挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

二つの世界と二つの身体

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

246/279

50「ユウ、ゲーマーになる 5」

 リク。今、リクと言った。「ランド」ではなく、リクと。
 リクは「シルヴィア」を操るプレイヤーに会ったことはないと言っていた。なのに、「彼女」はリクを知っている。俺のことも。

『なぜ君がリクのことを知っているんだ』
『私の趣味は人間観察なの』

 俺はあまり驚かなかった。むしろ腑に落ちてしまった。
 うん。大体知ってた。中の人同じっぽいねこれ。

『なるほど。宝石店を始め、何度も感じた視線は、もしかして君だったのかな』

 実は誰かの視線を感じたのは、一度や二度ではなかった。食材を買いに外に出たりするたび、何者かがこちらを監視しているのがわかった。
 それも相当遠くから、決して正体を窺い知ることの出来ない位置からだ。気配を察知して近づこうとすると、さっさと気配を消してその他大勢の一般人に紛れてしまう。
 フェバルほど生命力の強い者だと位置まではっきりわかるのだが、一般人並みに弱いと探し出すのは骨だ。特に何かしてくるわけでもないので、放置していたのだが。

『……バレたのは初めて。あなたは、普通じゃないわね。こちら側の人間かしら』

 こちら側の人間かと言われても。どちら側なのか知らないけど。
 思ったままの言葉を返すと、「彼女」は疑わしげに目を細めた。本当によく出来てるよな、このゲーム。

『そんなことより。私の質問に答えなさい。ただの一学生にあんな大金を持たせて。どうするつもり?』

 ああなるほど。やっとわかった。「彼女」はただリクが心配なのだ。トレヴァークでも、「シルヴィア」はシルヴィアだった。微笑ましいじゃないか。

『確かに心配させるようなことをしたな。すまなかった』
『別に心配なんてしているわけじゃない。ただゲーム仲間の身に何かあって、一緒にゲームが出来なくなるような事態は避けたいのよ』

 顔をぷいっと背けて、そっけなく言う「シル」。それを心配していると言うんだよ。

『俺の身分がないことは君も知っているだろう?』

 彼女はこちらを睨みつけたまま、頷く。

『だから色々と便宜を図るために協力してもらったんだ。他意はないよ。元々リクの方から頼んできたことでね』
『頼んできた? あの子が?』
『ああ。好奇心からだよ。よほど俺が珍しかったらしい』
『そう……少し納得。あの子は……確かに、自分の知らない世界に憧れがあるというか。首を突っ込みたがるところがあるわね』

 リクのことは人間観察とやらでよく知っているのだろう。「彼女」は勝手に一人で納得していた。
 俺への敵意も少し緩めてくれたらしい。声が幾分柔らかくなっている。
「彼女」は肩を竦めて、呟くように言った。

『馬鹿な人。今の幸せに気付いてもいない。楽しいことばかりじゃないのに』
『よくわからないけど、君はリクとは違う側にいる人間みたいだね』

 俺には筒抜けだったとは言っても、ただ者ではない身のこなしだ。それに正体バレは避ける慎重さと、引き際の良さも心得ている。
 その手のプロではないだろうか。そんな気がした。

『どうだっていいでしょう。そんなこと。今の私はS級冒険者のシルヴィアよ』
『そうだな。確かに今の君はシルで、それ以外の何者でもない』
『シルって呼ばないで。慣れ慣れしい』

 あれ。思いっ切り拒否の姿勢で睨まれた。
 彼女は溜め息を吐いて――それで感情を一旦リセットしたのだろう――落ち着いた調子で尋ねてきた。

『リクのことはまあ一応、わかった。完全に信じたわけじゃないけど。もう一つ尋ねたいことがあるわ』
『答えられることなら』
『あなた、相当やり込んでいるわね』
『君も人のこと言えないんじゃないのか』

「ランド」の30レベル上昇にも驚いたが、「シルヴィア」は50レベルも上げていた。どう考えても課金様のお世話になっている。

『うるさいわね。私のは……そう、趣味よ』
『趣味なら仕方ないな』
『ええ。仕方ないわ』

 にやりと笑い合う。心なしか打ち解けたというか、会話が噛み合ってきた気がする。

『あなたのやり込みは異常。資金も大量に投入して。あれほどの速度でSランクまで到達した者はいないわ。あなた、今じゃ全世界注目の的よ』
『え、ほんとか。そんなに注目されてるの?』

 俺、別に巷の評判とか見てないからな。あまり実感がないんだけど。ちょっと、いや結構恥ずかしいかな。
 俺の反応に、「彼女」は肩透かしを食らったようで、虚を突かれたような顔をした。

『注目されること自体は全く目的ではなかったと。そう言いたいわけ?』
『いや、その辺はあまり考えてなかったというか。ラナクリムには、何か秘密があるんじゃないかなと、そう思ってね。内側から調べられないかと、一生懸命プレイして……いま、した……』

 怖いって。睨みの強さにたじろいで、最後は弱々しい声になってしまったが、何とか言い切った。今思うと、秘密があるとか、そんなことまで言わなくても良かった気はする。

 ――秘密があるんじゃないかと、そう思ってはみたけど、思ったより大した収穫は得られなかったんだよな。この頃には、ユイに言われるまでもなく、そろそろ潮時かなという気がしていた。彼女の一声が止めになったのは間違いないけど。今後は、違う方向からもアプローチをかけてみるべきだろう。

『一生懸命プレイしてました、ですって……? もしかして、本当に……それだけ……?』

 なじるような視線に脅されて気圧されながらも、俺は素直に首を縦に振った。

『それだけだよ』
『は? あなた、自分の課金額わかってるの? 一カ月で5万ジットよ! 5万! 車が買えるわ! 底なしの馬鹿なの?』

 はっと我に返ったような気分だった。確かにやばい。いかれた金額だ。でもさ。

『そこまで言わなくてもいいじゃないか……』
『言うわよ。全市民総ツッコミよ! 庶民が5万稼ぐのに何年かかると思ってんの!』

 スビッと指をさされて、俺は人気の無い路地を一歩後ずさった。やっぱりこんなときは、笑うしかない。

『お金は大事にしなさい。しろ』
『はい。すみません』

 なんで謝ってるんだよ俺。
 肩で息をしている「彼女」は、何とか呼吸を整えて澄まし顔に戻していた。もう取り繕っても無駄な気もするけど。

『余計なことツッコませるんじゃないわ。話が迷子になったじゃない』
『君が勝手に脱線したんだろ』
『不思議な人。こうして話してると隙だらけのくせに、どうして隙が無いというか……あら、ほんと何話そうとしてたのかしら。あーもう。いいわ』

 改めて、彼女は俺に向き直った。

『とにかく。リクは、初めて出来た仲間なの。例えそれがゲームの中だけだとしても……。もし万が一、リクに危害を加えるつもりなら――』

 ごくり。思わずリアルで喉が鳴る凄みだった。

『殺す。バラバラに斬り裂いて、殺してあげる。覚悟なさい』



 ――というわけで、今に至る。

 こうして走っていると、熱烈なストーカーの視線をそこはかとなく感じられる、素敵な朝だった。
 もう監視してること、隠そうともしてないよね。こちらから近付こうとすると、やっぱりささっと消えてしまうんだけど。
 女の人、かな。髪は黒い。それ以上のことはわからない。一言も喋ってくれないし。
 一度《パストライヴ》で追い込んで驚かせてやろうかなと思ったけど、そこまでするのも大人げないかなと思ってしていない。ゲームの中だと一応普通に接してくれるようになったし。
 彼女は、朝や昼の時間はしょっちゅう張り付いているのだけど、夜になるとぴたりと消えてしまう。「シルヴィア」先生のお仕事は、どうも夜間に行われているらしい。

 数日後、短い手紙と共に嬉しいプレゼントが届いていた。

『身分証明書、パスポート、口座はこちらで用意した 使用は自己責任で
 一般人のリクを危険に巻き込まないこと 私について詮索をしないこと
 リクには他言無用 絶対にしないこと
 あなたのことは引き続き監視させてもらう
 あと、シルって呼ぶな』

「シルヴィア」さん。一体何者なのだろうか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ