挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ヒューマンドラマ

どちらかといえば猫派です

作者:たこす
「柴田君てさあ、犬派? 猫派?」

 近所の三宅みやけさんからそんなことを聞かれて、僕は一瞬かたまった。
 いきなり何を言い出すんだ、彼女は。

「それは犬の方が好きか猫の方が好きかってこと?」

 尋ねる僕に、三宅さんはうふふと笑う。

「それ以外、どんな意味があるというの?」

 大人っぽい、色つやのある声に僕の心はぞくりと震えた。

「どちらか片方なんて選べないよ。犬猫派っていうんじゃ、ダメ?」
「ダメ。どっちか選んで」
「じゃあ逆に聞くけど三宅さんはどっち派なの?」
「柴田君が答えてくれたら言うわ」

 こんにゃろう。
 と心の中でつぶやく。でも言えない。
 三宅さんは僕よりも1歳年上で、すでにだいぶ大人だ。
 処世術にも長けている。
 他人の顔色伺いばかりしている僕とは大違いだ。

 おそらくウソを言っても通用しないだろう。

「どちらかといったら、猫……かな」
「どうして?」
「自由奔放なところとか、ツンデレなところとか、何よりも可愛い」
「あら、犬だって可愛いじゃない」
「そうだけど……。犬の可愛さと猫の可愛さってちょっと違うかなって。犬は一緒にいて楽しい可愛さだけど、猫は……見ているだけで可愛い」

 そう言う僕に、三宅さんは目を細めて笑った。

「柴田くんて、面白いね」
「そ、そうかな。そんなこと、初めて言われた。それよりも、三宅さんはどっち派なの? 僕も答えたんだから教えてよ」
「え~。どうしよっかな~」

 いたずらっぽく笑う三宅さんに僕はプンスカしながらつかみかかる。

「教えてよ! 僕だけに言わせるなんてズルい!」

 怒ってる僕の顔がよほど面白いのか、三宅さんは「あははは」と笑いながら僕の手をひらひらとかわしていった。

「わかったわかった、言うわよ。私は、犬の方が好き」

 三宅さんの言葉に、僕はようやく彼女を追いまわすのをやめた。

「三宅さん、犬派なの?」
「変?」
「変ていうか。てっきり猫派かと……」
「だって犬ってすっごく純粋で甘えん坊でかまってちゃんで、なんだか放っておけない存在じゃない」
「いや、犬にもいろいろいるけど……」
「そうね、わかってるわ」

 そう言いながら、三宅さんはフッと笑った。大人の笑みだ。

「まあ、一番の理由は柴田君が“犬”だから……かな」

 その一言が、僕の胸を貫いた。

「な、な、な……」

 突然の告白に、僕の頭が真っ白になる。

「あははは。かーわいい! やっぱり柴田君て面白いね」
「もう、三宅さん! 猫だからって僕をからかうのはやめてよ!」

 またもやつっかかろうとすると、三宅さんはそのきれいな足で塀の上に飛び乗り、見上げる僕に向かって言った。

「ほらほら柴田君、ここまでおいでー」
「ずるいよ! 柴犬の僕じゃそこまで跳べないのに」


 笑いながら去っていく三宅さん。
 三毛で野良猫の彼女は、いつもこうやって僕をからかいに来る。
 でも、そんな彼女が僕は大好きだ。

「また来てね」

 三宅さんが消えた塀の向こう側に向かって、僕は言った。


あまりに短かったので後日譚を。


「ねえねえ柴田君」

 ある昼下がり。
 昼寝をしていると三宅さんがやってきた。

「なに、三宅さん」

 あくびをしながら問いかける僕に、三宅さんは聞いてくる。

「猫じゃらしって好き?」
「猫じゃらし? いや、別に」
「好きじゃないの? 目の前でちょろちょろやられると、なんかこう、胸がブワーってなるじゃない」
「それ、三宅さんが猫だからだよ」
「あ、それ言っちゃう」
「僕はどちらかというとボール玉を投げられるほうが好きだなあ」
「ぷぷぷ、お子ちゃまね。柴田君」

 お子ちゃまと言われてムスッとした僕は、小屋の中からボール玉を持ってきた。
 口にくわえられる大きさで、転がすとカシャカシャ音が鳴る優れものだ。

「ほらこれ。家の人が僕にくれたんだ」
「わあ、こんなもので遊んで喜んでるなんて。柴田君、もうちょっと大人になりなさいよ」

 そう言いながら、ボール玉をコロコロと転がす三宅さん。

 コロコロ、カシャカシャ。
 コロコロ、カシャカシャ……。

 ボール玉を転がしながら三宅さんは言った。

「……ねえ、柴田君」
「なに?」
「これ、ちょうだい」
「ダメ」

 いつまでもボール玉を転がし続ける三宅さんは、僕よりも子供に見えた。


お読みいただき、ありがとうございました!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ