挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
八男って、それはないでしょう!  作者:Y.A
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/205

オマケ四話 久々に風邪を引いた話。

「装備が揃ったら見違えたなぁ」

「大半が、常時訓練を受けている王国軍だからな。やる気の無い諸侯軍とかだと、隊列させた時点で揃っていないとかザラにある。それに比べれば雲泥の差さ」

 ニュルンベルク公爵に負けた後に逃げ込んで来た王国軍先遣隊の生き残りは、指揮官であるフィリップの指揮で綺麗に隊列を組んでいた。
 休養を取り、失った装備を与えられて軍の体裁を整えたので、お飾りとはいえ大将である俺の前で閲兵式を行っていたのだ。

「士気はどうなんだろう?」

 王国の命令とはいえ、二百年も停戦していた帝国に反乱に乗ずる形で攻め込み、呆気ないほど簡単に破れて一か月以上も山中を敗走する羽目になったのだ。

 いくら俺達と合流できたとはいえ、これからの戦いにやる気が出るのかと考えてしまう。
 別に過剰に気合を入れる必要は無いが、命令くらいは聞いて貰えないと困ってしまうからだ。

「敵中突破の成功で士気も上がっていますし、このままバウマイスター伯爵の下で働けば普通に功績を得られますからね。その心配は不要かと思いますよ」

 クリストフがそう言うのであれば、そうなのであろう。
 と思う事にする。
 どうせ、俺ではどうにも出来ないのだから。

「いいですか。エルヴィン様」

「はい」

 そしてエルは、軍勢の指揮の仕方を習うためにまずは百人程度の集団を隊列させていた。
 教導役は、フィリップが推薦した中年のベテラン士官である。
 平民の出だが、一兵卒から数少ない枠を勝ち残って士官の地位を得ているいわゆる『兵隊元帥』と呼ばれる人で、若い軍人への指導も上手なのだそうだ。

 能力のあるベテランなので、今回の敗戦でも上手く生き残れている。
 エルの指導役として十分な人材であった。

「指揮官が疑問を持ちながら命令を出すと、兵もそれに釣られて動きがおかしくなりますので」

「自信満々に命令を出して、それが間違っていたら?」

「何食わぬ顔で、新しい命令を堂々と素早く出してください。指揮官がドッシリとしていれば、兵達はさほど気にしません。出来れば命令は間違えない方が良いですけど」

「なるほど」

 エルは真面目にメモを取りながらベテラン士官の指導を受けていた。
 ハルカも一緒にメモを取りながら、何か聞き洩らしが無いかチェックを入れているようだ。

「バウマイスター伯爵の奥方も、エルヴィンの婚約者も、内助の功で微笑ましい限りだな」

 フィリップはエルを羨ましそうに見ていた。
 彼の正妻は戦犯として処刑されたブロワ辺境伯家従士長の娘なので、先代ブロワ辺境伯の未亡人と共に教会に送り込まれている。
 その後正妻を迎え入れた話を聞いていないので、家庭の方が色々と大変なのであろう。

「まあね。うちのエリーゼ達は……ふぇくしょい!」

 エリーゼ達の自慢でもしようかと思ったら、突然クシャミが出た。
 普通は、噂された方がクシャミが出るのに変だ。

「へくしょい!」

 最初は誰かが噂でもしたのかと思ったが、すぐに鼻と喉に違和感を感じた。
 どうやら、久々に風邪を引いてしまったようだ。

「バウマイスター伯爵。風邪か?」

「ここ数年、風邪なんて引いた事が無いのに」

「バウマイスター伯爵領は南方で暖かく、帝国は比較的冬は寒冷ですからね。そういう事もあるのでしょう。兵士達にも風邪を引いた者がいましたし。バウマイスター伯爵は大将なのですから、早めに治しておく事です」

「そうするよ」

 俺は、クリストフから早めに治すようにと言われてしまう。

「ヴェルが風邪? 俺と出会ってから風邪なんて引いた事があったっけ?」

 こちらの様子がおかしいので見に来たエルは、俺が風邪を引いたと聞いて驚いていた。
 なぜなら俺が前に風邪を引いたのは十歳の時で、エル達と出会ってから病気で寝込んだ事など無かったからだ。

「昔には引いた事があるさ」

 あれは、未開地を探索していた時の事だ。
 急に寒気がしたので、急ぎ家に帰ってベッドに潜り込んで寝ていたはず。
 なお、その事を母に話したら食事が野菜を極限まで柔らかく煮たスープだけとなり、俺にとっては余計に拷問であったのを覚えている。

 消化に良い物をという気持ちはわかるのだが、どこか食材費をケチっているようにも思えてしまうからだ。
 結局、お腹が減ってどうにもならず、自分でお粥を作って食べる羽目になっていた。

 誰もそんな物は食べさせてくれないので、いわゆるボッチ療養を行ったわけだ。

「そうなんだ……」

「なぜ口籠る」

「いやさ。何とかは風邪を引かないって」

「エルには、言われたくないな」

 この世界にも、『バカは風邪を引かない』という格言が存在するらしい。
 エルが失礼にも、風邪を引いた俺を驚愕の目で見ていたからだ。

「エルも、人の事は言えないだろう」

「残念だが、俺は十三歳の時に風邪を引いたからな。ヴェルは覚えていないのか?」

 エルだけでなく他のメンバーも、エリーゼも含めて風邪などで体調が悪くなった事があったのを記憶している。
 みんなの前で風邪を引いていないのは、俺くらいかも知れない。

「戻って寝るかな」

「そうしてくれ」

「まだ戦闘は始まらないでしょうが、それまでに体調を万全にしておいてください」

「わかった」

 ニュルンベルク公爵との決戦で体調不良では大変な事になってしまう。
 フィリップとクリストフにも促されたので、俺は急ぎ自分の屋敷に戻ってからすぐに寝巻に着替えてベッドに潜り込んでいた。

「あなた。大丈夫ですか?」

「喉が痛くて鼻が詰まっているけど、そこまで酷くは無いと思う」

「ええと。お熱は……」

 エリーゼがオデコを合わせてくると、少し冷たいような気がした。
 もしかすると、熱があるのかもしれない。

「少しお熱がありますね」

 エリーゼも、俺と同じ考えに至ったようだ。

「何か風邪に良い物を作りますね」

 エリーゼは、俺に毛布をかけ直してから台所へと向かっていた。
 職業上看病慣れしているからかもしれないが、まるでお母さんのようである。

「お粥を作りましたよ。あなた」

 王国で風邪を引くと柔らかく煮た麦粥を食べさせる事が多かったが、エリーゼは俺の影響でお米のお粥を作るようになっていた。
 俺もそっちの方が好きなのでありがたい。
 お粥はエリーゼの腕前もあって、とても美味しそうに出来上がっていた。

「はい。あーーーんしてください」

「自分で食べられるから」

「あなたは病人なのですから、無理をしてはいけませんよ」

 エリーゼは、医者であり、看護婦であり、奥さんであるので逆らえない。
 こういうシチュエーションもたまには良いであろう。
 俺は、エリーゼにお粥を食べさせて貰っていた。

「こうして見ると、新婚さんらしいな。伯爵様」

「風邪を引いたと聞いたので様子を見に来たのである」

 お粥を食べさせて貰っていると、そこにブランタークさんと導師が様子を見にくる。

「風邪なんて珍しいな」

「たまにはそういう事もありますよ」

「俺もたまにはあるがな。それよりも、二日酔いの方が圧倒的に多いけど」

 ブランタークさんは、たまに酒の飲み過ぎで二日酔いになる事がある。
 独身時代には、その度にうちに来てエリーゼから軽い朝食を作って貰ったり、『解毒』の魔法で二日酔いを緩和させて貰っていた。

 聖治癒魔法の『解毒』は、体内に残る酒精を分解して二日酔いの症状を抑える効果があるからだ。
 ただ、貴重な治癒魔法に使える魔力を時間が経てば治る二日酔いに使うのは、外部に対してあまり良い印象を与えない。

 特に教会関係者などからは、『過ぎたる酒は過ぎたる欲望』という考えがあるから余計であった。
 エリーゼも俺が世話になっている人だからと渋々魔法を使っていて、魔法使いとしては優秀なブランタークさんの唯一の欠点かもしれない。

「風邪も治癒魔法で治せれば良いんだがな」

「風邪はさすがに無理ですね」

「さすがに風邪は奥方様でも無理か」

「風邪を治癒魔法で治せる人がいたら、教会から聖人認定されると思います」

 治癒魔法による怪我の治療方法は確立していたが、病気の治療はこれは研究途上であった。
 下手に魔法をかけると、病原菌が活性化して余計に症状が重くなるからだ。
 魔物の領域で採れる薬草を使った特効薬や、自然治癒に任せたり対症療法で対応するしかないというわけだ。

「風邪、虫歯、水虫は治癒魔法使い永遠のテーマか」

「水虫と虫歯は治せますよ」

「いや、あの方法だと嫌がるのが多いだろう」

「嫌がる?」

「前に奥方様が、酷い火傷の女性を治療しただろう?」

 水虫は、足の裏だとナイフで患部のある皮膚を全て剥いでから治癒魔法をかける。
 虫歯も、虫歯の部分をナイフで削ってからそこに治癒魔法をかけるのだと言う。

「いい年をした大人でも嫌がって、水虫や虫歯を放置するのがいるくらいだからな」

「導師の治癒魔法ならどうなんです?」

 患部を削らないでケロイドを治せてしまった導師なので、もしかしたらと俺は考えてしまう。

「伯爵様よ。導師クラスの治癒魔法を直接患部にかけたら全身が水虫に犯されると思うぞ。歯なんて、虫歯が広がって全部ボロボロになるんじゃないのか?」

 予想しただけで、背筋が凍るような光景だ。
 いくら治療が痛そうでも、手を抜いてはいけないというわけだ。

「バウマイスター伯爵よ。風邪とは大変そうだな」

「『大変そう』ですか? 導師は風邪とかは引かないのですか?」

 俺は、導師の言い方に何か引っかかる物を感じていた。

「うむ。某は生まれてこの方、病気一つした事が無くてな。病気で寝込むという経験が無いので、本当に大変なのか良くわからぬのだ」

「そうなんですか……」

 生まれてから四十年以上も病気知らずとは、ある意味導師らしいかもしれない。
 導師が病気で寝込む光景が思い浮かばないという点も大きかったが。

「一度も病気になった事が無いってのは凄いな」

「これも、弛まぬ鍛錬の成果である!」

 ブランタークさんは表面上は感心しているようであったが、実際には『バカは風邪を引かないんだな』と思っているのであろう。
 俺と視線を合わせると、意味ありげな笑みを浮かべていた。

「ヴェル。風邪を引いたんだって?」

「お見舞いに来たわよ」

 続けてルイーゼとイーナも姿を見せるが、イーナはその両手にミカンに似た果物を抱えていた。

「風邪には、こういう果物のジュースが良いわよ」

 なるほど、この世界でも風邪にはビタミンCという考え方があるようだ。
 勿論ビタミンCを認知などしていないが、過去からの経験則でわかっているのかもしれない。

「絞る道具が無いな」

「ボクがいるから大丈夫だよ」

 ルイーゼは手を洗うと、両手にミカンを持ちそのまま絞り始める。
 少し魔力を使っているようで、みるみるジュースが絞られてコップを満たしていく。

 両手を広げて絞ったミカンの残骸を見せてくれるが、まるで梅干しのように小さく萎んでいた。

「道具いらずだな」

「ジュース屋の開業も夢ではないかもね。はい、ヴェル」

 俺はルイーゼからミカンジュースを貰い、それを飲んでみる。
 味は百パーセント果汁のミカンジュースと全く同じであった。
 風邪の時にこういう物を飲むと美味しく感じられる。

「へえ。大した技だな」

「そうかな? このくらい武芸の基本でしょう」

 ブランタークさんは極限にまで縮んだミカンを見て感心していたが、ルイーゼはさほどの難事とも思っていないようだ。

「俺はその方面はさほどでもないからな。という事は、イーナの嬢ちゃんでも出来るのか?」

「ルイーゼほどではないですけど……」

 ちょうど一杯目を飲み干したので空のコップをイーナに渡すと、彼女もルイーゼと同じ方法でジュースを絞ってくれた。
 少しだけ魔力を篭めてミカンを両手で絞る。

「ルイーゼほど効率良く絞れないですね」

 両手を広げると、先ほどよりは大きめの絞りカスが残っていた。

「ミカンジュース。美味しいな」

「ヴェル。あまり飲み過ぎるとお腹を壊すわよ」

「これで終わりにするさ」

 ジュースを飲みながらふと思ったのだが、女の子が手で絞ったジュースとか、もしかしたら商売になるのでは?
 などと考えてしまうのは、俺が熱で頭をやられているせいであろうか?

「某も絞ってみよう」

「なぜそんな事で対抗心を燃やす……」

 ブランタークさんの呟きを無視して、導師も両手でミカンを絞り始める。
 手の平が大きいのでミカンがキンカンのように見えるが、ちゃんとシュースは絞れたようだ。
 ただ、両手を開くと絞りカスはルイーゼの物よりも大きかった。

「うーーーむ。某もまだ未熟であるな」

 導師はそう言いながら、俺にジュースの入ったコップを渡す。
 心なしか、ルイーゼとイーナが絞った物に比べると色が暗いような気がする。

「さすがに三杯はいらないです」

「そうであるか」

 導師は少し残念そうだ。
 実は、『導師汁』も混じっていそうなジュースを飲みたくないという部分の方が大きかったのは内緒であったが。

「ヴェル。ちゃんと寝ているか?」

「ヴェンデリンよ。見舞いにきたぞ」

 更に続けて、エルとテレーゼという珍しい組み合わせが姿を見せていた。
 部屋の入り口ででも顔を合わせたのであろうか?

「ハルカは?」

「俺はちょっと様子見で訓練を抜け出して来たんだ。フィリップさんとクリストフさんに様子を見て来てくれと頼まれてな」

「大将が病気なので心配なのであろう。ヴェンデリンがいないと、王国軍組は機能せぬからの」

 神輿兼スポンサーなので、一応はいないと困るのであろう。
 どんな精鋭でも、『腹が減っては戦はできない』のだし。

「柑橘類のジュースか。定番の風邪に効くとされる物じゃな」

 テレーゼは、コップに入ったミカンジュースに視線を送る。

「ヴェル。飲まないのか?」

「実はもう二杯飲んだからさすがに……」

 導師が絞ったから何となく嫌とはいえず、あくまでももう二杯も飲んだからという理由を強調した。
 実際にもう一杯飲もうとは思わないので、嘘は言っていない。

「そうか。じゃあ、俺が飲んでいいか? 少し喉が渇いていて」

「いいぞ」

「じゃあ。遠慮なく」

 エルは、導師が絞ったミカンジュースを美味しそうに飲んでいた。
 わずかに罪悪感を感じたが、別に毒では無い。
 本人も飲みたがっていたし、需要と供給が噛み合っただけだと自分を納得させる。

「ヴェンデリンよ。妾もそなたに早く治って欲しいからの。見舞いを用意したぞ」

「添い寝とかはいらないです」

「いきなり第一の矢が折られたの。などと冗談じゃ。妾は総大将なので病気にはなれん。風邪が染つるリスクは避けて当然じゃ。見舞いは、我がフィリップ公爵家直伝の風邪薬じゃ」

 テレーゼは、空いているコップに水筒から出した液体を注いでいた。
 色は黒と緑の間くらいか?
 常温の液体のようだが、なぜかコポコポと泡を立てている。

 更に、泥臭い青汁が強化されたような臭いが部屋に漂い始めていた。

「テレーゼ様。何なのです? この臭いは?」

「風邪の特効薬だからの。薬じゃから当然美味しくはないぞ」

「味の問題では無くて、もっと根本的な安全性に疑問を感じるのですが……」

 俺が万が一毒殺でもされたら大変なので、ブランタークさんはコップに入った液体を怪訝そうな目で見ていた。

「ブランタークよ。ヴェンデリンに何かあれば妾達も困るのじゃぞ。見てくれは悪いが、これは風邪を引いたフィリップ公爵家の人間は全て飲む薬。安心して飲むが良いぞ」

「テレーゼ様。ちなみに、どのような材料を使っているのであるか?」

「我がフィリップ公爵家秘伝なので秘密になっておる。効果は絶大じゃから余計にの」

「そうであるか……」

 さすがの導師でも、この薬だけは飲みたくないという顔をしていた。

「(本当に毒は無いんだな……)『良薬は口に苦し』か……」

「ミズホ伯国の格言を知っているとは、ヴェンデリンは本当にミズホ文化好きじゃの」

 俄かでも貴族になったので、これでも食べる物には警戒するようになった。
 とはいえ、『毒探知』の魔法で事前に探るだけだし、今までに毒入りの食べ物など貰った事も無い。
 もし口にしても、水系統魔法の『毒消し』があるのでそれほど問題にもしていなかった。

「せっかくですので……」

 不味そうではあるが、説明されると薬っぽく見えるから不思議だ。
 俺は一気にコップに入った液体を飲み干す。

「ううっ……」

「ヴェル。どんな味なのかしら?」

「物凄く青臭いし苦い。まるで畑の青野菜を土ごと食べているみたい」

「それは不味そうね……」

 イーナに味の感想を述べると、絶対に飲みたくないという顔をしていた。

「あなた。お口直しにどうぞ」

 さり気なくエリーゼが口直し用の水を渡してくれて、こういう部分は良く出来た奥さんだと思ってしまう。

「あとは寝ていれば大丈夫。何しろこの薬は良く効くからの」

 なぜかフィリップ公爵家伝来の薬に絶大な自信を持つテレーゼであったが、本当に翌朝になると俺の風邪は完全に治っていた。
 本当に薬が効いたのか、たまたま早く自然治癒したのかは不明であったが。

「本当にうちの薬は良く効くのじゃぞ」

「なら、製法を秘密にして売ればいいのに」

「一度売り出したのじゃが、不味いのがネックで売れ無くての」

「甘くして、不味さを薄めればいいのに」

 子供用の甘い薬と同じである。
 不味ければ、甘くしてマシな味にすればいい作戦である。

「なるほどの。内乱後にそうやって売り出すとするかの」

 後日、フィリップ公爵家秘伝の薬は甘くしてから発売される。
 風邪と疲労などに絶大な効果があり、フィリップ公爵領の新たな特産品となるのであった。

 そして、俺の風邪が治ったのと対照的に、一人だけ具合の悪くなった人間がいる。

「エルさん。大丈夫ですか?」

「おかしいな? 変な物を食べた記憶が無いのに、朝からお腹が痛いんだよなぁ……」

 導師汁入りのジュースを飲んだエルは、翌日に原因不明の下痢に悩まされる事となる。

「やはり、導師汁のせいか」

「ヴェル。そんな物が存在するわけないでしょう。私もルイーゼも、ミカンを絞る前にちゃんと手を洗ったわよ。導師様はそんな事はしていないけど」

「単純に手が汚かったんだね」

 それ以降、導師が手で絞ったジュースは本人以外誰も飲まなくなってしまうのであった。

 世界が変わっても、食べ物を触る前には手を洗いましょう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ