挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/145

69 9人のカノン

「何よもう! 何も見えないじゃない!」


 ここはアイゼンハードを158キロ程度南下したエルヴァストルの谷。
 我々はここをアジトにしている。

 前任者は相当無茶をしたようだ。
 この肉体は傷だらけだし、目まで見えない。
 まぁ私にとって、この状況は逆境でもなんでもない。
 単に快適な空間になっただけだ。


 今、カノンを動かしているのは、通称二番目――。カノン=ゴールデル


 このカノンの肉体――
 幼少期の頃、目の前で両親が殺され、精神分裂した。
 カノンをよく知るものはそのように言っているが、実は違う。
 それは無能な医者が判定した、いわば誤診。

 もし当時、伊藤クラスの医者が存在し、この体を診察していたら見破られていたやもしれない。


 カノン本体は長く眠っている。
 私は脳髄から顔を出す、少女の頬を撫でた。
 まだ6歳の容姿のままだ。目を閉じたまま、眠っている。
 こやつがオリジナルカノン。
 もし我々を見破れる奴が現れたら、我々のことをどういうだろうか。

 
 もっとも適当な言葉が、寄生虫……だろうか。

 
 ふ、きっとそう言われるだろう。
 だが、違うのだ。
 我々9人のカノンが、こやつ(オリジナル)を守ってきた。


 こやつを見ると、いろいろ思い出す。


 まぁ良いか。
 そのような昔話は。


 そうそう――
 どういう訳か、さっきまで我々は強力な肉体へ転送されていた。
 私にとって最悪の事態が起きたのだ。

 強い肉体を手にしたが為、8人のカノン達は、私を頼る必要がなくなったのだ。

 自我の強い、二番目のゴールデルと、傍若無人な四番目のフレイヤが完全に仕切ってデタラメをやってきた。
 その挙句が、たかだかニート如きに苦戦を強いられ、危うく命まで落としかけた。

 この肉体はレベル3。
 肩書は偽勇者。


 ――そういうことになっている。


 だが関係ない。


 勝利するのに必要なものは、肩書でもレベルでもない。
 完全悪に徹する精神のみ。
 すべての悪を超越した私に、粉砕できぬものなど皆無。


 ゴールデルはかんしゃくを起こして桶を蹴ったようだ。
 愚かなな。
 あとで掃除をする羽目になるだけなのが、こやつには分からぬのだろうか。


 私は脳波の管を使い、ゴールデルに指示を送った。

「一番目に変われ」
「嫌よ!」

「この無能、消すぞ!」



 一番目――カノン=アクアが立ち上がるとにっこりほほ笑んだ。

 ちなみに我々はそれぞれが持っている性格を、天体の名にちなんで呼び合っている。

 二番目のゴールデルは、物欲が多く、我がままである。やりたい放題するが、平気で他人を蹴落とするから使える。
 四番目のフレイヤは、烈火のように熱い性格をしており、攻撃性が強く、平気で他人を蹴落とするから使える。

 そして私が9番目。
 陰からカノンを支配する、冥王の星を持つ者。
 カノン、ハディス。


 一番目のアクア。
 彼女は物静かで無口な女である。

 カノン、アクア。
 水星の定めを持つ者。
 私ともっとも距離を置く天体。
 一番、奇妙な存在だ。

 何を考えているのかさっぱり分からぬ。

 だが、私の指示には的確に従ってくれるから使える。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ