挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

二つの世界と二つの身体

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

227/279

31「ヴェスペラント フウガ」

「あぁ……退屈だ。退屈過ぎて死ぬ……」

 まばらに無精ひげを生やした中年の男が、スキットルを片手に昼間から酒をあおっている。銀色のスキットルには、三日月と女神「ナーカム」の姿が描かれている。
 この世界における三日月は、それが満ち欠ける様より物事の盛衰を暗示するものであり、転じて勝負事や賭けを表す。女神「ナーカム」とは幸運の象徴である。二つ並べれば「賭けに幸運を!」となる。男はただのまじない事だと思いながらも、これが大のお気に入りであった。
 男の名はフウガ。
 気怠そうな目つきをしたこの男は、相当な訳ありである。
 器物損壊。強盗。傷害。殺人。罪を数え上げればきりがない。強姦だけは趣味ではないからと、一度も手を付けたことはないが。
 善悪という枠に囚われない自由で横暴勝手な振る舞いから、フロンタイム全域で指名手配されている男。その額は百万ジットにも上る。
 好き勝手やるにも、実力がなければこの世界では叶わない。彼の力は本物であり、過去剣麗レオンに逮捕依頼が出されたものの、のらりくらりとかわして、ついに捕らえることが出来なかった男として有名である。
 いつしか付いた二つ名が『ヴェスペラント』(暴虐なる者の意)。
『ヴェスペラント』フウガ。
 彼はこの二つ名の方はどうでもいいと思っていたが、世間に一目置かれるのはまあ悪い気分ではなかった。
 手配のために住処を転々とする彼は、今は古ぼけた空き家を不法に占拠している。オンボロな木の椅子に座り、窓から明るい空を見上げているのだった。

「世界はもっと面白くあるべきだ。刺激と興奮に満ちたものでなけりゃあ」

 退屈だ、と彼は独り言を繰り返す。スキットルを口まで持っていって、もう一口含んだ。残りはもうほとんどない。

「本当は、そうなんじゃあないのか?」

 誰かに問いかけるように発された言葉が、風に乗って窓から裏通りに消えていく。
 しばらく男は黙った。何となく物思いにでも耽ってみたい気分だった。
 やがて男は首を振り、酒でのぼせた頭を叩き、独り言を再開する。

「まったくふざけてやがる。どいつもこいつも、ぬくぬくぬくぬくとぬるま湯に浸かったみてえに」

 最後の一口を流し込む。彼は空になったスキットルを乱暴に放り投げようとして――ふと思い直し、静かに木の丸テーブルに置いた。幸運の女神様を投げ捨てるような罰当たりは、いずれ手痛いしっぺ返しを食らうだろう。
 彼は立ち上がった。酔っ払いとは思えないほどにしっかりと両の足で立っていた。いつ追手が来るのかわからないため、彼は酒は飲んでも飲まれることは決してなかった。

「……この世界の真理に、見向きもしない」

 彼は、指先に魔力を込める。
 一角のS級冒険者をも遥かに超えるほどに強大な力が、ただ一点に集中されていた。
 望めば望むほどに、強く。昂る。
 そして彼は、指先から二発の赤い光線を同時に放った。狙いは浮遊城ラヴァークと、政府官邸である。
 規模こそ小さいが、膨大な魔力が集約されたその光線は、威力をそのままに範囲を広げれば、山をも容易く砕くほど甚大な破壊をもたらすだろう。
 しかしである。それほどの力を集めても――かき消えてしまう。浮遊城にもフェルノートにも、一切の影響はなかった。
 浮遊城を覆う白いバリアが。そして、魔力に反応して自動展開されるフェルノートの緑のバリアが。ぶつかる直前で彼の魔法を無に帰した。
 いかなる魔法も、この都市に破壊をもたらすことは出来ない。
 世界最高の賢者たちと平和を望む住民の総意が集結して作り上げた防御システム『ラナの護り手』。どんなに強大な一個人も、体制側には敵わないのだ。
 男は嘆息し、そろそろと身支度を始めた。気まぐれでぶっ放した魔法でも、足が付いて捜査の手が迫ってくる。
 この世界では、望めば誰もが強くなれる。自由になれる。
 強い者が得て。弱い者が失う。
 世界は単純なはずだった。
 弱肉強食が支配出来たはずのこの世界は。そうなっていたはずのこの世界は。気付けばフェルノートという「安全神話の都市」が錦の旗を振り。その庇護を贅沢に受けるレジンバークでは、「本物の冒険」も「本物の死闘」も知らない浮かれた馬鹿どもが冒険者ごっこに明け暮れる。
 本物の冒険が、たまにある不幸な事故死などで片付くものか。

「誰がこんなにぬるくしてくれた。この世界は、もっとよぉ……単純で、殺伐として、波乱に満ちて」

 そういうもんじゃないのか。誰も答えることのない問いは、再び繰り返される。
 リアルも、自由も「ここ」にはない。人々はただ腐ったまどろみの中で、誰もが与えられた自由と繁栄を享受しているに過ぎない。外れ者だけが損をする。
 そんなもの、何が面白いのか。下らねえ。

「あぁ……やりてえ。思いっ切り好きにやりてえ。足りねえんだよ……」

 そこで気が付くと、彼の意識は。飛んでいた。

「おい……なんだあ、ありゃあ……」

 彼が意識を取り戻したとき――空では、とんでもない異変が起こっていた。街全体を包み込む『ラナの護り手』と――こんなことはしばらくなかったことだ!――そして、浮遊城から放たれる絶大な光線。あれは見たこともない――『ラナの裁き』ではないのか。
『裁き』は虚空に向かって放たれているように思われたが。急に進路を変えて、上空へ曲がっていった。まるで何かにぶつかったように。
 いやそうではない。
 彼は見逃さなかった。弾き飛ばされたのだ。

「へえ……なんだ。面白そうなもんがあるじゃねえの」

 彼の気怠い双眸は、空に浮かぶ二人の男を鋭く捉えていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ