挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フェバル保管庫2 作者:レスト

人工生命の星『エルンティア』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

129/279

24「Prison Breakers 5」

 ラスラが、ありったけの憎しみを込めて叫んだ。

「リルナッ!」
「なぜ急に現れた!? 転移がどうとか、言ってたな」

 デビッドは驚きながらも、努めて冷静に分析する。テオが掠れた声で答えた。

「あちらのトラニティという者は、転移機能が使える。胸部に、げほっ……小型のトライヴ装置を埋め込んでいるんだ」
「なに!? トライヴだと!?」

 ラスラが驚愕の声を上げ、デビッドと二人でタンクトップ姿のトラニティを睨む。それとほぼ同時に、トラニティはやや驚いた顔でテオに尋ねた。

「そんなこと、ほとんど誰にも話したことはないはず。なぜあなたが知っているのかしら?」
「フ、ぼくだって牢に繋がれている間、何もしなかったわけじゃないさ。うっ、ごほっ! ごほっ!」
「もういい。無理して喋るな」

 再び激しく咳き込んだテオの背中を、ラスラはスレイスを持っていない方の手で軽くさする。トラニティは訝しげに目を細めて、苦しむ彼を見つめた。

「やはりあの王。油断なりませんね。今すぐ始末をするべき」

 トラニティが右手を構えると、指先が赤く光り始めた。

「それならもう知っているぞ!」

 かつて刃を交えた経験から、彼女の攻撃を即座に見抜いたラスラは、スレイスをガードモードに切り替える。
 直後、トラニティの指先から赤い光弾が雨あられと飛び出した。
 ラスラはテオを庇うような位置に立って、剣を巧みにふり回し、それらを全て弾き飛ばした。

「なっ!? 全て、弾き飛ばしたですって!? ヒュミテごときが!」

 予想外の完璧な対応に、つい頭に「オイルが上った」トラニティは、さらに攻撃を加えようと距離を詰めるべく動き出した。
 それを、落ち着いていたリルナが視線で制する。

「待て。お前は戦闘タイプではない。深追いして万一のことがあれば、わたしは困る。少し下がって、奴らが万が一にもここを通れないように見張っておけ」

 言われたトラニティは、確かにそうだと思い直した。能力の高い前衛のヒュミテならば、後方支援型である自分の攻撃を防いでしまうことなど、十分に想定出来ることだったのだ。

「……しょうがないわね。任せたわよ。隊長」
「ああ。この程度――わたし一人で十分だ」

 トラニティとは違う。真の戦闘兵器たるリルナが、ついに一歩を踏み出した。
 ラスラとデビッドは、即座にアイコンタクトを取る。
 デビッドがリルナを引き付けて、ラスラがテオを守りつつ、どうにか隙を見つけてトラニティを突破する、という作戦に固まった。ラスラはすぐにテオを背負った。
 二本のスレイスを構え、デビッドはリルナの一挙一同も見逃すまいとじっと観察する。

「随分な自信だな。たった一人だけで、オレら三人を殺ろうってか?」

 口では余裕を演出するデビットも、額からは既におびただしい量の冷や汗が流れ落ちている。内心では、襲い掛かる絶望を跳ね除けようと必死だった。
 こいつには確かに、一人だけでこちらを皆殺しにするだけの力があると、そんなことは痛いほど知っていたし、感じていたからだ。

「二刀流か。以前は持っていなかったはず。真似事のつもりか?」
「……さあな。心境の変化ってやつだよ」

 彼が手にしていた二本目のスレイス。これは、元々彼自身のものではなかった。実は、死んだ戦友の形見をそのまま流用したものだった。亡き友の想いも背負って、彼は今日まで二刀を振るい続けてきたのだった。

「付け焼刃の二刀で、わたしに届くはずもない」

 リルナの姿が、忽然と消える。

「おっと!」

 デビッドは即座に振り返り、剣を振り抜いた。
 バチッ! と両者のレーザー剣が火花を散らしてぶつかり合う。
 リルナの攻撃で、最も致死率が高い初撃――ショートワープからの、背後よりの奇襲――を、デビッドはしっかりと対処していた。
 事前にユウから情報を得ていたことが、ここで大きく効いていた。

「そう簡単には、やらせねえよっ!」

 言いながら、もう一本の剣を彼女の首目掛けて振るう。リルナもまた、もう片方の《インクリア》でその攻撃を防いだ。
 リルナの両腕が塞がったタイミングで、好機だと判断したラスラは、テオを背負ったまま、彼女の横をすり抜けようと走り出した。
 だが、顔はデビッドに向けたまま、しかし二人の生命反応をしっかりと感知していたリルナが、その逃亡を許すはずもなかった。

《フレイザー》

 彼女が新たな機能を宣言した瞬間――彼女の全身、ありとあらゆる箇所の体表が開いた。そこから、大量の銃口が飛び出す。

「ちいっ!」

 身の危険を感じたデビットは、即座に剣を引いてバックステップを取った。
 直後、リルナを中心に、全方位360度、一切の隙間なく、想像を絶する数の青き光弾が放たれる!
 もはや横を通り抜けるどころの話ではない。ラスラは、おびただしい量の光弾に当たらないように身を動かし、スレイスを振り回して対処するだけで精一杯だった。
 やがて撃ち終わると、再び辺りに静けさが戻った。
 ラスラは、元の位置よりも随分下がらせられてしまっていた。息もすっかり絶え絶えになっている。
 そんな彼女に、リルナはちらりと視線を向けて言った。

「動くな。そこで見ていろ――この男の最期をな」

 ラスラとテオは、はっとする。
 彼女たちでさえ、避けるので精一杯だったのだ。それよりもずっと近くで光線を受け止めていた、彼は――

「「デビッド!」」

 彼は、全身血塗れの状態だった。今にもくたばりそうなほど、身体をふらつかせている。
 光線に撃ち抜かれた身体のあちこちは無残に抉れ、ポタポタと流れ落ちゆく血は、その場に大きな血溜まりを作っていた。

「これは死んだわね」

 戦況を眺めていたトラニティの嫌味ったらしい言葉が、突き刺さるように通路に響く。

「デビッド!」

 考えるよりも先に、ラスラの身体が前へと動き出した。しかしデビッドは、大声を張り上げてそれを制止した。

「来るなッ! 王をこっちへ寄こすんじゃねえッ!」
「……っ……くそっ!」

 ラスラは煮えくり返るほどの衝動を抑え、ぶるぶると拳を握りしめて、代わりにリルナを殺さんばかりに睨み付けた。あまりに強く握った拳からは、血が滲み出ている。

「賢明だな。だがその傷では、もう助かるまい。一思いに殺してやろう」

 リルナはゆっくりと右腕を上げ、水色の刃を構えた。すっかり弱り切って死にかけの彼を、一撃の下に突き殺してやるつもりだった。
 満身創痍のデビッドは、だがその目はまだ死んではいなかった。しっかりとそれぞれの手にスレイスを構え、闘志に漲る目をしかと彼女に向けていた。

「へっ。それには及ばねえよ。ゴフッ!」

 気持ちに反して、身体はついていこうとしない。口から激しく血反吐が噴き出す。もう既に限界は近かった。

「まだ、死ねねえ。オレにだってな……」

 デビッドは、一瞬だけ目を瞑る。

 ロレンツ。わりいな。これで、最後かもよ。一足先に、行かせてもらうぜ。

「意地は、あるんだよおおおおっ!」

 デビッドは猛然と駆け出した。リルナは、その動きに動揺した。
 火事場の馬鹿力というべきか。彼女の予想を遥かに超えるスピードで、デビッドは迫ったのだ。
 形見のスレイスを突き立てて、捨て身の覚悟で突撃する彼に、リルナはわずかに対応が遅れてしまった。
 その隙が決定的だった。彼の刃が、彼女へと真っ直ぐ突き刺さる。

 かと思われた。

 だがしかし、その奇跡の一撃は、無情にも――
 リルナが誇る鉄壁のバリアに、完全に弾かれていた。同時にスレイスの刃は、バリアによっていとも簡単に、粉々に砕け散ってしまったのだった。

「ちく、しょう……!」

 彼の目から、希望の光が失われた瞬間だった。
 一方で、項垂れる彼を目の前で睨みつけるリルナには、激しい怒りが燃え上がっていた。

「……意地が、何だというのだ。それでどうにかなるとでも? わたしにも意地ならあるぞ。舐めるなよ。ヒュミテ!」

 彼女の目がさらに憎悪に燃えたかと思うと、右の細腕に万力が込められる。
 狙いすました一撃が、デビッドの胴を目掛けて放たれた。デビッドは残る一本のスレイスで、懸命にその攻撃を受け止めようとする。
 しかし、そこで――
 彼のスレイスが――実体のないはずの光の刃が――綺麗に根元から斬り落とされてしまった。
 デビッドの、そして戦いの様子をしかと見ていたラスラの目が、驚愕で見開かれる。
《インクリア》は、込めた力次第では、非物質であろうと斬ってしまえる。その恐ろしい事実が、判明した瞬間だった。
 これでは、スレイスは――彼らが全幅の信頼を寄せてきた武器は、もう彼女に抗し得るまともな武器にすらなり得ない。やはり最初から、勝ち目などなかったのだ。

「付け焼刃が落ちたな。終わりだ」

 全ての武器を失い、とうに肉体の限界を迎え、がっくりと膝をつくデビッドに、もはや何も手は残されていなかった。
 リルナは左腕を振り上げ、下ろす。慈悲なき処刑の刃が、彼の頭上へと落とされようとしていた。

 そのとき。

「きゃああっ!」

 突如として、トラニティが悲鳴が上げた。それを聞いたリルナの刃が、ぴたりと止まる。

「トラニティ!」

 リルナが振り返ったとき、トラニティは既に倒れていた。
 背後より気付く間もなく接近され、《気断掌》の一撃だけで仕留められてしまったのである。戦闘に意識が向いているところを、生命反応を一切持たない「彼女」がこっそり近づくことなどわけもなかった。そして今や「彼」となったその男は、油断なく気剣を構えてリルナと対峙する。

「お前は――あのときの!」

 彼は、リルナの言葉にすぐには応じず、怒りと絶望に染まった顔で彼女を見つめるラスラと、その背に負われている白髪の王に目を向けた。
 それから、今にも死にそうなデビッドを目に映したとき、彼は悲しげに少し顔を伏せた。
 もう助からない。そのことが、今にも尽きてしまいそうな気の弱々しさでわかってしまったからだ。彼はやるせない気持ちで顔を上げると、リルナを真っ直ぐに見つめて、問いかけるように言った。

「リルナ。こんな形でなんて、会いたくなかったよ」

 ユウとリルナ。幾度目かになる両者の邂逅だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ