挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
8/43

6・澄佳の友達。守るには十分な理由だ


 音を立てぬよう気をつけながら、障害物となっているゾンビを斬った。
 一人、二人、三人。いや、「人」ではなく「体」か「個」と数えたくなる。かつては人だろうと、ゾンビを人として見たくはない。生き物ではない。脳みそを求めて徘徊する物体だ。
 そう自分に言い聞かせるが、元は人間である事実は変わりない。ゾンビを斬る感触は慣れそうにないし、慣れたくもなかった。
 これが快感になったら、俺は辻斬りを趣味にする浪人のようなもので、人殺しの素質を持っているということだ。
 細い路地を曲がった。
 ポリバケツを蹴飛ばし、中身のゴミを散らかした。破れたビニールから出てきたリンゴの芯を踏みつぶす。
「あら残念。転ばなかったわ」
「コントじゃねぇよ」
「きゃっ」
 美桜は、生ゴミの入ったビニール袋で足を滑らしていた。転びはしなかったが、俺が振り向いているのに気付くと、両足を真っ直ぐにする。
「冗談よ」
 うそつけ。
 ガラスが割れる音がした。ビルの上からゾンビが飛び下り、頭から落ちてきた。生身の人間のにおいに誘惑されての自殺か。俺たちが足を止めてなければ、下敷きになるところだった。
 俺の足首を掴むべく、手が伸びてきたので、割れた頭を日本刀で突き刺した。抜くと動かなくなった。
 自動車の物陰で、犬の死体を貪るゾンビがいた。そいつも、においをかぎつけたのだろう。のろりと立ち上がった。
「のうみぞだぁぁぁ!」
「静かにしろ」
 イッヤーソンに聞かれるだろうが。全力疾走し、奴の大好物である脳みそを破壊する。ビルとビルの間の、小さな隙間から、ゾンビが顔を出した。銃で撃った。ガクンと頭が落ちて、動かなくなった。
「びっくりして、使っちまったじゃないか」
 通路を渡った先にある大通りから、ゾンビが数人、こちらへ近付いてくる。
「ちっ、次から次へと」
 銃を放つが、三人倒した所で、弾切れとなった。
「二人残ってる」
「分かってる!」
 銃を投げた。ストライク。ゾンビの頭を直撃した。顔が上向き、後ろへと倒れようとする瞬間に首を斬り、勢いのまま残ったゾンビも斬った。
 ビルの壁に寄りかかって、口で息をした。
 呼吸が苦しかった。
 体が重く、眩暈がする。スタミナが切れてしまい、立つのもやっとの状態になっていた。
 ここまで体が持ってくれたのを褒めたいぐらいだが、ここで倒れちゃ俺も美桜も死ぬ。限界を超えようとも、まだ動かなくてはいけない。
「無事か?」
「あなたよりは」
 ちゃんと付いてきていた。
 美桜は、なにを考えているのか分からないほど、表情の変化はない。そもそもこいつは何者だ。胸のふくらみは貧相だが、美少女として何一つ欠点のないパーフェクトな顔立ちをしていて、それに相応しいように謎だらけだった。
「代わってくれ」
「私、お箸より重いもの持てないの」
「魔法を使えるんだろ?」
「残念ながら、私は闇の力を失っているわ。無力な存在よ」
「じゃあ、篠崎の屋敷でのあれはなんだ?」
「誰にでもできることよ」
「俺にもか?」
「方法さえ知っていれば」
「なにか教えてくれ」
「修行が必要よ」
「五秒で修行する」
「無茶いわないで。毎日十二時間以上修行しても、最低三年はかかるわ。それでも、お尻から火を出す程度のものにしかならないでしょうね」
「最高だ。姫さん、ぜひ見せてくれ」
「それよりも、身体能力を三倍にする術のほうがいいんじゃない?」
「できるのか?」
「可能よ」
「やってくれ」
「ただし、三分も持たないわ」
「構わん。すぐに頼む」
 その前に、イッヤーソンを倒せばいいだけだ。
「後で怒られそうだから、前もって言っておくけど、身体能力が三倍になるということは、効果が切れたときの負担は三倍来るということでもあるわ。いまのあなたが耐えられるものじゃない」
 周囲が光った。
 大通りを、黒い光が走った。一瞬だけ時間が止まり、その後に爆発音。
「ひめさまはどごですかぁぁぁーーーっ! あかさわくぅぅぅぅーーんの、のぉぉぉみそがくいたぃぃぃぃぃーーーっ!」
 イッヤーソンの声だ。ドシン!ドシン!とのっしりとした巨大な足音も聞こえてくる。その音が段々と大きくなっていた。
「ゾンビ使いがゾンビに食われたってところね」
 俺が現れない限り、町を荒らし続けることだろう。このまま逃げ続けているわけにはいかない。
 なんとかしなければ。
「早く頼む」
「本当にいいの?」
「やってくれ。そうしなければ、俺は姫さんを守ることができない」
「そこまでする理由が、あなたにはあるわけ? 私のことはほっといて、逃げていいのよ」
 美桜を見る。美桜も俺のことを見る。瞬きせずにじっと。
「小麦美桜。あんたのことは、妹からよく聞いている」
「あなたの手紙を、読んだことがあるわ」
 やはりそうだ。澄佳と一緒に行方不明になっている少女。
「澄佳の友達だろ?」
 なにも言わない。
「違うのか?」
「友達だった。最高の、大切な友達だった。でも私は……」俯いて、憂い顔を見せる。彼女が表情を出したのはこれが初めてだ。「澄佳を裏切ってしまった。私たちは、出会ってはいけなかった」
「姫さんがなにをしたのか知らないが、澄佳は許すだろう」
 兄だからこそ分かる。澄佳は、人を恨むことを知らない。
「あの子は優しすぎるのよ」
「そうだな」
 ヤクザになった兄を、あっさりと許したぐらいだ。
「澄佳の友達。守るには十分な理由だ」
 イッヤーソンの足音が止まった。自分が蟻になって人間を眺めるような、巨大な足があった。
 奴の顔がこっちを向いた。俺たちがいる路地の倍以上もある、ばかでかい頭だった。両側のビルを邪魔そうにしながら、片方の目をのぞき込んで、真っ白な瞳孔を拡げた。
「みぃぃぃぃつけたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
 生温かい息が顔にかかる。即座にゾンビになりそうな激臭だった。イッヤーソンは、嬉々として、最大限まで開いた口の奥に、黒々とした光を吸収していく。
 まずい。ここで光線をだされたらひとたまりもない。
「術をかけろ! 今すぐ!」
「後悔しないわね?」
「死んだら後悔できないだろ」
「ならば、生きて後悔させてあげるわ」
 細かな文字が書かれた縦長の札を俺の背中に貼った。そこを中心にして、模様のついた光の円が浮かび上がっていく。
「アレス、ダーレット、レーシュ……」
 俺の背中にある魔法円に向けて、指を素早く動かし、何かを描きながら、まじないを唱えていく。人間の言語ではないのか、所々の発音が聞き取れなかった。
 ふぅと、ろうそくの火を消すように、美桜は息を吐いた。
「ヤクザ」
「それは俺のことか?」
「初恋の女の名前を叫びなさい」
 迷いもなく、一人の女が浮かんだ。失恋の傷。酸っぱい感情が湧いた。
「あおいひびかぁぁぁぁぁぁぁーーっ!」
 発した途端、全身から青白いオーラが出てきて、宙に浮きそうなほどに体が軽くなった。
 両手に持つ日本刀が、スポンジのように軽くなった。片手で持つ。開いた方の手で、美桜を持ち上げた。これも赤ん坊を担ぐように軽かった。
 イッヤーソンがチャージしていた光が停止した。嵐の前の静けさ。発射する前兆。
 突進した。光のように速い。自分の足が、この速度に追いつけないのではと不安になるぐらいだ。
 イッヤーソンが光線を発した時には、俺は奴の下にいた。ジャンプ。真上にあるイッヤーソンの顎を目掛けて蹴り上げた。
「ぐあげあがぎゃぁぁぁぁぁぁーーっ!」
 光線は、口の中で暴発した。イッヤーソンは言葉にならない絶叫をあげる。聴覚も三倍になっているようで、鼓膜が破れそうになる。ゾンビでも痛みがあるのか、イッヤーソンは、上体を上げて、自爆した顎を両手で押さえて、悶えている。ボロボロと、腐った肉の塊が泥のように落ちてくる。
 俺は、二本の足を斬った。さすがは三倍の力だ。大木のような足が、スパっと切れた。
支えを失った巨大な体が、ゆっくりと横に倒れていく。六車線の大通りを渡った先にあるビルが、イッヤーソンの体に押しつぶされていった。
「ここで待ってろよ」
 大通りに来ると、かついでいた美桜を下ろした。
「なにをする気?」
「粗大ゴミを焼却しにいくのさ」
 斜め向かいの交差点前のガソリンスタンドに、タンクローリーが止まってあった。運転席のドアは開かれたままだ。
 運転席に乗り込む。虎柄の毛皮で覆われた派手なシートだ。座りにくかった。ダッシュボードの上は、 銀色をしたドクロやエイリアンの置物が飾ってある。ホラー系が好きな運転手のようだ。
 キーはかかっていた。持ち主はゾンビを見て、慌てめいて逃げ出し、ゾンビの仲間入りか、イッヤーソンに食われたりかしたのだろう。
 キーを回し、エンジンをかける。エンジンがうなりをあげるが、吠えてはくれない。焦る気持ちを押さえながら、俺は何度もキーを回し続ける。
 大通りの中心で転倒しているイッヤーソンの顔があがった。顔の下半分が欠けている。土色をした肉塊から、喉の骨が見え、排気ガスのような息を「シューッ」と吐き出していた。あの息を吸ったなら肺が黒くなりそうだ。
 両足は回復しているようだが、立ちあがれるまでに至っていなかった。ずるずると匍匐しながら、こちらへと近づいてくる。
 エンジンがかかった。タンクローリーはうなりをあげる。それと同時に、ロックミュージックが大音量で鳴った。ギンギンと頭を響かせ、気が狂いそうになってくる。俺は音量を下げた。テンションをあげるのに良さそうだったので、音楽はかかったままにする。
 ギアを入れ、アクセルを踏む。タンクローリーはゆっくりと動いていった。踏む力を強め、速度が上がっていくのを確認してから、俺は限界まで踏んづける。
 フルスピード。上下にガタガタと揺れていく。車内にある飾り物は、パーティーの始まりを歓迎するように、あっちこっちに飛び跳ねていく。
 イッヤーソンとの距離が百メートルほどに迫ったところで、俺はタンクローリーから飛び降りた。肩で受け身を取り、亀裂だらけのアスファルトを転がっていった。
 ズボンに差し込んだニューナンブM60を取り出した。
 おやっさんの形見だ。
「あばよ。楽しいデートをありがとな」
 銃を撃った。一発。タンクに穴を開け、ガソリンが漏れた。さらに一発。ガソリンの導火線を狙ったが外れた。もう一発。当たった。さらに一発。
 爆発した。
 爆風に、俺は吹き飛ばされた。
 炎は、ビルのてっぺんまであがっていった。タンクローリーのキャブが飛んできて、俺が倒れている場所のスレスレに落ちて来る。後ろへ何バウンドかすると、電柱にぶつかって、止まった。真っ黒に焦げる中から、ロックミュージックが聞こえてくるが、暫くするとそれも消えた。
 燃え上がる炎のメラメラとした音。猛煙が黒々とあがっていた。イッヤーソンがどうなったか確認できないが、あれだけの大爆発を食らったんだ、生きてはいないだろう。
 さてと、美桜はどこにいる。安全な場所に避難しているといいのだが、爆発に巻き込まれてはいないだろうか。
 刹那、ズン!と体が重くなった。何百キロもの重みに押しつぶされたかのようだ。目を開いているのに、電球のない夜更けのように、辺りが見えなくなった。全身に激しい痛みが襲い、顔を少し動かすだけでも苦痛だった。
 三分が切れたようだ。
 地響きがした。ズシン!ズシン!とアスファルトが生き物のように動いている。
 これはまさか。
 悪化した視力で目を凝らす。炎上のカーテンから、人型の巨大なシルエットが浮かんだ。
 上空の煙が薄れていき、イッヤーソンの顔が覗いた。
 俺のことを見ていた。顔半分は潰れたままだったが、ニタニタとした笑いを感じ取れた。
「くそっ、せっかくの決めぜりふが台無しじゃないか」
 最悪な状況だ。
 ゆっくりと、イッヤーソンは歩いてくる。処刑人を前にした囚人になった気分だ。
「何してるのよ。早く逃げるわよ」
 美桜の声がした。俺のスーツを掴み、肩を引っ張っていく。
「姫さん、いるのか?」
「いなきゃ、引っ張っているのは誰よ?」
 グイグイと俺を動かそうとするが弱い力だ。一ミリも動かない。
「よく見えないんだ。メガネ持ってないか?」
「目のいい私には、不要のアイテムよ」
「ちっ、メガネっ娘の姫さんを見てみたかったぜ」
「ここを生き延びたら、それぐらいのサービスしてあげるわよ」
「服はゴスロリで頼む。頭はネコミミカチューシャを付けてくれ」
「変な趣味してるわね」
「どSな姫さんに似合いそうに思ったんだ」
「ムチで、あなたを叩いてあげようかしら?」
「そんなご褒美を与えるよりも、早く逃げろ」
「あなたを置いて?」
「そうだ」
 日本刀を持とうとしたが、指に力が入らなかった。握ることすらできない。
「死ぬわよ」
「負け犬は死ぬまでだ。足止めぐらいはなってやるさ」
「今のヤクザじゃ、十秒も持たないわ」
「じゃあ、十秒で逃げろ」
「……三秒もないわね」
 目の前。イッヤーソンの足があった。
 イッヤーソンは立ち上がったまま、人形のような俺たちを見下ろす。
「かっかっか、ごっ、ごあん、ごあんしん……」汚い声を発する。「くださぁぁぁい、あささ、さわくんは、ころぉぉしは、しま、しませぇぇんよぅぅぅぅ」
 俺たちを包囲するように、両手を地面に付け、顔を近づけてきた。
「あか、あかあか、あかさわくん、くんは、わたしの、体になるのですからぁぁぁぁぁ」
「姫さん。日本刀で俺を斬ってくれ」
 体を取られるぐらいなら、死んだ方がマシだ。
「箸も持てない私に、なんて残酷な命令をするのかしら」
「銃でもいいぜ」
「私がそんなことしたら、澄佳になんて言えばいいのよ」
「私の愛するあなたのお兄さまは、かっこよく死んだと伝えてくれ」
「できるわけないでしょ」
 イッヤーソンの手が開かれた。動く壁で押しつぶすように、こっちに向かってくる。分かっていても、避けようがなかった。テレビの映像をみているかのようだ。ぺしゃんこにはしなかったが、俺の体をとらえると、ぎゅっと握った。
「こういう役目は金髪美女だろ」
「わたぁぁぁしは、お、おんなぁぁぁよりも、あかさわくぅぅぅんの、ほおおおがぁぁぁぁ、こふぶぅぅぅつなんでぇぇぇす」
「ホモは帰ってくれ」
「こ、ここここんなじょうきょぉぉぉでも、じょぉぉだん、いぇぇぇぇる、あかさわくぅぅぅんが、わたぁぁぁしは好きでぇぇぇすねぇぇぇぇ」
「口よりも、体が回るようになりたいぜ」
「わたしの、ものぉぉぉぉになればぁぁぁ、か、かんたぁぁぁんに、強よよぉぉくなれまぁぁぁすよぉぉ」
 イッヤーソンの俺を掴んだ手が動いた。体を持ち上げようとする。
「ヤクザ」
 奴の手があがろうとするとき、姫さんは両手をあげてジャンプし、イッヤーソンの手の上に乗った。
「馬鹿野郎。逃げろ」
「できるわけないわ」
 俺を助けるべく、堅く握られた手を開かせようとする。少女の力だ。ぴくりとも動かない。
 美桜は顔を上げ、イッヤーソンを見る。「イッヤーソン。今すぐ離しなさい」
「お、おややややや。姫ささささ、さまはあかさぁぁわくんを、助けたいの、でしょうかねぇぇ。感動のあまり、なみ、涙が、でま、でま、でまま、ませんねぇぇぇ、ゾンビのからだじゃぁぁ」
「闇の王ガディスの娘である私の命令よ」
「がでぃすさまぁぁぁ、なつかしぃぃぃ、なま、なまええええを、きいたぁぁものでええすねぇぇぇ。もはや、あのおかたがぁぁぁ、存在しなぁぁぁい、いまぁぁは、あなたさまのぉぉ地位はぁぁガタおちぃぃぃ、命令なんぞ、無効果でありまぁぁすねぇぇぇぇ」
「そうね……でも」
 なにかに気付いたのか、彼女の口が僅かに笑った。
「お父様を倒した奴ならいるじゃない」
 空から隕石のような光の物体が降ってきた。肉眼で確認できないほどのスピード。イッヤーソンの額に直撃する。パァァァァァーン!と激しい衝撃音。土粘土のような頭蓋骨が割れて、中から輝かしい光を放っていく。
「おまえはぁぁぁぁっ! おまえはぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 光の物体は、頭部に打撃を与えた足を引っ込めると、くるりと一回転して、勢いを付けてさらに蹴った。
 イッヤーソンの巨大な体が剛速球に飛んだ。
 何百メートル先まで吹っ飛び、高架鉄道の上に墜落する。
 イッヤーソンの手から抜け出た俺は、高々と宙にあがった。五階ほどの高さから、アスファルトの硬い地面を目掛けて頭から落下していく。このままでは死ぬと分かっていたが、体が言うことを聞いてくれない。ただ待つのみだ。走馬燈のように俺の二十四年間の人生が回想されていく。ろくな人生じゃなかった。強くなろうと決心し、どんなに体を鍛えても、俺の理想とする強さにはなれずに苛立ってばかりだった。結局、俺は弱っちいままで、あの人に守られる存在でしかなかった。
 あの人? 誰だ?
 いや、もう、考えるまでもない。
 十年以上前。似たようなことがあった。イッヤーソンのような巨大な怪物に捕まって、俺はこのように高いところから放り投げられた。
 それを人間離れした女が飛んできて、俺のことをキャッチし、間一髪のところを助けてくれた。
 体が軽くなった。
 クッションのような柔らかいものが背中に触れる。誰かが、俺の体を両手でがっちりと支えてくれていた。男のものじゃない。細くて、柔らかい女の体。それでいて、懐かしかった。
 ぼやけた視界からは、一人の女の姿が見えた。
 あの頃と同じ光景を俺に見せていた。
「姉ちゃん」
 結局俺は、姉ちゃんに守られる存在でしかないんだ。
 着地する。光のオーラをまとった姉は、いたわるように、そっと俺の体を地面に下ろす。
 そして、イッヤーソンの方を向いた。
 背中。尻の割れ目まである真っ赤な髪に、白と黒の、派手で肌の露出の高いドレス姿。
 姉ちゃんの戦闘用衣装だ。かつてはこの格好で、どんな敵とも戦っていた。
 命がけで。俺を守るために。

――鏡明はあたしが守る。

 記憶のなかの姉ちゃんの姿と重なった。十代前半の少女じゃない。二十代半ばの大人の女性。
 だが同じだ。
 十年前に見たはずの、失われた記憶、そのままだった。
「夢じゃなかったんだな……」
 畜生。姉ちゃん、ええケツしてるぜ。 

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ