挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
救われし世界のシンフォニア 作者:折坂勇生
15/43

13・私の大事な人を殺したわ


 暗雲とした空から、少しずつ光が差し込んでくる。月だ。狼男に変身できそうな見事な満月だった。
 うっすらとした明かりの下。二メートル近くある校門を登り、両足そろえて飛び降りる。体がよろめいた。続けざまに、美桜が上からタックルしてきたので転びそうになる。
「なさけないわね、それでもヤクザ?」
「ヤクザはサイボーグじゃないんでね」
 休んだとはいえ、体力は二割ほどしか回復していない。歩くだけでも膝が笑う状態なのを、気力でカバーしていた。
「校内にゾンビはいないだろうな」
 動く体力はあっても、戦う体力までは残っていなかった。できることは小学生並のスピードで逃げることぐらいだ。頼りたくはなかったが、レベル99の姉貴が付いてくれた方が心強かった。
「大丈夫と思うけど、いたら応援を呼べばいいわ」
 車の前に佇む三田村さんのほうを向く。彼は見張り役だった。俺たちが見ていることに気づくと、グッドラック、と手をあげた。逆の手は携帯電話を耳につけている。ゾンビを捜索している部隊から、報告を受けているようだ。
 それで、午前に姉に電話をかけてから、携帯をオフにしたままなのを思い出す。万が一のためにオンにするが、圏外表示。使用できなくなっている。
「故障か?」
「バカ。停電時に携帯が使えるはずないじゃない」
「三田村さんは使っているぞ」
「そういう携帯なんでしょ。彼がただの、青春を謳歌していたボロ車でドライブを楽しむ元刑事だと思って?」
「ただの美少女中学生ではない美桜ちゃんも、そういう携帯は持っているのかい?」
「携帯? なにそれ、って感じよ」
「今時、珍しいな」
「響歌は、金を出すから持っとけと、うるさいんだけどね。監視されるようで嫌なのよ」
「むしろ、あんたは監視されるべきだ」
「私ほど、無害な女はいないというのに」
「おまえのどこかだ。食えない女だぜ」
「食えない女というのは、響歌のことを言うのよ」
「響歌さんなら、食ってみたいものだな」
「そういう発想。ヤクザというよりチンピラ。いや、ただのエロガキね」
 ゆるい坂道を進んだ先に、野乃原中学校の校舎があった。最近塗装をしたようで、俺が卒業した頃よりも真っ白に染まっている。
「変わってないな」
「かび臭いわ、ガキ臭いわで、好きになれない場所よ」
「ガキ臭いのは、姫さんも一緒だろ」
「私はいいにおいがするので有名よ」
「どれ」
 俺が鼻を近づけると、ジャンプして逃げた。
「こっちよエロガキ」
 美桜は昇降口を通り過ぎる。
「中に入らないのか?」
「鍵がないのにどうやって?」
「壊せばいい」
「その必要はないわ」
 体を横にして、茂みと茂みの隙間をカニ歩きで渡る。小振りの美桜はステップするように進んでいくが、体格のでかい俺は枝がチクチクと刺さって痛かった。コンクリートの校舎の壁に突き当たる。土に、雑草が所々に生えていた。俺たちは壁沿いに歩いていく。
 右に曲がる。廊下の窓ガラスが並んでいる。美桜が、小声でなにかを呟きながら、手をかざすと、窓ガラスの鍵が小さく光り、自動ドアのように横にスライドしていった。
「入るわよ」
 土足であがった。
 薄闇の廊下は、非常口のランプが不気味に光っている。
「懐かしいな。肝試しのとき、こうやって窓から入ったものだ」
 小声だったが、廊下中に響き渡った。
「トイレいっていい? 花子さんに挨拶してくるわ」
「羨ましいぞ代わってくれ、と伝えてくれ」
「そんな趣味を持っていたら、随分と印象が変わったでしょうね」
 トイレを素通りして、階段を上がっていく。
「おまえ、いつも忍び込んでるだろ」
「黒魔術研究部をやっているからね。黒魔術をするのは夜に限るわ」
「夜のほうが、魔術が強力になるとか、あるのか?」
「雰囲気よ」
「澄佳となにをやってる?」
「黒魔術。といっても、危険なのはしてないわよ。んなことしたら、あなたのお姉さんが怖いし、私の正体がバレたらバレたで……ね。やっていることといえば、なにもないところで火を出したり、害のない闇の生物を召喚したり、たまに大きな黒魔術をするといって、わざと失敗したり、その程度よ」
「そんなことして、なにか意味があるのか?」
「澄佳が、凄い凄いって喜んでくれるの」
「それだけ?」
「材料集めも手伝ってくれるし万々歳」
「材料って、紙になって移動したり、俺の力を三倍にしたり、ああいうのか?」
「そうよ。方法を知っていようとも、道具が揃ってなければ何も出来ないもの。闇の力を失っている私にとって、黒魔術を学ぶのは死活問題。闇の王の娘であるおかげで、そういう知識はたっぷりと得ることができたわ」
「そんで、たっぷりとお騒がせすることになったというわけか」
「いっとくけど、今回の犯人はイッヤーソンよ。私じゃない。これだけは否定させて」
「あいつは何者だ?」
「闇の世界の小物界の大物。闇の世界の長老といえるほど長生きした魔物だけど、誰からも尊敬されず、幹部にすらなれない情けない存在よ。お父様が生きていた時は、影武者をやらされてたわ」
「影武者?」
「あいつの能力は、生物の体の中に入り込んで、好き勝手に操ること。お父様そっくりな人形をコテンパーンにして、その中に入って偉そうな態度を取っていたものだわ」
「なるほど、そりゃ小物界の大物だ」
 四階。月明かりが廊下を照らす。美桜は、途中で足を止めると、くるりと俺の方を振り向く。
「イッヤーソンは私のところにやってきた。魔法少女めにガディス様の復讐を果たし、共に世界征服をしましょうとばかげたことを言ってきたわ」
「姫さんは断った」
「当然よ。別にあの二人に憎しみなんて持っていないし、世界征服なんて興味なかった。あいつは、それでもガディス様の娘ですかとバカにしたわ。そして、私ひとりでもやるので、死者を動かす方法を教えて欲しいと頼んできた」
「あんたは教えた」
「まさか。教えたのが私だとバレたら、私はフランジェルカに弁解無用に殺されるわよ。そもそも私はイッヤーソンを嫌っている。平和を望んでいる。なにより、澄佳を危険な目にあわせたくない……はずだったんだけどね」
「あいつが、澄佳になにかしたのか?」
「ゲスな企みにまんまとハマッてしまった。蘇りの奇跡を教えざる得なくなった。そうするしか救いの道はなかったから」
「救い?」
「教えないなら、どうすればいい? 簡単よ。私に蘇りの奇跡を使わせればいい。そのような状況を作ればいい。そのためにイッヤーソンは……」
 廊下の突き当り。扉の前に、美桜は立つ。プレートではなく、ドアに『黒魔術研究部』とマジックで書かれた紙が貼ってあった。澄佳と美桜のディフォルメされた似顔絵が描かれてある。澄佳の絵だ。
「――私の大事な人を殺したわ」
 美桜はドアを開けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ