挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ありふれた職業で世界最強 作者:厨二好き/白米良

第四章

92/257

母娘の再会



「ひっぐ、ぐすっ、ひぅ」

 ボロボロになった桟橋の近くで、幼い少女のすすり泣く音が響く。野次馬やら兵士達やらで人がごった返しているのだが、喧騒など微塵もなく、妙に静まり返っていた。

 それは、攫われたはずの海人族の女の子が天から降ってきた事や、人間であるはずの少年が空を跳びはねキャッチした事、更にその上空から少女を背に乗せた黒竜が降りてきた事も原因ではあるのだが、一番の理由は、その少年が盛大に海人族の少女を叱り付けたことだろう。いや、正確には、叱りつけた少年に対する先程から何度か聞こえる幼女の呼び名が原因かもしれない。

「ぐすっ、パパ、ごめんなしゃい……」
「もうあんな危ない事しないって約束できるか?」
「うん、しゅる」
「よし、ならいい。ほら、来な」
「パパぁー!」

 片膝立ちで幼子にしっかり言い聞かせるハジメの姿と、叱られて泣きながらも素直に反省し、許されてハジメの胸元に飛び込むミュウの姿は……普通に親子だった。ミュウが連呼する“パパ”の呼び名の通りに。

 攫われたはずの海人族の幼子が、単なる“慕う”を通り越して人間の少年を父親扱いしている事態に、そしてそれを受け入れてミュウを娘扱いしているハジメに、皆、意味が分からず唖然としている。内心は皆一緒だろう。すなわち、「これ、どうなってんの?」と。

 ハジメがミュウを抱き上げて、よしよしと背中をポンポンしていると、漸く、周囲の人々も我を取り戻したようで盛大に騒ぎ始めた。

 そんな周囲の困惑に満ちた喧騒を尻目に、ハジメがミュウをあやしていると背後からトンと抱きついてくる感触が……ハジメが肩越しに振り返ると、そこにはハジメの肩口に額を当てて小刻みに震える香織の姿があった。

「よかった……よかったよぉ~、ぐすっ」

 今度は、香織が泣き出してしまった。気丈に振舞っていても、内心、死ぬほど不安だったのだろう。ハジメの生存を信じていたが、それでも心配な気持ちを感じなくなるわけではない。しかも、漸く再会できたというのに、すぐさま二度目の行方不明だ。相当堪えたに違いない。

「心配掛けて悪かった。この通り、ピンピンしてるよ。だから、泣くなよ……香織に泣かれるのは……色々困る」
「うっ、ひっぐ、じゃ、じゃあ、もう少しこのまま……」

 ハジメは困ったように、肩越しに手を回して香織の頭をポンポンと撫でるのだが、香織は涙が止まらないのか、顔を見せないように益々ハジメの肩口に顔をうずめた。両手も後ろからハジメの腹部に回されギュッと締め付けている。

「おい、お前、一体どういうことか、せつッぷげらっ!?」
「むっ? すまぬ」

 そんな中、先程、ハジメの跳躍の余波で吹き飛ばされ、海に落ちた隊長らしき人物が全身から水を滴らせつつ、空気を読まずハジメに詰め寄ろうとした。が、その後ろから小走りでハジメに駆け寄ったティオ(竜化は着地と同時に解いた)とぶつかってしまい、再び海に叩き落とされた。

 大して気にもせず、ティオはハジメの傍に寄ると、その頭を抱き抱え自らの胸の谷間に押し付けた。

「ぬおっ!? おい、ティオ」
「信じておったよ? 信じておったが……やはり、こうして再会すると……しばし、時間をおくれ、ご主人様よ」

 ハジメが僅かに胸の谷間から顔を覗かせティオの顔を見れば、大切なものが腕の中にあることを噛み締めるような表情をして、目の端に涙を溜めていた。今回は、ティオに頼って無茶もさせたので、仕方ないかと好きにさせるハジメ。

 そうこうしているうちに、ミュウが「ミュウもギュ~する~」と言いながらハジメの首筋に抱きつき、いつの間にか傍に来ていたユエが側面から、シアが香織とは反対側の肩口に抱き付き始めた。

 衆人環視の中、美幼女・美少女・美女を体が見えなくなるくらい全身に纏わりつかせたハジメ。周囲の視線が、困惑から次第に生暖かなものへと変わっていく。既に、殺気立っていた海人族の自警団達も人間族の兵士達も、毒気を抜かれたように武器を下げていた。

「貴様等……一度ならず、二度までも……王国兵士に対する公務妨害で捕縛してやろうか!」

 再び桟橋から這い上がってきた隊長らしき人物が、怒りの形相でハジメ達を睨んだ。武器を手に、今にも襲いかかってきそうな勢いだ。一応、攫われた本人であるミュウが尋常でないくらい懐いていることから誘拐犯の可能性は余り考えていないようだが、それにしても理解不能な点が多すぎるので、しょっ引いて事情聴取をしたいのだろう。

 ミュウに関しては、元より、中立商業都市フューレンのギルド支部長であるイルワからの正式な護送依頼であるので、ハジメも事情説明はするつもりだった。ただ、それを証明するものがなかったので困っていたわけだが、今は、それが手元にある。

 ハジメは、ティオから“宝物庫”を返してもらうと、中からステータスプレートとイルワからの依頼書を取り出し、隊長に提示した。

「……なになに……“金”ランクだとっ!? しかも、フューレン支部長の指名依頼!?」

 イルワの依頼書の他、事の経緯が書かれた手紙も提出した。これはエリセンの町長と目の前の駐在兵士のトップに宛てられたものだ。それを食い入るように読み進めた隊長は盛大に溜息を吐くと、少し逡巡したようだが、やがて諦めたように肩を落として敬礼をした。

「……依頼の完了を承認する。南雲殿」
「疑いが晴れたようで何よりだ。他にも色々聞きたいことはあるんだろうが、こっちはこっちで忙しい。というわけで何も聞かないでくれ……一先ず、この子と母親を会わせたい。いいよな?」
「もちろんだ。しかし、先程の竜の事や貴方の先程の跳躍、それにあの船らしきもの……王国兵士としては看過できない」

 先程の高圧的な態度とは一転し、ハジメに対して一定の敬意を払った態度となった隊長は、それでも聞くべきことは見逃せないとハジメに強い眼差しで訴える。

「それなら、時間が出来たら話すってことでいいだろ? どっちにしろ暫くエリセンに滞在する予定だしな。もっとも、本国に報告しても無駄だと思うぞ。もう、ほとんど知ってるだろうし……」
「むっ、そうか。とにかく、話す機会があるならいい。その子を母親の元へ……その子は母親の状態を?」
「いや、まだ知らないが、問題ない。こっちには最高の薬も治癒師もいるからな」
「そうか、わかった。では、落ち着いたらまた、尋ねるとしよう」

 隊長の男、最後にサルゼと名乗った彼は、そう言うと野次馬を散らして騒ぎの収拾に入った。中々、職務に忠実な人物である。

 ミュウを知る者達が、声を掛けたそうにしていたが、そうすれば何時までたっても母親のところへたどり着けそうになかったので、ハジメは視線で制止した。

「パパ、パパ。お家に帰るの。ママが待ってるの! ママに会いたいの」
「そうだな……早く、会いに行こう」

 ハジメの手を懸命に引っ張り、早く早く! と急かすミュウ。彼女にとっては、約二ヶ月ぶりの我が家と母親なのだ。無理もない。道中も、ハジメ達が構うので普段は笑っていたが、夜、寝る時などに、やはり母親が恋しくなるようで、そういう時は特に甘えん坊になっていた。

 ミュウの案内に従って彼女の家に向かう道中、顔を寄せて来た香織が不安そうな小声で尋ねる。

「ハジメくん。さっきの兵士さんとの話しって……」
「いや、命に関わるようなものじゃないらしい。ただ、怪我が酷いのと、後は、精神的なものだそうだ……精神の方はミュウがいれば問題ない。怪我の方は詳しく見てやってくれ」
「うん。任せて」

 そんな会話をしていると、通りの先で騒ぎが聞こえだした。若い女の声と、数人の男女の声だ。

「レミア、落ち着くんだ! その足じゃ無理だ!」
「そうだよ、レミアちゃん。ミュウちゃんならちゃんと連れてくるから!」
「いやよ! ミュウが帰ってきたのでしょう!? なら、私が行かないと! 迎えに行ってあげないと!」

 どうやら、家を飛び出そうとしている女性を、数人の男女が抑えているようである。おそらく、知り合いがミュウの帰還を母親に伝えたのだろう。

 そのレミアと呼ばれた女性の必死な声が響くと、ミュウが顔をパァア! と輝かせた。そして、玄関口で倒れ込んでいる二十代半ば程の女性に向かって、精一杯大きな声で呼びかけながら駆け出した。

「ママーー!!」
「ッ!? ミュウ!? ミュウ!」

 ミュウは、ステテテテー! と勢いよく走り、玄関先で両足を揃えて投げ出し崩れ落ちている女性――母親であるレミアの胸元へ満面の笑顔で飛び込んだ。

 もう二度と離れないというように固く抱きしめ合う母娘の姿に、周囲の人々が温かな眼差しを向けている。

 レミアは、何度も何度もミュウに「ごめんなさい」と繰り返していた。それは、目を離してしまったことか、それとも迎えに行ってあげられなかったことか、あるいはその両方か。

 娘が無事だった事に対する安堵と守れなかった事に対する不甲斐なさにポロポロと涙をこぼすレミアに、ミュウは心配そうな眼差しを向けながら、その頭を優しく撫でた。

「大丈夫なの。ママ、ミュウはここにいるの。だから、大丈夫なの」
「ミュウ……」

 まさか、まだ四歳の娘に慰められるとは思わず、レミアは涙で滲む瞳をまん丸に見開いて、ミュウを見つめた。

 ミュウは、真っ直ぐレミアを見つめており、その瞳には確かに、レミアを気遣う気持ちが宿っていた。攫われる前は、人一倍甘えん坊で寂しがり屋だった娘が、自分の方が遥かに辛い思いをしたはずなのに、再会して直ぐに自分のことより母親に心を砕いている。

 驚いて思わずマジマジとミュウを見つめるレミアに、ミュウは、ニッコリと笑うと、今度は自分からレミアを抱きしめた。体に、あるいは心に酷い傷でも負っているのではないかと眠れぬ夜を過ごしながら、自分は心配の余り心を病みかけていたというのに、娘はむしろ成長して帰って来たように見える。

 その事実に、レミアは、つい苦笑いをこぼした。肩の力が抜け、涙も止まり、その瞳には、ただただ娘への愛おしさが宿っている。

 再び抱きしめ合ったミュウとレミアだったが、突如、ミュウが悲鳴じみた声を上げた。

「ママ! あし! どうしたの! けがしたの!? いたいの!?」

 どうやら、肩越しにレミアの足の状態に気がついたらしい。彼女のロングスカートから覗いている両足は、包帯でぐるぐる巻きにされており、痛々しい有様だった。

 これが、サルゼが言っていたことであり、エリセンに来る道中でハジメが青年から聞いていたことだ。ミュウを攫ったこともだが、母親であるレミアに歩けなくなる程の重傷を負わせたことも、海人族達があれ程殺気立っていた理由の一つだったのだ。

 ミュウは、レミアとはぐれた際に攫われたと言っていたが、海人族側からすれば目撃者がいないなら誘拐とは断定できないはずであり、彼等がそう断言していたのは、レミアが実際に犯人と遭遇したからなのだ。

 レミアは、はぐれたミュウを探している時に、海岸の近くで砂浜の足跡を消している怪しげな男達を発見した。嫌な予感がしたものの、取り敢えず娘を知らないか尋ねようと近付いたところ……男は「しまった」という表情をして、いきなり詠唱を始めたらしい。

 レミアは、ミュウがいなくなったことに彼等が関与していると確信し、何とかミュウを取り返そうと、足跡の続いている方向へ走り出そうとした。

 しかし、もう一人の男に殴りつけられ転倒し、そこへ追い打ちを掛けるように炎弾が放たれた。幸い、何とか上半身への直撃は避けたものの足に被弾し、そのまま衝撃で吹き飛ばされ海へと落ちた。レミアは、痛みと衝撃で気を失い、気が付けば帰りの遅いレミア達を捜索しに来た自警団の人達に助けられていたのだ。

 一命は取り留めたものの、時間が経っていたこともあり、レミアの足は神経をやられていて、もう歩くことも今までのように泳ぐことも出来ない状態になってしまった。当然、娘を探しに行こうとしたレミアだが、そんな足では捜索など出来るはずもなく、結局、自警団と王国に任せるしかなかった。

 そんな事情があり、レミアは現在、立っていることもままならない状態なのである。

 レミアは、これ以上、娘に心配ばかりかけられないと笑顔を見せて、ミュウと同じように「大丈夫」と伝えようとした。しかし、それより早く、ミュウは、この世でもっとも頼りにしている“パパ”に助けを求めた。

「パパぁ! ママを助けて! ママの足が痛いの!」
「えっ!? ミ、ミュウ? いま、なんて……」
「パパ! はやくぅ!」
「あら? あらら? やっぱり、パパって言ったの? ミュウ、パパって?」

 混乱し頭上に大量の“?”を浮かべるレミア。周囲の人々もザワザワと騒ぎ出した。あちこちから「レミアが……再婚? そんな……バカナ」「レミアちゃんにも、ようやく次の春が来たのね! おめでたいわ!」「ウソだろ? 誰か、嘘だと言ってくれ……俺のレミアさんが……」「パパ…だと!? 俺のことか!?」「きっとクッ○ングパパみたいな芸名とかそんな感じのやつだよ、うん、そうに違いない」「おい、緊急集会だ! レミアさんとミュウちゃんを温かく見守る会のメンバー全員に通達しろ! こりゃあ、荒れるぞ!」など、色々危ない発言が飛び交っている。

 どうやら、レミアとミュウは、かなり人気のある母娘のようだ。レミアは、まだ、二十代半ばと若く、今は、かなりやつれてしまっているが、ミュウによく似た整った顔立ちをしている。復調すれば、おっとり系の美人として人目を惹くだろうことは容易く想像できるので、人気があるのも頷ける。

 刻一刻と大きくなる喧騒に、「行きたくねぇなぁ」と表情を引き攣らせるハジメ。ミュウがハジメをパパと呼ぶようになった経緯を説明すれば、あくまでパパ“代わり(内心は別としても)”であって、決してレミアとの再婚を狙っているわけではないと分かってもらえるだろうと簡単に考えていたのだが、どうやら、誤解が物凄い勢いで加速しているようだ。

 だが、ある意味僥倖かもしれないとハジメは考えた。ミュウは母親の元に残して、ハジメ達は旅を続けなければならない。【メルジーネ海底遺跡】を攻略すれば、ミュウとはお別れなのだ。故郷から遠く離れた地で、母親から無理やり引き離されたミュウの寄る辺がハジメ達だったわけだが、母親の元に戻れば、最初は悲しむかもしれないが時間がハジメ達への思いを薄れさせるだろうと考えていた。周囲の人々の、レミア達母娘への関心の強さは、きっと、その助けとなるはずだ。

「パパぁ! はやくぅ! ママをたすけて!」

 ミュウの視線が、がっちりハジメを捉えているので、その視線をたどりレミアも周囲の人々もハジメの存在に気がついたようだ。ハジメは観念して、レミア達母娘へと歩み寄った。

「パパ、ママが……」
「大丈夫だ、ミュウ……ちゃんと治る。だから、泣きそうな顔するな」
「はいなの……」

 ハジメが、泣きそうな表情で振り返るミュウの頭をくしゃくしゃと撫でながら、視線をレミアに向ける。レミアは、ポカンとした表情でハジメを見つめていた。無理もないだろうと思いつつも、ハジメの登場で益々騒ぎが大きくなったので、ハジメは、取り敢えず、治療のためにも家の中に入ることにした。

「悪いが、ちょっと失礼するぞ?」
「え? ッ!? あらら?」

 ハジメは、ヒョイと全く重さを感じさせずにレミアをお姫様抱っこすると、ミュウに先導してもらってレミアを家の中に運び入れた。レミアを抱き上げたことに、背後で悲鳴と怒号が上がっていたが、無視だ。当のレミアは、突然、抱き上げられたことに目を白黒させている。

 家の中に入ると、リビングのソファーが目に入ったので、ハジメはそこへレミアをそっと下ろした。そして、ソファーに座りハジメのことを目をぱちくりさせながら見つめるレミアの前にかしずき、香織を呼んだ。

「香織、どうだ?」
「ちょっと見てみるね……レミアさん、足に触れますね。痛かったら言って下さい」
「は、はい? えっと、どういう状況なのかしら?」

 突然、攫われた娘が帰ってきたと思ったら、その娘がパパと慕う男が現れて、更に、見知らぬ美女・美少女が家の中に集まっているという状況に、レミアは、困ったように眉を八の字にしている。

 そうこうしているうちに、香織の診察も終わり、レミアの足は神経を傷つけてはいるものの香織の回復魔法できちんと治癒できることが伝えられた。

「ただ、少し時間がかかります。デリケートな場所なので、後遺症なく治療するには、三日ほど掛けてゆっくり、少しずつ癒していくのがいいと思います。それまで、不便だと思いますけど、必ず治しますから安心して下さいね」
「あらあら、まあまあ。もう、歩けないと思っていましたのに……何とお礼を言えばいいか……」
「ふふ、いいんですよ。ミュウちゃんのお母さんなんですから」
「えっと、そういえば、皆さんは、ミュウとはどのような……それに、その……どうして、ミュウは、貴方のことを“パパ”と……」

 香織が、早速、レミアの足を治療している間に、ハジメ達は、事の経緯を説明することにした。フューレンでのミュウとの出会いと騒動、そしてパパと呼ぶようになった経緯など。香織に治療されながら、全てを聞いたレミアは、その場で深々と頭を下げ、涙ながらに何度も何度もお礼を繰り返した。

「本当に、何とお礼を言えばいいか……娘とこうして再会できたのは、全て皆さんのおかげです。このご恩は一生かけてもお返しします。私に出来ることでしたら、どんなことでも……」

 気にするなとハジメ達は伝えたが、レミアとしても娘の命の恩人に礼の一つもしないでは納得できない。そうこうしているうちに、香織の治療もひと段落着いたので、今日の宿を探すからと暇を伝えると、レミアはこれ幸いと、自分の家を使って欲しいと訴えた。

「どうかせめて、これくらいはさせて下さい。幸い、家はゆとりがありますから、皆さんの分の部屋も空いています。エリセンに滞在中は、どうか遠慮なく。それに、その方がミュウも喜びます。ね? ミュウ? ハジメさん達が家にいてくれた方が嬉しいわよね?」
「? パパ、どこかに行くの?」

 レミアの言葉に、レミアの膝枕でうとうとしていたミュウは目をぱちくりさせて目を覚まし、次いでキョトンとした。どうやら、ミュウの中でハジメが自分の家に滞在することは物理法則より当たり前のことらしい。なぜ、レミアがそんな事を聞くのかわからないと言った表情だ。

「母親の元に送り届けたら、少しずつ距離を取ろうかと思っていたんだが……」
「あらあら、うふふ。パパが、娘から距離を取るなんていけませんよ?」
「いや、それは説明しただろ? 俺達は……」
「いずれ、旅立たれることは承知しています。ですが、だからこそ、お別れの日まで“パパ”でいてあげて下さい。距離を取られた挙句、さようならでは……ね?」
「……まぁ、それもそうか……」
「うふふ、別に、お別れの日までと言わず、ずっと“パパ”でもいいのですよ? 先程、“一生かけて”と言ってしまいましたし……」

 そんな事を言って、少し赤く染まった頬に片手を当てながら「うふふ♡」と笑みをこぼすレミア。おっとりした微笑みは、普通なら和むものなのだろうが……ハジメの周囲にはブリザードが発生している。

「そういう冗談はよしてくれ……空気が冷たいだろうが……」
「あらあら、おモテになるのですね。ですが、私も夫を亡くしてそろそろ五年ですし……ミュウもパパ欲しいわよね?」
「ふぇ? パパはパパだよ?」
「うふふ、だそうですよ、パパ?」

 ブリザードが激しさを増す。冷たい空気に気が付いているのかいないのか分からないが、おっとりした雰囲気で、冗談とも本気とも付かない事をいうレミア。「いい度胸だ、ゴラァ!」という視線を送るユエ達にも「あらあら、うふふ」と微笑むだけで、柳に風と受け流している。意外に大物なのかもしれない。

 結局、レミア宅に世話になることになった。部屋割りで「夫婦なら一緒にしますか?」とのたまうレミアとユエ達が無言の応酬を繰り広げたり、「パパとママと一緒に寝る~」というミュウの言葉に場がカオスと化したりしたが、一応の落ち着きを見せた。

 明日からは、大迷宮攻略に向けて、しばらくの間、損壊、喪失した装備品の修繕・作成や、新たな神代魔法に対する試行錯誤を行わなければならない。しかし、残り少ないミュウとの時間も、蔑ろにはできないと考えながら、ベッドに入ったハジメの意識は微睡んでいった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 それから三日。

 妙にハジメとの距離が近いレミアに、海人族の男連中が嫉妬で目を血走らせたり、ハジメに突っかかってきたり、ご近所のおばちゃん達がハジメとレミアの中を盛り上げたり、それにユエ達が不機嫌になってハジメへのアプローチが激しくなったり、夜のユエが殊更可愛くなったりしながらも、準備を万全にしたハジメは、遂に、【メルジーネ海底遺跡】の探索に乗り出した。

 しばしの別れに、物凄く寂しそうな表情をするミュウ。盛大に後ろ髪惹かれる思いのハジメだったが、何とか振り切り桟橋から修繕した潜水艇に乗り込もうとする。ミュウが手を振りながら「パパ、いってらっしゃい!」と気丈に叫ぶ。そして、やはり冗談なのか本気なのか分からない雰囲気で「いってらっしゃい、あ・な・た♡」と手を振るレミア。

 傍から見れば仕事に行く夫を見送る妻と娘そのままだ。背後のユエ達からも周囲の海人族からも鋭い視線が飛んでくる。迷宮から戻って来ることに少々ためらいを覚えるハジメであった。




いつも読んで下さり有難うございます
感想・意見・誤字脱字報告も有難うございます

準ヒロイン候補は、

あらあら、うふふ+未亡人

作者の中で某ウンディーネさんは神
特に雪だるまの回は何度癒されたか……

次回は、日曜日の18時更新予定です
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ