挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/145

31 戦術指南上級編 魔神アモンをひのきの棒で倒せ4

 シュバルツァーさんのお話に感動したのは、あたしだけではありませんでした。
 ダンさんも「シュバルツァー、おめぇ、口調やノリから軽く薄っぺらい奴とばかり思っていたが、信念を持った熱い男だったんだな。マジで気に入ったぜ」と握手を求めてきました。

 シュバルツァーさんはダンさんの手をとると「なぁに。まだ大したことはできていない。俺が活躍するのはこれからだ」と返します。

 ダンさんは続けます。

「二人の力を借りれば、なんかアモンを倒せそうな気がしてきたぜ。具体的な作戦を考えていきたいんだが、なんつーか、アモンは、HP、守備力はもちろんのこと、魔法防御だってデタラメに高い。あんたには致死系魔法を始め、いろんな魔法があるみてぇだが、果たしてアモンに効くのか?」

「あれ程強力なボスクラスを、心臓麻痺させることはできないだろう。
 せいぜい心臓をドキドキさせるくらいで精いっぱいだ。
 火炎等の攻撃魔法を魔力全開でぶっ放しても、薄皮一枚をちょっぴり火傷させるくらいが限界だ。
 だが絶対に通じる、効果てき面の魔法がある」

「それはなんだ?」


「回復系魔法、それと防御力や攻撃力を上げる支援系魔法だ。
 それは魔法防御関係なしに100%通じる」


「え、通じるも何も、そんなことをしたら圧倒的不利になるだけじゃねぇか。アンデッドなら回復系が攻撃に転じると聞いたことがあるが、アモンはアンデッド系じゃねぇんだぞ!
 もしかして聖属性の魔法のことを言っているのか?
 確かに聖属性や光属性の魔法なら通用しそうだが……」


「悪いが、そういった魔法は、あまり得意じゃないんだ。
 今回俺が使用する魔法は、アモンの戦闘能力を2倍近く引き上げる魔法だ。
 そういった後方支援の魔法は絶対に通じる」


「お、おい! 何を言っている!? そんなことをしたら俺たち終わっちまうじゃねぇか!」


「なぁに。
 薬も酒も体にいいのは適量まで。
 まぁ見てな。
 野郎の平衡感覚は、俺が確実に奪ってやる。
 おっさんをアモンにぶつけてやりたいが、相性が悪すぎる。
 パワー系とパワー系がぶつかった場合、どうしてもパワーが勝る方が有利になってしまうからな。
 悪いが雑魚どもを頼めないか。
 雑魚といえど、それはアモンに比べての話。ハイオークやゴーレムといった高レベルモンスターばかりだ。
 大丈夫か?」

「分かった。
 例え何十匹、いや何百匹いようが、俺が確実におさえる。
 お前らの背中は俺が守ってやる。
 それにいらぬ気遣いは結構だ。
 俺の目的はアモンとの腕比べではないんだ。
 アモン討伐が俺の祈願だ。
 野郎を沈められるのなら、俺は何だってするぜ」


 ダンさんは、ニィと唇の端を上げて見せました。
 シュバルツァーさんはひとつうなずくと、今度はあたしに作戦を告げます。



 あたしは「分かった。頑張る!」と返すと、シュバルツァーさんは両手を胸の前に掲げて指で三角形を作り、その中心に魔力を集中させる。


「さぁ、行くぞ。
 心の準備はいいか?
 移動先は暗闇だ。
 片目を閉じておけ。
 そうすることで目は早く慣れる。
 分かっているだろうが、いきなりアモンの後ろ付けだからな。
 勝負は一瞬。
 気を緩めたらすぐに死ぬぞ。
 誰か一人でも死んだら、この作戦はパーになっちまう!」




 シュバルツァーさんは片目で、あたし、そしてダンさんに目配せをする。
 みんなが首を縦に振ったと同時に、周りの景色は変わる。


 巨大な赤い背中が見える。
 こいつがアモン。

 薄暗い空間を、部屋の隅にあるたいまつの炎がぼんやり照らしている。


 最初のターンが始まる。
 まず動いたのは、シュバルツァーさんだ。
 シュバルツァーさんの指先から紫の閃光が生まれ、アモンの後頭部へ直撃した。



 彼が使用した魔法はバーサーク。
 相手を興奮状態にして圧倒的な戦闘能力を付加する魔法です。


 興奮状態になると、血流は活発になります。


 アモンは仲間たちと酒の飲み比べをしていました。
 大樽がたくさん転がっており、おそらく相当の量を飲んでいます。
 そんな状態で更に血流がよくなると、一気に酔いが回り、立つこともままならないとシュバルツァーさんは言っていました。


 シュバルツァーさんは、クールに一言付け加えます。


「限界まで飲んだ状態で、頭をガンガンシェイクされたのと同じだ。立てるものなら立ってみろ! 後はおっさん、ノエル。
 一気にフィニッシュだ!」


 ダンさんは両手に斧を握り、モンスターに向かって一括する。

「ここから先には行かせない! お前らは覚えているか! 小さな女の子……我が娘を容赦なく切り殺した事を! 今こそその復讐だ! さぁかかってこい、モンスター共」

 次々にオークの群れを切り伏せていく戦士ダンさん。


 あたしも準備OK。

「魔法剣。セイクリッドソードミサイル!」


 ひのきの棒に聖属性を付加して、アモンの後頭部に向けて、振りをつけて力いっぱい投げつけた。
 アモンの化け物染みた敏捷性や回避力を考えると、命中させることは困難だったかもしれない。
 それどころかずば抜けたその反射神経で、打ち返してくる可能性だってあった。
 だけど今は完全に平衡感覚を失い、立ち上がることすらままならない状態。膝の上に右手を置いて、必死に戦闘態勢を取ろうとしているが、思うように動けないようだ。


 一度45分割してジョイントさせたひのきの棒が、アモンの後頭部にヒットした。
 ぶつかった同時に、ひのきの棒の先端から連鎖的に崩れていく。

 あたしの攻撃力は123。
 それにひのきの棒の攻撃力が加算されて、124。
 聖属性のクリティカルヒットにより、248のダメージ。
 それが45連鎖繰り返す。


1回目248
2回目595
3回目1,012
4回目1,512
5回目2,112
6回目2,832
7回目3,696
8回目4,732
9回目5,976
10回目7,469
11回目9,261


 中略


40回目2,124,782
41回目2,550,035
42回目3,060,340
43回目3,672,706
44回目4,407,545
45回目5,289,351




 アモンは一瞬で消し飛んだ。

 

 転移魔法を詠唱しかけていたシュバルツァーさんは、「ふ、環境破壊せずに済んだぜ」とこの場を締めくくりました。



 ノエル
 レベル:71
 クラス:ソードマスター
 H P:2280
 M P:1480
 攻撃力:457
 防御力:381
 武 器:ひのきの棒
 防 具:エルフのマント
 スキル:魔法剣レベル70
次話はついにゴンザとの正面対決です。

圧倒的な力を手に入れたノエルとその仲間達。

だが、ゴンザは持っているのです。
相手からスキルを略奪する恐ろしい秘術を。

いよいよ物語は大きな山場を迎えようとしています。
ゴンザの卑怯な魔の手が、ノエルたちを襲う!?

何卒よろしくお願いします<(_ _)>
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ