挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

剣と魔法の町『サークリス』 前編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/279

間話4「マスター・メギルへの報告」

 サークリスの地下深く、極秘施設の一室にて、マスター・メギルたちが話し合いを開いていた。

「ご苦労だった。我々は、例の場所からエデルの遺産を無事奪取することに成功した。これで、計画の達成にまた一歩近づいたというわけだ」
「おめでとうございます。マスター」

 そう言ったのは、例の仮面の女だった。

「ところで、コロシアムの方はどうなったのだ。クラム」

 二人の横には、サークリスの英雄であるはずのクラム・セレンバーグの姿があった。彼は腕を組み、部屋の壁にもたれかかって立っていた。

「ヴェスターの奴め。考えなしに暴れてくれた。おかげで、とんだ大事になってしまったぞ」
「はあ……これだから、単細胞は困るわ」

 仮面の女は呆れ果てていた。一応無事に逃げるための手段も教えておいたはずなのに、彼は結局それを活かすこともなく、あまりにも派手にやらかしてくれたのだ。今後、警備が厳しくなって少々動きにくくなることは容易に想像出来る。

「残念だよ。それで、彼は始末出来たのかね」
「ああ。この手で、きっちりとな。大罪人として処刑させて頂いた」
「彼の部下たちは、どう処分したのかしら?」
「全員、『怪我の処置が間に合わずに死んだ』よ」

 クラムがそっけなく言うと、彼女は仮面の奥でクスリと嗤った。

「あら。えげつないわね」
「貴女ほどではない」
「そうかしらね」

 とぼけるように言った彼女を尻目に、クラムは肩を落とした。

「ただ、万事上手くいったわけでもない。少々厄介なことになった」
「どうした」
「コロシアム襲撃を、我々仮面の集団が起こした事件であると証言する学生が現れたのだ。おそらくヴェスターの奴が口を滑らせたのだろう」
「彼の性格なら、いずれやらかすと思っていたわ。あの馬鹿」
「ふむ。やはり始末して正解だったようだね。して、この件にはどう対処する」
「私の方でもみ消しておくとしよう。世間には、単なるテロリストとして公表されるように手配する」

 彼の言葉を聞いたマスター・メギルは、満足気に頷いた。

「それは助かる。ぜひ頼むよ」
「ああ」
「して、その学生というのは誰なの?」

 冷やかな調子で尋ねる仮面の女に、クラムは平然と答えた。

「一人は、アリス・ラックインという一年生の女子。もう一人は、貴女が言っていたユウ・ホシミだ」
「そう……。あの二人ね」
「うち、ユウ・ホシミについては、衝撃の事実が判明した。ヴェスターの部下の一人が証言したところによれば、ユウ・ホシミは性別を変化させることが出来るらしいのだ」

 彼女は、仮面が割れんばかりに驚愕の声を上げた。

「なんですって!? そんな馬鹿なことが、あり得るというの?」
「そうだ。証言に、貴女の報告と直接この目で見たことも加味して総合的に判断したが、ほぼ事実と考えて間違いないだろう。つまり、貴女が調査していた二人のユウ・ホシミは、実は全くの同一人物だったわけだ」

 それを聞いたマスター・メギルが、仮面の女に冷淡に告げた。

「あれだけ調べておきながら、そんな重要なことに気付かなかったとは。失態だな」
「申し訳ありません……。まさか、同じ人物であるとは思いませんでした」

 マスター・メギルは、無言のまま、鋭い視線を彼女に投げかけた。
 まるで値踏みするような彼の視線に、彼女は何を言われるかと内心恐れ慄いた。
 間もなく彼は威圧を緩め、穏やかに言った。

「まあいいさ。正直、私も驚いたほどだからね。君は優秀だ。この程度のことではどうこう言わんよ。これからもこの私に尽くしてくれ。君の望みのためにもな」
「はっ。ありがとうございます」

 冷や汗が流れるのを感じながら、彼女は軽く頭を下げた。

「うむ。それにしても、ユウ・ホシミという子は不思議な存在だな。経歴は全く不明。忽然と現われて、特異な能力まで持っている、か。神の化身にも似た何かを感じるな。ますます興味が沸いたよ」
「欲しいなら捕まえて来てやってもいいが、どうする」

 クラムの提案に対し、彼は少し思案してから、首を横に振った。

「やめておこう。ユウ・ホシミには、背後にイネアというネスラがついている。彼女は一筋縄ではいかんからな」

 その言葉が、クラムの琴線に触れた。

「ほう。そのイネアというのは、そんなに強いのか」
「いや。確かに強いが、おそらく君には敵うまい。ただ、厄介なのだ。彼女は、神の化身と刃を交えた経験もある歴戦の戦士。侮れば痛い目に遭うかもしれん」
「そうか。心には留めておこう」

 それから、クラムは後悔の念を滲ませながら言った。

「しかし、あんな証言をするとは思わなかった。二人とも、私が連れ歩いていたときに闇に葬っておくべきだったかもな。そうすれば、ヴェスターが殺ったことにも出来たのだが」
「なに。所詮学生に知られた程度、放っておけばいい。我々はまだ、完全に尻尾を掴まれたわけでもないのだからな」

 そこに、かねてより彼らを警戒している仮面の女が異議を唱える。

「失礼を承知で申し上げますが、それは下策かもしれませんよ」
「ほう。なぜかね」

 再び威圧を強めたマスター・メギルに、今度は理があった彼女は動じることなく答えた。

「ユウ・ホシミの周辺には、妙に正義感の強い、才ある連中が揃っていますから。コロシアムの襲撃が我々の仕業であると漏れたことで、何らかの邪魔をしてくるかもしれません。特にアーガス・オズバイン――あのオズバイン家と組まれると厄介です」

 マスター・メギルは、感心したように頷いた。

「なるほど。それは一理あるかもしれんな。では、もし目障りになるようであればこちらから仕掛けることも考えておくとしよう」
「はい。それがよろしいかと」

 マスター・メギルは、一呼吸置いてから話を締めくくった。

「ともかくご苦労だった。この調子で行けばあと一年以内、早ければ半年程で準備は整うだろう。随分と時間がかかったが、ようやくだ」

 彼は、仮面の奥で静かに嗤った。

「エデルの復活は、近い」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ