挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

人工生命の星『エルンティア』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

184/279

66「星海 ユウという名前」

 やがて母さんは、少し言いにくそうに切り出した。

『実はね。今日はお別れを言いに来たのよ』

 そして、名残惜しそうな顔で続ける。

『悪いけど、しばらく異世界からは引退だ――この子がいるからな』

 優しげに目を細めて、母さんはお腹をさすった。
 そうだったんだ。母さんが異世界に行くのを止めたのって、俺のためだったのか……

『そうか……寂しくなるね』
『そうね』

 しんみりとした空気が漂う。静寂を破って、母さんが口を開いた。

『もう色々と挨拶回りは済ませてきた。ここが最後だ。一番気がかりなのは、やっぱりこの世界だった』
『すまないね。心配をかけて』
『本当は、もう少しくらい面倒見てやりたかったんだけどね。地球でも色々あってさ。子育てしながらじゃ、さすがに手が回りそうもない』

 母さんは、腰に取り付けたホルスターに手をかけた。 

『だから、私の代わりってわけじゃないけど』

 そこから、無骨でシンプルな造りのハンドガンを取り出す。
 一見何の変哲もないそれが、ただの銃でないことは、ルイスのぎょっと驚いた反応からすぐに読み取れた。

『それは……! 君の大切なものじゃないか!?』
『いいのよ。私の暮らす世界じゃ、こんなものは役に立たないからな』

 私自身の腕さえあればそれで十分、と母さんは胸を張った。

『こいつをあんたに託しておく。もし必要になったとき、然るべき相手に渡してやってくれ』

 母さんが本当に物を頼むときの真剣な目で、母さんはルイスに告げた。
 ルイスも意を汲んだのだろう。余計なことは言わず、丁重にそれを受け取った。

『ああ。わかった。目の届くところに、大切に保管しておくよ』

 彼はすぐに研究室の壁際へと向かった。そこには大きめの棚があって、彼は棚から何やら黒い蓋つきの箱を取り出した。箱の蓋を開けて、母さんから託された銃を丁寧にしまい込む。しっかりと収めると、蓋を締めて箱は元の場所に戻した。 
 よく見てみれば――今も、その黒い箱はそこにしっかりとあった。

『これで用も済んだな。じゃあ、名残惜しいけど。そろそろ行くことにするわ』
『向こうでもちゃんと幸せにやれよ』
『もちろん。なに、この子が少し大きくなったら、今度は一緒に連れて来てやるさ』

 ――それは、結局叶わなかった。
 先を知っている俺からすれば、この別れがどうしようもなく寂しいことのように思えた。

『そう言えば。性別はどっちなんだい?』
『あえて聞いてない』
『それはまたどうして?』

 母さんは、にっと笑った。楽しみで仕方がないというように。

『産まれたときに初めて会いたいからな』

 母さん……
 胸が熱くなる。

『でも、名前とか色々困らないか? 僕ならすぐに調べちゃうけどな』
『名前なら、もう決めてる』

 お腹にそっと手を当てて。中にいる俺に言って聞かせるように、母さんは穏やかな口調で言った。

『男の子でも女の子でも、ユウだ。優しい子に育つようにってね』

 不意に、目に熱いものが込み上げてきた。

『ユウか……いいじゃないか。とても素敵な名前だと思うよ』
『だろ? 旦那と話し合って決めたんだ』

 明るく笑った母さんは、お腹の中の俺に、優しい声で語りかける。

『ユウ。私もシュウも、お前に会える日を楽しみに待ってるからな。ちゃんと元気で出て来るんだよ』

 ぽろぽろと、次から次へと涙がこぼれ出てきて。
 止めることが出来なかった。

 俺……
 母さんと父さんの子供で、良かった。本当に、良かった。

 ――今まで、色んなことがあってさ。話したいことが、たくさんあるんだ。

 泣き虫は、少しは直したつもりだったけど……ちっとも直ってなかったよ。

 母さんも父さんもいない一人きりの夜は、とても寂しかったけど。もう平気だよ。
 あれから、たくさんの人と出会って。友達も、いっぱい、出来たんだ。
 だから。もう大丈夫。
 俺、母さんと父さんの望んだ通りになれてるか、わからないけど。
 何とかやってるよ。ちゃんと元気にやってるよ。

 静かに涙を流す俺の頭に、温かい手が触れた。そのまま、手は優しく頭を撫でてくれる。
 振り向くと、リルナは何も言わずにただ微笑んで、小さく首を横に振った。

 母さんの幻が、ルイスの研究室を去っていく。消えていく。
 袖で涙を拭って。俺はその後ろ姿を、最後まで目に焼き付けた。

 ねえ。母さん。
 今から、また戦いがあるんだ。母さんが、やり残した仕事が。
 きっとこれからも心配させるようなこと、たくさんするだろうけど。
 俺、頑張るから。しっかりやっていくから。
 どうか、見守っていて下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ