挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のクセにデブだとは、何事か! 作者:zan
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/70

山羊頭の怪物と戦います

「あれは!」

 私に追い付いてきたイリスンが、山羊頭の怪物を見て大声をあげた。そのすぐ後ろには、キコナもいる。
 ダガーを握りなおして、イリスンが私にわずか、視線をくれた。彼女はこの山羊頭の怪物の恐ろしさを知っているのだ。ロカリーの村周辺でタリブ女史と出会った際に、この魔物とは戦ったことがある。
 助走をつけて殴っただけで倒れてしまうような牛頭の魔物とは一味違う、より強靭な足腰と、知能を持っているのである。
 以前に戦った際にはイリスンと力を合わせてなんとか倒した。あの時の私たちでは、この山羊頭を簡単にいなすことなどできはしなかったのだ。

「この程度の魔物が切り札とは、あきれたわね。もう少しビシッとした策はないの?
 ちょっとおつむがいい程度の怪物で私たちをどうにかできるなんてこと、思っているわけじゃないでしょう」

 しかし、ここにはスリム・キャシャの娘である我が母がいる。彼女は自分の武器を鋭く振って、次の瞬間にはもう、山羊頭に向かって飛びかかっていた。ほんの一瞬の出来事である。
 じつにあっさりと、母の剣が敵の眉間を貫いた。
 以前に戦った山羊頭に比べると、動きが悪いように思える。イリスンと私で戦ってようやく倒した敵が、母にこうもあっけなく倒されるとは。
 私はそのように考えたが、驚くべきことに山羊頭はそれでも倒れなかった。頭に母の剣を刺したままでギョロリと彼女を見据えて片腕を払う。

「無駄よ、その程度でこいつはどうにもならない」

 ヤチコは軽く鼻を鳴らす。クロスボウをどこからか取り出し、それでこちらを狙うようなしぐさもする。
 巨体の山羊頭と、その肩に乗るヤチコのコンビネーションに気を付けなければならない。
 母は山羊頭に刺してしまった両手突き剣エストックをあきらめて手放し、敵の攻撃をかわしていた。もう一本の剣を抜く。幅広、片刃の剣ファルシオンだ。これは突き抜く攻撃に全く向いていないが、叩きつけるような剣術には格好の武器となる。

「大層、頑健なペットをもっているわけね。で、このペットに乗っかってそんな小さな矢でこちらを狙ったくらいで、勝ったつもりかしら。
 私たちはそれぞれ一人ずつでもこんなペット、叩き殺せる。わかるはずよ?
 悪あがきを続けるのなら、あきらめてしまったほうがいいのではないかしら」
「そういうのであれば、試してみる?」

 ヤチコがするりと手を伸ばすと、さらに山羊頭の怪物が二体もその場に出現する。同時に、イリスンが飛びかかった。
 敵が現れたのだから、退治するまでとばかりに突っ込んでいる。

「そう簡単に倒せると思っているの」

 せせら笑うようにヤチコは言い放ち、再度右腕を掲げる。同時に何かが変わった。
 これに気づいたイリスンがは咄嗟に踏みとどまる。敵の雰囲気が変わったことに気づいたのだ。

「む……、スムさま! こいつらは先ほどよりも強くなっています」
「わかっている」

 私は答えた。
 確かに、山羊頭は強化されているようだ。単純に、強い個体を呼び出したということでもない。ヤチコが何かしたのだ。
 魔物というのはまったく、厄介だ!
 山羊頭は三体、こちらの戦力は私、イリスン、エイナ・エテスの三人。キコナは数に入れてはいけないだろう。母が言った通り、一人で一体を相手にしなければならない。そうしなければ、キコナが攻撃をうけることになってしまうからだ。

「イリスン、気を付けろ!」

 私はそう叫ぶと同時に、向かって左側にいる山羊頭にとびかかる。敵は巨大な腕を振るって応じてきた。以前に戦った山羊頭も相当な素早さであったが、目の前の敵はそれを上回る。
 咄嗟に回避できず、私は敵の攻撃を受けてしまった。私の身体は元いた場所まで押し戻される。

「スムさま!」

 イリスンが声を上げるが、大丈夫だとこたえた。
 私とて、英雄スリム・キャシャの血を引いているのだ。この程度で引き下がりはしない。

「本当に一対一でこの子たちに勝てると思っているのなら、そうしてみたら? ねえ早く」

 けらけらとヤチコが笑っている。
 山羊頭たちは猛然と私たちに迫ってきた。敵は三体いるが、全員がそれぞれ別の相手を見定めているようだ。全員が母のほうへ向かう、などということもない。どうやらヤチコがそのように命令を下しているらしいが、少しまずい。
 この山羊頭はそう簡単に倒せそうにない。母のことは心配するにあたらないだろう、あれほど強いのだから。だが、イリスンはこの強敵をおそらく持て余す。
 一刻も早く私が何とかしなければならない。事実、イリスンは攻めあぐねている。

「では、そのようにさせていただく」

 先ほどの攻撃は、しっかりと防御したので大したダメージはない。私はあらためて腰を落として構え、自分に向かってくる山羊頭をにらむ。

「スム。焦らないで」
「わかっています」

 母の声に軽く答えて、私は山羊頭に向かって軽く手招きして見せた。

「ヤチコにお膳立てしてもらってなお、守勢にまわるつもりか。臆病者め」
「オオ!」

 牛頭よりは知性があるらしい山羊頭は、これを挑発と理解し、怒る。
 彼は私に向かって一歩踏み出し、両腕を突き出してきた。おそらく、私をつかみ上げて、締め殺そうというのだろう。
 山羊頭の巨大な手が私をつかまえる一瞬前、私は一歩だけ後ろに下がった。敵の腕が空を切る。
 直後に地面を蹴りつけ、元の位置へ戻るような踏み込み。ここで私は思い切り右の腕を振り上げ、全体重をのせて敵の手首へ肘鉄をくらわせた。

 ばきり。

 何か固いものが砕ける。山羊頭が苦悶の声をあげる。

「ちっ!」

 私が追撃を仕掛けようとしたところで、舌打ちが聞こえた。おそらくヤチコだ。
 同時に小さな矢が私に向かって飛んでくる。クロスボウから放たれたボルトらしい。狙いは甘く、矢は私に当たらなかったが、迅速な追撃はならなかった。
 だが、ヤチコの意識が私に向いた。
 我が母はこの隙を逃さず、ファルシオンを振りかざして山羊頭に猛攻撃をしかける。

「よそ見をしていていいの?」

 先ほどまでとは全く違う、力強い動きで母が飛びかかった。振り回すような動きでいながら、山羊頭の腕を華麗に回避し、あまつさえ足場にして、その肩にいるヤチコへ一撃を見舞う。
 山羊頭への攻撃に見せ、ヤチコへ剣を振り下ろしている!

「むっ」

 もちろん、ボルトの装填などできていないヤチコは山羊頭の肩から飛びのく。一瞬だけ空を切った母の剣は勢いを増し、山羊頭の鎖骨を砕いた。これで、敵は片腕を持ち上げることが全く不可能となってしまったのである。
 疲れなどまるで感じさせない。
 エイナ・エテスが希代の剣士であることはまったく疑う余地もなかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 1646 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
異世界人の手引き書

※カドカワBOOKS様より9月10日書籍版一巻発売いたします! 皆様の応援のおかげです! 本当にありがとうございます! WEB版の削除・ダイジェスト化等はしませ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 1481 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:29
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 1973 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 22:24
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 1669 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全256部分)
  • 1470 user
  • 最終掲載日:2017/12/07 20:50
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 1670 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 1677 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全184部分)
  • 1475 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 1597 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全169部分)
  • 1472 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 00:15
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 1443 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全207部分)
  • 1520 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:26
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 1488 user
  • 最終掲載日:2017/09/05 23:03
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 1436 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 00:06
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 1557 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 11:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 1785 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 1736 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1780 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 1521 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:14
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全345部分)
  • 1597 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:41
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 1493 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 1499 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 11:51
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 1676 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 1470 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 22:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全398部分)
  • 1523 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 11:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 1517 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1520 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 1468 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 18:00
↑ページトップへ