挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ケツァルコアトルス・ノルトロピ

作者:吉野水月
 俺はバカだった。とてつもなくバカだった。信じられないくらいバカな高校生だった。出来ないことはないって本気で信じていた。

 なんだか俺を気に入らないとか何とかで、ぶん殴ってきた先輩がいたので、逆にぶん殴り返した。そして次々とそんなヤツが出てきたので、その度に返り討ちにして、一番偉そうな上級生をぶん殴ってやった。そしたら、そいつらが学校の前に並んで「ちわっす、おツカれサマです!」とかやるんだから困ってしまってもうやめろ、と言った。
 部活は全部入って気が向いたら出て、気が向かなかったら昼寝していた。野球部の試合ではよくホームランを打った。でも監督が煩いんであまりいかなくなった。サッカーも似たようなものだった。勉強は一切しなかったけれど、たまに面白くなって徹夜でやると学年何位とかになった。だが、それも興味がなかった。授業中はたっぷり睡眠をとった。
 女には一切不自由しなかった。若い女教師と付き合ったのをはじめに、面白いように女たちは寄ってきた。いいな、と思った女に声をかければモノに出来ないことなんかなかった。先輩、同学年は無論、街の女子大生とかOLとか次々と手当たり次第だった。よく彼女の家から通学した。

 しかし、何をしてもなんだか今ひとつのような気がした。なんというか空のポリバケツというか、ドーナツの輪っかの真中というか、そういう感じがしてならなかった。

 ある日のことだった。放課後、何気なしに校舎をふらついていたら、美術教室の次の美術準備室、その隣にプレートのかかっていない部屋を見つけた。
 ガラリと開けるとオレンジ色の静かな光の中、なにかいた。奇妙な生き物たち。とっくの昔にこの世からいなくなった偉大なヤツら。子供が憧れないことのないヤツら。恐竜たちだった。だがそれは絵だった。ただの絵に過ぎなかったが大迫力でオレに迫ってきた。首の長いヤツ、角の生えたヤツ、口に歯だらけのやたらに強いヤツ、背中に棘だらけのヤツ、空を飛ぶヤツ。
 「だ……れ」小さな声がした。俺は我にかえった。恐竜の絵に見とれていて気付かなかった、世にも奇妙な女の子だった。青白くって細くて、骨と皮だけだった。目ばかりギョロギョロと光らせていた。思わず笑ってしまった。
「誰? 美術部……の人?」
 なんかワンテンポ遅れたような受け答えを彼女はした。
「いんや、単なる通りすがりだ。何描いてんだ?」
「ケツァルコアトルス・ノルトロピ」
「はぁ」なんだそりゃ、と思ったが画に引き付けられた。翼を広げた恐竜がいた。全体は青みがかっていて、翼はオレンジっぽかった。まるで生きているかのようだった。しばらく無言だった。
「すごいな」
「一番……大きな翼竜」
 自分のことのように得意そうだった。
「どれくらいあるんだ」
「うんと15mは……あるって。高さは6m、キリンくらい……ある」
「はあ、そりゃでけえな。本当にそんなのがいたのか」
「いるよ!」
 妙に真剣な顔をする。
「こんなのどうやって飛んだんだろうな」
「考えてみて」
「うーん、木に登った……あ、そんな高い木はねえか。崖から飛び降りたんじゃねえのかな」
「うん、半分正解。たしかに最初の……翼竜はそうやって飛んでいた。でも……ケツァルコアトルスは上腕部の骨と筋肉、そして後脚も発達していた……四本の脚で空中にジャンプして飛び上がる。ロケットみたいに。そして翼を広げて飛ぶの」
「はーん、すごいんだな」
 そいつは、いろいろと恐竜の話をしてくれた。
「名前、なんていうんだ」
「くろき、はくあ」
彼女はスケッチブックに「黒輝白亜」と名前を書いた。
「あ……なたの名前は」
「リュウバ」
「こういう字だ」
「新谷龍羽」と描く。子供がバカなら親もバカでDQNネームなんかをつけるから苦労するよ、全く。オレが喧嘩が強くなったのもこの名前をからかわれたせいだ。
「すごい、羽毛恐竜だ」
「ウモウ恐竜?」
「羽毛」
 白亜は目を輝かせた。
「恐竜は鳥の仲間で鳥みたいに……羽毛があったの」
「ふーん」
オレは一つの画をみつけた。小さな翼を持つ目ばかり大きい痩せっぽちの小さな翼竜。
「これ、お前に似ているな」
「プテロダクス。うん、私」
 白亜は静かに笑った。

 オレは、なんとなく美術部に入り浸るようになった。
「恐竜っていつごろいたんだ?」
「んー、そう、ジュラ期はだいたい2億1300万年前、白亜紀は1億4400万年前、絶滅したのが6500万年前」
「そりゃ随分、昔だな」
 億とか千万とか金にしたらエライ金額にならねえか?
「そうでもない。少し昔で今と変わらない」
白亜はケロッとしていた。
「私の時代だから。名前、白亜」
 白亜ともう一回、紙に描く。
「ああ、そうなのか」
 なんとなく納得してオレは鼻を啜った。
「オルニトレステス、ディプロドクス、ディノケイルス、セラトサウルス、セイスモサウルス……」
 舌を噛むような恐竜の種類を覚えさせられた。あとなんつうか恐竜の分類とかそんなのを。「プテラノドンとか、ランフォリンクスとか、あと海のエラスモサウルスとかは……厳密に言うと恐竜じゃないの」
「へぇー」
「分類学上では違う。海生爬虫類、翼竜は翼竜目、嘴口竜亜目とか翼手竜亜目とかある」
 難しそうな恐竜の本から絵本まで開いていろいろと解説してくれた。ふと白亜は呟いた。「恐竜は本当はまだ生きている」
「知っているぜ。あれか、あれだろ、ネッシーとかだろ」
「ちがくて、世界は、たくさん薄い層が連なっていて別の層ではまだ生きているから。私は見えるんだ。誰も信じないけど」
「その見たヤツを描いているのか」
 白亜は初めて驚いた顔をした。「信じる?」「そうじゃなきゃ、こんなに上手く描ないよな」そう、白亜の描く恐竜は、実は恐竜の本を見て描いたとは思えないのだった。根元から違うのだ。普通、こういう本を見て描くんだろうが、白亜はそんなことはなかった。本はオレに解説するために使っているだけだった。窓の外を見る。
「今日はいないな……」部活の喧騒だけが響く。
「校庭にもいるのか」
「たまに……」
どうしても白亜の言うことは嘘だと思えなかった。空を見上げる。
「いつもいるのは翼竜。翼竜はね、まだ……生きているの。空の上の方にまだ飛んでいるの」
 呟く。そして俯いた。
「私、絶滅する」

 白亜は少しどころか、かなり変なヤツとして知られていた。
 で、そういうのは必ずいじめの対象になる。なんかクラスで人気のある女が話をして盛り上がっているとき、窓からティタノサウルスが覘いている、とか言った。それでバカ女どもに目をつけられて画材を捨てられたりしたらしい。
 モトカノの一人が御注進にきてやっと俺も気づいた。バカだな、俺が白亜を守ってやらなきゃあいけないのに。
 いじめ、カッコ悪いとバカな言葉を呟いてみた。
 そして白亜の教室に直行した。男ならぶん殴るだけだが、女はそうもいかない。女を殴ることはやっぱりマズイと思う。
 ガラっとドアを開けて、机から教科書を落とされていた白亜の前に立ちふさがった。女はキイキイ言っているが話は聞かない。「あーあ、教室の真ん中にでっかいゴミがあるぜ」と言って、ちゃんと下を確認した上でそいつの机を全部校庭に投げてやった。
 ちなみに俺は覚えていなかったがそいつは俺のモトカノの1人だった。
 すごい顔をしたけどもう関係ない。白亜は学校中で一番いかれたヤツの女ということになってしまい、それ以後、何を言ってもやっても手を出されなかった。

 夏休みは二人一緒にいた。
 白亜はだいたい美術部で絵を描いていた。
 俺はその横にそれこそ犬みたいに座っていた。恐竜の絵はどんどん増えて、美術室はジュラ紀、白亜紀のようになっていった。
 ある日、本物の化石をたくさん集めた恐竜展にいった。白亜はすごくすごくよろこんだ。俺もうれしくってしかたなかった。朝早くいって閉館までいた。4回もいった。
 展覧会の説明をしている博士と白亜はしゃべっていた。オレの悪い頭だと難しいことをしゃべる人間はとりあえず全部博士だった。あんまりすごい質問ばかりするのでに博士たちは驚いていた。今度、大学に遊びにきなさい、なんて言われていて、やっぱり白亜はすごい、とオレまで鼻高々だった。
「お前、恐竜を掘りに行けば」
「うん」
「よーし、じゃ、来年はアメリカに行こう。カンザスってところに翼竜が出るんだろ」
 バイトして金貯めてアメリカにいけばいい。オレはバカなので何でも簡単に考える。
「白亜、あの人みたいな恐竜の博士になれよ。お前ならなれるさ」
「きっと……駄目だよ。絶滅するから」

 オレたちは免許とりたてのバイクで風をきって走った。白亜はバイクに小さく翼竜の絵を描いてくれた。あまり飛べない小さな翼竜、白亜そっくりの翼竜の絵だった。バイクで二人、地面を翔んだ。海の見える岬にいった。
「ほら、龍羽、今日はたくさん翼竜が……いる。 あと、プレシオサウルスも。あそこにアーケロンがいるよ」

 オレは白亜と一緒にいるだけで本当にうれしくてしかたなかった。せっかく招かれたんだから、ってことで大学にもいって博士たちと話をした。みんな白亜に舌を巻いた。
 泊り込んで大学の恐竜を研究する学生と美術部と一緒に小学校の壁に大きな恐竜の壁画を描いた。
 白亜がまるで隊長のようにあれこれ指図していた。
 みな、ニコニコしながら白亜の考えた画を思い切り描いた。
 白亜紀の画。まさに白亜の画だった。ばかでかい画。二学期にガキ共は目をむくだろう。
「君、うちの大学に是非いらっしゃい。なんなら君の学校に推薦するよう言ってあげるから」 
博士たちは白亜を気に入ったようだった。
 でも、白亜は小さく首を振って「絶滅」と呟くのだった。
 オレはそんな白亜は見たくなかった。それからまた色々なところに出かけた。山にも森にもいった。「あ、アンタークトサウルス」ものすごいでかい小山のような恐竜が目の前を通ったという。目をぱちくりさせていた。

 あんまり熱い日は図書館でディスカバリーチャンネルとかの恐竜のDVDをたくさん観た。オレも子供の頃見たジュラシックパークを観た。
「恐竜、飼いたいか?」
「飼わない。飼いたくない。もし、龍羽が恐竜……見つけても、そのままにしておいてあげて」
「わあった。そうするよ」
 本当に楽しい毎日だった。
 白亜との時間が一番大事になった。女どもはどうでもよくなった。白亜に夢中だった。でも、白亜がオレの彼女だったとはいえない。抱くことはおろか、キスさえしなかった。そんなバカなことをしようものなら、あっという間に白亜は消えてしまうだろう。でもいえるのはオレが生まれた初めて本当に出会った友達だということだった。もちろん、オレにだってバカ騒ぎしたり、話をしたりする程度の友達、友達と呼べるならば……はいた。だけど、白亜は格というか次元が違った。同じ世界に二人だけでいるような気がした。
 夏休みの最後の日。いつものように美術室で画を描いていた白亜は急に倒れた。オレにどうしようもならないことがあるって、はじめて知った。
 そして知りたくも無いあの言葉の意味も。白亜が呟く絶滅の意味を。

 二学期に入ると白亜は無口になっていった。少しずつ苦しそうな咳が増え、ぼうっとしている時間が増えた。
 大好きな恐竜の絵も描かなくなっていった。
 ただ静かになっていった。
「今日は描かないのか」
「はっきり……みえるから。もう描く必要、ないから」
 最初は白亜を子供だと思っていた。
 でも哀しいことに白亜は会うごとに大人になっていった。
 オレなんかどんどん追い越していく。ただ年食ったっていうだけの老人じゃない、年を重ねた者だけが持つあの侵しがたい威厳を持つようになっていった。
 すべてが遠い遠い昔の日へと流れていく。絶滅が近づいていた。別れの時が近づいていた。秋の葉が音もなく色付きはじめる時、白亜はもう学校にもこれなくなった。

 ある日、黒いリムジンが学校の前に止まった。どこからどうみても執事という老人が降りてきた。校庭の隅でぼんやりとしていたオレに声をかけた。
「新谷龍羽様ですな」
オレは白亜の家に連れて行かれた。
バカでかい屋敷。城のようだった。正に豪華絢爛だった。だけれども既に幽霊屋敷のような感じだった。そう、幼稚園児の頃、入場券が当たって連れて行ってもらったディズニーランドのホーンテッドマンションのようだった。誰もいない屋敷。両親や姉妹はバラバラに住んでいて白亜の顔すらみにこない、完全にガン無視だった。
 白亜の広い部屋には自分の描いた恐竜、特に翼竜の絵や模型、化石のレプリカがたくさん飾ってあった。ベッドの中の白亜は一回り小さくなっていた。オレは胸がつまった。何トンもの石に何千万年も押しつぶされていた化石の気持ちがわかるようだった。オレは退化した翼竜の前脚のような小さな手を握った。
「はっ……きり、もっと、見えるように……なった」
 最早、この世の者ではない静かな笑みを浮かべる白亜。
「空を……飛んでみたいな。きっと龍羽……にもみえるよ。みせてあげたい……な」慈悲深い目だった。泣くのをこらえるのがやっとだった。

執事さんのリムジンに乗って学校まで帰った。
「私も手を尽くしましたが駄目です。お嬢様の病は数百万人に1人という病です。脳からはじまって全身が骨化するのです」
 化石、絶滅。そんな言葉がぐるぐる回った。
「くそったれ」と叫んで椅子を蹴りつけた。
「なんとかしてやれよ。あんな大金持ちなんだから。あと、親だよ。親、なんでなんにもしねーんだよ!」
「そういう家なのです。黒輝の家は」
 どんな家だ。オレがガキの頃、高熱を出したことがある。お袋は一晩中側にいたし、親父は親戚で唯一の出世頭、医者の叔父さんを深夜自転車で走って連れてきた。タクシー代もでないほど金がなかった時期だったという。ともかくも必死になってくれた。
「執事の私がいうのはルール違反ですが黒輝家ももう長くはありません。社交界では知れ渡っています。絶滅間近なのです」
 オレは敗残兵のようにボタボタと家に帰った。
 オレは負け犬だった。あんなに美しい、滅びいく気高い生き物をこの世にとどめる力さえない無力なガキだった。そして白亜はそれを知って俺を……哀れんだのだった。オレは生まれてはじめて涙を流した。

 時計は7時を指していた。俺はピンときた。飛んでみたい、と言ったことを思い出した。俺はグライダーを作ろうと思った。
 やると決めたらそれしかみないでやる。そして大声で触れ回る。オレもバカだけどきっと他にもバカがいる。それを信じてみる。オレ1人では手に余るということはさすがにバカなオレでもわかった。
 声をかけたら思いの他、いろんなヤツらが手伝ってくれた
 コンピューター部は一緒に設計してくれた。強度計算とかたいへんだったがやってのけた。金はカンパとバイトだ。
 模型部は製作を手伝ってくれた。グライダーのヒントは白亜が教えてくれたことだった。
 『翼竜はね、最初は……バランスをとるために……尻尾があった。でもだんだん退化した。そして四脚で素早く地上を歩けるようになった。地上で……安定を保てることが空への進出に……役に立つ。バランスは頭のトサカで、とるようになったの』
『飛行機を作る人たちが計算したらケツァルコアトルスは飛べない……って言ったの。でも……飛べた。骨が軽かったの。中は空洞の構造で……肺と繋がっていた。空気を送り込んでいたの。それで軽いから飛べた。地球を半周……できるくらい、どこまでも』 そう、地上での安定が重要、肉抜きして軽量化するだとか、そういういろいろなヒントがあった。
 文化祭の実行委員は泊り込みを見てみぬふりしてくれた。
 生徒会長……モトカノの1人で一番頭のいいヤツは裏山から校庭に飛ぶことを黙認してくれた。けっこう美人だったんだな、お前、と言うと、あなたはついに真剣になったようね、かけがえの無い誰かに、と一言だけ悲しそうに言った。
 ついにグライダーは完成した。
 オレは何の得にもならない、それどころか教師に睨まれ、内申にひびき、その他もろもろの厄介やら損を省みず手伝ってくれた最高のバカどもに心から感謝した。

 文化祭の日、オレは執事さんに頼んで白亜を連れてきてもらった。もうまともに立つことさえできなくなっていた。目だけが澄んだ本当に澄み切ったガラス玉のようになってこの世じゃない世界を見ていた。別の時代を。白亜を赤ん坊のようにオレの背中にくくりつける。

完成したバカでかいグライダーは、飛ぶのを待っていた。ちょっとショボイが紛れもないケツァルコアトルスだった。
一緒に作ったヤツらが見守る中、グライダーは急勾配を駆け下る。すさまじい速度だった。本当に計ればそんなことはないんだろうが、バイクでぶっ飛ばした時より早く感じられた。やばい、このままだとぶつかる。地球から落ちる。
そのとき、何か別の種類の空気に支えられるように浮いた。そのまま空気に乗って空へと舞い上がる。

「やった飛んだぞ! 見てるか、おい、白亜!」
最後の力で、二人で飛ぶ。

「白亜!」
「リュウ……羽……下」
「え……」
 オレは目を見張った。見えるはず街や校庭は見えなかった。そう、眼下にはフカフカの苔のような黄緑色の草地が広がっていた。遠くには赤茶けたチョコレートのような山岳が聳えている。青緑色の大きな河がうねっている。
草地にはアパトサウルスの群がいた。側でアンキロサウスが草を食んでいる。マイアサウラが円陣を組んで子育てをしていて、それを狙って草むらにヴェロキラプトルが潜んでいた。河ではトリケラトプスが水を飲んでいた。
白亜の画の中にきてしまった。いや、これが白亜が見ていた本物の白亜紀なのだ。

 陽が翳る。
オレは空を仰いだ。ケツァルコアトルスが太陽を背に飛んでいた。全てを翼の下に。遥か地上を睥睨しつつ、悠然と。高く、ただ高く。青みがかった薄い緋色の空を。
「龍羽に……も見えた?」
「ああ、ああ、オレにも見えたよ!」
 心の底から笑った。白亜の笑い声と重なる。
 白亜紀の空は甘い少し気の抜けた炭酸のような香がした。柔らかい絹のような空気。ここなら白亜は絶滅しない。何時までだって何処までだって好きなだけ飛べる。
 二人で白亜紀の空を翔んだ。

 不意にグライダーはドンと地上に降りた。
 土埃が立つ。
 その途端風景はつまらない校庭に変わっていた。
 オレは白亜を下ろして抱きかかえた。白亜の目が笑っていた。
「あ、りがとう……龍羽、私と……見てくれて」
 唇を動かさずに白亜は確かにそういった。グライダーの飛行がうまくいった、ということだけに興奮している学校の連中の声の方が幻のように聞こえた。

 最初の雪が降った時、黒いリムジンから執事さんが降りてきてオレは全てを悟った。いわなくてもわかる。
「お嬢様は天使でいらっしゃいました。この地上に生きているべき方ではなかったのです」
「ちがうね、翼竜だったんだよ」
「ああ、そうでした、おっしゃるとおりです」
 執事さんは笑った。いい笑顔だな、いい年寄りだな、とオレは思った。
 そう、アイツは白亜紀の空に還っていったのだった。
 そして俺は誓った。
 この世で最も早く高く飛ぶ生き物になると。7000万年前の白亜にまた会いに行くと。


 
 青の世界。地球の表面を滑り、飛ぶ。見とれつつ計器を確認、クロスチェックする。

 まあ、バカだった。死ななきゃなおらんとはいうが、でも少しだけバカが直った気がする。今、オレが駆っているのはあの小さなグライダーでもバイクでもなく、F15J戦闘機だった。
 なんでも楽々できると甘く見ていたガキの頃と違って、戦闘機のパイロットになるにゃ、ちっとは苦労したし、さすがに何も考えないで飛び回っているわけにはいかず、オレにも嫁と子供と子供たちが育つこの島を守っていくというそれなりに殊勝な心がけをして生きている。

 やっとこさF15Jのパイロットになったとき、先輩たちにTACネームをケツァルコアトルス・ノルトロピにしたいって言ったら、長すぎる、漫画か何かかそれは、ケツかロピにしろって言われたんで結局、ロピにした。
 この間の航空祭では無理を言って整備員に超カッコいいケツァルコアトルスの絵を描かせた。航空雑誌にババンと掲載された。娘は嬉しそうに「パパの飛行機、恐竜」と言った。
「ゲンミツに言うとだな、翼竜というんだぜ。ケツァルコアトルス・ノルトロピだ!」とオレは叫んだ。

 訓練空域まで飛ぶ。もうすぐ星空な高度12000mの成層圏を飛んでいる。白亜の言ったとおり、そう、きっと7000万年前とかわらない。俺は白亜に言ってやるんだ。

 いよお、やっとこさ、ここまできたぜ、お前の言うとおり翼竜は絶滅してないぜって。ケツァルコアトルス・ノルトロピは此処にいるんだって。
冷静に読むと「きんもー☆」という感じですね。ちょっとコッパな感じです。でも気に入っています。まあ、F15はマクダネル・ダグラスですけどね。その突っ込みはおいておこう。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ