挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
八男って、それはないでしょう!  作者:Y.A
16/205

第十六話 ボッチを極める。

「おい、あの子は確か……」

「お館様の八男で、確かヴェンデリン様だったような……」

「何をしているのかな?」

「さあ? うちは、子供でも貴重な労働力なんだがな。噂によると、あまり働き者の気質は持っていないらしい」

「お館様のお子だからなぁ。迷惑にさえならなければ問題ないべ」

 長男クルトと次男ヘルマンが結婚し、他の兄さん達が家を出てから一ヵ月後、俺は一人領内のまだ開墾の予定すら立っていない平原を走り抜けていた。
 途中、農作業に向かう農民達が俺の事を噂してるのが聞こえる。

 内容が、『家の手伝いもしない、我が侭な末っ子』と言うのはとっくに理解している。
 いや、敢えてそうなるように父や長兄クルトが流していたのだ。

 僅か七歳の子供にと思うが、ここで俺が魔法を駆使して、農地の開墾や用水路を素早く整備したりするとする。
 実際、もう既に上級の魔法すらほぼマスターした俺からすれば、農地の開墾や用水路の掘削などあっという間に終えてしまうであろう。

 使える人間が少ない分、そのくらい高位の魔法使いとは優れた能力を発揮するものなのだ。
 とはいえ、父達は俺の魔法使いとしての実力を把握しているとは言い難いので、手伝いを頼むかどうかの判断以前の状態なわけだが。

 父達には、『一人で森に入ってホロホロ鳥を狩れるくらいの、身体能力を上げる魔法の使い手』という風に認識されるようにしている。

 それと、ようやく昼の間は自由に外に出ても良いという許可を得ていた。
 外に出れば、多少自由に動いても問題は無いはずだ。

 なぜなら、このバウマイスター騎士領はとにかく広い。
 その中で父達が認識している領域は、北部と西部の山脈の麓にある人口八百人が住んでいる三つの村と、その人口が食べていける程度の農地や森など。

 しかし実際には、東部や南部の未開開発地域や、それに付随した魔の森と、その先にある海岸や海。
 バウマイスター騎士領の領地や権利は、実は開発さえ出来れば南方随一の貴族となれる可能性を秘めている。

 秘めているのと、実際に出来るのかには、大きな隔たりが存在していたが。 

 父に言わせると、特に海が惜しいようだ。
 魔の森を突破できないと開発すら困難なわけだが、他に手を出せる貴族は皆無なので、独占できれば魚産物や港を作っての貿易や海運と夢は広がる。

 更に、塩が自前で手に入るのが素晴らしい。
 実際バウマイスター騎士領は、領地が海に面している癖に塩は山を越えて来た隊商から買うのが普通だ。
 値段も、わざわざ山を越えて来ている商人にしては良心的だが、手間賃分はやはり割高にはなってしまう。

 うちのスープが薄塩味なのは、このせいなのだ。

 とまあ、我がバウマイスター騎士領の実情はこんな所であったが、俺はとりあえずは行動範囲を広げるために動いていた。
 朝、日課になっている剣などの訓練を軽く行い、朝食後に昼食代わりの小さな黒パンを二個貰ってから家を出る。

 ちなみに、今までの森での狩猟と採集物の提出は免除されていた。
 人口に比例した農地と用水路建設がひと段落したので、借り出されていた人達が狩りをする余裕が出来たからだ。

 我が家も、父と長兄クルトが交代で森に狩猟と採集に行くようになっている。
 さすがに、七歳の子供が獲って来るホロホロ鳥だけにメインディッシュを任せるほど、二人にプライドが無いわけでもないようだ。

 とはいえ、ホロホロ鳥ではプロの狩人にも難しい獲物である。
 獲れない日の方が多いので、俺は帰りに二羽か三羽の草原ウサギをお土産にする事にしている。

 何しろ、バウマイスター騎士領南部には未開の森や草原が多い。
 それしか無いとも言うが。
 なので、帰りにいくらでも獲る事は可能であった。

「さて、今日こそは魔の森を拝むぞ」

 現在俺が集中的に訓練を行っている魔法は、『飛翔』と『瞬間移動』の二つであった。
 飛翔は、前の世界では漫画やゲームで御馴染みの魔法だ。

 某RPGの○ーラや、その漫画にもあった○ベルーラ。
 あとは、○ラゴンボールにもあった武○術に当たる魔法である。

 両方とも、魔法自体はすぐに使えるようになっていた。 
 最初にあまり良く考えないで飛翔のスピードを上げた結果、息が詰りかけたのは良い思い出であったが、それは自分の体を空気の膜で防御するようになってからは発生していない。

 スピードも、高速道路を走る車並には出ているので、これも特に問題は無いであろう。
 それに、一度覚えたポイントには一瞬で瞬間移動で移動可能であった。

 そう考えると、海まで到達するのはあっという間という思いが頭の中に浮かんだのだが、実際にはまだ魔の森に到着していなかった。
 なぜなら、俺は人が住んでいる地域以外録に地図すらなく、しかもその領域の広さが北海道にも匹敵するバウマイスター騎士領内を自在に動けるようにと、未開地の地図を作成しながらこの三週間を過ごしていたからだ。

 この三週間の努力の結果、未開地のほぼ全域、魔の森の広さが北海道の四分の一ほどの大きさであったので、残り四分の三に千箇所近いポイントを置く事に成功していた。

 ポイントとは言っても、何か標識などを設置したわけではなく、瞬間移動の際に安全に着地可能な場所を自作している詳細な地図に書き込み、そこに番号を振っているだけに過ぎない。

 あとは、その番号と大体の位置を頭に思い浮かべながら瞬間移動の魔法を使えばそのポイントに無事に到着する。
 多少位置がズレる事もあったが、あとの細かい移動は飛翔で十分なのだから。

 しかし、この三週間でわかった事であったが、この未開地は宝の山だ。
 開墾可能な土地は多いし、治水工事は不可欠だが河川が多くて水には困らない。
 点在する林や森は様々な産物の宝庫だし、鉄、銅、金、銀、各種宝石、ミスリル、オリハルコンの鉱石を産出する鉱山すら複数存在していた。

 開発さえ出来れば、バウマイスター騎士領は侯爵領にジョブチェンジどころか、独立した小王国の建国すら可能であろう。

 ただ、それは今の時点では夢物語であった。
 王国はまだ中央部の開発すら半分も終わらせておらず、南部辺境にもそれなりに貴族が配置されていたが、彼らも自領に開発可能な未開地を多数抱えていたからだ。

 要するに、このバウマイスター騎士領の未開地に送る人間や資金が不足していたのだ。
 この地の開発が始まるのは、多分何百年も先であろう。

 というわけで俺は、第二到達者として自由にウサギを狩ったり、魚を獲って焼いて食べたり、あとは新しい魔法の練習場として利用していた。
 特に高威力の上級攻撃魔法練習には、この誰もいない未開地は格好のポイントとも言えた。

 あとは、土系統の特殊魔法の練習であろう。

 金の鉱山で、適当に集めた鉱石や砂金から純粋な金の成分だけ取り出して金のインゴットを作る。
 師匠が『抽出』と『再結合』と呼んでいた、錬金術師になるには基本となる魔法であった。

 あとは上級魔法として、銀に魔力を添加してミスリルを生成するという物もある。
 使用する魔力に比して出来るミスリルの量は少なかったが、大量に魔力を使うので、魔力量を増やす練習には格好の魔法ではあった。

 なお、俺が第二到達者なのは、第一が一応はブライヒレーダー辺境伯とその軍勢に、我がバウマイスター騎士領軍の半数であったからだ。
 しかし、彼らは本当にただ魔の森までの最短距離を移動のみしたらしい。
 せめて鉱山の一つくらい見付けていても良さそうな気がしたのだが、よくよく考えるとこんな辺鄙な未開地に人を送るのも難しいし、目先の魔の森産の素材などに目が眩んで無視されたのであろうと思われる。

「暗い森だな……。何か出そうだし……」

 そんな事をしながら、今日は遂に魔の森をその視界におさめる事に成功していた。
 昼なのに外からでもわかる不気味な薄暗い森で、耳には不気味な鳥の鳴き声や、聞いた事もないような魔物の叫び声や悲鳴なども聞こえ。

 どう考えても、七歳の子供が一人で入って良いような場所には見えなかった。

「まあ、成人するまで入るつもりはないけど」

 いくら魔法が使えても、その身体能力を強化できるとしても。
 このくらいで油断してこの森に入っても、今の俺だと死んでしまう可能性があったからだ。
 大丈夫かもしれないが、それを自分の命をチップに試すつもりは俺にはなかった。

 この世界は、ゲームではない。
 一度死んでも、コンティニューというわけにはいかないのだ。

 もう少し大きくなってから剣や他の武芸の訓練を始め、それがある程度形になって成人してから。
 そのために、俺は瞬間移動でここに来れるようにしているのだから。

 あの師匠ですら、魔の森の魔物の群れには勝てずに命を落としている。
 慎重にいくら度が過ぎても、それは過ぎたとは言わないと俺は思っていた。

「とはいえ、海に行くのを諦めたわけではない」

 それから一週間、俺は飛翔と探知の魔法を駆使して魔の森の上空を探っていた。
 まずは、魔の森が一番薄くて海に近い地点を探り、その進路上に飛行可能な手強い魔物がないかを探るのだ。

 そこに竜などがいればアウトだが、いなければ飛翔の魔法で全力で飛べば海に辿り着く事も可能であろう。
 一週間の捜索の結果、どうにか飛翔で海まで飛び越えられそうな魔の森が薄い地点を発見する事に成功する。

 幸いにして、魔物は魔の森からは絶対に一歩も出ないし、飛翔の魔法で全速力を出せば竜よりは少し早く飛べる。

「海には、美味しいお魚さんがいるんだ! それと、自前の塩!」

 いい加減、薄い塩味の食事には飽きていた。
 醤油や味噌は不可能にしても、せめてもう少し味の濃い食事を。
 この魔の森を飛び越えれば、そこには大量の塩が眠っているのだ。
 でなくて、含んでいるのだと。

「飛翔! マックススピードで! いざ、海へと!」

 久しぶりに燃えて来た俺は、多くの魔力を燃やして飛翔の魔法で魔の森を超高高度・超高速で飛び越える。

 そして数分後、俺は無事に海へと到着していた。

「やったぁーーー! 海だぁ!」

 そこは、全く人の手が入っていない綺麗な砂浜と透明度の高い海水でのみ構成された海であった。
 しかも、この海岸と海は魔物の領域からは外れているので探知を使っても危険な存在は察知できなかった。

 海中に大型の魚類らしき反応、多分これは鮫か何かであろう。
 だが、浅瀬で遊んでいる限りは、俺に害を成す存在ではなかった。

「まずは、飯だな」

 俺は、急いで自作の釣り道具を作成し、砂浜近くにある岩場でパンを餌に釣りを始める。
 するとここの魚は擦れていないらしく、釣り経験の少ない俺でも簡単に釣り上げる事に成功していた。

 前世で自炊をしていたせいで一応魚も捌けたので、すぐにサバに似たこの魚が食えるのかを『鑑定』の魔法で確認してから、念のために『毒消し』もかけ、火で焼いて食べてみる事にする。

 味付けは海水だけであったが、久しぶりの海の焼き魚に俺は舌鼓を打っていた。
 バウマイスター家だと、たまに用水路で獲れた鮒や鯉モドキが食卓に上がるのだが、これがとにかく泥臭くて不味かったのだ。
 一回食べて以来、俺は二度と食卓に昇っても口にしなかったほどだ。

「あとは、貝とかエビにカニだな」

 岩場では他にも、カキやサザエやアワビに似た貝や、食べられる大型のエビやカニなどが簡単に獲れていた。
 それらも串に刺してから火で焼くと、懐かしくて美味しい匂いが漂ってくる。

「美味ぇ!」

 それを頬張りながら、久しぶりの海を幸を心から堪能するのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ