挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

二転三転

作者:雪 つむじ
あなたの言葉は二転三転
朝令暮改の悪癖が
今日も今日とて絶好調で
一人で戦争しているつもり?

日露戦もかくやみたいな
疲弊していく戦線に
すっかり僕らは意気消沈
これじゃやる気も出るわけないよ

指揮系統の乱れじゃないよ
乱してるのはあなただけだよ
旗を振るなら力強く
旗を握ってごらんなさいな

自分で旗は握らない
なのに旗は振りたがる
ラッパをきいたことがない
新兵相手じゃそれもいい

けどね残念なんだけど
そこまで僕たちゃ馬鹿じゃない
旗を振るなら向こうでやんな
こっちに迷惑かけないでくれ
少し冷静になれた。

記述って大事。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ