挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

日本各地の時代小説シリーズ

平吉の走馬灯

作者:じゅー
 蝉しぐれがやかましい炎天下のもと。
 平吉へいきちは走馬灯作りにいそしんでいた。
 生まれて初めての走馬灯作り、その上、不器用な彼の手先はなかなか進まない。
 紙を切り、細木を組んで、のりをつける。
 そして、灯篭の中のろうに火をともし、内側の風車がくるくると回れば完成となるのだが、なかなかこの風車が回らない。
 回らなければもう一度作りなおす。
 そんな事を彼はもう何度も繰り返していた。
 油照りの中、汗みずくになるが、それでも彼は愚痴の一つも口には出さず、真剣な顔つきで手を動かしている。
 なぜ彼はわざわざ奉公先に暇をもらってまで、不得手な手作業に精を出しているのか。
 それはこの日が彼の妹の五回目の命日にあたるから。
 その為、彼はどうしてもこの日に走馬灯を作り、鎮魂の祈りを捧げたかったのだ。

 額から流れる汗も拭わず、時はゆっくりと過ぎていく。
 その間彼は、幼くしてその命をはやり病で散らした妹のことを想っていた。
 もし今妹がこの世にあれば、どれだけ美しくなっただろうか。
 もうこの頃にもなれば、兄である自分に甘えることもなくなったのだろうか。
 もし我が家に少しばかりの余裕があれば、妹は名医に診てもらい、生きながらえることができたのだろうか。
 彼は目に見えぬものに問い続けながら、走馬灯作りに心を傾け続けた。

 そして、黄昏時ようやく走馬灯は完成を見た。

 彼は近くを流れる高麗川こまがわの緩やかな流れの辺りまでやって来ると、作ったばかりの走馬灯を川に浮かべた。
 黒い川面にたゆたう走馬灯は橙色だいだいいろに浮かび上がる。
 その光に映しだされる一人の娘が兎を追いかける影絵。
 影の形はところどころいびつであったが、それでも灯篭が移しだす世界は優しく悠久を思わせる。
 それは鳥獣を追ってどこまでも朗らかに野山を駆け巡る彼の妹の追憶であった。

 しかし、あえかなる妹も今はまぼろし。

 それでも彼は、空蝉うつせみとは走馬灯のごときと信じて疑わない。
 すなわち始まりと終わりは常に一対。
 彼は祈る。畢竟ひっきょう人と人の別れは始まり、さらば兄妹が武蔵野にて再び会するは終わりと。

 世を恨まず、れ惑うことなく、ゆらりゆらりと走馬灯はすずろに川を下っていく。
 彼はやおらに立ち上がると走馬灯が見えなくなってからも、終夜よもすがら川辺にたたずんでいた。

 そして、早暁そうぎょうの秩父連山に東からさしてきた朝日が映り始めると、彼はようやく歩き始めたのであった。

 
 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ