挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ペン先恐怖症

 怖いもの、それはこの世にごまんとあるが空野雄太にとって一番怖いものと言えばペン先である。
 それは元を正せば彼が五歳のとき、姉がペンを間違えて彼の手に突き刺したことに由来する。
 理由は簡単、彼の手のすぐそばにペン立てがあり、そこへペンを入れようとした姉が目測を誤って弟の手に突き刺してしまったのだ。
 それ以来彼はペンや鉛筆の先をみると脂汗が出るようになった。
 ペン先を見るたびあの時の痛みとドバドバと手のひらからあふれる血の感覚、そして、姉の悲鳴が一気に思い出す。
 ペンというものは必ず筆記の上で使用する事になる物であり、この事態は避けられないのだが、ペン先さえ自分のほうへ向けなければいいだけなので雄太はごく普通に過ごせている。
 ただ、一番怖いものと聞かれ、ペン先と言って怪訝な目で見られること以外は。

 了
 先端恐怖症と聞いて思いついたネタです。
 なんとなく瞬間的に突っ走って描いたネタです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ