挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/145

64 激突! まさかの魔王戦5

 俺は魔王にひのきの棒を向けた。
 俺の手には、魔王が大切に保管していた宝石がある。
 さらにもうひとつ。
 腹心だったフロイダは、こちらに寝返っているのだ。

 フロイダ――
 腐っても勇者を目指した男だけはある。
 俺に視線だけでうなずくと、素早く転移魔法を詠唱して、リディス王女をさらい、魔王との距離をとった。
 これでリディス王女は安全だ。


 完全に運はこちらに傾いた。


 そう思えた。


 なのに、
 なのにだ!


 魔王は澄ました顔で笑っている。
 あの余裕はどこからやってくるのだ!?


「ふふふ。クソニートのエリック君。どうやら君は、あたくしのタクティクス――快適勇者ライフタクティクスの真髄を知らないようね」


「何が勇者だ! てめぇなんて勇者じぇねぇ! ありとあらゆる卑怯な手をとり、己の快適に変える。それがお前のタクティクスなんだろ! そういった自己満足なちゃちなタクティイクスなどくだらない!」


「うふふ。そう、ご名答。ありとあらゆる卑怯な手を取るのが、快適勇者ライフタクティクスの根底的な考え。どうしてか、分かる?」

「知るか!」

「やはりあなたはこのタクティクスの真髄を知らなかった。それがあなたの敗因。ここに伊藤でもいれば違ったかもしれないけど、あなたは運からも見捨てられた。
 あたくしは戦いの中で開眼したの。
 人の不幸がうれしかった。
 無茶苦茶うれしかったの」


「くだらない。なんて寂しい奴なんだ」


「次の台詞を聞いて、果たしてその余裕な表情はどうなるのかしら。
 あたくしは他人の不幸がうれしい。
 すなわち快適勇者ライフとは、他人の不幸を己の喜びに転移することが可能。
 考えてみてよ。
 つまりね、他人が不幸になれば、あたくしはハッピーになれるのよ。
 分かりやすく言うと付け加えると、あたくしは他人を不幸にすることで、その分、己の力を増幅できる、それが我がタクティクスの真髄。どう? すばらしいタクティクスでしょう」


 他人の不幸を己の力に還元……
 なんて愚劣な……
 だが、確かにやっかいなタクティクスだ。


 つまり、俺、もしくは俺の仲間のHPが削られれば、その分、魔王は更に強大になるということなのか。
 苦戦を強いられると、その力量差は放されていく一方って訳か。


「だが、俺には史上最強のニートタクティクスがある! 負けるものか!」


「ふふ、ニートタクティクスなど弱点だらけ」


「何を証拠にそのような事が言い切れる!」



「これでもあたくしは社長をしているの。ニート上がりのダメ社員だって使ったことがある。だから知っている。ありとあらゆるニートの弱点を!」


「俺は並のニートでない! ちょっとやそっとの脅威になどには屈しない」


「そうね。あなたはニートの中のニート。キングオブニートだったわね。だったら尚更、ニート属性は強いってこと。
 つまりこの弱点をつけば、あなたにとって致命的な打撃を与えることができる。
 ところで今、何時か知っている?」


 ふと、懐中時計をみた。

 くぅ。
 そ、そんなバカな。


「ここは異次元。時と時のはざま。時間の調整は、ここを創造したあたくしの意のまま」


 現在、午前7時25分。
 あと5分で押し入れに隠れないと、母さんが起こしにくる。
 ……くそ、この時刻になると、どうしても嫌なトラウマを思い出してしまう。

 起きたくない。
 学校をさぼりたい。
 押し入れに逃げ込みたい。

 俺は午前7時25分が……こ、怖い……



 ニートパワーが最も弱まる時刻。
 それが、午前7時25分なのだ。


「うふふ。全身に倦怠感が現れているようね。
 そう、ニートは朝になると、恐怖する。
 学校に行きたくない。仕事をしたくない。部屋から出たくない。布団から出たくない。起きたくない。逃げたい。逃げたい。逃げる場所なんてないのに、とにかく逃げたい。
 それがニート。
 だけど、そろそろ誰かが叩き起こしにくる。怖い。どうしよう。
 だからこの時刻になると、ニートの体には異変が起こる。
 これこそ、ニート特有の自己防衛反応。
 それがニートの道を選んだもの定め。
 ニートなど、戦闘能力皆無の雑魚中の雑魚」



 胃袋に強烈なダメージが蓄積してくる。
 激しい痛みで、思わず片膝をつく。


「ふふ。
 やはりね。
 通常のニートならただの腹痛くらいで済むけど、あなたはキングオブニート。
 最強のニート属性。
 一般的なニートの100倍、いや、1000倍以上の超絶な腹痛に襲われている。
 そしてその苦しみは、あたくしの喜びへと変わる。
 あなたの、痛み、よく分かるわ。
 だって、あなたの苦しみが、わたくしの幸せへと変わっているのだから。
 ほら、どんどん魔力が増えていくわ。
 それにしてもすごいわね。
 このダメージ量、常人ならとっくに気を失い絶命しているでしょう。
 この苦しみから逃れるには、布団をかぶって寝たふりをするか、押し入れなんかに逃げ込むしかない。ここには布団も押し入れもない。
 逃げ場など皆無。
 完全に終わり。
 あははははははははははは!!!
 見てよ。
 我が魔力が猛烈な速度で増幅しているわ」

 
 魔王の両肩から、青白い炎が巻き上がる。


「じゃぁ、遠慮なくいくわよ。キングオブニート!」


 そして魔剣をギラリと抜いた。


 立つことすら厳しい激痛が、俺の腹を襲う。


 されど俺は、ニートを極めし者。
 キングオブニートの名に懸けて、絶対負ける訳にはいかない。
 そうだ、目の前の敵は、ニートの宿敵、ブラック企業の社長でもある。
 たくさんの可哀そうなニートを生み出したのは、従業員に精神的打撃を与え、働く気力を奪ってきた極悪非道なブラック企業の親玉達だ。


 この戦いは全ニートの意地をかけた聖戦でもある!


 もうろうとする意識の中――
 気力だけで奮い立った。


 頼む、世界中のニート、そしてひのきの棒よ、俺に力を貸してくれ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ