挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~ 作者:萩鵜アキ

2章 冒険家レベルが上がっても、影の薄さは治らない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/72

チームハウスで顔合わせをしよう!

 討伐期間は1週間を予定。
 その間、晴輝は札幌で寝泊まりする。

 火蓮はカゲミツに誘われなかった。
 火蓮の魔法は単体攻撃のみ。手数が必要なモンパレでは不利である。もしカゲミツが彼女も誘ったとしても晴輝は断っただろう。

 しばらくのあいだ、一緒に狩りが出来ない。
 そのことに火蓮は多少の不満を示すと晴輝は考えていたが、彼女は晴輝の札幌行を応援してくれた。

『カゲミツさんに誘われるなんて名誉なことじゃないですか!』
『私の分まで頑張ってきてください!』

 火蓮に見送られて、晴輝は単独で札幌に移動した。
 ホテルの部屋を押さえてから、カゲミツに指示された住所へと足を運ぶ。

 晴輝が訪れたのは、『ちかほ』からそう遠くない場所にある一軒家だった。

 コンクリート製の建物で3階建て。
 10人くらいは余裕で暮らせる広さがある。

 インターフォンを押し込むと、すぐに扉が開かれた。

「はいは――ヒッ!!」

 現われたのは20代前半くらいの女性。
 その女性が晴輝を見た途端にギクリと体を強ばらせた。

 それでも即座に体勢を整えるあたり、彼女の実力の一端が窺える。

「驚かせて済みません。空気です」
「食う気!? ……あ、ああ空気ね。びっくりしたー」

 一体なにに驚いたというのか。
 言葉のニュアンスに、晴輝は大きな誤解を感じた。

 だが、ブロガーの空気だと判ってくれたらしい。
 警戒感がみるみる引っ込んで、2割ほど残った。

 ゼロにならないのは……仕方がない。
 初めて会う相手なのだ。
 警戒して当然だ。

 そう自らを納得させ、晴輝は女性に案内されて家に上がり込んだ。

 リビングに通された晴輝は、その奥でソファに腰を下ろしている男を見て目を細めた。

「おう、来たか」
「……どうも空気です」

 男は体から、決して無視を赦さぬ強烈な存在感を放っていた。
 どこにでもある普通の服を着ているというのに、あたかも照明で照らされたかのように輝いて見える。

「カゲミツだ。よろしく」

 その男の名はカゲミツ。
 ランカーの一人であり、北海道にいる冒険家の憧れの的でもある。

 そのカゲミツを前にして、晴輝の体が震え上がった。

 やばい。
 まぶしい!
 存在感が強すぎて消えてしまいそうだ!!

 まるで除霊師に出会った幽霊のように、晴輝の体がその男を拒絶する。
 晴輝は、自らの薄すぎる存在感の消失に怯え、震えた。

 カゲミツは北海道で最も有名な冒険家であり、
 そして、最も存在感のある冒険家だ。

 町を歩けば注目を浴び、ダンジョンに潜ればヘイトを稼ぐ。

 体は晴輝よりも一回り以上大きい。
 カジュアルな服を着ているが、その内面の筋肉の大きな盛り上がりが如実に感じられる。

 そしてなにより、マサツグのものに似た威圧感があった。

 もしカゲミツと戦闘で対峙しても、晴輝は一切抵抗する間もなく負けてしまうだろう。
 見ただけで力量の差を思い知らされる。

 着席を促され、晴輝は恐る恐るカゲミツの前に腰を下ろす。

 やばい。
 どうしよう。
 存在が消えそうなんですけど!

 本物の存在感を前に、仮面(かりそめ)の晴輝は落ち着かない。

 あるいはそれは、カゲミツの実力を感じ取ったからかもしれないが。
 いずれにせよ、晴輝はもぞもぞと、お尻の位置を動かし続ける。

「どうだ、俺のチームハウスは? デカいだろ」
「そうですね。チームハウスには初めて来ました」
「拠点を持ってるチームはなまら少ないからな」

 チームハウスはその名の通り、チームが利用する拠点だ。
 共に冒険する仲間と寝泊まりしたり、冒険で得たアイテムを保管したりする。

 大きなチームになると、このようなハウスを持つようになる。
 マサツグやベーコン、時雨などもハウスを持っている冒険家である。

 逆に、それくらいの冒険家でなければハウスを持てないとも言える。
 ハウスを持つだけでお金がかかるので、初級・中級程度の冒険家じゃハウスは持てないのだ。

 けど、いいな。秘密基地みたいで。
 晴輝の中に眠る少年心がくすぐられる。

「ああそうだ。これからはしばし共に命を賭ける討伐メンバーだ。敬語は使わなくていいぜ」
「けど……」
「空気のが年上だべ? 細かいこと気にすんな」

 確かに、ブログで公開している年齢は、カゲミツよりも晴輝の方が上だ。
 それが真実なら……という話だが。

 しかし相手はランカー。
 会社人を経験した晴輝にとって、目上の相手へのため口はかなりの勇気が必要である。
 むしろあえてため口を要求することで、相手の性格を見抜こうとしているのではないかと勘ぐってしまう。

 本当にため口で良いのだろうか?

 あれこれ考えているあいだに、カゲミツが立ち上がった。
 その膝が、僅かに震えている。

 日々のレベリングの疲れでも溜まっているのだろうか?

「まずメンバーを紹介だ」

 晴輝を出迎えた女性が招集をかけたのだろう。
 女性を先頭に、4名の冒険家がリビングに入り――、

 晴輝を見て一斉にびくついた。

 ……何故だ?

「俺の名前は伝えたな。メイン武器は大剣で前衛だ。次が――」

 カゲミツが小柄な男を指指した。

「アイツがヨシ。弓使いだ」
「ヨシです。よろしくお願いします」

 ヨシは男性だが、女性みたいに体のラインが細い。
 気が弱いのか、少しおどおどしている。

「次はベッキー。同じく弓使いだ」
「べ、ベッキーです。よろしくお願いします」

 ベッキーは晴輝を出迎えた女性だ。
 まだ少し腰が引けている。

「その横がヴァンで、俺と同じ大剣使いだ」
「……ヴァン」

 ヴァンはカゲミツと同じ。
 かなり筋肉があるのだろう。衣服の二の腕あたりが窮屈そうだ。
 何故か瞳が動揺している。

「最後がどら猫で槍使い」
「どど、どら猫です!」

 どら猫が慌てて背筋を伸ばす。
 あがり症なのか、体が震えている。

「これが俺のチーム・エアリアルだ」
「空気です。よろしくお願いします」

 挨拶のために立ち上がる。
 途端に、エアリアルのメンバーがびくっと体を震わせる。

「だからため口で良いって言ったべさ」
「はあ……」

 どうやら本当にため口で話して貰いたいらしい。
 カゲミツの不機嫌な雰囲気を感じ、晴輝は意を決する。

「わかった。……で、エアリアルはあがり症が多いのか?」
「なわけねえべさ」
「みんな強ばってるが」
「そりゃお前のせいだ!」

 カゲミツが顔を引きつらせながら息巻いた。

「俺?」
「噂で聞いてたが、初めて見るとなまら怖ぇぞその仮面」
「そうなのか」

 晴輝は無意識に仮面をなぞる。

「体の気配が希薄だから、仮面が浮いてるように見えんだよ」
「…………」
「しっかしその気配の絶ち方、尋常じゃねーな。開眼スキル持ちか?」
「……」

 晴輝の視界が、徐々に歪む。

 なな、泣いてないもん!
 欠伸しただけだもん!

 ずず、と鼻をすすって口を開く。

「素だ」
「は?」
「素で、存在感が薄……っく!」

 その言葉を口にした途端に、精神力がガリガリと削られた。
 奥歯を噛みしめ、意識の消失に耐える。

「ブログに存在感空気ってあったが、ありゃキャラ作りじゃなかったのか?」
「…………ああ」

 キャラ作りだったら良かったね!
 くそっ!

 カゲミツの確認が、晴輝の心を貫いた。
 そろそろ精神力がゼロになりそうだ。

 事実はいつだって……痛い。

「そうか。オレは空気の気持ちがよく理解出来るぞ!」
「は?」
「オレはな、隠密になりたかったんだよ……。けど、存在感が濃すぎて、気配が消せやしねえ!!」

 なんて羨ましい!
 晴輝は声を荒げて抗議したかった。

 だが彼の悲しみは本物だ。
 彼は本気で、存在感強に悩んでいるらしい。
 目に涙を浮かべて小刻みに震えている。

 横ではエアリアルのメンバーが「まーた始まった」と口にした。
 何度も愚痴として聞かされているのか、うんざりした雰囲気だ。

 存在感が強い呪いに打ち震えるカゲミツを、存在感が薄い呪いにむせび泣く晴輝が宥め、晴輝らはモンパレの具体的な作戦を話し合う。

 とはいえ打ち合わせる点はそう多くない。

 晴輝の担当はモンパレ。
 晴輝の補助に弓使いのヨシが付く。

 晴輝がモンパレを相手取っているあいだ、エアリアルは全力でボスを引きつけ、これを倒す。

 作戦はそれだけだ。

「カゲミツさん、モンパレ討伐要員は俺とヨシさんだけか?」
「おう兄弟。さん付けもいらないぞ」
「いやいや」
「オレらは互いに、存在感に悩みを抱える兄弟だべ?」
「お……おう」

 カゲミツに特殊な親近感を持たれてしまった晴輝は、曖昧に息を吐く。

 下っ端冒険家がランカー相手に敬称なしはさすがに失礼である。
 とはいえ否定も難しい。

「……善処しよう」

 そう言うに止めておいた。

「モンパレ要員のことだが、他にはいない」
「何故だ?」
「モンパレに切り込みたい馬鹿が他に居ると思うか?」
「……」

 誰が馬鹿だ。
 言い返したい。

 しかし彼の言うことは最もである。
 モンパレに立ち向かう馬鹿はいない。

 せいぜいが、モンパレに巻き込まれながらも魔物を倒して逃げ延びる程度だ。

 だからこその偉業。
 しかし存在感が空気だからスポットライトが当たらない。

「まあそれだけじゃないんだがな。いま、強い冒険家は軒並み新宿に向かってる。残ってんのはほとんどが上層レベリング組くらいだ。10階の魔物と戦えるだけの奴らを中途半端に集めても、被害が出るだけ。なら、モンパレを切り抜けられそうな冒険家と一緒に、少数精鋭で立ち向かった方が被害が抑えられる」
「うーん」
「なにも1度のアタックで成功させろって言ってるわけじゃねえんだ。やばくなったら即逃げる。力が足りねえなら、アタックを何度も繰り返して、徐々にモンパレを削ってく」

 確かに彼の言葉には一理ある。
 中途半端な人数・戦力で立ち向かっても、統率が取りにくく、またフォローに余計な労力が取られるため、逆に悪い喧嘩をもたらしかねない。

 一度で削りきるのではなく、遊撃しながらモンパレを削った方が、良い結果が生まれる可能性はある。

「サポートは全力でする。オレらがリザードマンと戦って生き残れるかは、空気次第だからな」

 彼らが晴輝をサポートするのは、あくまで自分達が生き残るため。
 ほどよくプレッシャを与えて、しかし与えすぎもしない。

 丁度良い発言。
 歓迎の意思が窺えた。

 晴輝はそこからカゲミツらと、具体的に攻略手順の確認に入った。

          *

【モンパレ】ちかほについて語るスレ 75【回避】

54 名前:カゲミツ★
 おい前スレでモンパレ突破した冒険家を教えてくれた奴
 いたら出てこい!

55 名前:モンパレを回避する名無し
 なんだどうした?

56 名前:カゲミツ★
 てめえか?!
 なんて魔物を俺に教えやがったんだよ!!
 チームハウスに来たアイツの姿見て
 ビックリしすぎて心臓爆発するかと思ったぞ!!

57 名前:モンパレを回避する名無し
 >>56 クソワラタ
 意外と小心者なんだな

58 名前:モンパレを回避する名無し
 宙に浮いた仮面に触手に植物だっけか
 マジで噂通りの奴だったか?w

59 名前:カゲミツ★
 >>57
 いやお前も間近で見てみろって
 宙に浮いた仮面がこっちに迫ってくるんだぜ?
 メンバーで泣きそうになった奴もいたぞ

 >>58
 触手はなかった
 代わりに羽が生えてた

60 名前:モンパレを回避する名無し
 羽www
 くそっww俺の腹筋返せwwwww

 で、マジで仮面は魔物なの?

61 名前:カゲミツ★
 魔物じゃないと思う
 ・・・たぶん

62 名前:モンパレを回避する名無し
 自信無くしてんじゃねーよwww

 で、これから狩りか?
 どうやって短剣で魔物倒してるか興味ある
 詳細報告を期待する!

62 名前:カゲミツ★
 おう
 まかせとけ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ