挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/145

55 ニート VS 勇者軍団 2

 下水道で仮眠を取り、お姫様と待ち合わせしていた町はずれの資材置き場にやってきた。
 お姫様の足は半透明になっている。
 彼女は漫画の世界の住人。
 こちらにいられるタイムリミットが刻一刻と近づいてきている。
 悠長にしている時間はない。

 アークデーモンの話では、勇者軍団が俺を狙っているらしいが、俺は真のニート。
 ニートには奥義、風林火山がある。
 勇者になんて負けるものか。
 こちらから乗り込んでやる。


 俺たちは快適勇者の本社がある、ロッポンギ・タクティクスヒルズを目指した。


 ドア越しに、中の様子をうかがう。


 この声は社長のカルディアか。
 威勢よく怒鳴っている。
 社員を叱っているのだろうか。


「あなた達、本当にそれでも勇者なの!?」

「……あ、はい。一応、ライセンスは持っています」

「なら、どうして今月の目標額に達成しないのよ! イシス君、アイン君、カーナさん、あなた達はクズよ。フロイダ君を見習いなさい。また新しいカモを見つけてきたわよ」


 フロイダはクスクス笑っているようだ。


 叱られている一人が賢明に言い訳をしている。


「俺は、出来る限り頑張りました」

「努力なんて聞いていない。勇者は結果がすべてなの。成績最下位のイシス君、社訓を唱和したまえ」

「……わ、我々勇者は、カモに対して感謝の心を忘れず、丁重に手玉にとり、だまし、全財産を巻き上げ、カモに代わって快適に生活します」

「ところであなた、カモの語源を知っている?」

「……い、いいえ」

「カモとは、その名の通り鳥類のカモを指している。カモとは捕まえやすい鳥、即ち騙しやすい者をカモと呼ぶ。
 真の勇者に必要な力は、騙しやすいバカを見つける眼力よ」


 なんて奴だ。


 カルディア社長はまだ熱弁を振るっている。


「騙されやすい人間とは!? イシス君、10秒以内に答えなさい」

「え、えーと……
 とろい奴、
 バカな奴、
 それと、えーと」

「全然ダメ。
 成績トップのフロイダ君なら、どういう者が騙されやすいと思う?」

「ふ、それは、ニートや天然お姫様。こいつらは知恵がないから簡単に騙せる。それと社会的弱者も射程範囲内だ。あいつらは切羽詰っているから、イチコロよ」


「え、フロイダ。
 社会的弱者を騙しても実入りなんて少ないだろ?
 金持っていないんだから」

「バカか。
 借金させればいいだろ?」

「借りられるのか?」

「勉強不足だな。
 だからいつまで経っても売り上げ最下位なんだよ。
 ああいった弱者を対象に金貸しをしている奴だっている。
 返せなくてもいい。
 奴隷にするか、変態肉屋に売り飛ばせばいいだけだから」

「……た、確かに金は欲しい。
 貧乏は嫌だ。
 で、でも、俺にはそこまでの残虐性は……」

「おっと。
 それ以上言ったらどうなるか知っているよな。カルディア社長、どうします? イシスは勇者失格ですかね?」


「いえ、失格ではないわ。
 私にはイシス君の弱点が分かったわ。
 イシス君がそんな考えだから、中途半端な成績しか出せないの。
 いい?
 この世界は、弱者と呼ばれるバカがたくさんいる。
 このままいけば、弱者が世界を滅ぼす。
 税金を納めていない貧民。
 働きもしないニート。
 働けない老人。
 生まれた家柄が良かっただけの、無能な貴族。
 あいつらはまったく役に立たない。
 それどころか、我々エリートの足を引っ張っているの。
 国だって本当はニートや貧民を排除したいと願っている。
 だけどそれをどうやってするの?
 下手にやったら、弱者たちが徒党を組んで、国に反旗を翻すわ。
 だから勇者の出番なの。
 働けない一人暮らしの老人に『オレオレ詐欺タクティクス』で金を吐き出させる。これは崇高なる神の裁きなのよ。
 奴らのせいで若者は年金すらもらえないのに、奴らはノウノウと福祉医療を受けている。
 このままでいいの?
 弱者が国を食い物にしているのよ!
 誰が国を救うの?
 私たち勇者でしょ!?
 私たち勇者が、弱者やニートをだまし、誑かし、地獄へ叩き落してあげないといけないの。
 そのお金で私たちは豪遊する。
 これを再生と呼んでいる。
 私たち勇者が、無能な弱者をお金に換えて、市場に放出させる。
 それはまるで力ある研ぎ師が、さびた剣を蘇らせるのと同じ。
 私たち勇者が、どうしようもないクズを尊い宝に変えるの。
 如何なるクズでも、私たちの手にかかれば、すばらしい宝石になるのよ。
 そして、これこそ国家安泰の唯一の道なのよ!
 どうしてそれが分からないの!
 あなた、それでも勇者なの!?
 もしかしてアホなの?
 弱者とは悪なのよ。
 勇者とは常に、民衆の平和、安泰を考えなくてはならない。
 それがどうしてできないの!?」


「……俺が間違っていました……」
「……頑張って、弱者を騙します……」


「それでいいのよ。
 勇者の道は厳しく険しい。
 でもね、大丈夫だから。
 真の勇者である私が、あなた達を本物にしてあげるから」


「カ……カルディア社長……」


 勇者一味は、カルディアの好き勝手な戯言に感動して泣いているのか……



 カルディアは正真正銘のクズだ。
 てめぇは勇者なんかじゃねぇ。
 俺は真の勇者を知っている。


 彼女はカルディアの言う、弱者なのかもしれない。
 目が見えない。
 レベルも3しかない。
 弱点だらけだ。

 それでも弱い老人をかばいムチでうたれた。
 彼女が弱者?
 違う。
 目が見えないからこそ、音を大切にする。
 カノンさんは、人が発する言葉を大切にしている。
 皆の言葉に耳を傾け、弱い人を守るために立ち上がった。

 弱点とは、言い換えれば武器だ。
 俺はニート。
 社会的弱者と言われても仕方ない。
 だが、ニートだからできることがある。



 外はもう暗い。
 時は夜。

 つまり、今、ニートの刻。
 俺がもっとも力を発揮できる時刻。



 俺は戸を蹴り開けた。

 勇者たちの鋭い眼光が、一斉に俺に向いた。

「て、てめぇ! クソニート! 何の用だ!?」


「用?
 社会のゴミを始末しにきただけだ」


 ごつい一人が、野太い声をあげた。

「俺達は社会のヒーローである勇者だ。ゴミはニートのキサマだろうが!」

 フロイダはニヤニヤ笑いながら毒づいてきた。

「あれだけ泣いていたのに、どういう了見だい? 理解に苦しむよ。まぁ、バカだから何も考えていないだけか。ニートのお前の思考に合わせて考えるだけ、時間の無駄か。お姫様は奴隷市場に、ニートは働けねぇだろうから、ばらして変態肉屋にでも売るだけさ」


「フロイダ!
 てめぇは腐っている。
 正真正銘のクズだ。
 だがそれは全部、カルディアのせいだ。
 てめぇは間違った師匠を持った。
 だからてめぇは狂った。
 だが、てめぇのおかげで、生を受けた者がいる。
 てめぇは言ったよな。
 天然お姫様には、知恵がないから簡単に騙せる、と。
 それは、てめぇに知恵がないからそう思えるだけだ。
 天然お姫様は言った。
 そんなてめぇを助けて欲しい、と。
 だから俺がてめぇらを救ってやるよ。
 俺は、ある人より人生ニートとは何かを教わった。
 そして俺は生まれ変われた。
 今度はお前の番だ」


 俺は視界をカルディアに切り替えた。
 野郎はニヤリとほくそ笑む。

「やぁ、ニート君。言うようになったね。だけど君に勝ち目はない。こっちも君を探す手間が省けた。死にに来てくれたことを、心から感謝するよ」


「カルディアよ、てめぇは弱者を蔑んだ。
 それがてめぇの敗因となる。
 長所と短所は表裏一体。弱点とは、言い換えれば最強の武器でもある。
 そしてニートとは、すなわち最強戦術アルティメットタクティクス

 貧乏……
 だから誰よりもお金を大切にする。

 話すのが苦手……
 だから話す前にしっかりと考える。
 そして他人の話にちゃんと耳を傾けようとする。

 表面だけで判断する悪党のお前には分からないだろう。弱者の苦悩が……。そしてそこから生まれる可能性が……

 働くことを敢えて避けることにより、誰よりも自由に近づき、誰の色にも染まらず、そして誰にも拘束されず、人知れず悪を討つ。
 それがニートだ!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ