挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
41/43

40・鏡明はほんと大バカものよ


 体内にいたイッヤーソンは、背中から出て行った。
「逃がさない!」
 その瞬間をフランジェルカは逃さなかった。
 姉は下から、響歌さんは上から、赤いオーラと青いオーラでスクリューする拳を、二人同時にイッヤーソンにぶつけた。
「ガディ……ス……さ……ま……」
 イッヤーソンは、眩しい光に覆われながら、粉々になっていく。
 元通りの空に戻ったときには、跡形もなく消えていた。
「……やったな」
 意識が朦朧とするなか、俺は真っ逆さまに落ちていった。

 …………っ!
 きょ……め……い!
 きょう……め……ぃ! きょう……! きょうめい!
 鏡明! 鏡明!
 声が聞こえる。
 俺の名を呼ぶ声だ。ぽつぽつと顔に雨が降ってくる。
 その雫は、温かい。
 うっすらと目を開ける。滲んだ視界は、俺を抱きしめて、泣きじゃくっている姉ちゃんを映していた。柔らかい感触。涙のシャワーが心地よかった。
「鏡明! バカよ……あんたは、ほんとバカよ……バカなんだから……」
「すみ……か……は?」
 かすれた声で言った。
「ここにいるわ」
 声がするほうに目を動かす。響歌さんに抱きかかえられた澄佳がいた。
「気絶しているだけ。澄佳は無事よ」
 安心させるべく、微笑んだ。
「そっか……よかった……」
「澄佳よりも……自分の心配してよ……ばかぁ……」
 涙が止まらなくなっていた。
「姉ちゃん、泣いてた」
「え?」
「俺が、父さんと……母さんを殺したときだ……」
「あんたそれ……」
 記憶が戻っていることに、ショックを受けていた。
「それは違う……鏡明は悪くない! なにも悪くないの!」

――鏡明は悪くない! なにも悪くないの!

 何かが知らせたのだろう。
 修学旅行に行っているはずの姉ちゃんは、あの後すぐに現場に駆け付けた。両親をこの手で殺し、茫然自失の俺を抱きしめて、「殺したのは鏡明じゃない、ガディスの刺客がやったの、鏡明は幻惑を見せられて、そのように誘導されただけだから、自分を責めちゃだめ」と慰めてくれた。
「俺が殺したんだ。俺が弱かったばかりに、そいつにいいようにされてしまった。俺は、姉ちゃんに……迷惑をかけてしまった」
「そんなことない……そんなことない……」
「俺は、その後もいいように扱われた。人質にされて、姉ちゃんを苦しめた。それでも……姉ちゃんは俺を……助けた。響歌さんと力を合わせて、あいつをやっつけた。そして……すべてが終わったとき……姉ちゃんは……泣いた」
 俺に両親を殺すように仕向けた魔物を倒した後のことだ。
 姉ちゃんはプツンと糸が切れたように大泣きした。響歌さんと抱き合い、頬をくっつけて、子供のように泣きじゃくっていた。
「あの泣き声を……俺は聞いていた。聞いていて俺は……強くなりたい……強くなろうと……誓った」
「鏡明、あんた……」
「俺は……役立たずだ。姉ちゃんに守られるだけだった……それが嫌だった。俺は……強くなりたい……強くなって……姉ちゃんを……この手で……」
 ――守りたい。
 記憶が消されていようが、強くなりたいという思いが強く支配していた。
 様々な格闘技を習ったが、型のあるのでは限界を感じた。俺が求めているのはスポーツではない。本気の殺し合いに勝つ力だ。
 だからこそ、真っ当でない仕事を選んだ。そうでなければ、強くなれないと思ったから。
「バカよ……鏡明はほんと大バカものよ……」
 姉ちゃんは、さらに強く俺を抱きしめる。
 でも、結局、俺は強くなれなかった。
 どんなに力をつけたところで、人間は人間でしかない。魔法少女の姉ちゃんの代わりになることは不可能だ。
 俺は、姉ちゃんの背中にいて、守られた存在のまま、死んでいく運命だった。
「鏡明……しんじゃやだ……あんたがいなくなったら、あたしは……あたしは……」
 でも、こんな死に方も悪くない。
 姉ちゃんのぬくもりを感じながら死ぬというのも……。
 俺らしくていいじゃないかと思いながら、静かに眠りについた。
「感動のシーンを水さすようで申し訳ないのだけど、あなたの弟、死なないわよ」
「え?」
 美桜は、心臓を指さした。
「再生の術。そのような黒魔術をかけたから」
 バスの中で胸部にキスをしたときの、あれか。
「姉ちゃん」
「な、なによ?」
 顔に、ぷにぷにと柔らかいものが当たっている。
「いいおっぱいだ」
「死んでよしっ!」
 ゴツン!と強烈なパンチを頭蓋骨に食らって、俺は意識を失った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ