挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~ 作者:萩鵜アキ

2章 冒険家レベルが上がっても、影の薄さは治らない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/72

閑話 とあるヒロインの1日

情○大陸風味
 語り始めた、いまの自分。
「(漠然とした不安)」
「(独りで部屋にいるときに、ふっと寂しくなることがある)」


 北海道某所。
 田園風景に囲まれた一軒家の二階に、彼女がいた。

【レア(0)】 職業:冒険家(自称)

 いままさに姿を現した日光を、彼女は全身で受け止めている。

~いまはなにをされているのですか?~
「(食事中よ)」

 彼女の言葉は非常に少ない。
 朝一の甘い日差しを取り込むのに熱中しているのだ。

 しばし日光に体を任せたあと、彼女はおもむろに近くにあった桶の水を土にかけた。
 そうすることで、プランターに詰め込まれた土が乾燥することを防いでいるのだ。

 水やりをおえると、再び日光に集中する。
 その眼差しは、とても真剣である。

 朝日が出てから1時間ほど経った頃、部屋に一人の男性が訪れた。
 顔は仮面で被われ、首からは羽が生えている。

 何故か体は見えにくい。
 仮面と羽以外の存在感が希薄なのだ。

「おはようレア」

 一見すると、魔物か悪魔と見まごう人物である。
 しかし彼こそが、彼女のパートナであった。

 彼女は男の鞄に入り背負われた。
 背中の鞄の中こそが彼女の仕事場だった。

 彼女は運転席に乗るドライバのように、男の方に手を置いた。
 その表情には、これからの仕事に向けた気合いが満ちている。

 家を出たところで、一人の女と合流する。
 女は男のチームメンバーである。

 その女に対し、彼女は威嚇を開始した。
 そうすることで、立場の違いを明確にしているのだ。

「ん? どうした?」

 不意に、気配に気づいた仮面の男が振り返った。
 だが彼女はすぐに雰囲気を取り繕う。

 朝一の威嚇は、決して男に気づかれぬよう行う。
 これこそが彼女の、プロフェッショナルとしての技量の高さの表れであった。

 彼女がこれから赴くのは『ダンジョン』。
 誰しもが知る、危険な場所である。

 命を落とす可能性のある『ダンジョン』。
 そこに足を踏み入れる彼女達は、いわゆる冒険家だ。

~なぜそんな危険な仕事を?~
「(彼を一人にすると、うっかり死んじゃいそうだから)」
「(保護者みたいなものよ)」

 魔物が現われると、男が魔物を討伐する。
 その男が、決して攻撃を受けぬようサポートする。

 男に近づくあらゆる危険を除去するのが、彼女の仕事だった。

 反撃や攻撃を、自らの弾丸で次々とはじき返していく。
 この間、男は常に動き回っている。

 動き回る男が背負った鞄に座した状態で、刹那に戦況を判断し、正確なポイントに弾丸を射出する。

 仮面の男には、決して指一本振れさせない。
 彼女の攻撃は正確無比だった。
 まさにプロフェッショナルの仕事である。


 今日も、男はダンジョンから無傷で帰還することが出来た。
 その結果に、しかし彼女は満足げな表情を浮かべることはない。

 あるのはプロフェッショナルとしての厳しい視線。
 ダンジョンを出られた彼女の仕事は、ここが正念場だった。

 このまま無事に、『何事もなく』家に帰らなければいけない。
 ――女を、仮面の男に近づけてはいけない。

 男に近づくあらゆる危険を除去するのが、彼女の仕事である。
 羽虫1匹近づけてはいけない。

 彼女は次第に、葉をトゲトゲと変化させていく。

「火蓮。今日は夕食を食べていくか?」
「は、はいっ!」
   「ちょおっと、空気のー!」

 遠くから、なんでも屋の女の声が轟いた。
 彼女ら全員が認める、アホの子である。

「空気ぃ、コレを貸してほしいんだけど」

 アホの子が女を指さした。

「どうしたんだ?」
「ちょっと採寸が間違ってるみたいなのよ」
「採寸?」
「ええ。アンタ、胸のあたりダブついてない?」
「うぐ――」

 アホの子の言葉に、女は心臓を打ち抜かれたように苦悶の表情を浮かべた。

「きちんとフィットするように直したいんだけど」
「なるほど。火蓮、時間はあるか?」
「え、ええ……はい」
「じゃ、行くわよ」

 アホの子が女を連れてプレハブに移動した。
 その姿を見て、彼女は葉を握りしめた。

 トゲトゲとした雰囲気を和らげる。
 これで平穏無事に、本日の大仕事が終わった。

 今日、彼女の表情に始めて、満足げな笑みが浮かんだ。


 家に戻ると、彼女は自室に入って日が落ちるまで、本日最後の日光に身を任せる。
 仕事を終えてもまだ、彼女は孤独な戦いが続けていた。

 冒険家にとって、体調管理は欠かせない。
 日が落ちるとすぐに眠りにつく。

「(……)」

 しかし、すぐに眠れるものではない。

「(漠然とした不安)」
「(独りで部屋にいるときに、ふっと寂しくなることがある)」

 一人、暗がりの中佇む彼女から、呼吸音が小さく響く。
 その音はやや、ため息に近かった。

「レア、起きてる?」
「(……!)」

 暗い部屋の中に、すぅっと光が差し込んだ。
 仮面の男が彼女に近づき、手を伸ばした。

 彼女は男に、触れられるがまま触れられる。
 時々思い出したように、男の手の甲をペチっと叩く。
 だが男はその衝撃も、喜んで受け入れる。

 時々、彼はこうして部屋に訪れる。
 その日の夜だけは、彼女は心穏やかに、ぐっすりと眠ることが出来た。


 最後に、彼女に尋ねてみた。

~この生活が辛いと感じたことは?~

「(あるわよ。もう辞めたいってね)」

「(けどね……)」

「(ずっと幸せで、何もかもが上手くいく。そんな世界なんてどこにもないのよ)」

「(幸せが姿を見せるのはいつも一瞬)」

「(その一瞬のために)」

「(私は生きていくのよ)」
※本編は以前行われた『神様の名前当てクイズ』で、正解者にプレゼントされたナンセンスなSSです。

もし「面白かった」や「続きが読みたい」と少しでも思われましたら、この下にあります評価をポチポチして頂ければ幸いです。ブックマーク登録もお願いします!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ