挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スタイリッシュ武器屋 作者:弘松 涼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/145

106 鬼神のバイト1

 私は伊藤の店を出ると、ひのきの棒を購入する資金調達をする算段を始めることにした。

 自宅の鬼神界に帰還すれば、金は腐るほどある。
 だが鬼神界の通貨は異なるし、何かアイテムをこちらに持ってきて換金したところで、果たして伊藤が受け取ってくれるだろうか。
 奴は心のこもっていない金は受け取らないとかいう、かなり面倒な設定の男なのだと、友人の魔王から聞いたことがある。

 でも、どうやって5ゴールドに心を込めればいいというのだろうか。

 やはり働いて稼ぐとか、そういった苦労をPRするしかないのか。


 いざ働くとなると、生徒にバレぬように、隣町に行くしかないだろう。


 まぁ今は深夜。
 バーでバイトをすれば、生徒とかち合うことはないだろう。


 いや、待て。
 他の先生や学園長、もしくは生徒の親と鉢合わせしたら大変だ。ダブルワークは禁じられている。
 3年C組を改革する前に解雇されてしまう。
 それでは本末転倒ではないか。


 ……。


 何か良い手立てはないものだろうか。
 ……それ以前に、伊藤からひのきの棒如き攻撃力1のゴミアイテムを購入して、果たして私の問題は解決するのだろうか。


 それでも私は腕を組み、悩みながらうろうろと歩いた。


 散々選んだ挙句、私が選んだのはなつみが働いているフェアリーベルというインチキ店の呼び込みのバイトだ。
 なつみにバレぬようそっと裏口に回り、戸をノックしてオーナーを呼び出した。

 嫌そうな顔をして出てきたのは、ストライプスーツを雑に来た30半ばの若造だ。

「は? あんた誰?」

「私を雇え! 一生懸命働いやる。もし雇わなければ即座に地上から抹殺するぞ」

「は?」

 私のレベルは99999999999999999999999999999999999999999ある。

 周りに誰もいない事を確認して、手を上空に掲げ、奥義『ダークグランディール』を発動させた。

 手のひらから真っ赤な炸裂弾が遥か上空に舞い上がりエネルギー砲が派手に四散した。
 おそらく第三の月が破壊されたのだろう。
 見慣れた夜景がちょっぴり変わった。

「いいか。殺されたくければ雇え! 一生懸命呼び込みしてやるから、心のこもった10ゴールドを支払え! いいな! 分かったな」

 今度は手のひらをオーナーの男に向け、紫のエネルギーの弾を集めた。
 オーナーは首をカクカク縦に振ってくれた。

 私はエネルギー弾をスッと消滅させると、「雇用してくれて感謝する」と言い、胸に手を添えて一礼した。


 よし、これで職にありつけたぞ。
 あとは頑張るだけだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ