挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~ 作者:萩鵜アキ

2章 冒険家レベルが上がっても、影の薄さは治らない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/72

本拠地に戻ろう!

 大井素の捜索を終えてから3週間。
 晴輝らは札幌のダンジョン『ちかほ』でレベリングを続けた。

『ちかほ』でレベリングを続けたのはひとえに出張費がタダだったから。

 1ヶ月間、食と住がタダ。
 これを活用しない手はない。

 車庫のダンジョンと違い、『ちかほ』には様々な冒険家がやってくる。
 戦闘中に、他の冒険家と鉢合わせになることもしばしば。
 晴輝のスキルボードや火蓮の魔法が露見しないよう、細心の注意を払いながらの冒険となる。

 ストレスはかかる。
 だがこの状況になれておかないと、どこかでボロが出る。
 そうならないためにも、人に見られる可能性のある場所で戦って、ある程度慣れておく必要があった。


 3週間のレベリングで、晴輝らは『ちかほ』8階の魔物を問題なく裁けるまでに成長した。


 黒咲火蓮(18) 性別:女
 スキルポイント:0→2
 評価:精霊師→精霊師槌人

-生命力
 スタミナ1→2
 自然回復0→1

-筋力
 筋力0→1

-魔力
 魔力3
 魔術適正2
 魔力操作2→3

-敏捷力
 瞬発力0
 器用さ0→1

-技術
 武具習熟
  鈍器0→1
  軽装0→1

-直感
 探知1

-特殊
 運1


 きっと毎日寝る前に、筋トレを頑張ったのだろう。
 火蓮は全力で魔法を打っても、杖が頭に直撃しない程度に筋力が増えた。

 また全力で魔法を放っても、以前のように巨大な魔法が放たれることもない。
 威力と範囲、それぞれの強弱をコントロール出来るようになったようだ。

 晴輝はというと、


 空星晴輝(27) 性別:男
 スキルポイント:0→3


 まずスキルポイントが3ポイントも増えた。

 増えたタイミングは、おそらくモンパレ討伐時。

 魔物をどれほど倒してもポイントはもらえない。
 なので増えた理由は、あの異常なモンパレを引き起こしていた謎の物体の討伐だ。

 晴輝にはそれ以外、思い当たる節はなかった。

 しかし、希少種ならば討伐で得られるポイントは1だ。
 3ポイント増加はいまのところ、スタンピードのボスを討伐したときだけである。

 このことから、もしかするとあれはスタンピードを引き起こす魔物だったのではないか?
 そう晴輝は踏んでいるが、いまとなっては確かめることが出来ない。

 ポイントが3つも増えた。
 理由はどうあれ、大切に使わせて貰う予定だ。

 そして残るツリーだが――、


 評価:倣剣師→隠倣剣師

-生命力
 スタミナ3
 自然回復0→2

-筋力
 筋力3

-敏捷力
 瞬発力2→3
 器用さ2→3

-技術
 武具習熟
  片手剣3
  投擲1→2
  軽装1→3
 蹴術0→1 NEW
 隠密1→2
 模倣1→2

-直感
 探知2

-特殊
 成長加速 MAX
 テイム0→1


 大事件だ!

 隠密が育った!!

 おかげで晴輝の存在感はうなぎ下がり。
 仮面を外すと、時々火蓮も晴輝を見失う。

 晴輝はしばし火蓮の探知スキルを上げたいという、強烈な衝動と戦った。
 いまのところ、理性がギリギリ勝利している。

 火蓮に比べて、晴輝のスキルの方が上昇率が高い。
 短剣装備で手数が多く、また前衛で体を動かし続けていることも起因している。

 だが一番は成長加速があるからだろう、と晴輝は考えている。
 正確な対比は出来ないが、火蓮と晴輝でここまで上昇率が違うとなると、成長加速がスキルにも関与している確率は高い。

 新たなスキル『蹴術』はその名の通り。
 狩りで手数を増やすために蹴りを用い続けたことで出現した。

 スキルが出現してから蹴りの威力が格段に上がった。
 とはいえ晴輝にとって、蹴りはあくまで攻撃から攻撃までの隙間を埋める手段。
 ポイントを振るつもりはない。

 さらに魔剣も、着々と進化を続けている。
 切れ味は既にシルバーウルフの短剣を上回り、剣の反りも深くなっている。

 今後どのような形状になるか楽しみだ。

 晴輝や火蓮同様に、レアもしっかり成長した。


 レア(1) 性別:女
 スキルポイント:0→2
 評価:葉撃魔

-生命力
 スタミナ0→1
 自然回復0

-筋力
 筋力2

-敏捷力
 瞬発力1
 器用さ1→2

-技術
 武具習熟
  投擲3

-直感
 探知0→1

-特殊
 宝物庫1→2


 これまで足りなかった経験とレベルを底上げし、晴輝はK町へと戻っていく。

 晴輝はこれからいよいよ、車庫のダンジョンの中層を目指す。

 中級冒険家になれば上位1割。
 1割しかいない中級冒険家になれば絶対に目立つはずだ!
 隠密レベル2になんて、絶対負けない!

 そう自らを鼓舞させて……。

          *

「ん?」

 車を止めようと自宅の敷地に入ると、ダンジョン改札口の前に見慣れぬ男3名が佇んでいた。

 男たちとは知り合いではない。
 見覚えがあるが……どこだったか思い出せない。

 不安に駆られ、晴輝は小走りで近づく。

「なにかあったのか?」
「――ッ?!」

 声をかけると、男たちが晴輝を見て一斉にぎょっとした。

 ……もしかして窃盗団かなにかか?
 軽く疑い、すぐにその考えを否定する。

 男達はいずれも20台前半くらい。
“一”のロゴの付いた武器をそれぞれ装備している。
 防具は多くの冒険家と同様に、エントリーモデルですらない。

「……あ、もしかしてこの家の?」
「ああ。空星だ」
「空星……?さんですね。お久しぶりです」

 久しぶりと言ったわりには、名前の後に『?』が付いたニュアンスがあった。
 間違いない。
 彼らは一切、久しいなどと思っていない。

 だがそれは晴輝も同じだ。
 彼らのことを覚えていない。

 だから覚えていなくとも、恥じることはない。
 堂々と言えば良い。

 素直に言ってくれた方が、心が傷付かないんだぞ?

「僕らは前に、自衛団として防衛戦に参加しまして」
「ああ、その節はどうも」
「いえこちらこそ。実は少し前よりここのダンジョンをお借りしておりました。空星さんに挨拶をと思っていたのですが、ずっといらっしゃらなかったので……」
「なるほど」

 彼らは晴輝が札幌にいるあいだに、車庫のダンジョンを攻略しに来ていたようだ。

 ダンジョンは国の管理下にある。
 いくら敷地内にあるからといって、所有権を主張することは出来ない。

 とはいえ敷地内であれば、立ち入りを禁止することは出来る。
 だが晴輝は、彼らを拒むつもりはない。
 独占してもしなくても、晴輝にとってのメリットは大きく変らない。

「ダンジョンは自由に使ってくれていい。とはいえ、真夜中に来られても困るが」
「もちろん。俺たちには仕事があります。翌日に響くので夜には来ませんよ」

 ハハハ。
 よく俺が無職だと判ったな!

 実際晴輝は冒険家として生計を立てているので無職ではない。
 ただ、専業冒険家は少ない。

 安定した職について、その上で余暇を冒険に当てる人が多数である。

「ちなみに空星さんはいまどこまで進まれてますか?」
「俺は5階だな。そっちは?」
「まだ1階です。ゲジゲジがうまく倒せなくて……防具が……」
「…………うん、頑張れ」

 ゲジゲジには殺傷力はない。
 攻撃に対処する力を養う相手としては最適だ。

 その代わり、防具がカリカリ攻撃で破損するけれど。

 彼らの武器は大剣と弓。

 自衛団所属の男たちだ。
 おまけに一度スタンピードを退けている。
 ゲジゲジが倒せないほど弱いはずがない。

 1階で足踏みしているのは、ノーダメージで倒すことにこだわっているからか。

 とはいえ彼らの役目は体を張って魔物を止めることだ。
 それでは少し、ゲジゲジとは相性が悪い。

 ゲジゲジよりもブラックラクーンの方が倒しやすいかもしれない。

 そこまで考え、しかし晴輝は安易に助言はしなかった。
 他人に助言出来るほど、晴輝は強くも偉くもない。

「では僕らはこれから潜りますので」
「中で会ったら、間違えて攻撃しないでくれよ?」
「……はい。気をつけます」

 晴輝は冗談のつもりだったが、男たちは神妙な顔つきで頷いた。

 一体、何故真顔になったのやら。
 もしかしてダンジョン内で攻撃してくるつもりか?

 晴輝は現在、四釜らに襲撃されたばかりだ。
 多少、彼らに対しての警戒感が上がってしまった。

          *

 ダンジョンに潜り晴輝の視線が感じられなくなると、男たちは胸から大きく息を吐き出した。

「何度見てもやばい仮面だな。見てるこっちまで呪われそうだ」
「ああ。なんであれ、宙に浮いてるように見えるんだろうな?」
「気配の消し方が上手いんだべさ」
「本体の気配が消えても、仮面の存在感が残ってたら意味ないだろ」
「いや……あの仮面が本体かもしれんぞ?」
「「あり得る!」」

 自衛団に所属する笹森、高桑、稻の3名がチームを組んだのはスタンピードから後のことだった。

 3名はそれぞれ冒険家資格を持っていたが、これまで積極的にダンジョンに赴くことはなかった。

 理由は単純で、近くにダンジョンがなかったから。
 希に『ちかほ』に行くこともあるが、遠征するのもお金がかかる。

 無論、お金をかけて遠征する冒険家はいる。
 だが皆が皆、そこまでの情熱を胸に抱いているわけではない。

 暇つぶし程度の趣味として冒険家になってみた、という者が圧倒的多数。
 彼らもそちらの側だ。

 だがこうして新たなダンジョンが生まれ、またここでスタンピードが発生したことから、彼ら3名はチームを結成した。

 ダンジョンでレベリングをして、少しでも町を守れる力を手に入れるために。

 しかし現在。
 彼らは1階のゲジゲジ討伐に苦戦していた。

 苦戦といっても、倒せないわけじゃない。
 一切攻撃を受けずに倒せないだけだ。

 ゲジゲジは触角も手足も長く、おまけに素早い。

 彼らの武器は大剣や弓だが、どうしてもカリカリされてしまう。
 カリカリされて、すり減ってしまう。

「俺も短剣に変えようかなあ……」

 己の大剣を見つめながら、笹森が呟いた。

「なんでだよ? いいじゃん、大剣」
「良くぁねーよ。大剣とゲジゲジの足の間合い、同じなんだぜ? 斬りかかるだけでカリカリされるわ」
「けど攻撃が通じるだろ。弓はほとんど弾かれる」
「カリカリはされにくいだろ」
「短剣のがもっとカリカリされるだろ!」

 確かに。
 笹森は唇を突き出した。

「けどなあ。アイツ……か、か……、あれ名前なんだっけ?」
「仮面さん」
「そう! 仮面さんは普通に短剣装備で狩りしてるべ? ゲジゲジ対策には効果的なのかもしれんべさ」
「ゲジゲジに対処するためだけに短剣を持つのか? やめとけやめとけ。いざメイン武器を変更しようとしても、レベルアップした後だと上がりにくくなるって話だぜ?」
「しかも中級クラスになると、どれだけ頑張っても武器の変更が出来なくなるとか」

 ダンジョンで採取された素材で作った武器は使い手を選ぶ。

 選ばれるために必要なのはレベル。
 それと、使い手の練度と言われている。

 レベルがいくら高かろうと、使ったことのない武器種は扱えない。
 それならばと練度を上げようとしても、中級冒険家レベルになると上手く上がらないらしい。

 考えられている理由は一つ。
 同格以上の魔物と戦わないと、武器に選ばれるための練度を上げられないのだ。

 中級冒険家と同格の魔物となると、誰でも使える地球素材の武器では歯が立たない。
 故に、レベルを上げてからの武器変更が出来なくなる。
 そう、掲示板では噂されている。

 だからこそ初心者冒険家は、メイン武器の選定を慎重に行う。
 先駆者の経験をなぞり、もっとも効率の良い武器を選ぶ。
 それが、武器使用人口として顕著に現われている。

「中級になってから、短剣じゃ戦えねえ!ってなったら終わりだぜ?」
「そうそう。それを回避するために、大剣とか弓とかを選んだんだべさ」
「そうだけどよお」

 笹森は仮面さんの姿を見ると、実は短剣もアリなのでは? と思えてくるのだ。

「それは気のせいだ。仮面さんが特別なんだよ。憧れちゃ行けないタイプのな」
「そうそう。オレらは堅実に、マサツグさんとか時雨さんの後追いをしたほうがいいべ」

 ダンジョン攻略に抜け道があるなんて甘い話はない。
 そう結論づけて、笹森・高桑・稻の三名はゲジゲジ狩りを開始した。

 さて今日は何着、簡易防具が壊されるやら……。
主人公の名前は仮面さん!

お読み下さいまして有難うございました。

寒い日が続きます。
みなさま、お体には十分お気をつけください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ