挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ありふれた職業で世界最強 作者:厨二好き/白米良

第二章

44/271

ライセンの大迷宮?



 死屍累々。

 そんな言葉がピッタリな光景がライセン大峡谷の谷底に広がっていた。ある魔物はひしゃげた頭部を地面にめり込ませ、またある魔物は頭部を粉砕されて横たわり、更には全身を炭化させた魔物など、死に方は様々だが一様に一撃で絶命しているようだ。

 当然、この世の地獄、処刑場と人々に恐れられるこの場所で、こんなことが出来るのは……

「一撃必殺ですぅ!」

ズガンッ!!

「……邪魔」

ゴバッ!!

「うぜぇ」

ドパンッ!!

 ハジメ、ユエ、シアの三人である。ハジメ達はブルックの町を出た後(ユエシアのファンらしき人々の見送り付き)、魔力駆動二輪を走らせて、かつて通った【ライセン大峡谷】の入口にたどり着いた。そして現在は、そこから更に進み、野営もしつつ、【オルクス大迷宮】の転移陣が隠されている洞窟も通り過ぎて、更に二日ほど進んだあたりだ。

 【ライセン大峡谷】では、相変わらず懲りもしない魔物達がこぞって襲ってくる。

シアの大槌が、その絶大な膂力をもって振るわれ文字通り一撃必殺となって魔物を叩き潰す。攻撃を受けた魔物は自身の耐久力を遥かに超えた衝撃に為す術なく潰され絶命する。餅つきウサギも真っ青な破壊力である。

 ユエは、至近距離まで迫った魔物を、魔力に物を言わせて強引に発動した魔法で屠っていく。ユエ自身の魔力が膨大であることもあるが、魔晶石シリーズに蓄えられた魔力が莫大であることから、まるで弾切れのない爆撃だ。谷底の魔力分解作用のせいで発動時間・飛距離共に短くとも、超高温の炎がノータイムで発動するので魔物達は一体の例外もなく炭化して絶命する。

 ハジメは、言うまでもない。魔力駆動二輪を走らせながらドンナーで頭部を狙い撃ちにしていく。魔力駆動二輪を走らせながら“纏雷”をも発動させ続けるのは相当魔力を消費する行為なのだが、やはり魔力切れを起こす様子はない。

 谷底に跋扈する地獄の猛獣達が完全に雑魚扱いだった。大迷宮を示す何かがないかを探索しながら片手間で皆殺しにして行く。道中には魔物の死体が溢れかえっていた。

「はぁ~、ライセンの何処かにあるってだけじゃあ、やっぱ大雑把過ぎるよなぁ」

 洞窟などがあれば調べようと、注意深く観察はしているのだが、それらしき場所は一向に見つからない。ついつい愚痴をこぼしてしまうハジメ。

「まぁ、大火山に行くついでなんですし、見つかれば儲けものくらいでいいじゃないですか。大火山の迷宮を攻略すれば手がかりも見つかるかもしれませんし」
「まぁ、そうなんだけどな……」
「ん……でも魔物が鬱陶しい」
「あ~、ユエさんには好ましくな場所ですものね~」

 そんな風に愚痴をこぼし、魔物の多さに辟易しつつも、更に走り続けること三日。その日も収穫なく日が暮れて、谷底から見上げる空に上弦の月が美しく輝く頃、ハジメ達はその日の野営の準備をしていた。野営テントを取り出し、夕食の準備をする。町で揃えた食材と調味料と共に、調理器具も取り出す。この野営テントと調理器具、実は全てハジメ謹製のアーティファクトだったりする。

 野営テントは、生成魔法により創り出した“暖房石”と“冷房石”が取り付けられており、常に快適な温度を保ってくれる。また、冷房石を利用して“冷蔵庫”や“冷凍庫”も完備されている。さらに、金属製の骨組みには“気配遮断”が付加された“気断石”を組み込んであるので敵に見つかりにくい。

 調理器具には、流し込む魔力量に比例して熱量を調整できる火要らずのフライパンや鍋、魔力を流し込むことで“風爪”が付与された切れ味鋭い包丁などがある。スチームクリーナーモドキなんかもある。どれも旅の食事を豊かにしてくれるハジメの愛し子達だ。しかも、魔力の直接操作が出来ないと扱えないという、ある意味防犯性もある。

 “神代魔法超便利”

 調理器具型アーティファクトや冷暖房完備式野営テントを作った時のハジメの言葉だ。まさに無駄に洗練され無駄のない無駄な技術力である。

 ちなみに、その日の夕食はクルルー鳥のトマト煮である。クルルー鳥とは、空飛ぶ鶏のことだ。肉の質や味はまんま鶏である。この世界でもポピュラーな鳥肉だ。一口サイズに切られ、先に小麦粉をまぶしてソテーしたものを各種野菜と一緒にトマトスープで煮込んだ料理だ。肉にはバターの風味と肉汁をたっぷり閉じ込められたまま、スっと鼻を通るようなトマトの酸味が染み込んでおり、口に入れた瞬間、それらの風味が口いっぱいに広がる。肉はホロホロと口の中で崩れていき、トマトスープがしっかり染み込んだジャガイモ(モドキ)はホクホクで、ニンジン(モドキ)やタマネギ(モドキ)は自然な甘味を舌に伝える。旨みが溶け出したスープにつけて柔くしたパンも実に美味しい。

 大満足の夕食を終えて、その余韻に浸りながら、いつも通り食後の雑談をするハジメ達。テントの中にいれば、それなりに気断石が活躍し魔物が寄ってこないので比較的ゆっくりできる。たまに寄ってくる魔物は、テントに取り付けられた窓からハジメが手だけを突き出し発砲して処理する。そして、就寝時間が来れば、三人で見張りを交代しながら朝を迎えるのだ。

 その日も、そろそろ就寝時間だと寝る準備に入るユエとシア。最初の見張りはハジメだ。テントの中にはふかふかの布団があるので、野営にもかかわらず快適な睡眠が取れる。と、布団に入る前にシアがテントの外へと出ていこうとした。

 訝しそうなハジメに、シアがすまし顔で言う。

「ちょっと、お花摘みに」
「谷底に花はないぞ?」
「ハ・ジ・メ・さ~ん!」

 デリカシーのない発言にシアがすまし顔を崩しキッとハジメを睨みつける。ハジメはもちろん意味がわかっているので「悪い悪い」と全く悪く思ってなさそうな顔で苦笑いする。ぷんすかと怒りながらテントの外に出て行き、暫くすると……

「ハ、ハジメさ~ん! ユエさ~ん! 大変ですぅ! こっちに来てくださぁ~い!」

 と、シアが、魔物を呼び寄せる可能性も忘れたかのように大声を上げた。何事かと、ハジメとユエは顔を見合わせ同時にテントを飛び出す。

 シアの声がした方へ行くと、そこには、巨大な一枚岩が谷の壁面にもたれ掛かるように倒れおり、壁面と一枚岩との間に隙間が空いている場所があった。シアは、その隙間の前で、ブンブンと腕を振っている。その表情は、信じられないものを見た! というように興奮に彩られていた。

「こっち、こっちですぅ! 見つけたんですよぉ!」
「わかったから、取り敢えず引っ張るな。身体強化全開じゃねぇか。興奮しすぎだろ」
「……うるさい」

 はしゃぎながらハジメとユエの手を引っ張るシアに、ハジメは少し引き気味に、ユエは鬱陶しそうに顔をしかめる。シアに導かれて岩の隙間に入ると、壁面側が奥へと窪んでおり、意外なほど広い空間が存在した。そして、その空間の中程まで来ると、シアが無言で、しかし得意気な表情でビシッと壁の一部に向けて指をさした。

 その指先をたどって視線を転じるハジメとユエは、そこにあるものを見て「は?」と思わず呆けた声を出し目を瞬かせた。

 二人の視線の先、其処には、壁を直接削って作ったのであろう見事な装飾の長方形型の看板があり、それに反して妙に女の子らしい丸っこい字でこう掘られていた。

“おいでませ! ミレディ・ライセンのドキワク大迷宮へ♪”

“!”や“♪”のマークが妙に凝っている所が何とも腹立たしい。

「……なんじゃこりゃ」
「……なにこれ」

 ハジメとユエの声が重なる。その表情は、まさに“信じられないものを見た!”という表現がぴったり当てはまるものだ。二人共、呆然と地獄の谷底には似つかわしくない看板を見つめている。

「何って、入口ですよ! 大迷宮の! おトイ……ゴホッン、お花を摘みに来たら偶然見つけちゃいまして。いや~、ホントにあったんですねぇ、ライセン大峡谷に大迷宮って」

 能天気なシアの声が響く中、ハジメとシアは漸く硬直が解けたのか、何とも言えない表情になり、困惑しながらお互いを見た。

「……ユエ。マジだと思うか?」
「…………………………ん」
「長ぇ間だな。根拠は?」
「……ミレディ(・・・・)
「やっぱそこだよな……」

 “ミレディ”その名は、オスカーの手記に出て来たライセンのファーストネームだ。ライセンの名は世間にも伝わっており有名ではあるがファーストネームの方は知られていない。故に、その名が記されているこの場所がライセンの大迷宮である可能性は非常に高かった。

 だがしかし、はいそうですかと素直に信じられないのは……

「何でこんなチャラいんだよ……」

 そう言う理由である。ハジメとしては、オルクス大迷宮の内での数々の死闘を思い返し、きっと他の迷宮も一筋縄では行かないだろうと想像していただけに、この軽さは否応なくハジメを脱力させるものだった。ユエも、大迷宮の過酷さを骨身に染みて理解しているだけに、若干、まだ誰かのいたずらではないかと疑わしそうな表情をしている。

「でも、入口らしい場所は見当たりませんね? 奥も行き止まりですし……」

 そんなハジメとユエの微妙な心理に気づくこともなく、シアは、入口はどこでしょう? と辺りをキョロキョロ見渡したり、壁の窪みの奥の壁をペシペシと叩いたりしている。

「おい、シア。あんまり……」

ガコンッ!

「ふきゃ!?」

 “あんまり不用意に動き回るな”そう言おうとしたハジメの眼前で、シアの触っていた窪みの奥の壁が突如グルンッと回転し、巻き込まれたシアはそのまま壁の向こう側へ姿を消した。さながら忍者屋敷の仕掛け扉だ。

「「……」」

 奇しくも大迷宮への入口も発見したことで看板の信憑性が増した。やはり、ライセンの大迷宮はここにあるようだ。まるで遊園地の誘い文句の様な入口に、「これでいいのか大迷宮」とか「オルクスでのシリアスを返せ」とか言いたいことは山ほどあるが、無言でシアが消えた回転扉を見つめていたハジメとユエは、一度、顔を見合わせて溜息を吐くと、シアと同じように回転扉に手をかけた。

 扉の仕掛けが作用して、ハジメとユエを同時に扉の向こう側へと送る。中は真っ暗だった。扉がグルリと回転し元の位置にピタリと止まる。と、その瞬間、

ヒュヒュヒュ!

 無数の風切り音が響いいたかと思うと暗闇の中をハジメ達目掛けて何かが飛来した。ハジメの“夜目”はその正体を直ぐさま暴く。それは矢だ。全く光を反射しない漆黒の矢が侵入者を排除せんと無数に飛んできているのだ。

 ハジメはドンナーを右手に、左手はそのままに、飛来する漆黒の矢の尽くを叩き落とした。
カンッカンッカンッと金属同士がぶつかるような音を響かせ、一本の矢も逃しはしない。

 本数にすれば二十本。一本の金属から削り出したような艶のない黒い矢が地面に散らばり、最後の矢が地面に叩き落とされる音を最後に再び静寂が戻った。

 と、同時に周囲の壁がぼんやりと光りだし辺りを照らし出す。ハジメ達のいる場所は、十メートル四方の部屋で、奥へと真っ直ぐに整備された通路が伸びていた。そして部屋の中央には石版があり、看板と同じ丸っこい女の子文字でとある言葉が掘られていた。

“ビビった? ねぇ、ビビっちゃた? チビってたりして、ニヤニヤ”
“それとも怪我した? もしかして誰か死んじゃった? ……ぶふっ”

「「……」」

 ハジメとユエの内心はかつてないほど一致している。すなわち「うぜぇ~」と。わざわざ、“ニヤニヤ”と“ぶふっ”の部分だけ彫りが深く強調されているのが余計腹立たしい。特に、パーティーで踏み込んで誰か死んでいたら、間違いなく生き残りは怒髪天を衝くだろう。

 ハジメもユエも、額に青筋を浮かべてイラッとした表情をしている。そして、ふと、ユエが思い出したように呟いた。

「……シアは?」
「あ」

 ユエの呟きでハジメも思い出したようで、慌てて背後の回転扉を振り返る。扉は、一度作動する事に半回転するので、この部屋にいないということは、ハジメ達が入ったのと同時に再び外に出た可能性が高い。結構な時間が経っているのに未だ入ってこない事に嫌な予感がして、ハジメは直ぐに回転扉を作動させに行った。

果たしてシアは……いた。回転扉に縫い付けられた姿で。

「うぅ、ぐすっ、ハジメざん……見ないで下さいぃ~、でも、これは取って欲しいでずぅ。ひっく、見ないで降ろじて下さいぃ~」

 何というか実に哀れを誘う姿だった。シアは、おそらく矢が飛来する風切り音に気がつき見えないながらも天性の索敵能力で何とか躱したのだろう。だが、本当にギリギリだったらしく、衣服のあちこちを射抜かれて非常口のピクトグラムに描かれている人型の様な格好で固定されていた。ウサミミが稲妻形に折れ曲がって矢を避けており、明らかに無理をしているようでビクビクと痙攣している。もっとも、シアが泣いているのは死にかけた恐怖などではないようだ。なぜなら……足元が盛大に濡れていたからである。

「そう言えば花を摘みに行っている途中だったな……まぁ、何だ。よくあることだって……」
「ありまぜんよぉ! うぅ~、どうして先に済ませておかなかったのですかぁ、過去のわたじぃ~!!」

 女として絶対に見られたくない姿を、よりにもよって惚れた男の前で晒してしまったことに滂沱の涙を流すシア。ウサミミもペタリと垂れ下がってしまっている。もっとも、出会いの時点で百年の恋も覚めるような醜態を見ているので、ハジメとしては今更だった。なので、特に目を逸らすこともなく呆れた表情を向けている。それがシアの心を更に抉る。

「……動かないで」

 流石に同じ女として思うところがあったのか、ユエが無表情の中に同情を含ませてシアを磔から解放する。

「……あれくらい何とかする。未熟者」
「面目ないですぅ~。ぐすっ」
「……ハジメ、着替え出して」
「あいよ」

 “宝物庫”からシアの着替えを出してやり、シアは顔を真っ赤にしながら手早く着替えた。

 そして、シアの準備も整い、いざ迷宮攻略へ! と意気込み奥へ進もうとして、シアが石版に気がついた。

 顔を俯かせ垂れ下がった髪が表情を隠す。暫く無言だったシアは、おもむろにドリュッケンを取り出すと一瞬で展開し、渾身の一撃を石版に叩き込んだ。ゴギャ! という破壊音を響かせて粉砕される石版。

 よほど腹に据えかねたのか、親の仇と言わんばかりの勢いでドリュッケンを何度も何度も振り下ろした。

 すると、砕けた石版の跡、地面の部分に何やら文字が彫ってあり、そこには……

“ざんね~ん♪ この石版は一定時間経つと自動修復するよぉ~プークスクス!!”

「ムキィーー!!」

 シアが遂にマジギレして更に激しくドリュッケンを振い始めた。部屋全体が小規模な地震が発生したかのように揺れ、途轍もない衝撃音が何度も響き渡る。

 発狂するシアを尻目にハジメはポツリと呟いた。

「ミレディ・ライセンだけは“解放者”云々関係なく、人類の敵で問題ないな」
「……激しく同意」

 どうやらライセンの大迷宮は、オルクス大迷宮とは別の意味で一筋縄ではいかない場所のようだった。
いつも読んで下さり有難うございます
感想・意見・誤字脱字報告も有難うございます

次回は、金曜日の18時更新予定です
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ