挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

80/145

80 崩れゆく不殺の誓い1

今回のお話は三人称神視点(第三者による語り口調)、やや姫菊よりです
「キャプテン、俺達も殺人野球を始めるべきです!」


 姫菊を中心に円陣を組んでの作戦会議。
 チームは揉めに揉めていた。
 ここにきて、殺しをするべきと主張し出す者が現れたのだ。


「駄目よ! 牛尾君」

 牛尾を呼ばれたまるで牛のような体躯をしたファーストの意見を皮切りに、姫菊の野球への批判が始まった。

 傍にいた男も続いた。

「俺も牛尾が正しいと思う。敵は容赦ない反則プレーをしてきているのです。しかも審判はそれを容認。おそらく俺達は新野球連盟に睨まれているのだと思う」

 そう言って頭部のヘッドギアをやや上げたのは、キャッチャーの城島。その表情はいつになく険しかった。


 姫菊は真っ青になる。


 ファーストの牛尾は熱血漢溢れる男気ある青年。
 それと相対してキャッチャーの城島は、冷静沈着で常に一歩下がったところからチームを見渡しサポートするタイプ。言葉数は少ない。それだけに彼の言葉には重みがある。


 そんなファーストとキャッチャー。


 そのWポジションは、ピッチャーに続いてもっとも敵に狙われる重要なポジションだ。
 特にキャッチャーなんて、もっとも危険地帯と言われている。
 凶器を握るバッターの射程距離範囲内に常にさらされているのだから。


 だからこの二人がチームの要といっても過言ではない。


「城島君まで何てことを言うの!」

「いや、姫菊はよく頑張っていると思う。俺は応援したい……。だが……」


 数人も二人に続いて姫菊に意見する。


 それ以外のメンバーは黙って下を向いている。
 何か言いたそうだが、それを口にする者はいなかった。
 その表情からはうかがえるのは、殺さずの姫菊に対して否定的な気持ちなのだろう。


 姫菊は元気よく、「2アウト、1ストライクなんだよ。あと2球でこの回は終了するわ!」


 ――だけど次の回はどうするんですか!? その次は? チームメンバーに浮かんでいるゆがんだ表情は、まさにそう言っているかのようだった。


 牛尾は静かに拳を鳴らした。
 視線の先はバッターのギガスウォーリア。
 真空剣を片手に、ガムを噛みながら挑発的な笑みをチラつかせている。


「あいつ、もしキャプテンにおかしげなマネをしたら、俺、黙っちゃいないですから」

「駄目よ! 私たちのプレーは絶対にフェアーでなくてはならないのよ!」


 牛尾は、
「それは何度も聞きました。あなたは勇者ベーブルースを慕っていることをも知っています。でもその末路は……新野球連盟に……」


 姫菊の目が鋭くとがった。


「失言でした。ですが……ベーブルースは既に故人。俺はあなたに死なれたくない。その為だったら何でってやりますから」


「ありがとう。私もよ。私も牛尾君に死んでほしくないわ。他のみんなもそうよ。だから私たちは殺さずの野球を広めていかなくてはならないの」



「……分かりました」


 牛尾は静かに首を縦に振った。
 だがその表情は険しかった。


 作戦会議は終わり、ユニカルのメンバーたちはそれぞれのポジションに戻った。




 実況アナウンサーがマイクを握り、場内を熱くする。

「試合は再開されました! ツーアウト、ワンナッシング。ゴブリンズは押されています」

「そうでしょうか? 私は姫菊投手の方が押されているように見えますがね」

「それは目の錯覚でしょう。どういう訳か、今日のゴブリンズはとてもフェアーな戦い方をしております。反則を取れたのは、殺さずとかいった時代遅れの野球をしているユニカルの方ですし。ですが、もしかしてそろそろ本日初の死者がでるかもしれませんねぇ、あのピッチャーあたりが脱がされて、ククク」


 観客たちは盛り上がる。


 姫菊は観客を見上げた。
 酷い野次が飛んでくる。

「ギャハハ。てめぇによそ見をする権利なんてないんだよ。おらおら、早く投げろや!」

「おらおら、小娘! 早く脱がされて殺されちまえ!」

「おいら、カメラ持っているよ。あの子がひどい姿になるところをバッチリ撮るからね」

「おお、それ、売ってくれや!」



 姫菊の目は熱くなった。


 野球は神聖なるスポーツ。
 いや、かつてはそうだった。
 このような人の不幸を楽しむ輩の娯楽などでない。

 勇者ベーブルースが成し遂げたかった想いを、この私が……


 だけどチームの心までもが、バラバラになりつつある。
 昨日までは順調に勝ち進んでいて、城島や牛尾はもちろん、新しく入ったメンバー――ショートのレオも「キャプテン、殺さずの野球って本当にすばらしいですね。俺も殺さずの野球を広めていきたいです」と言ってくれたのだ。


 だけどレオはさっきは会議には参加せず、端っこでレフトの女の子に愚痴をこぼしていた。


「殺さずなんてバカバカしいなぁ。だって客も殺さずに期待していないしな。もしキャプテンが死ねば、殺しを再開してもいいのかな?」

「しぃ! 聞こえるわよ」

「キャプテンは話し合いに夢中だから大丈夫だって。それよかもう勝ち目ないだろ、この試合。なぁ、逃げるか?」

「……」

 レオは聞こえないように言ったつもりだったが、それは姫菊の耳に届いていた。



 姫菊は後方のショートに視線を配る。
 レオはプイとそっぽを向く。
 姫菊が正面を向くと、レオは冷ややかな目で姫菊を軽視した。
 まるで小馬鹿にしたような飄々とした目で。


 姫菊の目から一筋の滴が落ちた。


 絶対に負けるもんですか。
 先駆者のベーブルースはもっと辛い時代で戦ってきたのよ。
 だから私だって――


 そんな姫菊の耳に熱い声援が届いた。
 ふと、視線を上げる。

 客席の最後尾の立見席。
 そこで一人の騎士が猛烈に応援してくれているのだ。


「姫菊ぅぅ! 俺は何があっても絶対に応援するからな!!」


 姫菊は白い歯を見せて、熱い声援に応えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ