、三人についてきた、一緒に追放された家臣達でいいであろう。

「となると、今が絶好の機会か?」

「そうなのか? 信長」

「わからぬのか? 謙信。今お館様の傍には、年増のリサ様しかおらぬではないか」

「なるほど! 他に女はいないな」

「ここでこの信玄がお館様の寵愛を受け、お前らはガサツな女だから無視されるのだな」

「リサ、どうどう」

「あの三人、面白いですね……」

 この三人、そんな会話を俺達に聞こえるようにしているのが凄い。
 距離が離れているので、俺とリサが監視も兼ねて三人の会話を魔法で盗聴しているだけなのだが、彼女達に年増扱いされたリサの顔に冷たい笑顔が浮かぶ。

「信玄のような発育不足女に需要などない。ここは、この三人の中で一番胸も大きく、腰も細い私が寵愛されるに決まっておろう」

「信長、胸の大きさなら、私もそう変わらないぞ」

「戦バカの謙信など、お館様が相手にするか。今は女にも癒しが求められるのだ」

「信長のどこに癒しがあるのだ? エリーゼ様ならわかるが……」

 謙信の言うとおりだ。
 俺も、この三人に癒しなどないと思っていた。

「ふん、私に負けているからといって。今は、ここにいる女子の中で一番ならいいのだ。私の魅力を持ってすれば、年増のリサ様など」

「年増のリサ様に勝ったはいいが、私の事を忘れていないか?」

「信長も謙信も笑えるな。年増のリサ様に勝っても、ここに戦の天才改め、女の天才上杉謙信がいるではないですか」

「……」

「リサ、ドウドウ」

 あの三人、聞こえていないと勝手に勘違いして、とんでもない話をしていやがるな。
 俺はもう知らないぞ。

「旦那様、少し失礼します」

「あんまりやりすぎないようにね」

 リサは、少しの間その場から離れた。
 きっと、あの昔のような衣装に着替え、化粧をしに行ったのであろう。

「うーーーむ、毒には毒を持って制すである!」

 数分後、リサは俺達と初めて出会った時と同じ服装とメイクで現れた。
 そのあまり衝撃に、信長達は口をあんぐりとさせながら動けなくなってしまう。

「よくも散々言ってくれたね! お前らも、もう十年すれば年増なんだよ! 無駄口叩く前にこれは罰なんだ! 真面目に働きやがれ!」

 三人に怒鳴りながら、リサが無造作に『冷気』を近くの巨岩に放つと、カチンコチンに凍ってしまった。
 彼女の『冷気』魔法は、俺が使用する『絶対零度』の概念を参考に、以前よりも大幅に強化されている。
 続けて、リサが完全に凍結した巨岩に『氷弾』をぶつけると、巨岩は粉々に砕け、空中に舞った微細な岩片が日の光でキラキラと輝いていた。

「役立たずなうえに余計な事を考えたら、お前らも木っ端微塵に砕いて畑の肥料にするぞ! わかったか?」

「「「了解しました!」」」

 リサの変化に驚いた三人はその日一日中リサに厳しく監視され、ヘトヘトになるまで開墾作業に従事させられてしまう。
 翌日以降は普段の姿に戻ったが、またいつあのメイクと衣装になるのか不安で仕方がない三人は、素直にリサの指示に従うようになるのであった。






「あの三人の考える事など、容易に想像がつきます」

「罰で働かされているのを理解しているのでしょうか?」

 DQN三人組の監視を導師とリサに任せ、俺は大津城へと『瞬間移動』した。
 現在の大津城は完全にバウマイスター伯爵家の拠点となり、アキツシマ島副代官である雪がすべての統治実務を取り仕切っていた。
 雪は魔法は使えないが、俺よりも年齢が一つ下で女性なのに物凄く有能な文官であった。
 軍勢を任せても上手く指揮を行い、本人は刀術、槍術、弓術、斧術、薙刀術、馬術、操船の達人でもある。

 これだけ有能ならいくらでも一人立ちできるはずなのに、幼馴染でもあった涼子を盛り立てていたのだから、かなり義理硬い性格もしていた。

『拙者の下に欲しいくらいの逸材です』

 その有能さはローデリヒも認めるところであった。
 その雪にあの三人がしていた下らない計画を教えると、彼女も呆れた表情をしていた。

「とはいえ、もう少しお館様がこの島に来るのが遅かったら、彼女達の誰かが島を統一したかもしれません」

「そうだろうな」

 この島は、領主階級に遺伝はするが段々魔力量が落ちていく魔法使いが井戸を掘れなくなり、外部に出ようにも海竜に邪魔され、このままだと衰退する可能性が高かった。
 あの三人は、今までの戦のルールでは一向に島が統一されずにバラバラだという危機感があったからこそ、あのような行動に出たのだと思う。

 俺がいなければ、あの三人がこの島を血で血を洗う乱世へと誘った可能性が高いわけだ。
 もっとも、その想定はバウマイスター伯爵家が来た事により無意味になっている。

「魔力が余っていると碌な事を考えないので、暫くは開墾作業に従事させましょう。まったく、今まで領主として男勝りの言動を繰り返していた癖に、急に女性を前面に押し立てても意味がない事くらい理解してほしいものです。お館様は、涼子様と私の夫になるのですから」

「おっ、おう……」

 思わず、肯定とも否定とも取れない返事をしてしまった。
 島の安定した統治のために、この島全体の代官と副代官である涼子と雪を妻に迎え、その子に継がせるのが重要なのはわかる。
 だが、こうもストレートに言われてしまうと、どこか釈然としない部分もあった。

「今は、南部平定の方が優先ですよ。雪さん」

「勿論、その計画は進めています。唯殿もそれはご存じでは?」

「そうでしたね」

 とここで、あの松永久秀の娘である唯さんも話に入ってくる。
 雪は統治に必要な官僚、代官組織の編成を行った。
 トップは秋津洲高臣の名を継ぐ涼子だが、彼女は基本神官なのでお飾りである。
 実際の統治よりも、この島では廃れつつある神道に似た宗教と神社の復興を進め、彼女はそのトップとして統治の精神的な支えとなる。

 ここで教会の教えを強引に持ち込むと新たな騒動の元なので、ミズホ公爵領と同じ方式にした。
 こういう時に、ホーエンハイム枢機卿とツテがあると話が早くて助かる。
 どうせ暫くはバウマイスター伯爵家の人間以外島には立ち入り禁止なので、押しかけ布教を試みる神官はいないであろう。

 そんなわけで涼子は、普段は大津城の近くにある廃れた大社で秋津洲家が代々伝える神事や治癒魔法を用いた治療を行う事になった。
 病気や怪我をした人が押しかけ、同時に大社も大規模改装工事中であった。

 統治の実務は雪が当主を務める細川家が担当、唯さんは松永家の人間として副代官である雪を補佐する役割についている。
 彼女も魔法は使えないが、松永家の一人娘なので高度な教育を受けており、非常に優秀であった。

 他にも、雪の補佐についている中央領域の代官や官僚も多い。
 彼らは、この島を統治する中央官僚という位置づけだ。
 さらに、今までに平定した地域にも責任者がいる。

 北部は伊達家、中央は三好家、西部は十河家、東部は北条家といった具合だ。
 その下に各領地の領主からそこの代官にジョブチェンジした人達がいて、上手くピラミッド型の統治組織ができあがった。
 俺はよくわからないので、みんな雪に任せたけど。

 中には、七条兼仲のように領主には向いていないし、やりたくもないという理由で中央官僚や武官に転身した者も多かった。

 兼仲は中央で再編した治安維持用の警備隊の責任者になり、訓練と警邏、たまに街道拡張工事などを手伝っている。
 松永久秀も中央官僚のお偉いさんに華麗に転身し、雪の下で辣腕を振るっている。
 唯さんも雪が女性なので、傍に同じ女性がいた方がいいという理由でついているのだが、この二人仲が悪いのかもしれない。

 二人で仕事をしていると、とても効率よく片付くようではあるのだが……。

「南部が平定できれば、さらに効率のいい開発が進められます。松永久秀殿は優秀なのですから、南部の責任者などはいかがですか? 唯殿も、南部の有力領主から婿を迎えればいい」

「松永家は中央を基盤としてまいりました。急に南部の責任者になっても、地元の人達が言う事を聞かなくなる懸念があります。それに、松永家の婿については父に考えがあるようです。雪さんが心配する必要はありませんわ」

 やはりこの二人、仲が悪いようだ。
 雪は松永家を南部に移そうと画策し、唯さんはそれを堂々と否定した。
 『松永家の事に口を出すな、小娘!』と顔に書いてあるが、それを見ても涼しい顔をしたままの雪も大したものだ。

「松永家にも外の血を?」

「そうなるかもしれませんが、それは雪さんが心配する事ではありませんよ。何事も、お館様次第です」

 そう言いながら、俺に妖艶な笑みを見せる唯さん。
 彼女は男勝りの仕事をしながらも、あのDQN三人組とは違って身嗜みにも気を使っていた。
 あまり派手ではないセンスのいい打掛を着ており、この島には香水はないが、ほんのりといい香りがする香を炊いていた。
 誰から見ても綺麗なお姉さんであり、俺の一歳上とは思えないほど洗練されている。
 雪も大津城に詰めるようになってから女性らしい格好をするようになったが、ずっと北部にいた影響であろう。

 女性としての身嗜みは、唯さんの方に軍配が上がってしまう。

「お館様は、この島を統べる存在。誰を寵愛しようと自由なはず。血筋によって副代官職の正当性を求めるのは結構ですが、それはお館様への配慮がなっておりません。迫り方も無粋ですね。私には到底真似できませんわ」

「っ!」

 唯さんの指摘が図星であったため雪が歯ぎしりをしてしまい、俺は早くこの場から抜け出したくて仕方がなくなるのであった。






「というわけです。女は怖い」

「聞いていた私も怖いわよ。あまり人の事は言えないけど」

 執務室のギスギスした空気に耐えかねて外に出た俺は、城の中庭で槍の稽古をしていたイーナに先ほどの出来事を話してしまう。

「唯さんも、ヴェルの子供が産みたいわけね。あの久秀っていう人、いかにも企んでそうな感じだものね」

 名前が松永久秀だからな。
 天下人であった三好長慶の腹心で、元は領主階級でもなかったらしい。
 己の実力のみで、三好家重臣の地位と、松永領の領主となった。
 今は領地が持てないので、旧松永領の代官兼雪の補佐で重要な地位にいる。

 彼は優秀なので、仕事を任せると楽なのは確かであった。

「久秀さんの狙いは、雪さんの副代官職だと思う」

「やはりそうか……」

 一人娘の唯さんに俺の子供を産ませて松永家次期当主とし、バウマイスター伯爵家の血で細川家に対抗するつもりなのであろう。
 秋津洲家は飾りなので抵抗しても意味はない。
 細川家を標的にしているところで、久秀のおっさんが食えない人なのはわかった。

 それでも、別に武力闘争というわけでもない。
 無用な派閥争いで統治の足を引っ張っていないから、特に罰する理由もない。
 三好長慶の下で権謀策術の世界に生きてきた彼だからこそ、むしろ今の体制の方が立身出世が可能だと思っているわけだ。

 少なくとも、細川家と副代官職を奪い合うライバル関係にはなりたい意図が透けて見える。

「どうしようか?」

「それは私には決められないわ」

「そうだね。ヴェルが決めないと」

 話にルイーゼも加わってきた。

「あたい達には決定権ないものな」

「そう、ヴェル様の妻が百人いても私達は何も言えない」

 カチヤとヴィルマも話に加わってくるが、俺が誰を妻にするかしないかは自分で決めてくれと突き放されてしまう。

「そのくらいの事、ご自分で決めるのが貴族ですわ」

「あなたはバウマイスター伯爵家の初代当主なので、当主の力が特に強いのです。代を経れば家臣団や一族の意向も左右しますが、基本的にはローデリヒさんも、あなたの意向に逆らえません。実力のある当主とはそういうものなのです」

 カタリーナとエリーゼにも止めを刺され、俺は思わず最後の望みテレーゼに縋った。
 リサはまだあのDQN三人組を監視しているので、ここにいなかった。

「何じゃ? 妾のアドバイスが必要なのか?」

「助けて! テレーゼ!」

 心の中で、後ろに『えもん』とつけた。

「好きにせい……では、他のみなと同じじゃな。妾なりの見解を述べよう。妾なら、涼子、雪、唯を妻にした方がいいと思うがの」

「その心は?」

「ヴェンデリン、為政者とはな。常に最悪の想定、未来の事も考えねばならぬのじゃ」

「最悪の想定?」

「秋津洲家はいい。あそこはお飾り、宗教的な権威と合わせてあの島のトップとなる。それを支える存在はぶっちゃけ誰でもいい。理想は能力がある家なら、定期的に交替した方がいいの」

 つまり、副代官職の細川家世襲は大きな危険を孕んでいるのか。

「雪はとてつもなく優秀じゃが、その子は? 孫は? ひ孫は? 悪愚な当主が出て、島の統治を不安定にするやもしれぬ」

「そこで松永家って事か?」 

「そうじゃ。細川家が駄目なら、松永家に交代する。その権限をバウマイスター伯爵家が持てば、アキツシマ島の混乱は防げる。向こうの不満? バウマイスター伯爵家の力は圧倒的じゃ。文句があるのなら、叩き潰すぞという姿勢が大切なのじゃ」

「うわぁ。怖いね」

「ルイーゼよ。統治者とは基本的に怖れられてナンボの存在なのじゃ。上が舐められて下が混乱すれば、一番迷惑を蒙るのは下々の領民達じゃぞ」

 それは、帝国内乱で嫌というほど実感した。
 今のところは順調だが、島の統治に手を抜いてはいけないわけだな。
 ただ、誰を嫁に貰うのかとかはあとにしてほしい。

「その三人くらいでよかろう。伊達の小娘が何か言うておるが、あの小娘との婚姻など悪手じゃ」

「当主がヴェンデリンさんの血を継いでいるからと、北部で反抗的な態度を取る可能性がありますわね」

 領主は全員代官にしてしまったが、担当地域は元領地なので影響力が残っている。
 ここで藤子と俺の子が伊達家の当主になると、中央と張り合って島の統治に混乱が出る可能性もあった。

「男と女の事などまだ知らぬ子供の言う事じゃ。適当にはいはい言っておけ」

「それはルルもか?」

「あの子はいい。ヴェンデリンの妻になっても、余計な紐もついておらぬ。ついていても、移転した村くらいであろう? 子供をその地域の代官にすれば、連中も素直に従おうて」

 それにしても、ここまでドライに考えられるとはさすがは元公爵様。

「むむむっ、その言葉聞き捨てならぬぞ!」

「おお、噂をすれば小娘じゃ」

「俺を小娘扱いするな! ちょっとくらい背と胸が大きいからって威張るなよ。俺もテレーゼ殿くらいの年になれば、張り合えるくらいのナイスバディーになるわ!」

 どうやらテレーゼは、藤子が話を聞いているのがわかって彼女に釘を差したようだ。
 子供相手に大人気ないという意見もあると思うが、藤子は年齢以上に大人びている部分がある。
 理解できるとわかって釘を差したようだ。

「ルルは、ヴェンデリン様のいい奥さんになりますね」

「おう、自由にせい。ルルは何の問題もないからな。ヴェンデリンの事は好きか?」

「はい、大好きです」

「そうか、それは相思相愛じゃな」

 テレーゼからの問いに、満面の笑みで答えるルル。
 五歳の幼女の大好きだから、娘がお父さんを大好きと言っているような感覚を覚えてしまう。

「俺とルル。随分と差があるじゃないか! 俺もヴェンデリンの事は大好きだぞ!」

「生まれた家が悪かったの。生まれは選べぬから本人に罪はないが、その影響は生涯ついて回る。諦めい!」

「ぐっ! 俺が伊達家の次期当主だから駄目ってのか?」

「そういう事じゃ。お主の身形や心根のせいではない。それだけは言っておこう」

 テレーゼは、五歳児でも理解に及ぶのであれば容赦しなかった。
 逆に言うと、藤子を対等の相手だと認めているわけだ。

「ならばこの伊達藤子、いや、伊達の名を捨てただの藤子となろう!」

「本気か? お主」

「フィリップ公爵の爵位と家を捨てたテレーゼ殿と同じじゃ。実は、昨日父上から母上が身籠ったと連絡が来てな。ちょうどいいから、その子に家督を譲る旨を伝えている。家臣達も次は男かもしれないとなれば、俺が家督を捨てても何も言うまい」

 藤子は、本当に五歳児とは思えない口を利くよな。
 元々藤子の家督継承の話は、伊達家直系の子供が藤子しかいない状態で当代政宗殿が病気になってしまったから出た話だ。
 彼はもう健康であるし、次の子供も産まれる。
 となれば、別に戦乱の世でもないし、無理に藤子に家督を継がせる必要はないというわけだ。

「なるほど。家を捨てても、ヴェンデリンの妻になるわけだな?」

「おうよ。伊達の家よりも、お館様の方が大切だからな」

「そこまでの覚悟なら、まったく問題ないな」

「テレーゼ殿は話がわかるな」

 おい、テレーゼ。
 俺の妻を勝手に増やすな。

「よかったの、ヴェンデリン。若い妻が増えて」

「がぁーーー!」

「お館様、ルルと二人、いい妻になるからな」

 ここで拒否すると藤子でも泣きそうだったので、俺は何も言えなかった。

「だぁーーー! 私達はどうなるのですか?」

「そうです! 私達は今かあと一~二年の話ですよ!」

「先生は私達を捨てたりしませんよね?」

「捨てるわけがないだろう。アグネス達は俺の弟子で……「「「婚約者ですよね?」」」」

 これで八人……。
 俺は、ミズホ人と同じルーツを持つアキツシマ島、ここには俺の予想もつかない何かがあるのかもしれなかった。
 と、勝手に思って現実逃避していただけであったが……。





「さて、南部の状況ですが……」

 俺が新たに何人の妻を迎えるのかはあとの問題として……まあ、先送りともいうが……まるで日本の政治家……俺は元々日本人だからいいのか。
 前世では、そういう政治家をテレビで見ながら批判していたが、その立場になってみると意外と大変だった事がわかる。
 無責任に一方的に非難して悪かった。

 統治体制の整備と兵力の再編……これは、なるべく専業の兵士を増やし、領民が生産作業に専念できるようにしている。
 過度期なので地方の治安維持にパート兵士がいたりするが、これも南部の平定が終われば徐々に開墾した農地などに割り振って数を減らす方針だ。

 その作業がひと段落したので、いよいよ南部平定を行う事になった。
 作戦会議が大津城の会議室で行われ、雪が南部の状況を説明する。

「南部は、大きく分けて四つの大きな領主がいます。北部の毛利家、家臣に小早川家、吉川家、穂井田家などがいます。中西部の竜造寺家、家臣に鍋島や松浦家、中東部は大友家で、家臣に立花家、高橋家、一万田家、志賀家など。最南端に島津家、伊集院家、新納家、北郷家などが有力な家臣ですね」

「一番強いのは?」

「どこも似たり寄ったりです。ただ、島津家は当主貴久の子四兄弟全員が中級魔法使いだそうで、勢いはあります」

 こちらが攻めると、激しく抵抗する可能性があるのか。

「南部は比較的食料生産に余裕がありますからね。独立独歩というか、領地が接しているところは小競り合いがありますが、基本あまり争わないんですよね」

 日本の戦国時代だと九州は修羅の国であったが、アキツシマ島の南部勢力は現状の変更を嫌う大領主が多かった。
 比較的水と食料に恵まれている事もあって、他の地域よりはむしろ戦は少ないのだそうだ。

「じゃあ、平定は簡単か」

「平定は簡単です。むしろ、あとが面倒ですね……」

 この雪の発言は、現実のものとなった。
 七条兼仲が指揮を執る南部平定部隊が南下を開始すると、毛利家、竜造寺家、大友家、島津家とみんな素直に降ったからだ。
 雪は、もしかすると島津四兄弟が戦いを挑んでくる可能性を考慮したが、実際には素直に降っている。

「呆気ない全島統一だな」

 物語やゲームとしてはいまいちなのであろうが、実際に統一している身としては最良の結果だ。
 ところが、問題はその後に発生したのだ。

「南部の責任者は、一番歴史の長い大友家だな。我らは一万年以上も前、この島に上陸し、秋津洲家を支えた仲間の子孫なのだから」

 通り名が宗麟の大友家当主は、自分こそが南部の代官に相応しいと宣言する。

「それはおかしいぞ! 我が毛利家も、歴史の長さは同じだ!」

「何を言う。毛利など、秋津洲家の屋敷の前でゴミ掃除をしていた小物の子孫ではないか」

「そんな事はない! 毛利家の祖先は、秋津洲家の仲間だと古文書に書いてある!」

「一万年も前の話だ。大方、適当に嘘でも書いたのであろう」

「人の事が言えるのか? 第一、お前の家は何度も断絶して養子を受け入れているだろうが! 血など繋がっていない癖に!」

「バカ者! 分家からの養子だぞ! 血は繋がっておるわ!」

 毛利家の当主の通り名は元就であり、二人は自分こそが南部の代官に相応しいと口喧嘩を始めてしまう。

「家柄の古さしか取り得がないというのも困りものだな。ここは、我ら竜造寺こそが南部代官に相応しいのだ」

「一番相応しくないわ!」

「成り上がり者の癖に!」

「二千年の歴史があるうちが成り上がり? お前らが骨董品なだけじゃないか!」

 この島の家柄自慢は、王国と帝国の歴史ある貴族家がすべて新興、成り上がり貴族に見えてしまうほど凄い。
 数千年の歴史が当たり前なのだから。

 領主一族の本流はほぼ全員魔法使いなので、家が続きやすかったのであろうが。

「我ら島津家は八千年の歴史と、四人の息子は全員中級魔法使いだ。家柄と実力を兼ね揃えた島津家こそが南部代官に相応しい!」

 随分と素直に降ったと思ったらこれだ。
 彼らも、基本は勝てない戦などしない。
 領地はなくなっても代官だから地元に影響力は残るわけだし、ならば素直に降ってあとは南部を統括する代官職を狙った方が利口だと考えたわけだ。

「雪の予言が当たった!」

 この四家の実力は伯仲しており、戦がなかったので誰も力を落としてしない。
 四人の中で誰を選んでも反抗は必至で、これでは素直に降った意味がないかもしれない。

「どうしようか?」

「この件は対応を間違えますと……」

 再び争いは必至だ。
 せめて四人の中の誰かに、指名するに足る根拠があればいいのだが……。

「涼子、彼らの言う家柄って本当なのか?」

「我が家に伝わる古文書にも記載されていますが、何しろ一万年もの年月です。途中で断絶して分家が本家を継いだり、乗っ取ったりする事例も多く、話半分かと……」

 領主の血筋は、魔法使いならそこまで疑われもしない。
 ただ、血筋の薄い分家の人間が当主になったりしたため、段々と魔力が少なくなったののであろう。
 魔力が遺伝するという、この島の領主階級の特異性の理由は何なのであろうか?
 遺伝子……それは、王国と帝国貴族も条件にそれほど差はないはず……。
 あとでアーネストにでも研究させるか。
 畑違いだと言われて断られるかもしれないけど。

「それで、いかがなされますか?」

「うーーーん、代官職の取り合いで戦が再開したらバカみたいだしなぁ……王国の制度を参考にするか……」

 王国で大臣職は、五つほどの家で持ち回りだ。
 これを参考に、四つの家で五年ごとに交替でいいような気がする。

「そんな適当な提案を、あの連中が受け入れるか?」

「どれか一家を選ぶと、また戦ですよ」

「逆に、そういう玉虫色の裁定はよくないと思うんだよなぁ……」

 ブランタークさんは俺の提案を心配していたが、この島の住民は日本人に似ている。
 『絶対に我が家が南部の代官になるのだ! そのためには、他の三家を滅ぼしてでも!』とまで考えた者はおらず、俺からの提案を呆気なく受け入れた。

「順番はクジで決める」

「伯爵様の家臣だから好きにすればいいが、クジって……」

「ここで家柄の順とか、家臣や服属領主の支持数の順にすると、また揉めますよ。どうせ二十年に一度は回ってきますし、クジならクジだから仕方がないで家臣や支持者に言い訳できますから」

「何か、この島って戦乱なのに、しけった菓子みたいな連中が多いな」

「殺し合うよりはいいのでは?」

 結局クジ引きの結果、南部の初代代官は島津家となった。
 あとは、大友家、毛利家、竜造寺家の順である。
 素直に言う事を聞いてくれるのであれば、このくらいの例外は認めても構わないであろう。

「ようやく、アキツシマ島が統一されたな。大変だった」

「そうか? 普通は島でも、三か月とかからずに統一は難しいのでは? 余の夏休みは、まだ一か月近くも残っておるぞ」

 この島に遊び仕事を兼ねて来ている魔王様は、バウマイスター伯爵家によるアキツシマ島統一の早さに驚いていた。

「いいじゃない。色々と転売して儲かるから」

「ほほほっ、魔族の国ではまだ使えるのに古かったり、デザインが悪いとかで売れない魔道具も多いからな。今、ライラが密かに買い集めておる。まだ使えるのに粗大ゴミで出してしまう者も多いから、無料で回収もしておるぞ」

 そういった魔道具が、この島に次々と到着する予定であった。

「この島の開発に魔族の国から格安で購入した魔道具を使い、バウマイスター伯爵領本領では、遺跡で発掘した魔道具を使えばいい。問題は盗難対策だが……」

 金のない初級魔法使いでも、魔法の袋を使えばかなりの量の品が盗める。
 依頼者は、俺と敵対している貴族か、純粋に貴族領というのは一種の独立国だ。
 盗品を抱え込んでも、俺に取り戻す手段はほとんどなかった。

「足の引っ張り合いか。どの国の貴族にもアホは一定数おるな。盗難対策なら、盗難防止のタグを買えばいいではないか」

「タグ?」

「魔族の国なら、どこの店でも使っておるぞ」

 魔族は全員魔法使いなので、魔法の袋で大量に盗難が可能という事情があった。
 そこで、魔法の袋に入れると大きな音が鳴る魔道具が販売されているそうだ。

「高額な商品を売る店なら、みんなつけておるぞ。特殊な鍵でしか外せず、それは店が持っている。無理に外すと割れて、割れても物凄い音が鳴るのだ」

「それも欲しいなぁ」

 ローデリヒだから魔道具の管理体制はきっちりとやると思うが、犯罪と防犯はイタチゴッコのような関係だ。
 必ず盗難は発生するし、それを防ぐ手段は多い方がいい。

「ライラに連絡して入手させよう。それほど高いものではないし。通販でも買えるものだからな」

 こうしてアキツシマ島は無事統一され、これからこの島の開発を行って領民達の支持を得るべく努力を開始するのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ