挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幸せって平等ですか? 作者:soy
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/45

水着

短めです。
スランプです。
ごめんなさい。
 定番の週末。
 これまた定番の葵さんのお家にお泊まり。

「海に行きたい」

 葵さんの一言に私は暫く葵さんの顔を見つめてから言った。

「下心が見え透いてんだけど?」
「下心は無い!」
「じゃあ、私はウエットスーツで良いよね」
「………嘘つきました……ごめんなさい」

 葵さんはシュンとしてしまった。

「日焼けしたくないし、人込みが嫌」
「命の水着姿が見たい!」

 最初からそう言えば良いのに。

「エッチ」
「………鼻血でそう」
「何で!」

 葵さんは困ったように笑うと言った。

「何だろな?解んないけどグッときた」

 何でだ?私は良くわからなくて首をかしげた。

「命………」

 葵さんはゆっくり私にキスを落とした。

「悪い、我慢の限界」

 葵さんは私を抱き上げた。
 お姫様抱っこだ。
 ベッドに運ばれた。
 この後を想像できないほど私も子供じゃない。

「明日水着買いに行くから手加減してね」
「………三角の極小ビキニ」
「葵さん以外にも人が居るって解ってる?」
「………却下………ちょっと検討するから今日は手加減無し」
「へ?ちょっ……うっぁ」

 まあ、そうなるよ。




 次の週末。

「どうする?」
「何が?」
「海」
「ああ………海には行く。だけど、命は俺のだから水着は………検討中」
「そっか」

 葵さんはどうやら私を一人占めしたいらしい。
 私はなんだか嬉しくてニマニマしてしまった。
 葵さんはチラチラ私の方を見ては悩んでいる様だった。
 そんな葵さんも可愛いと思ってしまうのだから重症だ。

「葵さん」
「ん?」
「大好き」
「………俺も………好き過ぎて心臓止まりそう」
「それは駄目」
「命と夏の海の岩場でヤラシイ事するまで死なない」
「うっかり死ねば良いって思っちゃったじゃん」

 葵さんはニッと笑っただけだった。



 お風呂から出ると葵さんが日本酒を用意して待っていた。

「飲むか?」

 葵さんは私の方を見ないでそう言った。

「飲む前にこっち見て」
「ん?………!」

 私は黒い極小ビキニ姿を披露した。

「な、おま………」
「千恵子さんがくれた。ちなみに海に行くならこっちを着ようと思ってます」

 私は深緑色の観葉植物柄のパレオのついた白い水着を見せた。
 まあ、葵さんは聞こえてなさそうだったけど。
 葵さんはゆっくり私に近寄るとガッと胸を掴んだ。
 ぶん殴ったのは仕方ない。

「何でだよ!」
「普通の反応でしょ」
「普通はこのまま甘い雰囲気になるだろ!」
「なるわけあるか!冷静になれ!」

 葵さんは暫く私を見つめると言った。

「抱かせてください!」
「直球投げてきた~」
「これは駄目だ海になんか連れて行けない!他の男になんて見せられん!命、マジ天使!エロすぎる。我慢出来ん!」

 葵さんがヤバイ。
 目がヤバイ。
 私はお風呂の脱衣所に逃げ込もうとした。
 まあ、捕まって担がれてベッドに運ばれたのは自分のミスだ。
 葵さんは幸せそうだったから、まあ、良いか?




「また、これ着てく…」
「2度と着ない」
「………」
「葵さんの興奮具合が怖すぎるからこのビキニは捨てる」
「………もう少し落ち着くから……」
「無理に決まってるじゃん。出来たら私、動けなくなってない」

 ベッドの脇に葵さんを正座させて私は葵さんに背中をむけた。

「いや、想像以上に似合って居たからで……」
「似合ってるって言われるのは嬉しいけど………」
「エロすぎて……たぎった!」
「うん。もう着ない」
「何でだ!」

 こうして、私達の夏は不健全に過ぎて行った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ