挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
21/43

19・グレートダギャーソード


 魔法少女になった。
 姉が活躍していたのは10年前のことだ。いまや、少女とはいえない年齢になっている。
 けれど、これこそが本当の姉の姿なのだろう。ドレスのようなコスチュームに、年齢的な無理さを感じるものの、しっくりとしている。
 よくよく見れば、真っ赤となった髪の毛以外に、肌に刺青のような模様が付いている。蜘蛛の足のような角張った線が、横顎から目元に向けて数本引いていて、中々シャレていると思った。
「うわあ、お姉ちゃんかっこええなあ」
 変身した姉を見るのは初めてのようで、澄佳は感嘆と手を叩いていた。
「あんがと」
 そっけなく礼を言って、右手をクイっと上へと動かした。
 長さ三十センチほどの短剣が、手品のようにパッと現れる。
 アラビアで使われていたジャンビーヤのような湾曲した形をしていた。見る角度によって、銀、金、緑、黄、赤など、輝きが変わった。俺たちの世界に存在する金属ではなさそうだ。
 姉はその短剣を、俺の前のテーブルに突き刺した。
「あげるわ。日本刀じゃ、長くて重いし、接近戦で不利になるでしょ」
「いいのか?」
「かまわない。最初のころはこれを使っていたけど、戦うにつれ、魔法と肉弾戦がメインになっていったんだ。鏡明のことだから、戦うなって言ったって無駄でしょ。だったら、強力な武器を与えたほうが安心できるもの。これね、ナホカソードっていうの。世界で唯一のものだから、大切にしなさいよね」
「名前は変えさせてくれ」
「勝手にしな」
 手に取ってみる。驚くほどに軽かった。ボールペンを振っているかのように重みがない。
「切れ味すごいから気をつけて。あたしがこれ初めて手に入れたとき、学校の机やら壁やらスパッと切っちゃって、大変だったんだから」
「赤沢先生はほんと、頭が回らないわね」
「なによ、文句あるってゆーの?」
「姉弟愛に文句はないわ。武器をプレゼントするのはいいけど、丸裸な状態で持ち歩くのはぶっそうじゃない。鞘なんてないんでしょ? 銃のようにベルトにはさんでたら、体を切ってしまう恐れがあるわ」
 だから貸しなさいと手を出した。
 渡すと、美桜は短剣に向かって、「アレス、ハルズ、クトゥーク……」とブツブツと意味不明な言葉をかけていく。
「彼の剣の主となりし赤沢鏡明。この剣の名前を口にし、契約を交わしなさい」
「名前?」
「剣の名よ。さっさと決めなさい」
「えっと、そうだな……」
「グレートダギャーソード!」
 迷っていると、澄佳が言った。
「グレートダギャーソード」
「はぁっ!」
 美桜は腕を延ばし、上向けた短剣を俺の胸に当てた。
 まばゆい光が起きた。
 光に吸い込まれるように短剣が消えていった。
「契約は成立したわ」
 手を引っ込めて、美桜は言った。
「剣はどこにいったんだ?」
 きょろきょろ見回すが、どこにもなかった。
「あなたの利き手はどっち?」
「右だ」
「その手で剣を持っているイメージをしながら、剣の名を心の中で言いなさい」
 右手を意識する。グレートダギャーソード。
 握る感触。さきほどの剣が出てきた。
「これはすごいな」
「便利でしょ。不要になったら、手放せば消えるわ」
 手を放してみると、短剣は地面に落ちるところで、ふっと消えた。再び手を意識すると、短剣が現れた。手を放すと、同じように消えていった。
「この魔法は回数や時間制限はあるのか?」
「無限よ。嫌になったら、解除してあげるわ」
 ないようだ。ありがたい。
「ナホカソードのほうがよかったんじゃない?」
「グレートダギャーソードっ!」
 姉貴に同意だ。ナホカソードの姉以上にネーミングセンスのない澄佳は、かっこいいと思っているようだが、反芻したことに後悔した。
「さーてと」
 姉貴は、足を伸ばしたり、上体を左右に回したり、両手を地面に付けたりと、ストレッチをしていく。さすがは体育教師。柔らかい体だった。
「犬はどうなってる?」
「悪戦苦闘中」響歌さんはスマートフォンで指示を出し、報告を聞いていた。「被害者四名。倒した犬は三匹。残りの十二匹を、戦車や盾で、取り囲んでいるところ」
「第二、第三陣がきたら、あっさり壊滅ね」
「カラスなんか来そうだな」
「ゾンビが空を飛べるかしらね」
 空飛ぶゾンビが攻めてくる、という心配は無用のようだ。
「鳥だろうが、怪獣だろうが、あたしにまっかせなさい。さっさかやっつけてやるわよ。小麦、ゾンビに気をつけることはない?」
「噛まれたら、ほんの小さな傷でも、即アウトだけど、あなたならいくら噛まれようとも平気でしょうね。ゾンビはアンデット系よ。光に弱い。特に回復魔法には」
「なーるほど、最高の手じゃないの。回復魔法なら、人間を巻き込む心配もないし、最初からやっとけって話よね。つーか、それを早く教えなさい」
「あなた、使えるの?」
「エリーゼ様じゃないから使えませーん。回復系が得意な子はいたけど、いなくなっちゃったし……」僅かに哀惜の顔を覗かせた。死んだか、消えたかしたのだろう。「響歌はサポート系だけど、ちょっとは使えたよね。あたしと手を取り合えばさ、その力を倍増できるでしょ。懐かしいな。響歌、一緒にやろ」
「嫌よ」
 響歌さんはきっぱりと断った。
「へ? 響歌さん、いまなんて言いました?」
「嫌です」
「は?」きょとんとしている。
「私は車で後から行くわ。響歌は先に倒しておいて」
「変身して空飛んでいったほうが早いじゃない。それに、回復魔法は、響歌しか使えないんだよ。空から一気にパンっ!てやっつけたほうが早いっしょ」
「私は、菜穂香のように恥知らずじゃないから、この年で魔法少女なんかになれません」
「いやいやいや、んなこといっている場合じゃないでしょっ!」
「大丈夫。菜穂香だけで倒せるわ」
「でも、だって、響歌と一緒じゃなきゃやだよっ!」
「三十近い年で、あの格好になるなんて、とてもじゃないけどできないわ」
「まだ二十代じゃん! 近くもないよ、三年あんだし! 若いってばっ! 似合うよっ! 響歌美人だから、どんな服を着ても輝いているし! あたし、いまの響歌の魔法少女、見てみたい!」
「私も、ひびねぇの魔法少女、みたい。とっても、美人なんやろなあ」
「光の国は封印されている。以前のように、みんなの記憶を消すことができないの。私たちの存在を世間に知られてしまうわ。そうなるとどうなるか分かってる?」
「えっと、いっぱいの人に見られちゃう?」
「その通り! ものすごく恥ずかしいことじゃない!」
 響歌さんの最大の敵は世間の目だった。
「あ、あたしだって見られるんだし、お互いさまだよっ! それに、恥ずかしくないし、響歌、ものすごく似合っていて、この美人は誰だって、世界中の話題になるよ!」
「菜穂香はいいのよ。菜穂香だもん」
「なんだよそれっ!」
 いくら説得しようが無駄のようだ。頑として変身したがらない。
「響歌」
 姉が諦めて、大きなため息をついたとき、美桜が声をかけた。
「何を言おうとも、私は変身しませんからね」
「菜穂香との赤ちゃんほしくない?」
「え?」
「方法、教えるわ」
「いくわよ菜穂香!」
「え? え? えええええっ!」
 腕を取ると、窓をあけて、ベランダから飛び降りた。姉の悲鳴とともに、地面に落ちていく。
 光があがった。
 変身したのだろう。落ちたところから、姉と響歌さんが手を取り合って空高く飛んでいった。
 見えなくなった。あっという間で、よく確認できなかったが、魔法少女姿の響歌さんは、青い髪を頭部に束ね、フリルスカートの白を強調したドレス姿だった。露出は姉よりも少ない。
「本当に可能なのか?」
「なにが?」
「響歌さんが姉の子を生むという、男の存在価値を失う魔法だ」
 ポンと、美桜は俺の肩に手をおいた。
「がんばりなさい」
「なにが?」
「血は同じでしょ。あなたが赤沢先生に変身して、子作りを励めばいいわ」
「すばらしい方法だが、行為の前に姉貴に殺されるわ」
 騙したということか。響歌さんを動かすには有効な手だが、後が怖そうだ。
 空の向こうが光った。一瞬だったが、天界から女神が舞い降りたような光の柱が見えた。
「倒したようね」
 青ずんだ空に戻ってから、美桜は言った。
「さっさとやっつけにいけば良かったな」
「響歌が指示を出して、犬のゾンビたちを盾で包囲させたからできたことよ。フランジェルカの力は絶大よ。無計画に攻撃したら、人間を巻き込んでいた可能性がある。彼女は準備ができるまで待っていたってわけ」
「元から変身する気だったんじゃないか」
「赤沢先生がね。響歌はそのつもりなかったわ」
 それを美桜が焚きつけたってわけか。
「問題は、ここまではイッヤーソンの思惑通りということよ」
「そうなのか?」
「あんな目立つ場所に犬のゾンビを襲わせたのよ。魔法少女さん来てくださいと、アピールしているようなものじゃない」
 美桜は、ベランダから外を見下ろした。
「ねらいは私たちなのかしら」
 マンション付近の道路。何人かの男が不器用な動きでうろうろしていた。ノーミソという声が聞こえる。人間じゃなくてゾンビだ。
 いつから徘徊していたのだろうか。姉貴と響歌さんを遠くにやった隙に、俺たちを襲おうとする魂胆なのか。
 被害が増えるから、ほったらかしにはできない。
「倒してくる。二人はここにいろ」
 玄関の傘立てに、数本の傘と一緒に入っている日本刀を取った。
「私たちも行くわ」
「危険だ。ここにいろ」
「バカね。空から襲ってきたらどうするつもり? あなたの後ろで守られていたほうが安全なのよ」
 確かにそうだ。外で戦っている間に、八階のマンションにいる澄佳が襲われたとしたら、助けに戻ろうにも時間がかかって、間に合わないだろう。
 二人を守りながら戦ったほうが、安全とはいえないが、安心だ。
「ならば付いてこい。武器になるものはないか?」
「ヤクザという武器ならあるわ」
「俺は物じゃない」
「澄佳は、体がバラバラになろうと脳を破壊されない限り再生可能。私は逃げることにかけては得意だから心配いらない」
「たまには倒すという仕事をしてくれ」
「虫も殺せない可愛くて心優しい女の子に、無茶な注文しないで」
「よくいうぜ。なら、俺から離れるなよ」
 一階のエントランスホールにくる。セキュリティー完備された高価なマンションだ。オートロック式のガラス張りドアが厳重に閉まっていて、ゾンビは入れずにいる。
「何かあったら大声をかけろよ」
 美桜に、ホールで待機するよう命じた。
「ここで、あなたがやられる姿を見物しているわ」
「お兄ちゃん、がんばれー」
「ああ」
 皮肉のない澄佳の純粋なエールが嬉しかった。
 日本刀を手にし、自動ドアの前に立つ。開いた。何歩か歩いた。後ろのドアが閉まるのを確認してから、ゾンビのところへと静かに歩いていった。
 ゾンビは三人だった。舗装された道路を、うろうろと行き来している。
 相変わらず、足は遅い。ロボットのような、カクカクとした動きだ。周囲を確認すると、黒のセダンが一台止まっていた。中は無人。エンジンはかかってなかった。ほかに目につくものはない。犬のゾンビが隠れている様子もない。
 近づいても、大丈夫そうだ。
 慎重に歩いていった。5メートルほどの距離に来るが、俺に気付いた様子はない。思考を失っているのだろうか、「のーみそ、のーみそ」とブツブツうなっているだけだ。
 両手で日本刀を強く握る。狙いをさだめ、ゾンビの脳みそを斬ろうとした。
 そのときだった。
「ヤクザ! こいつらはゾンビじゃない! 人間よ!」
 美桜の叫びが聞えた。
 その途端、ゾンビが動いた。素早かった。俺の懐に飛び込んでくると、拳骨をボディーにぶつけてきた。
 よける暇はなかった。内蔵に衝撃をくらい、数センチ飛んだ。
「げほっ!」
 前屈みになり、唾液を吐き出す。何度もむせる。足がガクガクとした。ガクンと立てなくなり、膝が崩れる。
 その瞬間、何かが顔を襲い、視界を失った。真っ暗だ。なにも見えない。黒いビニールのようなものをかぶせられたのだと気づいた。
 引きはがせない。抵抗するも、絞殺するように首を絞められている。
 急に力が弱まった。背中を押され、体を倒される。地面にうずくまった俺を、数人がかりで蹴りつける。
 俺は自分の身を守るため、体を丸めた。
「ヤクザっ! 放しなさい! なんなのよあんたたちはっ!」
「お兄ちゃん!」
 澄佳と美桜の悲鳴がした。二人とも捕まったようだ。
「キサマ! 二人になにかしたらただじゃおかなっ!」
「うるせえっ!」
 澄佳たちを助けるべく、上体を起こそうとすると、頭に衝撃を食らい、俺は意識を失った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ