挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
弱小魔族の冒険譚 作者:さわ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/14

プロローグ

鬱蒼とした森の中、ひたすら走っていた。
「は、はははっ、やった……。ついにやった!」
息を切らしながらも声を出して笑っていた。
これで俺も魔法が使えるようになる!
あいつ喜んでくれるかな……。
「みんな……。驚くだろうな……」
ある場所から盗んだ虹色の玉を抱きしめ、息も絶え絶えに森を走っていた。
やっと自分の村に辿り着いた……と思った瞬間、眼前に広がった光景は悲惨な状況だった。
「村が……ない……? どうなって……?」
今見ている光景がまったく理解出来ない。

時間も忘れるぐらい呆然と立ち尽くしていると、どこから現れたのか、見覚えのある老人が話し掛けてきた。
「何かあったようじゃな」
「あ……? じーさんか……」
「じーさんじゃない!あれ程師匠と呼べと……。しかし、勝手に人ん家の物を持って逃げたと思ったら……。 理由ぐらいは教えてもらえるんじゃろ?」
「あぁ……、そうだな……」
俺は力のない声で話を始めた。

「……俺が魔族だって、師匠も知ってるだろ……? 普通、魔族は魔力があるんだけど、俺は生まれつき魔力がなくてさ、コンプレックスってやつかな……」
「ふむ……。それだけか?」
「あ、いや……。幼馴染に魔法を使えるようになったところを見せたかったのもあるかな……。村で一番魔法の力が強いのに、引っ込み思案でさ、苛められてたりすると俺が守ってたんだ」
「でも、お前と違って魔法が使えるんじゃろ?」
「そうだな……。多分、自分より強くなる奴を守ってることで、自分を誇示したかっただけなんだと思う……。だから、なおさら魔法が使えるようになりたかったんだ」

「そこで、この玉か?」
「そうだよ! 魔力が手に入る玉があるって噂で聞いた事があって、それであんたの所へ弟子入りしたんだ。いつか盗んでやろうと思って!」
「まぁ、なんだ……。人の家から盗むのはよくないんじゃないかのう?」
「それは……、すまなかった……」
じーさんが顎に手を当て、考えていると、
「まぁ……、使い方を教えてやろう」

「……え?」

唐突に言われた言葉にびっくりしていると、
俺の手から玉を取り上げ、突然光りだした玉を俺の胸に押さえつけた。

「……あ?」

があああああああっ!!!

痛い、苦しい、身体を内側から焼かれるような痛みを感じた。
痛みに悶え、地面を転がり掻きむしった。

何れ程の時間が経過したのか、しばらくするとそれも消えた。
「適合したみたいじゃな。」
「……はぁ、はぁ、一体なにを……?」
「魔法を使えてるきっかけを与えただけじゃ。」
「……? もしかしで、俺が魔法を使えるようになったのか……?」
「……ん〜。適合したからそうじゃろうなぁ」
「……しなかったら?」
「死ぬな」
「おいっ!」
無責任なじーさんに頭に気温たが、諦めてため息をついた。
「なんで俺に……?」
「ただの気まぐれ。別に他に使う宛もないし……」
「は?」
小声でごにょごにょ言っていたが聞き取れなかった。
師匠が辺りを見回して言った。
「しかし、この状況から考えるとただ村を荒らしにきたようには思えん。」
「?」
「争った形跡はあるが、誰も村にいないじゃろう?」
「目的はどうあれ、どこかへ連れ去られたんじゃろうな。」
「……まだ、村の皆は生きてるか…?」
「それはわからん。なにせ、お前がわしの所へ来て5年じゃからのう。いつ襲われたのかもわからんのじゃなろう?」

少し間を空け、師匠が話を続けた。
「じゃが、行き先はなんとなくわかるがな……」
「本当か! 教えてくれ!」
「行ってどうする?」
「もちろん助ける! もし何かがあればそのときは…!!」
「復讐か…あまり感心せんが…」
「でも、なにがあってもあいつは助けたい。守ってやるって約束してたんだ!」
「決心は固いようじゃな。まぁ、一応弟子じゃからな、少しばかり助けてやる」
力づくで止めらるかと思っていたが、王都への行き方を教わった。
「今はまだ魔法は使えないが、旅の途中できっと使えるようになる。お前がうちに来てからあらかた戦い方は教えたつもりじゃ。何かあれば忘れないようにするんじゃぞ」
「ああ、ありがとう。不出来な弟子で申し訳なかった……」
師匠に頭を下げ、教えてもらった方角へ歩き出す。

ードウカ、キヲツケテー

懐かしい少女の声が微かに聞こえたような気がした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ