挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幸せって平等ですか? 作者:soy
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/45

ミルフィーユ

 何でこうなった?
 何故かまた目の前にワイルド系イケメンがニコニコしていた。

「なにも言わずに食べてくれ?」

 高級料亭の個室で彼が出してきたのは無印で真っ白なケーキの箱。
 中をのぞくとミルフィーユが5つ入っていた。
 生クリームとイチゴが挟まるパイ生地が3層構造になっていて一番上には生クリームの上に大きなイチゴが乗っている。

「綺麗!断面が綺麗!うわ~美味しそうなのに食べるのが勿体無いぐらい美しい~」

 私はミルフィーユを1つ、彼が用意してくれていた紙皿にのせるとマジマジと眺めた。
 そこで私はハッとした。

「どうした?」

 河上さんは心配そうに私を見つめた。

「いや、こう言う時の女子って結局゛食べるのが勿体無い~゛とか言ってガッツリ食べると思いませんか?例にもれず私も食べちゃうんですけどね!なんか、定番の台詞を吐いてしまったな~とか思って」
「ハハハ、そうだな。目の前でそんなことを言われたのはじめてだ」

 今日の河上さんはなんだかフレンドリーで話しやすい。

「いただきまーす」

私はミルフィーユの上のイチゴを先に食べてからミルフィーユを倒して一口サイズにフォークを刺した。
サクサクのパイ生地がパラパラと欠片を落とした。

「あー、この欠片勿体無い。一口で食べられたら欠片まで食べれるのに」
「一口サイズ………欠片勿体無い?」
「うわ!美味しい~!生クリーム甘過ぎなくてイチゴの酸味とマッチしてて美味しい~!これ、何処のミルフィーユですか?買って帰りたい!」
「え?」

 小さな沈黙が流れた。

「美味しいお店は教えたくない的な感じですか?」
「いや、違」
「まあ、私もそういう店ありますから無理しなくて大丈夫です。でも、また買ってきて下さいね!お金払いますから」

 河上さんは呆然と私を見つめた。

「………それ、俺が作ったんだ」
「へ?………河上さんパティシエでしたっけ?」
「いや、趣味で」
「凄い!趣味でこのクオリティ?貴方、天才ですね?」

 河上さんは楽しそうに笑いだした。

「俺は命ちゃんの方が天才だと思う」
「゛ちゃん゛付けば恥ずかしいです」
「じゃあ、命」
「手馴れすぎじゃないですか?可愛い彼女居るでしょ?」
「居ないよ……普通の女の子って理解し難い時とか多くてさ。ほら、さっきの゛食べるのが勿体無い~゛の話とかさ」

 河上さんはケーキの箱から1つミルフィーユを出して素手で持ち上げるとパクッとミルフィーユにかぶりついた。
 豪快だ。

「残りは命が持って帰って良いよ」
「………ありがとうございます」

 河上さんは口のはしについたクリームをペロリと舌で拭った。
 無駄な色気を振りまかないでくれ。

「河上さんはモテるでしょう?」
「葵だ」
「……言いませんよ」

 河上さんはキョトン顔だ。
 ワイルド系のキョトン!ギャップ萌え?

「俺も命って呼んでるんだから良くない?」
「良くない。気になるなら私の事も苗字で呼んでください」
「厳しい………命が俺の事名前で呼んでくれるなら好きな時にミルフィーユ作ってやる」
「葵さんは卑怯です!逆らえない!」

 葵さんはまた、楽しそうに笑った。
 何でこの人は私との距離を縮めようとするのだろう?

「命さ今度の金曜の夜、会おう」
「金曜ですか~?」
「知り合いの居酒屋の鯛めしが旨いんだ」
「金曜ですね。7時でも大丈夫ですか?」
「良いよ。スマホの番号とメアド教えて」
「………だから、手馴れすぎじゃないですか?」
「鯛めし諦めるか?」
「うぅ~逆らえない~!」

 こうして私はまたもや葵さんと会う約束をしてしまい、さらに連絡先まで交換してしまったのだった。

日刊ランキング1位になってました!
ありがとうございます‼
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ