挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/145

54 ニート VS 勇者軍団 1

 アークデーモンは、消え去る前に言った。
 俺を抹殺する為に勇者が立ち上がる、と。

 長屋のみんなも、それを聞いて不安そうに顔を見合わせている。

 そんな中、カミル姉は「エリック。大丈夫だよ、今度は私たちがあなたを守る番だから。私達は借金取りから逃げてきた。だから、街の地下は熟知している。みんなも協力するから、ね!」

 強引に笑顔を作り、そう言うカミル姉に視線を合わせる者はいない。

 母さん……
 また不安にしちゃってごめん。

 だから言ってあげた。

「カミル姉。
 みんな。
 心配しなくても大丈夫だよ。
 俺はニートを極めし者、キングオブニート。
 如何なる敵も、ニートをつかまえることはできない。
 何故なら、ニートは常に働くことから逃げてきたから。
 ニートの道とは、すなわち逃げ続けること。
 逃げることから目を背けると、もはやニートではない。
 つまりニートとは、逃走のプロだ」


「し、しかし……」


 心配そうに俺を見るカミル姉をよそに、リュックから金塊の山を取り出して見せた。
 ざっと3500ゴールドはあるだろう。
 アークデーモン8体の金塊と足すと、ざっと4000ゴールドを超える。
 俺達スラム街の連中には到底拝めない大金だ。
 これだけあれば何だってできる。
 普通の暮らしは当然のこと、勉強をして技術を身に付け職に就くことも、アイデアを出し合い商売をすることだってできるだろう。
 これは今まで迷惑をかけてきたお礼だよ。
 そんな気持ちで差し出した。

「エリック、どうしたのよ? こんな大金」

「さっき言っただろ。
 俺は勝ったんだよ。
 最強の龍族さえも、働かずして勝つ術を手にいれたんだ。
 私利私欲にまみれる勇者集団にだって勝てるさ。
 ここにいたら、みんなに迷惑をかけそうだから、俺、行くわ」


「エリック。行くってどこに行くつもりなのよ! いつまで逃げ続ける気?」


「カミル姉はいつも心配性だな。
 それよか、もう今まで苦しめてきた借金はないんだ。悪い奴は全員、金塊になった。
 彼氏でも作って幸せになれよ」


「は??
 何言ってんのよ!」


「ツンツンしない。
 俺、思っていたんだ。
 カミル姉は、ちょっと化粧でも覚えておしゃれをしたら、そんじょそこらの貴族のバカ娘なんかより遥かに美人だって」

「な、な、何言ってんのよ! バカッ!
 ……エリック、あ、あなただって彼女、作ればいいじゃん。
 もうただ単に逃げ回っていた弱いエリックじゃないんだから。
 でもね、例え強くなれたとしても、一人ぼっちで逃げていたら辛いわよ。
 エリックの心を分かってくれる人、見つけたらいいじゃん。
 な、なんなら、わ、わた……し……」

「実は見つけたんだよ!」

「え!?」

「なんだよ。
 そんなに驚くなよ。
 カミル姉が彼女を作れとか言うから、教えてあげただけなのに」

「そ、その人、ど、どんな人なの……?」

「すごい人だよ。
 あ、もちろんカミル姉も、いつもすごいと尊敬しているけど……」

「大丈夫なの?
 ……その人に騙されていない?
 さっきのアークデーモンのように、もしかして正体は悪魔ってオチかもしれないよ?」


「何をそんなに心配しているんだよ?
 カノンさんが悪魔な訳ないじゃん」

「エリックの好きな人、カノンって言うの……」

「うん、目が見えないのに、弱い人を守っているんだ。そんな天使のような女の子が、俺なんかの事を好きって言ってくれたんだ……」

「……そう。
 その子、目が見えないの……」



「え? カミル姉、どうして泣いているの?」



「バカ!
 こっち、見るんじゃない!
 駄目駄目ニートのエリックが……
 何もできなかったエリックが……
 いつも心配ばかりかけていたエリックが……
 ……エリックがちゃんと一人前になれて嬉しいのよ……。
 私、あなた達の事、応援しているから」



 ……ありがとう。
 そう心で返して、俺はみんなと別れた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ