挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
40/43

39・思い出したでしょう。そのときの絶望を。

「ただいまーっ!」
 姉ちゃんは修学旅行。
場所は定番である京都、奈良で、三日後に帰ってくる予定だ。
 姉ちゃんは今頃、シカと響歌さんとじゃれ合っているんだろうな。羨ましい。姉ちゃんに変装して、代わりに修学旅行にいって響歌さんを独占したくなってくる。
 こっちは、クラスの友達が遊ぼうと誘ってきても、澄佳の面倒で断るしかないというのに。
 生まれたばっかの可愛い妹だ。
 ではあるんだが、オムツを取り替えたり、離乳食を与えたり、ぎゃあぎゃあ泣き叫ぶのをあやしたりと、世話がほんと大変。
 赤ちゃんなんて、可愛いと思ったのは最初だけ、よくみれば猿みたいだし、台風と格闘するような大変な毎日だ。うっとうしくて、しょうがない。
 澄佳が生まれた瞬間は、感動のあまり姉ちゃんと抱き合って泣きじゃって――後になって後悔した――ものだけど、澄佳が我が赤沢家の中心になったことで、エンジョイしていた僕の自由は失った。
 ちょっとわがまま言うだけで、「お兄ちゃんでしょ、我慢しなさい」ってんで聞いちゃくれない。
 姉ちゃんはそんな僕に「あたしが通ってきた道よ」と、嬉しそうにするものだから、なおさら気に入らない。
 兄弟なんて、姉ちゃん一人で十分だ。なんでこの年になって、妹なんかできるんだよ。父さんと母さん、どーでもいいところで頑張りすぎだろ。こっちは、面倒、面倒、面倒、だらけで、いい迷惑だ。澄佳なんて、今度泣きやまなかったら、隣の家のタケル(犬)のエサにしてやるんだからな、なんて、ブツブツ心の中で文句を言いながらも、駆け足で帰ってきて、澄佳の顔を一秒でも早く見ようとしている。
 素直じゃないってだけだ。
 本音は、澄佳のことが可愛くて可愛くてしかたない。そんな気持ちを表に出すのが恥ずかしいという、お年ごろってわけだ。
「あれ?」
 玄関で靴の片方を脱いだとき、違和感があった。
 家がシーンとしている。
 夜のように暗い。なのに、うっすらと照明が点いているように、家の中がハッキリと見渡せる。僕の目が夜行性動物のようになったかのようなヘンな感じ。
「誰かいないのーっ?」
 返事はなかった。僕の声が廊下を響いていく。
 おかしかった。
 澄佳をほったらかしにして出かけるはずがない。母さんは、澄佳を連れて、どこかへ行ったのかな。そういや、姉ちゃんがいない間は、お父さんは早めに帰ってくると言っていた。
 僕を置いて、でかけていった?
 そう考えるのが自然だ。
 でも、ドアの鍵がかかっていなかった。それは不自然なことだ。
「母さーん、父さーん、澄佳ー?」
 やっぱり、おかえりの声はない。
 澄佳の泣き声も聞こえてこない。
 本当に、誰もいないようだ。
 僕は、ランドセルを腕にぶら下げて、リビングに入っていった。
 いた。誰かか。
 それは人ではなかった。
 化け物だった。
 それも二匹。
 肉塊を塊をくっつけたような、ぶよぶよとした、豚のようなカバのような巨大な化け物。大人の体格だ。僕よりも大きかった。二本足で立っていて、顔は垂れ下がった肉で隠れているけど、下のほうに像のような尖った口がみえた。
 これはなんだ。生き物なんだろうか。
 クトゥルーとかいう神話に出てくる化け物が現実に登場したかのようだ。
「――っ!」
 出かかった悲鳴を飲み込んだ。その代わりに、ランドセルを落としてしまう。
 思った以上に大きな音が出て、化け物がこっちに気付いたんじゃと、心臓が飛び出しそうになった。
 僕は、いったん廊下を出る。
 激しくなった心臓を落ち着かせようと、なんども深呼吸をする。足がガクガクと鳴っている。
 わぁーーーっ!と叫んで、家から飛び出したかった。
 でも、リビングに誰かいるかもしれない。食べられそうになって、助けてくれぇと声のない悲鳴をあげているのかもしれない。確認しなくちゃ。それが、母さん、父さん、澄佳だったとしたら大変だ。ここで逃げたら、僕は一生後悔する。
 助けなくてはという、正義感が恐怖に勝った。
「姉ちゃん」
 苦しい時の神頼み。呟いたのは、神様でなく、姉ちゃんだった。
 いつも姉ちゃんに頼っている証拠だ。姉ちゃんはいない。僕がひとりで、なんとかしなければならない。
 僕は、両手を床に付けて、おそるおそるリビングを覗いた。
 リビングとダイニングが一体となった十二畳ほどの空間は、電気が点ってなくて薄暗かった。点っていても薄暗いのかもしれない。全体が靄が掛かっているような、じめっとした陰気な空気があった。
 入って直ぐのところに、姉ちゃんのために買ったピアノがある。
「あたしは音楽のセンスがないことが判明した」
 姉ちゃんは一週間もしないで投げ出して、母さんがたまに弾くだけの、棚代わりに小物を飾っているだけのもの。大きく場所を取っていたが、隠れるのに丁度良かった。ピアノの前には、四人掛けの木目のダイニングテーブルがあって、レースの入ったテーブルクロスの上は、澄佳のおもちゃであるガラガラ、父さんの席に新聞紙が置かれてある。
 部屋は綺麗なもので、荒らされた形式はなかった。
 掃き出しの窓ガラスは、カーテンが全開になっていた。外は異空間のような、黒紫の怪しげな色をしていて、壁があるように庭を見渡すことができなかった。
 窓の近くには、テレビにゲーム機。
 そして、澄佳のゆりかごがあった。
 二匹の化け物が覗いているのは、ゆりかごの中だ。
 ゆらゆらと揺れている。化け物は、20センチはある長い舌をにょろっと出して、中にいるものをペロっと舐めた。
 泣き声があがった。
 うんざりするほど聞いてきた赤ちゃんの泣き声。
 澄佳が、ゆりかごにいる。
 二匹の化け物は、口を開いている。笑っているのだろう。カカカカカカカカという、潰れた喉で発したような、ゾッとする声が聞こえてくる。

――こいつらは澄佳を食べる気だ。

 助けなくては。
 でも、どうやって。あいつらは人間じゃない。化け物だ。
 子供である僕の力じゃ、どうあがいてもやられてしまう。だからと怖じ気づいていたら、澄佳がぱくっと食べられちゃう。
 姉ちゃんはいないんだ。
 父さんも、母さんも、どこにもいない。
 僕がなんとかしなくてはいけない。助けを呼ぶように泣いている澄佳がいるというのに、見ているだけなんて耐えられない。
 ここで勇気を出さなければ。勇気を出すんだ。僕は男だ。姉ちゃんの弟なんだ。
 ここで男を見せなければ、姉ちゃんに笑われてしまう。
 姉ちゃんに笑われるぐらいなら、妹を助ける代わりに、あの化け物にパクっと食われたほうがマシだ。
 辺りを見回すと、キッチンが目にはいった。僕は物音を立てないように慎重にほふく前進する。ステンレスのキッチンカウンターに手を伸ばす。まな板と包丁を収納したスタンドに、三種類の包丁があった。
 僕はその中で一番長い奴を取った。
 包丁を両手を握りしめる。上体をかがめてゆっくりと化け物に近付いた。足音は、澄佳の泣き声が掻き消してくれている。声をあげることで僕を援護してくれるかのようだ。いつもなら苛立ちの種であるのに、今は天使の笑いであるかのようだ。泣き声は澄佳が生きている証だ。それが聞こえている内に、僕はやらなくてはいけない。
 二匹いるうちの、小さいほうの――それでも僕よりも三十センチほど高い――化け物が、ゆりかごに向けて両手を伸ばしていった。
 二百キロ以上ある女性のような脂肪だらけのぶっとい腕は、脂ぎった汗をポタポタと垂らし、硫酸で溶かすようにジュウジュウとした蒸気を発していた。
 澄佳を掴みかかろうとする姿勢のまま、顔をこっちに向けた。両方の目は潰れたように真っ黒だ。口を横に開き、「カカカカカカカカカカカカカカカカカカ」と、赤ん坊を食ってしまうぞと、挑発するように笑った。
「うわああああああああああああああっ!」
 絶叫をあげながら、包丁を両手で持ったまま突進した。
 突き刺した。
 大きな体格の割には、すんなりと化け物の体のなかに、包丁は刺さっていった。
 派手に血が拭いた。
 赤くない。緑色だ。
 やっぱりこいつらは化け物だ。澄佳を、澄佳を守るんだ。僕は、さらに包丁を刺していく。
 もう一匹が手を伸ばしてきた。攻撃がくる。僕は、そいつにも包丁を振りつけた。何度も、何度も。奴の身体が後ろに下がった。チャンスだ。思い切って振った。奴の顔に当たり、喉に当たった。動きが止まった。
 今だ。
 腹の部分に包丁を刺した。化け物は倒れた。僕は馬乗りとなって、がむしゃらに包丁を刺していった。
 頭の中は澄佳を助けることしか考えていなかった。
 化け物は二匹とも、ピクリともしなくなった。
「やった、やった……」
 澄佳は助かった。僕が澄佳を守ったんだ、助けたんだと、涙ぐんだ。
 澄佳は泣き続けてきた。
 僕は、澄佳を安心させようと、立ち上がろうとした。
「え?」
 唐突に視界が変わった。
 俺の家だ。それは変わりない。
 薄暗いリビングを覆っていた陰気な空気がスッと消えた。
 天井の照明がパッチリと付いている。
 男の人の声がした。テレビの電源が入っていた。巨大な台風が接近しているというニュースを読み上げている。壁に掛かったアナログ時計は四時十七分を指していて、秒針がチクタクと動いていた。
 そして、澄佳の泣き声が、相変わらず聞こえてくる。
 俺は包丁を落とした。両手は血で真っ赤に染まっていた。体も着ているものもすべて、血で濡れている。
 茶色のフローリングは、二人の人が倒れていた。
 体中を滅多刺しにされて、体内にある血をありったけ吐き出さしていた。生きてはいない。この状態で生きている方が、最悪であるほど無惨なもの。
 その死体は、見覚えのある顔だった。

――父さんと、母さんだった。

 僕がやったの?
 嘘、嘘だよね。夢、そうだこれは夢だ。夢を見ていたんだ。
 そうに、そうに決まって……あ、ああああああ。
 叫んだはずだった。
 けれど声が出なかった。なにも分からない。人は心が壊れると、感情というものを忘れてしまうらしい。
 頭の中が真っ白となり、僕は放心としていた。
 分かるのは、澄佳が泣いているということとだけだ。
 そうだ。
 そうだった。
 僕が……俺が、俺が父さんと母さんを殺したんだ。
「その通りであります」
 ピアノの上に、一メートルはある巨大な昆虫がいた。
 触覚に生えた目玉をぎょろりとさせ、カタカタとサメのように細かく尖った歯を鳴らしながら、俺のことを眺めている。
 イッヤーソン。
 俺がみた化け物の幻覚に劣らない、不気味な姿だ。
「見ての通りであります。赤沢くんが、大切なお父さまとお母さまを殺したのですよ。あなたが、この手で、殺してしまったのです。ご両親は、実の息子に襲われて、どれだけ驚き、苦しみ、恨んで、死んでいったことでしょうか。思い出したでしょう。そのときの絶望を。思い出したでしょう。そのときに赤沢くんの心がどうなってしまったか」

――鏡明。ごめんね。

 だからこそ、姉ちゃんは、俺の記憶を消した。
 そうしなければ、俺の心が壊れたままだから。
 元に戻すには、そうせざる得なかった。
「ありがとよ」
「え?」
 イッヤーソンはきょとんとする。
「全てを思い出せてくれてありがとう。感謝するぜ」
「あ、赤沢くん。あなたは、絶望しないのですか!」
「絶望? 過去にあったことで、落ち込むような俺じゃねぇ」
 十三年前のガキだった俺は耐えられなかった。
 だが、今は違う。
 事実を受け入れる覚悟は出来ている。
 それだけの経験を積んできたんだ。イッヤーソンに支配されるような俺じゃない。
「グレードダギャーソード」
 右手から短剣を出した。
 向きを逆にする。
 親を殺した時のように両手で握りしめ、刃を自分の心臓に狙いをつける。
「あ、赤沢くん。なにをするのです! 死ぬのが怖くないのですかっ!」
 今更だ。
「怖いと思ったことなど一度もねぇよ」
 こいつの為に、どれだけの人が死んだと思っているんだ。
 組の仲間、篠崎黒龍、狼谷会の連中、それに澄佳。
 仇を取るためなら、自分の命などくれてやる。
 この一突きで全てを終わらせる。
「くたばれ!」
 俺は自らの心臓を突き刺した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ