挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

82/145

次回予告

 野球とは何か――
 それがいよいよ明らかになる。


 今でこそ野の球と表記するが、語源はまったく異なる。


 野とは『夜』と書く。
 そして球とは『魂』のこと。

 
 千の夜に散りばめし幾奥の魂。
 それが夜泣やきゅうだ。



 多くの夜に生まれし悲運。
 それを称して、神はその聖戦を野球と呼び、その御眼おんまなこを熱く濡らした。


 野球とは――
 かつて神々にのみ許された遊びだった。
 到底人が扱うことの出来る代物ではない。

 
 されど人は、神々にのみ許された児戯をその手中に収めようとした。



 そして悲劇が始まった。
 それが野球大戦。
 そしてその聖戦に集う騎士団のことをメジャーリーガーと呼ぶ。


 かつて神のみが行っていた伝説の野球。
 神はその脅威なる奥義を大神殿の壁画に残した。

 

 その壁画には次の三種類の奥義がある。



 残像すら見えない光の一撃により生まれし高速奥義――ストレート。
 鍛え抜かれた拳により放たれる縦方向の鋭い斬撃――フォーク。
 虚と混沌の一瞬の隙を突く煌めく閃光――カーブ。



 そしてその三つを極めし者にのみ許される究極暗殺投義――
 それがドラゴンシュート。


 もしドラゴンシュートを極めることができれば如何なる強打者をも打ち破ることができるとされている。






 次回、スタイリッシュ武器屋。

 自ら悪と名乗る謎の鉄仮面。
 自信満々に思えた少女のレベルは、なんとたったの3だった……

 それに気づいたギガスウォーリアと悪徳審判。
 奴らの卑劣な罠が鉄仮面と姫菊を襲う。

 されど仮面の少女は静かに口にする。
 逃げるなら今のうちだ。このひのきのバッドは、如何なる攻撃をもかき消す。知っているか? ひのきの棒とは最強のバッドなのだ。


 果たして、仮面の騎士の正体はいったい!?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ