挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約2ヶ月以上の間、更新されていません。

chandelier

作者:ataru
気付いたら、記憶を失っていた。交通事故の障害で記憶喪失に陥ってしまった醍醐正樹は、悶々とした日々を送ることになる。正樹の彼女や会社の同僚たちに囲まれて、少しずつ生きる術を見つけていくが、そのうちに不穏な騒動に巻き込まれ――。
Chapter 1
2016/04/30 17:33
Chapter 2
2016/05/05 12:03
Chapter 3
2016/05/10 21:54
Chapter 4
2016/05/14 15:45
Chapter 5
2016/06/02 18:53
Chapter 6
2016/06/18 21:54
Chapter 7
2016/07/02 12:35
Chapter 8
2016/07/16 14:10
Chapter 9
2016/07/23 11:37
Chapter 10
2016/08/31 17:08
Chapter 11
2016/09/09 17:57
Chapter 12
2016/11/02 18:34
Chapter 13
2016/12/05 20:45
Chapter 14
2017/01/02 19:02
Chapter 15
2017/01/03 08:34
Chapter 16
2017/01/04 14:04
Chapter 17
2017/01/05 18:04
Chapter 18
2017/01/06 13:27
Chapter 19
2017/01/07 16:49
Chapter 20
2017/01/08 19:14
Chapter 21
2017/01/09 20:36
Chapter 22
2017/01/10 15:26
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

世界がデスゲームになったので楽しいです。

 生き返る死体を殺したら、殺人ですか? 罪ですか?  死者が生者を襲う、そんな創作物でよくあるゾンビモノのような事態に遭遇した主人公。  生き残るために、ゾ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全207部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 10:00
↑ページトップへ