挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/145

3 パーティを組もう

 ひのきの棒があるとないとでは、大きく違う。
 素手で戦うヤツをたまに見かけるが、私からしたらそいつらはどうかしている。
 籠手とか装備しているのならまだいいが、敵に直接触ることになるんだぞ。
 毒に感染する確率も高まるし、わりと固い鱗を持つモンスターだっている。
 武器を損傷したらまた買えばいいが、こぶしを怪我したら替えが利かない。
 素手での攻撃なんて自殺行為だ。

 ひのきの棒は、腐っても武器。
 最低限のリーチだってある。

 ぶつぶつ自分を正当化しながらギルドへ向かった。
 礼拝堂を根城にするアルディギルド。
 会費もやすく初心者の冒険者にとってやさしいと噂されている。
 まぁその安い会費すら、支払いが困難になっているのだが。

 さてパーティを募るか。
 と言っても、ひよっこしか仲間になってくれない。
 アルディギルドのルールで、一度パーティ申請したら半年は解約できないし、途中でパーティメンバーが死ぬと履歴に仲間を見殺しにした傷が残る。
 だからみんなパーティを組む時は慎重になる。

 特に成長に金のかかる戦士や魔道士は、みな熟考になる。
 安く済む格闘家や、王様から声がかかりやすい勇者はわりと人気者だ。
 武道家と組む気にはならんが、なんとしても勇者とは組みたい。
 イベント発生率が違うし、そもそも世間体や待遇が良くなる。

 この際仕方ない。
 今日、ギルドへ入会したというピカピカの新米に声をかけた。

 カノン
 職業、勇者
 Level:1
 性別:女

「よぉ、私は戦士ヴァルナ。私と一緒に冒険に行かないか?」
「嫌ですわ」

 なに。
 この子、ちょっと生意気。
 でも私は笑顔を作り、話しかけた。

「どうしてさ? 私はレベル4あるぞ。それに戦士だ。強力な敵の攻撃からあんたを守ってやる」

「ふふふ、みすぼらしいひのきの棒しかお持ちでないのに、どうやってわたくしを守れるというのですか?」

 クソッタレ。
 でもそりゃそうだ。
 私だって、こんな棒っきれしか持っていない奴とはパーティ組まないもんな。

 それでも「……えーとだな……」と話しを繋ごうとしていた。

 隣で聞き耳を立てていたシーフのカイルが、

「やめとけ。こいつ、貧乏な癖にカッコばかり気にするから、金欠パーティまっしぐらだぞ。それよか、俺はシーフ。敵から金品アイテムをぶんどれる。俺とパーティを組んだ方が快適に冒険を進められる」

「うふ。そうですね。よろしくお願いします」


 ……いつものように誰にも相手にされない。
 今日は一段と酷い。
 まぁ私の武器はひのきの棒だ。
 誰が相手にするってんだ。


「あのぉ~」と、誰かが声をかけてきた。


 私の視界に、私よりもみすぼらしい少年が飛び込んできた。
 古びた袈裟衣に素足だ。

 見習い僧侶か。
 西洋風僧侶は人気があるが、和風僧侶は不人気なんだよな。
 西洋風僧侶は、回復魔法や聖なる魔法を詠唱できるのに対し、和風僧侶は『とんち』というハッタリスキルで敵と戦うマイナー職だ。
 こいつも誰も相手にされなかったのか。

 
「ぼくとパーティ組んでくれませんか?」

「お前、今までの実績は?」

「えーとですね。托鉢でなんとか日銭をかせいで生活しています」

「モンスターを倒した事はないのか?」

「どうやらぼくには『とんち』というスキルがあるようなのですが……」

「あぁ、聞いたことがある。橋を渡るなとか言われたら、橋ではなく真ん中を渡るという屁理屈を武器に戦うんだろ? おまえ。で、それ、モンスターに通用するのか?」

「いえ……。まったく。どうしたらいいでしょう、ぼく」

「人の悩みを聞くのが僧侶の仕事だろ?」

 涙ぐんでいる少年を見ると、溜息しかでない。
 しかし私とパーティを組んでくれるのは、こいつしかいないみたいだ。
 やっぱ、ソロで行った方がよさそうだな。

 そもそもモンスター相手に口八丁で戦うのには無理があるだろ?
 せめてひのきの棒くらい装備した方がいい。
 パーティを組む気にはなれんが、あまりにも哀れだ。

「おい、お前、安い武器屋を紹介してやるからついてこい」
「あ、はい」


 僧侶:珍念
 Level:1
 スキル:とんち
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ