挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
24/43

22・現れたんだよ。壊れたままね



「なにをしたんだ?」
 視線を良子から動かさず、俺は美桜に聞いた。
「銃を重くしたのよ。五十キロぐらいはあるんじゃない」
「そんなことができるのか?」
「できるわけないでしょ」俺だけに聞こえるよう、小声で言った。「そのように暗示をかけただけ。持ってせいぜい五分ぐらい」
「俺には、全ての女性が素っ裸に見える暗示をかけてくれ」
「サービスとして、顔は赤沢先生にしてあげるわ」
「ゲロゲロ」
「なにそれ?」
「チョーベリーバットって感じー」
「あなたと話していると疲れるわ」
 下らないやり取りをする内に、組員たちは、良子の周りに集まった。愛しのボスである彼女を守るべく囲んでいる。睨みつけるだけだ。襲ってはこない。奴らも、俺が襲いかかってこないことは分かっている。
「で、どうする。狼谷会は俺と戦う気かい? 数はおたくらが上だが、有利なのはこっちだぜ」
 村雨の先端を、良子に向けた。
「そのようだねぇ。女の子二人と甘く見ていたけど、そちらさんの方がただものじゃなかったようだ」
「そういうことだ。ごく普通の男の子は俺だけだ」
「ヤクザだけどね」
 良子は、澄佳を見る。
「その子はなんだい? 生きているのかい?」
「見ての通りだ」
「見てわかんないから聞いているのさ。あたしらち襲ってきた奴らと似ているようだけど、あれとはちょっぴり違うようだねぇ」
「澄佳はゾンビよ。けれど彼女には魂が入っている。あなたが見てきたものとは違うわ」
「ふーん、うちのモンもそうなのかねぇ」
「そうでない可能性が百パーセントだから、期待はしないことね。助ける方法はただひとつ。殺すしかない」
 美桜は、良子の思考を読みとって、はっきりと言った。
「そうかい、そいつは残念だ」
 ふっと寂しく笑った。
「おたくらはイッヤーソン……いや、ゾンビの仲間じゃなさそうだな」
「あんたたちもそのようだねぇ。化けモンの親玉はイッヤーソンというのかい?」
「ああ」
 刀をおろした。組員たちも警戒を解いた。奴らも緊張していたようだ。ホッとした空気が流れた。
「なぜ俺たちを、ここに連れてきた」
「うちのダンナがね、壊れちまったのさ」
「狼谷会の組長か?」
「アタシは見ての通り貞淑でね。ダンナは一人しかいないよ」
「狼谷会三代目組長、狼谷敬司かみや けいじだな。出来の良い女房が手懐けていると聞いているが、それがあんたってわけだ」
 その通りだと頷いた。
 狼谷敬司。狂犬という通り名を持つ、気性の荒い男だ。身内との信頼関係は絶大であるが、他人には容赦がない。
 他の組に喧嘩をふっかけたり、カタギの企業を強請ったりと、幾度となく騒ぎを起こしている。シャブ、売りは当然として、殺しに、死体の後始末まで請け負っているとの噂があるぐらいだ。
 以前に、「殺される!」と泣きついてきたホステスの女を、狼谷会から守ったことがあった。あのときは最悪だった。卑劣な手を平気で使ってくるし、殺しにためらいがなかった。
 噂はあながち嘘でないと思ったものだ。
 ムショ入りか、お陀仏になってないのがおかしいほどの男だ。女房が面倒ごとを上手くサバいで、要領よく切り盛っているから、シャバの空気を吸えているという話だ。
「狼谷会になにがあった?」
「篠崎黒龍が、差し上げたいものがあると、直々にやってきたのさ。あいつは、余命幾ばくもないと聞いていたから、元気な姿にびっくりしたよ。お引き取り願うところだけど、それでやっかいなことが起きたら溜まったもんじゃないからね。通すしかなかった。それが運の尽きだったのさ」
「プレゼントをもらっちまったんだな」
「受け取る気はなかったよ。大金だ。ろくなことが起きないのは分かってたよ。けれど、篠崎は強引にそれを渡した。いや、渡したというよりも、奴がなにか呪文を唱えた感じだったね」
「組長に直接?」と美桜が聞く。
「そうさ、黒い光がダンナを襲った。悪霊に取り憑かれたように、叫んで、叫んで、ぴたっと静かになったと思ったら、人が変わっちまった。側にいた若いのを次々と襲ったんだ。かみ殺してね。するとどうだい? 死んだと思った奴が、のっそり起き上がるじゃないか。そして、ノーミソ食わせろ、ノーミソ食いてぇと叫びながら、殺し合いを始めたんだ。地獄だった。アタシはなにもできず、ただ呆然とするだけさ。島に守られて、なんとか逃げらてこられたんだ。同じことは、あんたの組も起きたんだろ?」
「うちの組は全滅。俺は運良くその場にいなかった。そっちは、生き延びたのは七人だけか?」
「もっといたんだけどねぇ。感染してたり、襲われたりで、これだけになっちまった」
 その後も色々あったのだろう。すまないねぇと詫びながら、若衆を見回す。
「篠崎にお礼をしようと、あいつの家にいったらね。ゾンビの死体だらけじゃないか。その中に篠崎の首があった。銃で撃たれた跡があったよ。あたしたちよりも先に、復讐を果たした奴がいると分かったのさ」
 そこで俺を見た。
「その果たした奴が、俺だと分かった」
「どっかの組の連中と思っていたが、まさか一人の若造と、二人の女の子だったとはねぇ。思ってもみなかったよ」
「変身するババアもいるぜ」
「なんだいそれは?」
 さすがに、魔法少女の情報はつかんでないようだ。
「俺になんのようだ? 礼を言うためじゃなさそうだな。先に篠崎を殺った腹いせに、俺を殺ろうっていうつもりか? 筋違いだぜ。俺はあんたの復讐の相手じゃない。敵でも味方でもないものだ」
「赤沢になんかしよう、というつもりはないよ。欲しいのは情報さ。うちのモノが、何にやられたか知りたいんだ。イッヤーソンといったっけね。そいつが、ゾンビを作っているんだろ。篠崎も、そいつにやられて、あのようなことをしでかしたと踏んでいるけど、当たりかい?」
 狼谷会のネットワークを駆使して、篠崎を殺したヤクザが村浪組の赤沢鏡明であると調べ上げた。敵か味方か定かでないから、このように捕まえた、ということのようだ。
 マスコミの情報よりは、詳しく知っていそうだ。
「その通りだ。本物の篠崎はあのようなクズじゃない」
「分かってるよ。うちも世話になったことがあるんでね。篠崎はいい奴さ。ただ、ヤクザにしたら優しいのが欠点だった。特に娘さんが亡くなってからは、その優しさが強くなった気がするよ」
 いい思い出があるのだろう。哀しげに笑った。
「それで?」
「さっきいったろ。うちのダンナが壊れちまったんだ」
「だからなんだ?」
「現れたんだよ。壊れたままね」
「なんだと?」
 俺は表情を変える。美桜も同じく表情を変えている。
「木村。見せてやりな」
 後ろにいる組員に指示した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ