挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神喰らい 作者:新殿 翔

白い闇の中にあるもの

「それで、どうだね。この世界を改めて見て回った感想は」
「……そう、だな。やっぱり、前にいた世界とは、何もかもが違うんだなって、そう思ったよ」


 答えると、くすりと笑う声。


「当然でしょう。そんなことは」


 当然だからって、そんな風にいわれると、少しむっとする。


「まあ、いいのではないかな。彼らしいと言えば、彼らしい」
「それってどういう意味だ?」


 褒めてるのか貶してるのか……微妙だな。


「つまり、ライスケはまだまだなーんにも分かってないんだな、ってことじゃないの?」
「……何気に毒舌だな、お前」


 しかもそっちのやつも同意するように一鳴きしたし。

 ……もう敵じゃないんだから、仲良くしてくれ。まったく。

 溜息をついて、俺はその白い空間に座り込んだ。


「地面に座り込むなんて行儀がなってないわね」
「ここに地面もなにもあるか。それに、もうヘスティアは座ってるじゃないか」
「ヘスはいいのよ」


 差別だ。


「それにしても、何度来ても不思議なとこだよね。ここは」


 バアルを肩の上にのせたヘスティアが辺りを見回す。

 ……白闇の空間。

 それは、俺の内面に広がる世界の、ほんの一端だ。

 俺と、そして欠片を持っていたからか、ティレシアス、アスタルテ、ヘスティア、バアルだけが出入りできる場所。


「我々が存在している、という点で言えば、もはや異質だがね」


 ティレシアスが言った。


「本来ならば原初の渦に沈む筈だった全てが、この白闇の中で等しく個を保てている。それは、どういう奇跡だろうね」


 ……そう。

 ティレシアスが言う通り、この白闇の中に喰われた全てには、個の意識があるらしい。現に今こうして俺の目の前にいるティレシアス達のように。

 俺は直には行けないのだが、ティレシアス達経由で聞いた話だと、白闇の中には巨大な世界があり、そこで今まで俺が喰らった存在がいて、普通の――そう。普通の生活を送っているのだと言う。

 ……当然、と言えば当然なのかもしれない。

 白闇は、温もりの闇で、個を認める闇だ。

 その中にあるものが、個を保てないわけがなく、そしてそこに温もりがないわけがない。

 つまり、営みがある。

 ……それを、素晴らしい、と思う。

 いわば俺は生きた世界一つ背負ってしまったわけだが、そんな俺の負担なんて気にならないくらいに、これは素晴らしいことだ。

 本当に、奇跡みたいだ。

 でも……俺は、実のところ違うと思う。

 奇跡みたいだけれど、これは……奇跡なんかじゃない。


「原初からの、贈り物、かな」


 小さく呟く。

 ――白闇の中には、原初がいない。

 確かに俺は原初を喰らった。

 なのにいないというのは、どういうことなのか。

 俺は、なんとなくこう思う。

 原初はいないのではなくて、姿を変えただけなんじゃないかと。

 この世界。

 この世界こそが……原初なんじゃないかと、俺は思っている。

 理由とかはないけれど……漠然と、そう感じるんだ。


「贈り物……なるほど。そういう考えもあるのだね」


 ティレシアスが感心したように頷く。


「人の世界を散々喰い散らかして、最後にいいところだけ持っていくのね」
「でも私はいろいろな人に会えるから嬉しいよ」


 アスタルテは肩を竦め、ヘスティアは屈託なく笑う。

 ……とても、彼女達が全てを原初の渦に沈めようとしていた張本人だったとは思えない代わりっぷりだ。

 というよりも、こっちが素なんだろうな。

 どうやらこの世界では、こいつらも平和に生きられるらしいし。

 いいことだよな、それって。


「しかし、君は大変だね」
「ん、なにがだ?」
「あちらの世界では世界平和を目指し、こちらの世界をまるまる背負う。並大抵のことではあるまいよ」
「……そう、だな」


 確かに重いし、道のりは果てしない。


「でも、ちょっとだけ、やりがいはあるかな、と思うよ」


 言うと、この場にいる全員の目が見開かれた。


「なんだよ、その目は」
「いえ……貴方がそんな前向きなことを言うなんて」
「もうこの世界、滅びちゃうのかな?」
「覚悟は決めておいた方がいいだろうね」


 とどめにバアルが悲壮を滲ませた泣き声をあげる。


「お前らひどいだろ!」


 俺って前向きなことくらい言うよ!

 いつまでも根暗なわけにはいかなんだし……。


「ふ。そうか」
「そうだよ」


 まったく。

 ――っと。

 身体が浮遊感に包まれる。


「そろそろ時間も限界か」
「だな」


 今日はここでお終い、か。


「まあ、がんばりなさいよ」
「がんばってね」
「がんばりたまえよ」


 バアルは翼を大きく広げた。


「……ああ」



 意識が浮上した。

 身体を起こす。

 視界に移るのは、朝日。

 ……ん。

 いい天気だな。

 立ち上がって、背中を伸ばす。

 さて、今日も張りきっていくかな。

 肺に新鮮な空気をとりいれ、頬を叩く。

 一ヶ月で世界一周。

 世界平和を目指す為にも、とりあえず世界を見ておかないといけないと思ったのだが……まずいな。

 あと期間が半分くらいしか残ってないのに、まだまだ見る場所が残っている。

 世界、広いなあ……。

 思い、目を閉じる。



「今日も平和な一日でありますように……」

ということで、終わりですっ!
長い間読んでいただいて、ありがとうございましたっ!

ちなみに番外編などを「新殿ファンディスク」という小説で公開していく予定です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―
感想を書く場合はログインしてください。
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。

  • ファンタジー
  • 連載(全80部)
  • 1012 user
  • 最終掲載日:2014/10/13 18:27
へんじがない。ただの偽勇者のようだ。

はあ? 勇者? そんなもん、光一にやらせろよ。俺には関係ないね。だから、とっとと元の世界に戻せ。  ……は? お前も勇者をやれ? 光一がいるなら、俺は必要ねぇだ//

  • ファンタジー
  • 連載(全94部)
  • 948 user
  • 最終掲載日:2014/02/09 02:10
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ファンタジー
  • 連載(全126部)
  • 879 user
  • 最終掲載日:2014/11/22 18:00
Re:Creator――造物主な俺と勇者な彼女――

 異世界<アルカディアス>に召喚された主人公は、元居た世界に返る為に魔王を倒しに旅に出た。というのも今は昔。色々あって帰還は不可能になった上に死に難//

  • ファンタジー
  • 完結済(全77部)
  • 1099 user
  • 最終掲載日:2012/04/03 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ファンタジー
  • 連載(全469部)
  • 1018 user
  • 最終掲載日:2014/11/21 17:00
ネクストライフ

山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。 どうも、ゲームの中の世界らしい。 その割には知らない事が多いけど……困惑しつつも、最強クラスだ//

  • ファンタジー
  • 連載(全176部)
  • 1077 user
  • 最終掲載日:2014/10/19 20:48
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ファンタジー
  • 連載(全206部)
  • 1207 user
  • 最終掲載日:2014/09/30 20:01
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ファンタジー
  • 連載(全84部)
  • 1059 user
  • 最終掲載日:2014/11/19 16:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ファンタジー
  • 連載(全213部)
  • 1050 user
  • 最終掲載日:2014/07/03 03:39
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~

 魔力の有無で枝分かれした平行世界「アース」。その世界へと、1人の男が落っこちた。「ゲームをしてたはずなのに……」。幸いなことにVRMMORPG≪Another//

  • ファンタジー
  • 連載(全275部)
  • 1014 user
  • 最終掲載日:2014/08/23 00:21
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ファンタジー
  • 連載(全651部)
  • 995 user
  • 最終掲載日:2014/11/27 10:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。 ※//

  • ファンタジー
  • 連載(全149部)
  • 1005 user
  • 最終掲載日:2014/05/27 23:23
月が導く異世界道中

 月読尊とある女神の手によって癖のある異世界に送られた高校生、深澄真。  真は商売をしながら少しずつ世界を見聞していく。  彼の他に召喚された二人の勇者、竜や亜//

  • ファンタジー
  • 連載(全208部)
  • 970 user
  • 最終掲載日:2014/09/03 22:00
風と異邦の精霊術師

 買い物帰りの自転車で、突っ込んだ先はファンタジー。異世界トリップ物です。  勢いで始めてしまった物語で、いきあたりばったり不定期更新です。  本作品には性//

  • ファンタジー
  • 連載(全121部)
  • 948 user
  • 最終掲載日:2013/06/15 00:37
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ファンタジー
  • 連載(全364部)
  • 933 user
  • 最終掲載日:2014/11/23 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

タイトルと作者名を変更しました。『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は学校の屋上でサボっ//

  • ファンタジー
  • 連載(全533部)
  • 853 user
  • 最終掲載日:2014/11/27 00:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める【富士見//

  • SF
  • 連載(全269部)
  • 843 user
  • 最終掲載日:2014/11/22 20:42
ワールド・カスタマイズ・クリエーター

不思議な声によって異世界に喚ばれた悠介は、その世界で邪神と呼ばれる存在だった? 歴史の停滞を打ち破り、世界に循環を促す存在として喚ばれた若者の魂は、新たな時代へ//

  • ファンタジー
  • 完結済(全20部)
  • 1167 user
  • 最終掲載日:2012/03/30 12:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

※この度、ヒーロー文庫様より、本作品が書籍化される事となりました。 10月末に発売となります。なお、ダイジェスト化の予定はございません※ 自分では全く戦う気の//

  • ファンタジー
  • 連載(全81部)
  • 896 user
  • 最終掲載日:2014/11/01 08:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ファンタジー
  • 連載(全89部)
  • 892 user
  • 最終掲載日:2014/11/17 00:00
幻操士英雄譚

異世界に飛ばされた最強系主人公が元の世界に帰る為に奮闘(?)するお話です。通勤通学もしくは帰宅中の電車或いはバスの中、気怠い時間を潰す際にお役立てください。※※//

  • ファンタジー
  • 連載(全63部)
  • 1129 user
  • 最終掲載日:2013/01/20 18:06
黒い剣の異世界譚

幼馴染はイケメンでモテモテのハーレム野郎。幼馴染じゃなかったら殴って埋めてる。でも何故か幼馴染。仕方が無いから俺等は友達。今日も一緒に学校から帰る。なにせ家が近//

  • ファンタジー
  • 連載(全63部)
  • 1040 user
  • 最終掲載日:2011/03/18 01:23
《Blade Online》

世界初のVRMMO《Blade Online》のサービスが開始された。しかしプレイヤーを待ち受けていたのはログアウト不能のデスゲームだった――。ゲームに囚われた//

  • ファンタジー
  • 完結済(全148部)
  • 875 user
  • 最終掲載日:2014/08/05 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ファンタジー
  • 連載(全249部)
  • 1190 user
  • 最終掲載日:2014/11/22 19:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ファンタジー
  • 連載(全139部)
  • 987 user
  • 最終掲載日:2014/11/26 23:27
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • SF
  • 連載(全80部)
  • 1080 user
  • 最終掲載日:2014/11/24 20:00
竜殺しの過ごす日々

なんの意図もからまずに異世界へと移動した幸助。 得た力は大きすぎるもの。 持て余しそうな力を持って幸助は異世界で生きていく。 異世界で幸助はなにをなすのか。

  • ファンタジー
  • 完結済(全71部)
  • 1334 user
  • 最終掲載日:2012/11/23 14:03
異世界チート魔術師(マジシャン)

異世界にワープした普通の高校生西村 太一。 現代ではどこにでもいる、ちょっと運動が得意なだけの彼は、異世界ではとんでもない規格外な存在だった。 地球に戻りたい//

  • ファンタジー
  • 連載(全112部)
  • 905 user
  • 最終掲載日:2014/08/31 23:59
異世界の王様

滝峰義人はそれまで平和な高校生活を送っていた。多くの友人に囲まれ、楽しい日々を送る毎日。そして今日も幼馴染みの北城優希や親友の藤倉志信と共に帰宅の途について……//

  • ファンタジー
  • 完結済(全191部)
  • 933 user
  • 最終掲載日:2013/11/10 00:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ファンタジー
  • 完結済(全73部)
  • 971 user
  • 最終掲載日:2013/01/01 08:00
地味な青年の異世界転生記

 子供のころから一緒に過ごしてきた幼馴染を真面目に一途に想っていた主人公は大学生の時あっさりと振られてしまう。失恋から立ち直り、新しい恋を見つけたその年のクリス//

  • ファンタジー
  • 連載(全174部)
  • 894 user
  • 最終掲載日:2013/12/29 00:00
↑ページトップへ