挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/43

エピローグ


 右耳からブラームスのシンフォニーが聞こえてくる。
 四番の二楽章、アンダンテ・モデラート。首にかかったデジタルプレーヤーに差し込まれたイヤホンコードは、左側は私、右側は澄佳に繋がっている。
 肩を寄せ合い、手を繋いで、晩年のカラヤンが指揮する、人生を回想するような哀愁を帯びた美しい旋律を静かに聞いていた。
 いつもと変わらぬ日常に戻った。
 戻ったの、だろう。
 私は地上界に暮らしたままで、澄佳と1つのデジタルプレイヤーで同じ音楽を聴いている。
 けれど、失ったものは大きい。
 私たちが暮らす学生寮。三角屋根の上に登って、ハンカチを敷いて座り、町の景色を二人して眺めている。
 寮の一階はパン屋があって、焼きたての香ばしい匂いが漂ってきている。寮生たちが、家を失って避難所で生活したり、家族を失った人を元気にするべく、パン屋店長で寮母でもある彼女を中心にして、パン作りに精を出していた。
 その熱々できたてのあんパンを口をつけるも、それほど美味しいとは思わない。寮生の私は、売れ残ったパンを嫌ってほど食べさせられるから、うんざりする味だった。それでも、このパンをもらって「美味しい」と笑顔を見せる子供たちがいるのは確かだ。
 人間という生き物は不思議なものだ。
 闇世界の魔物の手で街が崩壊し、大切な人を失おうとも、希望を失うことはなかった。再建しようという強い意志を感じられた。
 だからこそ魔法少女は、この世界を守り抜いたのだろう。
 南西にある山から、野乃原中学校の校舎が覗いている。イッヤーソンとフランジェルカの戦いの跡が残る場所だ。山もろとも吹き飛ばされてもおかしくなかったから、小さな被害と言えるけど、コンクリートの壁が壊され、中の教室が丸見えになっている姿は、痛々しかった。
 これだけの惨事だ。学校は新たに建て直すしかないだろう。
 私たち黒魔術研究部の部室は、瓦礫で埋まってしまい、跡形もなくなっている。
 澄佳との思い出の品、黒魔術関係の本やアイテム、そして読みかけだったジェーン・オースティンの本、なにもかも失った。
 別に、大事なものがあったわけではない。
 ただ、証拠がなくなった。
 それだけのことだ。

――樋村先輩に、好きですって言ってくるね。

 あの日の放課後。
『部活が終わったら、返事をします』
 と、下駄箱に手紙を入れた澄佳は、樋村陽介の部活が終わるのを黒魔術研究部で待っていた。
 それは私にとって、死を待ち続ける死刑囚のようなものだった。
 日が傾いて文字が読めないほど暗くなっているのに気付きもしないで、真剣に本を読んでいる振りをしていた。
 現実という世界に意識を戻したのは、「まだかな、まだかな」とソワソワしていた澄佳が立ち上がって、その言葉をかけたときだった。
 いつも私に向けてくる澄佳の笑顔。
 その笑顔が他の人のものになってしまう。
 澄佳は、背中を向けて、私から遠ざかっていく。
 だめっ!
 開いていた本をパタンと閉じた。ジェーン・オースティンのエマ。図書室にあった、文学全集の分厚い単行本。
 私はそれで、黒魔術研究部を出ようとする、澄佳の後頭部をぶつけた。
 衝動的だった。自分でもなぜ、このような行動にでたのか分からない。
 分かったのは、その一撃で澄佳の命が消えてしまったということだ。
 さらに分かるのは、このままでは、私と澄佳の日常が終わってしまうということ。
 私は闇世界に送還されて、監獄のような生活を戻ることになる。いや、そうなることもなく、フランジェルカに殺されるかもしれない。
 そのためには……。
 こういう時に思考がフル回転する自分が憎かった。
 解決法はあっさりと見つかった。
 澄佳を私のものにし、元通りの生活に戻れる、これ以上にない最高のアイデアを……。
「うちのアホな妹と、不思議系少女さんは、どこにいるんやら」
 赤沢先生が部室を去ったのを確認すると、私は張った結界から出て、イッヤーソンを呼んだ。赤沢菜穂香を殺すチャンスを伺っていた魔物は、待つまでもなくひょこっと現れた。
「お父様の仇を取りたいんでしょ? 協力してあげるわ」
 イッヤーソン。哀れといえば哀れな奴だ。
 闇の王ガディスの圧倒的な力に惚れ込み、絶対的な忠誠心を持っていた。そのボスが倒されたことで、行き場を失い、フランジェルカへの復讐心を燃やすようになったものの、相手はガディス以上の実力者だ。自分の力では到底敵わないと諦めていた。
 そして、フランジェルカが破滅の種を滅ぼしたことによって、闇世界の人たちは、『ガディス王を倒した恐るべき敵』から『闇世界を救った英雄』として、神のように祭られるようになった。
「ガディス様を倒した忌々しきフランジェルカを、なぜ称えるのですか」
 そんな世間を、イッヤーソンは許せなかった。必ずやフランジェルカを倒し、地上界の人間どもに目に物見せてやろうと誓った。その怒りの炎は、十年経とうと消えることはなかった。
 イッヤーソンは、闇世界管理組織がザル警備となったチャンスに地上界に侵入して、フランジェルカを倒す機会を伺っていた。
 以前、ガディスの娘である私が地上界にいると知り、挨拶にやってきたことがあった。
「なぜ、憎らしき女の家族を殺さないのですか」と、私がフランジェルカの妹と一緒なのを不思議がり、「共に、ガディス様の仇を取ろうではないですか」と誘ってきた。
 未だにお父様を信仰する魔物が存在することに感心と呆れの念を抱きながら、「昔のよしみで聞かなかったことにするから、さっさと闇世界に帰りなさい」とあしらったものだ。
「ガディスさまは、さぞ、お嘆きのことでしょう」
 復讐心のかけらもない私のことを、イッヤーソンは露骨にガッカリしたものだった。
 利用するに相応しい相手だ。
「お姫様が協力を申し出るとは、一体、どういう風の吹き回しです?」
 心変わりをした私に、イッヤーソンは訝った。
「澄佳がいなくなったのよ」
「フランジェルカの妹ですか?」
 運が良いことに、イッヤーソンは私が澄佳を殺したことを知らなかった。
「そう、私の大切な人。私の愛する人。彼女のためなら、私はなんでもするわ」
「恋愛か。お姫様も、女であるということですか。たかが人間の娘ごときに、いやいや、やっかいな感情を持ったものです」
「それが時として強烈な武器となり、世界を滅ぼす切っ掛けとなってくれるわ。イッヤーソン。私は、誰にも邪魔されない、澄佳と二人だけの世界を築きたくなったの。そのためには、人類。そしてフランジェルカが邪魔になったのよ。だから私は、世界征服することを決めたの」
「世界征服?」
「そう、世界征服」
 にんまりと私は笑った。作り笑いのはずが、本心からの笑みになっていた。
「そんなことを企むとは、さすがはガディス様の娘であります。しかし、恋愛に関しては未熟ですな。フランジェルカの妹に逃げられるわけだ」
「逃がさない。澄佳は私のものだもの。だからイッヤーソン、私に協力しなさい」
 澄佳を生き返らせる方法はひとつだけある。
 蘇りの奇跡。
 そのためには、イッヤーソンの闇の力、フランジェルカの光の力の両方が必要となる。
 だから私は、イッヤーソンを誘導し、フランジェルカと戦うように仕向けることにした。
 イッヤーソンは、私の言葉を鵜呑みにするほどバカではなかった。味方である証拠として、蘇りの奇跡を伝授したけど、それでも猜疑心は消えなかった。
「ご安心あれ、お姫様の最愛の人はちゃんと探してあげますよ。尤も、探す必要はないのかもしれませんが」
 ゲスな笑みを浮かべながら、イッヤーソンは、私をホテルの一室に監禁した。
 尤もこれは予想していたことだ。
 彼の判断は正しい。間違っていたのは、この場で私を殺さなかったことだ。
 イッヤーソンにとって厄介な存在は、フランジェルカではない。
 この私なのだから。
 闇の王ガディスの娘という立場が、イッヤーソンの判断を甘くさせてしまったのだろう。
 先に裏切ったのはイッヤーソンだ。
 だから私も、気兼ねなくイッヤーソンを裏切ることができる。
 束縛の術によって、肉体の自由を失っても、行動することは可能だった。
 こうなると予想していたので、前もって、人間の形に切り取り私の髪の毛を貼った紙人形を、外に捨てておいてあった。私はそれに意識を移し、計画通りにコマを動かしに出掛けた。
 全ては、思いのままとなった。
 澄佳は蘇りの奇跡で生き返り、イッヤーソンは倒され、私は元の日常に戻ることができたのだから。
 そう……。
 なにもかも、上手くいった。
 想定外だったのは、真っ先に舞台に上がってきたのは、フランジェルカではなくて、赤沢先生の弟であるヤクザだったことだ。さすがは英雄の弟というべきか、ヤクザという職業に似合わぬ正義感を持っており、人間にしてはかなり活躍だった。
 彼の存在は歓迎するべきことだ。
 なにしろ、ヤクザが早々にイッヤーソンの計画を台無しにしてくれたおかげで、五万以上と想定していた被害者の数を、十分の一以下に抑えてしまったのだから。
 賞賛に値することだ。
 ヤクザにしてみれば、想像以上の被害の大きさに、自分の無力さを悔やんでいる。
 これは、しょうがないことだ。地上界の住民は、光の世界が封印され女神エリーゼの祝福が受けられなくなったことで、今回のような新たな魔の手が来ることを想定し、警戒するべきだった。
 イッヤーソンは、地上界に大きなダメージを与え、人間たちに闇世界の存在と恐ろしさを知らしめた、初めての魔物となった。
 あいつだって、自分の力でフランジェルカを倒せると、自惚れてはいなかっただろう。
 魔法少女が救いし地上界に、大きな傷を与えれば良かったはずだ。
 そういう意味では、イッヤーソンの復讐は果たせたと言えるかもしれない。
 そして、私は……。
「美桜ちゃん」
 町全体。屋根の上で復興に精を出す人々を見つめながら、澄佳は口を開いた。
「なにかしら?」
「私な、樋村先輩に、ごめんなさいって言ったんや」
「あの人なら、あなたがゾンビでも、受け入れると思うわ」
「いいんや。私はこれでいいの。良かったんや」
 澄佳は体を横に動かして、私に体重を預ける。
「澄佳がいいなら、それでいい」
 嘘ばかりの私だ。
 私は女。
 闇世界の魔物。
 闇の王ガディスの娘。
 そして年齢は二百歳を超えている。
 いくら澄佳を愛そうとも、結ばれることなど、ありえない運命だ。
 それを澄佳をゾンビにすることで、全ての障害を取り除いてしまった。
 澄佳の肉体は死んでいる。十三歳のまま、成長することはない。私がメンテナンスをする限り、澄佳は、百年でも、二百年でも、この地を生きる事ができる。
 そう。
 私は永遠という時を、澄佳と共に過ごせるのだ。
 私は澄佳を手に入れた。
 自分の願い。
 欲望が、叶ったのだ。

 ――なのに、なんだろう。

 この、心から溢れてくる空しさは……。
「ごめんな、私、美桜ちゃんの気持ち、分かってなかった」
 澄佳は気付いていた。自分を殺したのが私であることに、始めから気付いていた。
 私の計画は、澄佳が言えばあっさり終わること。
 なのに澄佳は、私を庇ってくれた。
「謝るのは私のほうよ。いくら謝っても許されない、酷いことを澄佳にしてしまった」
「ええよ、許す」
「許さないで欲しいのよ。私は、あなたに償いたい」
「そっか……だったら……」

――ノーミソくわせろ。

 そう、静かに澄佳は言った。
「いいよ、私の脳みそを食べても」
 それでいいなら。澄佳がそれで満足するなら。
 私は澄佳に殺されても構わない。
「んー、次に、美桜ちゃんが悪いこと、したらな」
 なんで、彼女はこうも、優しいのだろう。私のことを、いともあっさりと許すのだろう。
 目からなにかが滲んだ。しゃっくりが込み上げ、視界が濡れていった。それが涙だと気付くのに時間がかかった。耐えようとしても、抑えきれなかった。体が震える。激しい感情が込み上げて、嗚咽をあげる。とめどもなく涙が溢れてくる。
 澄佳はそんな私に、なにも言わずに、じっと寄り添った。
 ブラームスのシンフォニーは終わりを告げ、私のすすり泣きが風と共に流れていく。

END

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 00:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:20
幻想世界のアリステイル

現実世界で燃え尽き症候群気味な俺は、引きこもり大学生活でネトゲにはまった。 ある日、ふとネカマをしてみたくなって適当なネトゲを探してキャラクターメイキングをして//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 23:52
黄金の帝国

 黒井竜也はちょっと中二病気味な、ごく普通の高校生。だがある日突然異世界に転移してしまう。言葉も通じず何の力もない竜也はその世界で奴隷にさせられる。それでも何と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全65部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2014/10/04 02:36
おんなのこ×おんなのこ

 幼少より同性に好かれやすい女子高校生弓奈は、入学を期に「女の子からモテない普通の女の子」を目指し奮闘していくのだが・・・・・・同性との恋に興味がない美少女弓奈//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全151部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/12/31 23:33
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
チート薬師の異世界旅(旧題:神様?チート異世界転移で薬師旅)

宇宙外生命体との交渉で、異世界に行くことを決めた裕次郎。生きていけるようにサポートを受けて、薬師として過ごしていく。穏やかな日々の中、突然村をハプニングが襲う。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全59部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2012/11/08 23:50
妹溺愛症候群。

非の打ち所の無い姉と平凡極まりない妹。そんな姉と比べられるのが大嫌い!な妹はいつも姉の存在に悩まされている。一方、姉は妹のことが好きで好きで仕方無くて―・・・!//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全42部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2014/01/25 03:27
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全850部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 10:00
シャチになりましたオルカナティブ

 死後、なぜか姿をシャチに変えられ、異世界に放り出されていたオル子。なんとかして人に戻ろうと頑張るオル子だが、彼女の想いとは裏腹に物事はいつも斜め上の方向に突き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/20 00:37
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全530部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 17:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1554部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
かんすとっぷ!

故郷を滅ぼされ、当てもなく彷徨った先にはダンジョンがあった。 力をつける為、憎しみと無力さを噛み締めながら少女リュアは幼い体ながらダンジョン攻略に乗り出し、攻略//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全352部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 01:03
異世界で妹と過ごす日々

妹分の結花奈と帰宅中、光に包まれた。途中で結花奈と手が離れて気がつくと雪国。出会った女の子、シューちゃんによると、なんとここは異世界で、結花奈は勇者として召還さ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全197部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2013/12/23 10:00
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
そして、少女は星を見る

 西暦2041年、全感覚体感型ゲームハードは一般に普及し、人気を博している。ってうちの妹が言ってます。  その妹に誘われて私は『マイスターズ・オンライン』と言う//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全142部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/09/23 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全636部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 17:00
まのわ ~魔物倒す・能力奪う・私強くなる~

気が付くとそこは異世界だった。 人気ゲームの舞台に近しい世界で少女『風音』が魔物のスキルを手にいれて戦っていくハイパーラーニングストーリー。 気が付けば街を救//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全1126部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 00:00
異世界転性 ~竜の血脈~

 剣と武術に明け暮れて己を鍛えた武術家(42歳独身)は、大規模な災害に巻き込まれ、多くの命を救ってその生涯を終えた。このままあの世行きか、と思った男の前に現れた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全121部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/09/16 18:00
灰色の少女と黒い女

【警告】 ・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。 ・そこそこ人が死にます。 ・それなりに人でなしがいます。 ・そういうのがわりと好きです。 『探し物//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全187部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/11/15 04:44
リアル世界にダンジョンが出来た

第4回ネット小説大賞で受賞。それに伴い書籍化決定! 2017/10/10 PV3000万達成しました〜!! 2017/05/25 「復讐の乙女と最凶の刃」という//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 12:00
盗賊少女に転生した俺の使命は勇者と魔王に×××なの!

 宅配風俗と目の前の四角い箱からの情報だけが人生だった下衆ロリアラサーヒキニートのエージは、ある日神様同士の勝負に巻き込まれてしまう。下衆な思考を『盗賊の神』に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全186部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/02/27 06:06
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
氷の滅慕

 少女は血にまみれ、凶刃を振るい、命を搾取する。愛する人のために強さを求めた彼女は、人の域を越えた力を身につけ、精神の惨状へと踏み込んでしまう。※序盤はほのぼの//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全209部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 21:38
魔法使いフェイ

俗に言う冒険者になりたての世間知らずな魔法使いフェイと、先輩冒険者のエメリナ。2人はある依頼を一緒にこなしたことで秘密を共有し、固定パーティーを組むことになりま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全202部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/01/06 10:00
ロリータ・ガンバレット ~魔弾幼女の異世界戦記~

「死ぬには良い日だぁっ!」  幼女は笑い、魔導銃とともに戦場を駆ける。大切な人達を守るために―――。                             //

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全130部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/11/22 13:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
ゲームキャラで異世界転生 ~トップランナーはよろず屋さん~

VRMMO全盛期にレトロ系MMORPGをプレイしていた主人公は、いつの間にか異世界に放り出された。しかも大平原のど真ん中、目の前には迷宮があるだけ。そこで保護し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全258部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/22 13:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
自称天才錬金術師ツバキ・ベルベットの華麗なる生活、あるいは彼女の異常な愛情~如何にして彼女が人を愛するようになったか~

王歴230年。王立錬金術アカデミーに千人中千位の最下位で入学した、十五歳の平民ツバキと、二位で合格した王国の第一王女フラウが出会う。 そこから始まる彼女たちの学//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全21部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2012/09/04 18:12
↑ページトップへ