挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

二つの世界と二つの身体

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

270/279

102「ラナクリムの謎を追って 2」

 休憩や動力補給を挟みつつ、三日ほどバイクを走らせた。
 潤沢な資金があるので、道中の宿泊はケチらずにホテルを取った。俺は別に簡易宿でも野宿でも全然平気なんだけど、彼女が快適に過ごせた方がいいだろうと思ってのことだ。
 彼女が喜ぶだろうと思って、ネット環境は完備のところにしたよ。PCを見せた途端、目の輝きが変わったのでわかりやすくて面白かった。
 出かけ先でもやりたいくらい、ほんとにラナクリムは好きなんだね。今から運営サイドを調べに行こうってときにさ。
 次の日に無理のない範囲という約束で、俺もゲームに付き合った。リクも呼んで、三人で冒険を進める。
 前に比べたら、本当にシズハはよく話してくれるようになった。キーボードで生き生きと「シルヴィア」をやってるシズハを隣で見ていると、クールな顔とノリノリのキャラとのギャップがやっぱり面白い。ついゲームよりそっちを楽しんでしまったので、そのうち気付いた彼女にじろりと睨まれてしまった。
 雑談中、何度かそれとなくラナソールのことを聞いてみたけど、覚えているような覚えていないようなという感じだ。まあハルみたいに夢のことをはっきり覚えているタイプの人ばかりじゃないからね。俺のことを思い出してくれただけでも収穫かな。

 さて、一日目は平坦な道が続いていたのだけど、二日目の途中からは山なりの道に入っていった。気が付けば、両サイドを断崖絶壁が固める情景がずっと続いていた。

「大自然ね……」
「すごいな」

 グレートバリアウォールは、間近にしてみると息が詰まるほどの圧迫感だった。
 本から得た情報から想像していたよりも、ずっと谷は狭く感じる。確か幅は数キロくらいはあったはずなんだけど。
 果てしなく上まで突き上がる赤茶けた土の壁が、そのように錯覚させるのだろう。どこを指定してもエベレストより遥かに高いというのだから、とんでもない話だ。
 天然の要塞と言われるのも頷けるよ。もしフェバルの能力なしで登れって言われたら、手で持てるだけの装備だけではちっとも登れる気がしない。
 そして、エディン大橋ほどじゃないにせよ、ほとんどハンドルを切っていないことにも気付いた。とてもカーブが少ないのだ。自然にしては、驚くほど道は真っ直ぐ続いている。気まぐれの神が、山を一直線にくり抜いたとしか思えないような地形だ。
 他が全てぴったり塞がれていて、ここだけ気持ちの良いくらい綺麗に開けていると、必然あらゆるものの通り道となる。
 風もまた例外ではなかった。常に強風が吹き抜けていて、容赦なく頬や車体を打ち付ける。雪は降っていないのに、氷点下にいるような肌寒さを感じるほどだった。思っていた以上に寒い。
 とりあえずブロウシールド付けようかな。
 ディース=クライツに備わる、風を防ぐための機構をスイッチオンすると、すぐに快適な状態になった。便利だなこれ。
 シズハはというと。
 何も言って来ないけど、顔が硬い。どう見ても痩せ我慢をしているので、声をかけた。

「寒いの?」
「別に。平気」

 そこは強情張らなくてもいいとこだと思うけどね。

「コート貸そうか? ユイのだけど」
「いらない……」
「本当にいらないか? あと二日はこんな調子だけど」
「……どうしてもと、言うなら」

 オーケー。素直じゃないね君も。

「余計なお節介かもしれませんが」
「ん。お前がそこまで言うなら……仕方ない。着てやる」

 あ、今助かったって顔したぞ。可愛いな。
 表情の変化は小さいけれど、読めるようになってくると中々楽しいシズハさんだった。

『いいよね?』
『いいよ』

 ユイから快く了承を頂いたので、適当なところでバイクを停めて、『心の世界』から白いコートを取り出す。モコモコフード付きだ。
 モコの毛は冬用、ムルの皮は夏用の服に需要がある。こんなところでも戦争が起こっている。
 手渡すと、なぜかすぐに着ようとしないで、じーっとそれを見つめて、それからまた俺の顔をじーっと見てきた。
 何かしたかな。俺。

「お前着ても、似合いそう」
「ああ……うん。わかったから着てくれ」

 たぶん似合っちゃうけどね。子供の頃から散々通過済みだよ。

 コートを着てからは快適そうなので、心配もなく道中は進んだ。
 二日目、三日目とハイペースで走らせて、ダイクロップス名物「バリアゲート」が見えたのは、三日目の夕方だった。
 ふう。やっと着いたか。
 疲れの見える俺たちを歓迎してくれるバリアゲートは、武骨な造りの巨大金属門だ。くすんだ金属の色が、歴史の重みを感じさせる。
 ちなみに、トリグラーブから通じる側だけでなく、反対のバスタートラックから通じる側も同じ門で塞がれている。
 ほとんど一定の幅数キロで続いていた谷は、ダイクロップスの辺りだけは丸く広がっている。因果関係は逆で、たまたま広がっているところに目を付けられて、十分なスペースがあると見て町を作られたというのが正しいか。
 広がりが窄まるところをぴったり塞ぐようにして、バリアゲートは成立している。
 グレートが付かないのは、大自然の偉大さに一歩譲ってということだけど、それでも中々のものだ。少なくとも、レジンバークを囲むほとんど意味なし外周壁よりかは、随分高く立派に見える。でもさすがに、かつてエルンティアでほとほと困らされたディースナトゥラの外周壁ほどは、閉じ込めてやろうって感じはしないかな。

「いかにも要塞って感じ、だ」
「同感だよ」

 工業要塞都市。確かにぴったりな名前だ。町に門があるというより、門に町がくっついてるみたいだし。
 防衛イベントとかやったら楽しそうだよな。『巨大モンスターが現れた! ダイクロップスで死守せよ!』みたいな。
 ……さすがにゲーム脳か。
 でもせっかくだから気分は盛り上げてみよう。

「プレイヤー二名。要塞都市潜入クエスト開始ってところかな」
「いい。それ。いい」

 シズハも安定のゲーム脳だった。
 ただしこっちはリアルだ。下手な失敗は許されない。気を引き締めていこう。

 大きな戦争がないという意味では平和な時代が続いているので、現在は有事でなければ、門は常に開け放たれている。
 天下のトレインソフトウェアに探りを入れようなんて物騒な目的さえ隠しておけば、入口で身分証を提示すれば、個人が普通に入ったり出たりする分には厳しい制限はない。
 俺とシズハは、バイクに乗ったまま身分証を示して、日の暮れる前にダイクロップスへ入ることができた。
 まあこの身分証、二人とも偽物なんだけど。エインアークスすごい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ