挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 作者:木塚ネロ

 プロローグ

1/115

第1話 勇者、復讐を誓う

初投稿です。
毎日更新は無理かもですが、頑張ろうと思います。
見切り発車でどこまで行けるかわかりませんが、お付き合いお願いします。

*評価、感想を甘口から辛口まで大募集です。つまんなかったでも面白かったでもご感想お待ちしております
 汚い、穢らわしい、気持ちが悪い、吐き気がする。
 改めて周りを見回せばどいつもこいつもそんな人間ばかりだった。
 笑顔を浮かべて裏切り、ニヤニヤ笑って善意を踏みつけ、哄笑混じりに毒を盛る。

 こんな奴らのために必死に闘っていたバカみたいな自分をしばき倒したいが、時間を巻き戻すことはできず、絶望するばかりである。

 騙された俺が悪いと言われればそれまでの話で、だから、この結末は必然なのだろう。
 しかし、それで納得できるかと言われればそんなことはないわけで。

「………やったな」

「ったく、化物ですね、本当に」

「それもこれで終わりです。全ては神の御心のままに、悪は浄化されました」

 胸に突き刺さる剣に命の源がこぼれ落ちて行くのを感じながら、周囲を取り囲んだかつての仲間、いや、仲間だと思っていたモノたちを見る。

 これはきっと罰なのだ、盲目に信じるという言葉にすがった自分に対する罰。

 だからこそ、二度目があるなら、今度こそ間違えないようにしよう。

 だからこそ、もし次があるなら、確実に殺そう。

 王女を殺そう、騎士を殺そう、村人を殺そう、魔法使いを殺そう、戦士を殺そう、聖女を殺そう、武闘家を殺そう、暗殺者を殺そう、踊り子を殺そう、商人を殺そう、王様を殺そう、女王を殺そう、貴族を殺そう。
 こいつら全員、皆殺しにしよう、最も残酷な方法で、最も長く苦しむ方法で。

 来世でも忘れることはないように、心の奥に、深く、深く、深く刻み込む。

【システムメッセージ・復讐の聖剣が解放されました】

 薄れゆく意識の中、そんな声が聞こえた。だが、もう体はピクリとも動かず、何もすることはできない。

『なぁ、妾たちはどこで間違えたんじゃろうなぁ……、ただずっと、あの遊戯のような時間の中にいるために、どうすればよかったのかのぉ……、あるいは、最初からどうにもならなかったのか……。もし、また会うことが出来るのなら、今度はもっと、違う形で……』

 そうして、最後に思い出すのは、殺し合うしかなくなってしまったひとりの少女。今の俺と同じように体に剣を突き立てられ、仕方なかったと力なく笑った、魔王と呼ばれた少女のこと。

「っくく、あはははっごっ、アバハヴァハッハハハハ!!」

 吐血混じりに笑い声が出た。
 本当に笑える話だ、世界の敵と、勇者の宿敵と言われ続けて戦うしかなくなった魔王の方が本当の意味で一番の味方だった。ピエロだってもう少しマシに踊るだろう。

「っち、まだ死なねぇのかっ!」

「いえ、もう彼に立ち上がる力はありません。ですが、巨悪の浄化には少し時間がかかるのでしょう」

「そうですね、もう睨むくらいしかできないでしょう」

 笑い声に構え直す奴らの気配を感じながら、その通りだと思った。

 既に血を失いすぎて、思考すら綺麗にまとまらない。だから、口についたのはただ本能に刻み込んだ言葉だけ。

「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」

 カチリッ、とHPの全損が確定し、意識が闇の底に沈んだ。

 俺は、宇景海人(うけいかいと)は死んだのだった。

           ✩

【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了いたします。

 経過時間・04年112日17時間52分35秒。

経過時間によるレベル・経験値退行処理を実行します。
 退行分が獲得経験値を超過したため、レベルを初期値までリセット、負債として‐20000プールします。
 経験値を鍵にレベルの上限を10レベルごとに設定します。
 負債上限を退行分が超過しました。
 超過した退行分に相応するスキルを剥奪・退行処理を実行します。
 スキルの退行、剥奪に成功。スキルが完全初期化されました。
 退行分がスキルを超過したため、固有技能「心剣」の形態剥奪による退行処理を実行します。
 ………【復讐の聖剣】の効果により失敗。
 剥奪処理を中止し、経験値を鍵とした封印処理へと移行します。
 封印処理に成功。58種類中53種類の「心剣」の形態が封印されました。
 超過した退行分の相殺が終了しました。

 モード開始地点まで遡行準備を開始。………完了。
 モード開始地点までの遡行を実行します】
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ