挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/145

40 ニートタクティクス 働いたら死ぬが、それでも職を探せ編1

 ニートの腕輪。
 それはニートの夢を叶えてくれる幻のレアアイテムである。


 天下一ニート選手権は辛く過酷な戦いだった。
 全国から名だたるニートが各地の予選を勝ち抜き、ニートの中のニートを決める熾烈極まるルール無用のデスマッチ。
 まず参加者は全員ニートだ。
 大抵は時間を守れない
 試合開始時刻に、半分以上が間に合っていない。
 俺もそうだった。
 だが、さすがニートの頂点を決める試験だ。
 まともな常識なんて存在しない。
 時間に遅れた奴だけが、一次試験通過者となった。
 一生懸命、解答用紙にニートとはなんたるかを書き込んだ奴らは、すべて一次試験で失格となった。
 その次には二次、三次、最終試験まであったが、俺は全てパーフェクトの成績を叩き出し、10名いた審査員すべてに、「アメイジィ! お前は真のニートだ!」という祝福の言葉を貰い、ニート協会の理事長に、キングオブニートの称号であるニートの腕輪を授与してもらった。



 母さんのために頑張ると決意した翌日の正午過ぎ。

 俺はベッドから飛び上がった。
 俺は朝起きることができない。

 目覚まし時計4つスタンばっていたのに。
 朝一でハロワに行こうとしていたのに。

 俺の右手にはニートの腕輪が不気味に光っている。
 まるで俺の敗北を喜んでいるかのようだ。

「おい、エリック」

 な、なんだ?
 ニートの腕輪がしゃべったぞ。

「おいらにだって意思はあるんだぞ。いつもキングオブニートの守護者としてエリックを見守っていた。今までは立派なニートだったから黙っていたが、お前、よくない事を考えているだろ?
 お前は真のキングオブニートだ。
 それなのに、お前、なんか頑張ろうとしているよな?」

「もちろんだ。
 母さんを救えるのは俺しかいない」

「あー、ムリムリ。
 それよか昼飯代と遊ぶ金を用意してやったから、適当に外食を済ませてカジノへ行こうぜ。知っているだろ? 今日は火の曜日だ。スロットの揃う確率はいつもの二倍だ。男なら行くしかねぇだろ!」


 床に何かがキラリと光っている。
 コインだ。
 8ゴールドもある。


 金を見ると、カジノのリズミカルなメロディーが頭の中に再現されてしまう。
 くそったれ。
 コインをポケットに押し込むと、俺は長屋を出た。



 いつもは夕方くらいから活動を始める俺にとって、太陽の光はきつすぎる。


 俺は強く心に決めていた。
 檻の中のジャンヌダルクに会おうと。
 カノンさんは凄い人だ。
 かつては俺のように終わった人生を歩んでいたのに、誰かの為に戦う強い人へと変わった。レベル3というのに、老人をかばってムチで打たれた。
 収容所内の兵士は、職業柄かなりレベルが高いはずだ。
 下手すれば死んでしまう。
 それなのに、彼女は弱い者を守る為に戦っている。


 俺にだって、できるはずだ!


 ニートの腕輪から貰った8ゴールドで、カノンさんへの差し入れを購入し、収容所へと歩を進めた。


「おい、エリック。
 カジノはそっちじゃねぇぞ。
 どこへ行く気だ?」

「ロングナイラの収容所。
 その後はハローワークだ」

「げ。
 やめろ。
 お前、死ぬ気か?
 知っているとは思うが、勇者にとっての魔王城が、ニートにとってのハロワなんだぜ?
 お前、最強のキングオブニートなんだぞ?
 ハロワなんかに行ってみろ。
 恐怖のあまり心臓が爆発して死んでしまうぞ」


「ざけんな!
 俺は生まれ変わるんだよ!」


「生まれ変わってどうするんだよ?
 折角借金返済を一年延ばしてもらったんだ。
 11ヶ月くらい遊んで、最後の1ヶ月で逃げればいい。
 だっておいらがいる限り、お前はのたれ死ぬことはないんだぜ?
 母親と伊藤を見捨てる勇気を持てば、お前はニートとして優雅な生活ができる。
 それにお前、働いてどうするつもりだ?
 手に職を持たないエリックなんて、雑用くらいしかできん。
 そもそも働いたら死ぬんだぜ。
 お前はもうニートとして生きていくしかないんだ」


「うるせぇ。黙れ!
 俺だって……俺だって……」


 くそう。
 こうやって何かを頑張ろうとすると、すぐに胸の奥が痛くなっちまう。
 これがニートの血というやつなのか……
 情けない。
 ニートの腕輪を外そうとしたが、ピクリとも動かない。
 こいつの言う通り、俺はクズのままなのか。



「エリック。
 ごめん。
 おいらはお前の幸せを考えて言っているんだ。
 おいらだけだよ。
 本当のエリックを知っているのは。
 伊藤も母ちゃんも、エリックのことを知りやしない。
 エリックは一人では何もできない典型的なダメ人間。
 でもいいじゃないか。
 そんなダメ人間だって、生きていく権利はあるんだ。
 楽しむ権利だってある。
 おいらはエリックが好きだ。
 だから見捨てないよ。
 心配しないで。
 絶対にエリックを守ってあげる。
 キングオブニートを守護するためにおいらは存在するのだから。
 どうしても仕事をしたいというのなら、おいらの言う通りにして。
 このストリートを突き当りまで歩いて右折したところに、快適勇者ライフの事務所ってのがあるよ。おいらのニートアンテナには、スーパー吉とでている」


 快適勇者ライフの事務所だと?
 その名前、聞いたことがある。


「ところでニートの腕輪よ。そこはどんなとこなんだ?」


「ニートでもできる超簡単な業務内容で、相当の利益を叩き出している。快適勇者ライフタクティクスとニートタクティクスは相性が抜群。覚えておいて損はないよ」


 ――快適勇者ライフタクティクス。
 たしか檻の中のジャンヌダルク、カノンさんのタクティクスもその名だった。

 その事務所とカノンさんは、何か関係があるのだろうか。
 ニートの腕輪の言う事だ。
 どこまで信用していいのか分かったもんじゃない。
 だけどここから近いし、訪ねてみる価値はありそうだな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ