挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スーちゃんは俺の嫁 作者:赤砂多菜

三章 虚本偽書がもたらすもの

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/77

77.これからもずっと一緒

77.これからもずっと一緒




 あれから一ヶ月が過ぎた。

 俺は冒険者ギルドのマスターに呼び出しをくらった。

「しばらく、お前には旅に出てもらう」

 カイサルさんと一緒に執務室に入るなり、ギルド長アーロンさんにそう言われた。
 執務室には他にシルヴィアさんと、商人ギルド長ラヴレンチさんがいる。

「やっぱり、まずかったですか?」
「アルマリスタとしては悪くは無い。悪くは無いが、お前は俺を過労死させたいのかという思いが晴れん」

 そんなつもりは微塵もなかったけど、ラヴレンチさんも顔色がよくない。
 この一ヶ月、大騒ぎだったもんなー。
 人事(ひとごと)のように言ってるが、実際人事(ひとごと)だったしな、俺の場合。



 例の(マスターキー)
 結局、スーちゃん案でいく事になった。

 すなわち、〈赤い塔〉の魔力(リソース)削って新しいダンジョンを追加しちゃおう計画(プラン)

 ダンジョン(すなわち)巨大な魔力溜り。
 特に階層型80階の〈赤い塔〉は少々魔力(リソース)を削ったところで、大きな問題にならなかった。
 そもそもアルマリスタの記録上では最大到達階数30階なんだし。
 で、〈赤い塔〉は現在の最上階は50階。

 そして、削った30階分の魔力(リソース)で、三つのダンジョンを作ったのだ。
 もちろん、高難度ダンジョンはもうあるので、どれも以前と同程度の難度のダンジョンだし、帰還石も使える。
 ついでに階層型と分岐型のダンジョンしかないのは面白みに欠けると、全部別仕様のダンジョンにした。

 ……ちょっと、調子に乗りすぎたかも知れない。
 なにせ、ダンジョン作りますと言っても、まず街のマスター権限者(えらいさん)に事情を説明しなきゃならなかったし、ダンジョンの入り口のスペースも作らなければならない。
 各ダンジョンで採取できる資源の細かい調整は出来なかったから、素材に関わる人達は情報収集におおわらわ。
 ダンジョンの数が増えたのを聞きつけて、他の街からも冒険者が移ってきているし、冒険者が増えると商機だと商人も増え、職人も増え……。とにかく人が増えて、人材管理する立場の人達が頭を抱えている。
 低ランクの冒険者問題が解決しちゃったけど、アルマエーク(宿場街)はもう計画がスタートしちゃってる上、あれはあれで有用だから、建設は進んでるけど、おかげで職人が不足気味。


 ただ、結果としてアルマリスタは7つのダンジョンを所有する街となり、この大陸で最大のダンジョン数を誇る事になった。


 まぁ、それでめでたしめでたしなら良かったのだけど。
 普通はダンジョンなんて増えない。
 さらに北のアルマリアの森にはドラゴン族が住み着いた上で街と協調している。
 南には宿場街建設中。

 で、これらには一つのクランが関わっている事が、かなり噂になっちゃってるんだよね。
 ようするに、《自由なる剣の宴》。
 さすがに隠し切れない。ただ、俺の名前が特にあがっているらしいので気をつけろとは言われているけど、どうしろと……。たぶん、ユニーク職業だから話題にあがりやすいのではないかと思ってるけど。

 これがアルマリスタだけなら良いのだけど、どうやら他の街からも間者(スパイ)らしき人達も入りこんで来ているらしい。

 アルマリスタとしては他の街に害意はないんだけど、他の街からすれば色々と脅威に映るらしい。
 まぁ、俺は政治的な話には疎いので、よく分からないけどさ。



 それで噂が落ち着くまで他の街でも見物に行けというのがアーロンさんの案。
 注目度の高い人物が消える事で、噂を早急に鎮火させるつもりらしい。
 俺としても、政治的な事で刺されるような事は嫌だし、他の街の見学に行きたいって気持ちもある。
 ゴブリン族も、裏庭で直接ラヴレンチさんと交渉できてるようだし。
 ドラゴン族も、クロエさんが街側の人になったし問題ないだろう。


「旅に出るのは俺だけですか?」
「もちろんエリカも連れて行ってもらう。奴をコントロールできるのはお前だけのようだしな」
「そのつもりではいましたが」

 エリカを一人で残すのは、まだ色々不安があるしな。だいぶ常識的な事を学んだとはいえ。

「俺も一緒について――」

 カイサルさんが言った瞬間に執務室が凍りついた。
 シルヴィアさんと、執務室の外で待ってるクロエさんだ。

「カイサル」

 弾息をつきながらアーロンさんが、諦めろといわんばかりに声をかける。

「一緒についていきたいところだが、今はクランの加入希望者も増えてきたしな」

 言いつつ、がくりとうなだれるカイサルさん。
 もう、ぶっとい鎖のついた首輪がついてるような状態なんですから諦めましょうよ。両手に花ですよ。……ちょっと扱いが難しい(ニトログリセリンな)だけで。





 てな事があって、旅立ちの当日。

「マサヨシ。これって馬車って言っていいの?」
「まぁ、言いたい事はわからんでもないが。この世界(シードワルド)じゃ、普通の馬が馬車を引く事の方が珍しいぞ」

 馬車はハウスさんに作ってもらったが、それを引くのは馬ではなくクマ2匹。
 いや、クマ軍団に頼んでみたら、初めはクロさん夫妻が引くという話だったのだが、親分にそんな事させられねぇ! 姐さん、あっしが引きます! ってのりで、クマ軍団全員が俺がやるやる状態になったので、ローテーションで引く事になったのだ。
 まぁ、それと後から気付いたのだが、クロさん夫妻だとサイズ的にきつかったわ。クロさん夫妻は巨大化は出来るんだけど、逆にサイズを小さくする事が出来ないのだ。
 なんか、シュンとしてるクロさん夫妻には申し訳なかったけど。



 一応、行く方向は北方を回る事にしている。
 というのも、南方は色々とキナ臭いのだ。ヴィクトールさんが南方にある街の出身らしく色々と話を聞いた事があるのだが。
 アルマリスタに比べ、どの街も治安がよくないというのもあるが、それ以上にとある宗教国家が問題らしい。
 色々と問題の火種を残してくれた神明教統一戦争。
 その発端となった街の後継がその国らしい。犯罪奴隷以外の奴隷制度もあるらしいし、進んで関わりたくない。
 アルマエークが南側の街道に建設中なのも、その国への牽制の意味もあるらしい。


 まぁ、そんな胸が悪くなる話は捨ておいて、エリカの肩に止まっているミギー()ヒダリーに心を癒してもらおう。
 どうやら、ジェノサイドバルキリーモードとモノバードモードは可逆だったらしく、いつでも変身可能らしい。
 よきかなよきかな。

 俺もペットがほしいかなぁ。
 とか思ったら、膝に衝撃が……。
 忘れてませんよ、スーちゃん。だから膝の上でジャンプするのはやめてね。

 それにスーちゃんの事ペットなんて思ってませんから。



 それから出発しようとした時、呼び止める声が聞こえた。
 はて? 見送り不要と言ったんだけど。
 ぶっちゃけると、ハウスさん家経由でいつでもアルマリスタには戻ってこれるからな。

 声の主はニコライさんだった。それにハリッサさんにニーナさん。
 ニコライさんとハリッサさんはニーナさんの付き添いかな?
 二人ともこれからダンジョンに入るのか、荷物装備込みだ。

 ……ん?
 ニーナさんの服装が変だな。
 賢者ギルド長の立場を公にしてから、フォーマルで高そうな服がデフォだったんだが。
 今着ているのは旅装束に見える。俺やエリカと同じような奴。

「私も連れていって下さい」

 閉ざされた目をそのままに、馬車上の俺達を、俺を見上げてくる。

 ……はい?

「ずっとアルマリスタに住んでいたのに、マサヨシさんが来てから知り尽くしていたと思っていたこの街の知らない事ばかり。恥ずかしい限りです。
 それで、マサヨシさんが旅に出ると聞いて、この際だから見聞を広げる為に私もご一緒しようかと」
「いやいやいや」

 ちょっと待て。
 近くのローソンに見知らぬ商品があったのにショックうけて、近隣のファミりーマートやセブンイレブンの視察に行きますみたいな事言われても。

「賢者ギルドはどうするんです。ギルド長が留守していいん――」
「あ、そっちはクビになりましたので」

 ………………。

「やはり、目が見えないと書類処理も出来ませんし、ギルド長は務まらないようです」

 反射的に馬車を飛び降りた。
 頭に血が昇ったまま駆け出しかけた俺を、ニコライさんとハリッサさんが肩をがっちりと拘束する。
 ついでにスーちゃんまでが足をひっぱる。

「なぜ止めるんですかっ!? いままで散々ニーナさんを頼りにしてたくせに、あの連中(賢者ギルド)!!」
「落ちつくっす! それは口実っすよ! でもなきゃ、私らが破格の金額で護衛にやとわれないっす!」

 ……護衛?

 とりあえず、話を聞くために暴れるのをやめる。
 ニコライさんがほっと一息をついてから教えてくれた。

「ニーナギルド長。いや、ニーナさんはその能力の高さから、人一倍仕事をこなしてきたのはマサヨシも承知しているよね?」
「まぁ、それは」

 それはもう、過労で周囲の光が闇に変わるくらいがんばってましたね。

「さらにはこの一ヶ月だ。賢者ギルドの上の方でも、問題には思っていたらしい。自分達のギルドマスターは働きすぎだと」
「………………」
「だからといって、言っても聞かないし。しつこいと謎の急病で倒れるとか」

 たぶん、それは呪詛魔術……。

「という訳で、クビという名目で強引に休暇をとってもらった訳さ。
 さすがに幹部一同の意思はどうにもならないだろうって」
「全員倒れると、賢者ギルドが傾きますからねぇ」

 さらっと言ったニーナさんの一言に空気が凍りついた。
 この人の場合、やろうと思ったら出来るんだろうな、きっと。

「という訳で三人一緒だけど、スペースはあるかな?」
「あ、それは大丈夫ですけど」

 というか、ドラクエ4の人数が乗っても大丈夫だと思われる。

「うわぁ、なんすか、これ。この中で生活も出来るんじゃないっすか?」

 返答の前にハリッサさんが中に入りこんでいた。
 俺も続いて馬車に戻る。

 ハリッサさんの言うとおり、馬車っつーよりもキャンピングカーの内装に近いんだよな。
 たぶん、ハウスさんはまた俺の記憶をあさって作ったんだろう。
 快適だから許すけど。


 ニコライさんは、ニーナさんに前を譲る。

 俺は頭を掻いてため息をついた。
 こりゃ、断れないな。

「手を出してください」
「はい」

 素直に出された手を掴んで引っ張りあげる。
 思ったよりも軽くてのけぞりそうになったけど、そこは安定のスーちゃんがいる。

「スーちゃんもよろしくお願いしますね」

 ニーナさんが頭を下げると、スーちゃんもぷにっと応じる。

 最後にニコライさんが乗り込んだ。
 それからふと思い出したように付け加えた。

「後から、リズも合流するかも知れないって言ってたよ?」
「なぜです?」
「隊長のそばにいるのがいたたまれないって」
「……まぁ、いいです」

 それはわからんでもないしな。

「じゃ、出発しますから。各自席に座ってくださいね。
 つーか、エリカ。クマに乗ってんじゃねぇ! せめて御者台にしやがれ!」



 頭が痛くなりつつも、とりあえず馬車はスタートした。
 いつでも帰ってこれるとはいえ、慣れ親しんだアルマリスタを離れるのはちょっと不安もある。
 でも、同時に新しい街でどんな事があるだろうという気持ちも否定できない。

 五感共有があるので、御者台に俺がいる必要はなかったが、なんとなく気分で座った。
 よじよじと膝の上にスーちゃんが上がってきた。


 地球でも、アルマリスタでもスーちゃんと一緒だった。
 だから、たぶん何かあっても大丈夫だろう。
 だって、これまでも一緒になんとかしてきたんだからな!
 これからだって、やれるさ!



 三章 虚本偽書がもたらすもの 完

i219707
面白い作品だと思って下さった方は、ブックマークをして下さると励みになります。
また、下をポチって下さるとありがたいです。もちろん、面白いと思って頂けたらです。
小説家になろう 勝手にランキング

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 84 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1765部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 12:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 85 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全188部分)
  • 80 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 12:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1614部分)
  • 80 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 18:00
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全791部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 23:03
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 11:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 90 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。【一巻 2017/10/30 発売中】 ●コミックウォーカー様、ドラゴンエイジ様でコミカライズ連載//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部分)
  • 102 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 10:51
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全460部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 20:15
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 88 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部分)
  • 106 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 00:00
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から4巻1月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全539部分)
  • 78 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 123 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1356部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全256部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 96 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
寄生してレベル上げたんだが、育ちすぎたかもしれない

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/12/29 19:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全300部分)
  • 90 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全212部分)
  • 80 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 21:24
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 23:40
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/12/28 04:15
↑ページトップへ