挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/145

25 営業妨害タクティクス ひのきの棒編5

 伊藤さんと別れ、街のはずれまで行くと、エルフのマントを羽織り、その場でしゃがんで石のつもりになってみました。
 すると、指の先から徐々に透けていったのです。


 これはすごいアイテムです。


 ルーシェルさんは一定以上の忍耐力が必要だと教えてくれましたが、どうやらあたしには問題なく使えるようです。


 透明になったあたし。
 途中に伊藤さんのお店の前を横切ってみました。

 

 どうしてあの子が、こんなところに!?

 

 お嬢様こと、ゴンザの娘、カトリーヌがいるのです。
 よそ行きの黄色いお洋服に白いハットをかぶっています。
 伊藤さんのお店をショーウィンドー越しに、中の様子をじっと見つめています。


「あ、ノエル」


 え?
 どうしてあたしの姿が見えるの?

 あ、そっか。
 意識を集中しなければ元に戻るんだっけ。

 まぁ、いいわ。
 どうして店の中をずっと見ているのか気になっていました。どうせゴンザの差し金のような気がします。だから聞いてみました。


「そこで何をしているの?」

「……私の王子様がいなくなった……」


 王子さま?


「……
 尊敬していたカノン先生が、経歴詐称と勇者免許偽装の罪で捕まったの。
 私はあまりのショックで、街をふらふら歩いていた。
 カノン先生に教わった九九を口ずさんでいたような気がする

 3×1=3
 3×2=6
 3×3は……え~と、33
 3×4は……

 その時だった。
 馬車がこちらに突っ込んできていたの。
 そこをあの人が助けてくれた。
 颯爽と私を片腕にさらい、身をひるがえしてムーンサルトで馬車をかわし、地面にゆっくりと私を下ろしてくれた。

 私は彼に「あなたは誰ですか?」と訪ねた。

 彼は、『3×3は9ですよ』とだけ告げて、人ごみの中へと消えていった。
 私は一生懸命彼を探した。
 そして分かった。

 彼が、パパが目の敵にしている武器商人ということが。

 私ね。
 別にあんたのこと、嫌いじゃなかった。
 あんたに意地悪をしたらパパが喜んでくれるからやっていた。
 あんたに豆を落として食えと言え、そして笑えとパパから教わった。
 人生を勝利するには、悪しかないと教えてくれたのがパパ。
 だから毎日やっていた。
 本当は辛かった……
 あんたに論破されたとき、何も言い返せなかったでしょ。
 どう答えていいのか分からずに、思わずあんたを平手打ちしてしまった。
 あんたの言っている言葉の方が正しいと思った。
 悪いことをしたら、いつかしっぺ返しを食らうって教えてくれたよね?
 その通りだった。
 カノン先生は捕まった……
 私ね、あの後、すごく後悔したんだ……
 謝りたかった。
 でも、あんたと仲良くしたらパパに叱られるから」


 初めてゴンザの家に行ったとき、同じ年のカトリーヌと一緒にお人形で遊んだことがあった。カトリーヌが大切にしていたマーガレットをあたしに抱かせてくれた。


 どうしてこうなっちゃったんだろう。
 いつの日か、カトリーヌはあたしを苛めるようになった。


「だけどね。
 私、あんたのことが嫌いになれそう。
 あんたは王子様のところで営業妨害していなかった。
 私は窓の外から何度も見たわ。
 王子様と一緒に、楽しそうにお話をしていたのを。
 正直、あんたが憎い」


「あたしもよ。あたしもカトリーヌが憎いわ」


「もう王子様には会わないで!」


「何であなたに指図されなくちゃならないのよ! 何度だって会うわ!」


「ダメ。
 会ってはだめ!」


「どうしてよ!」


 カトリーヌは、しばらくうつむいていた。
 だけど手を握りしめて、おもむろに口を開けて叫んだ。


「……あんたが監獄で伊藤さんと会っていること……パパには筒抜けなのよ。今朝、店にきた憲兵に聞きまくっていたから。パパはラクライナの牢獄であんたを張っている。あんた、伊藤さんを助ける気でしょ?
 パパが言っていた。
『伊藤の野郎、ノエルを使って猪口才な手にでるかもしれねぇな。だから野郎は、あれほど余裕なんだろ。だったらその前にノエルをひっ捕まえちまえばいいだけよ』って」


「どうしてそれを、敵であるあたしに教えてくれたの?」


「あんたが嫌いだから。
 伊藤さんと仲良くしていたあんたが大嫌いだから……
 でも、あんたしか伊藤さんを救えない」


 その時でした。
 ゴンザ!?

「見つけたぞ! そこにいたのか!」

 そう叫びながら風を切るような物凄い勢いで迫り寄ってきている。
 昨日まであたしの方が速かったのに、まるで別人。何か違う力が宿ったかのようだ。


「営業妨害タクティクスを伝授してやった大盗賊のガガルアから、素早さを吸収してやった。ガガルアは干からびて死んでしまった。ノエル、てめぇのせいだ。てめぇが俺の弟子を殺したのと同じだ。ガガルアはマジでいい奴だった。俺を師とまで仰いでくれていたんだぞ。だがな、もはやてめぇなんざ、簡単に捕まえられるぞ!
 これは弟子の弔い合戦だ!
 ガガルア、俺に力を貸してくれ!!」


 馬よりも遥かに速い。
 鬼の形相であたしとの距離を猛烈に縮めてくる。


 やばい。
 姿を消そう。
 石になれ。
 うぅ。
 あまりの恐怖に、意識が集中できない。


 その時でした。
 カトリーヌがゴンザに抱きついた。
 おねだりをするような甘い声でゴンザに話しかけている。

「ねーねー、パパ、パパ。ショッピングに連れてってよー」

「お、おい。後にしろ。俺にはどうしてもやらなきゃならない仕事があるんだ」

「えー。パパはー、カトリーヌとお仕事、どっちが大事なのー?」

「そりゃ、100対0でお前の勝ちだが、それとこれは別でな!」

「えー。パパは私が嫌いなんだ……。私はこんなにパパの事が大好きなのに」


 カトリーヌはこちらをチラリと一瞥した。

 もしかして『行け!』と言っているの?

 
 とにかくあたしは走った。
 人ごみをかき分けながら、街の外を目指した。

 

 カトリーヌはあたしの事が嫌いと言った。
 そんな彼女はあたしを助けた。
 カトリーヌは今、戦っている。
 ルーシェルさんと同じ。
 カトリーヌは、雁字搦めにされてきた運命の鎖を断ち切るために。
 ルーシェルさんは、奪われた夢を取り戻すために。

 
 そのために、二人はあたしを先に行かせてくれた。
 この聖戦は、もはやあたしだけのものでは無くなったのかもしれない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ