挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

コガレ

作者:光太朗
 この想いを、なんと呼べばいいのだろう。
 近くて遠いのは、憧れ。
 もしかしたら、焦燥、嫉妬……恋、のような何か。


 あなたに、なりたい。




   *




「似てるんじゃないかな」

 うしろから聞こえた無責任な声に、ショートカットを揺らして振り返る。
 あたしは返事をするのも忘れ、エイリアンでも見るような目をしてしまった。
 聞き間違いかと、耳を疑う。
 似ている、などと。

「ひどい顔するなあ。褒め言葉のつもりだったんだがね。絵美亜くん、色白だろう。体型も華奢だし」

 いかにも心外そうに肩をすくめながら、平べったい四角い箱を抱えて、巴さんが歩いてくる。吉元巴、この美術館の館長だ。幼いころから、学校帰りに直行してくるあたしを咎めるでもなく、優しく接してくれる。
 気を許せる、大切な存在。
 大好きな人、だけど。
 そういう冗談をいうひとだっていうのは、知らなかった。

「なにそれ。もう、皮肉にしか聞こえないよ。セーラー服着てたって男に間違われるあたしが、これに似てるって。こんなに美人だったら、とっくに人生バラ色だよ」
「似てるよ。モデルになった女の子が当時十七だったというから、年齢も同じぐらいだろう」

 驚いた。十七歳、まさに今日、なったところだ。
 似ている、を撤回する気はないらしい巴さんを、じろりと一瞥。確かめるためというわけでもないけど、フロアの中央に横たわる人形に、もう一度視線を落とした。
 膝辺りまでしかない青い柵の向こう側、床よりも一段高くなったディスプレイに、金の布が敷かれている。その上には、まるで今にも動き出しそうな、少女の人形。
 美術館ができたのは、十年ほど前だっただろうか。そのころからずっとある、ひどく精巧な人形だ。
 だだっ広いこのフロアには、この人形だけ。ネームプレートには、「初枝」としか書いていない。考えてみれば不思議な話だけど、深く考えたこともない。人形にまつわる歴史だって、何も知らない。
 そんなことは、どうだっていいのだ。
 まるで人間そのものなのに、決定的に違う姿。その姿に、あたしはずっと、惹かれていた。
 理由はよくわからない。
 惹かれている、というのも、本当は違うかもしれない。
 うまく言葉にならないのだ。

「お客様、そろそろ閉店時間ですが」

 長い付き合いなのに、わざと慇懃無礼ないい方。
 閉館のアナウンスは、もうとっくに流れて消えた。第一、入館料なんて払ったことないのに、お客様って。嫌味だ。

「いつもはもうちょっとサービスしてくれるじゃん。どうせ帰っても誰もいないし。もう少しいさせてよ」

 お願いの上目遣いを披露すると、巴さんは苦笑した。
 知ってる。しょうがないな、とかいいながら、巴さんはあたしに甘いんだ。
 お姉ちゃんたちと違って、とりたてて長所のないあたし。パパもママも、あたしのことなんていらないみたいだけど。
 巴さんは、ちゃんと、優しい。

「しょうがないな」

 案の定、巴さんはそういって肩をすくめた。

「けど今日は、ちょっと忙しいんだ。展示品の入れ替えがあってね。新しい着物が手に入って」
「着物?」

 思わず、甲高い声をあげてしまった。

「入れ替えって……え、もしかして、この人形の着物? どういうこと?」
「美術品として価値があるのは、人形本体よりも、むしろ着物の方なんだよ。そんなことも知らずに見てたのかい」

 知らなかった。ちょっとショックだ。
 こんなに綺麗な人形なのに、この子自体には、価値はないのだろうか。
 十年通っているけど、新しい着物の登場なんて初めてだ──そう思ったら、ちょっと興味が沸いてきた。
 面白いかも。

「ね、その着物、見せて!」

 巴さんは目を丸くした。どうせ明日になったら見られるのにって、そんな顔だ。
 でも、次の瞬間には、しょうがないなって、いつもみたいに肩をすくめる。そこでやっと、あたしは気づいた。このフロアに入ったときから持ってる、四角い箱。

「……もしかして、それ?」
「まあね」

 あたしの目は、巴さんの腕の中の箱に釘付けになった。
 それほど厳重そうにも、価値がありそうにも見えない、普通の箱。マーケットで安売りの浴衣を買ったって、これぐらいの箱になら入れてくれそうだ。
 なんだか、じりじりした。
 一度気になってしまっては、もうそこから目が離せそうにもなかった。一刻も早く見てみたい。そういう特別って、わくわくする。

 突然、シンバルを打ち鳴らしたみたいな大きな音が響いた。なんだか叱られたようで、あたしは身を縮こまらせてしまう。
 ケータイの着信音だった。巴さんの、だ。オーケストラが続く。
 はい、と電話に出て、なんだか難しそうな会話。見上げるあたしと目が合って、巴さんはちょっと困ったような顔をした。
 ケータイはそのままで、あろうことか、着物が入っているという平たい箱を、床に置く。

「ちょっと急用だ。ここに置いておくけど、触っちゃだめだよ。あとでちゃんと、見せてあげるから」

 ケータイを離して、あたしにそう忠告する。
 返事も待たず、もしもし、と会話に戻ると、フロアから出て行ってしまった。
 取り残された。
 広いだけのフロアに、一人。

「触るなって……」

 ため息が出る。
 価値のあるという着物を、こんなふうに床に置き去りにして。あたしが泥棒とかだったらどうするんだろう。信頼されてるってことなのかもしれないけど。
 あたりまえに、箱の中身が気になった。
 巴さんはいない。
 だれもいない。
 ──着物には触らなくても。紐を解いて、箱を開けて、ちょっと覗くぐらいなら。
 たったそれだけだ。たいした罪悪感もない。あたしはほとんどためらわずに、浅葱色の紐を引くと、そっとふたを持ち上げた。

 息を飲んだ。
 濃い茶色の、無地の着物。価値なんて、もちろんわからないけど。
 人形に抱くのと酷似した感情が、芽生える。
 いてもたってもいられなくなる。

「着てみたい」

 思わず、声になっていた。
 これを着たら、どうなるだろう。髪だって短くて、もちろん美人でもないし、あたしが着たところでどうにかなるなんて、思ってはいないけど。
 でも、近づけるかもしれない。
 彼女のように、なれるかもしれない。
 状況とか理性とか、そんなものはどこかに行ってしまっていた。
 あたしは薄汚れたセーラー服を、その場で脱ぎ捨てる。
 着方なんて知らない。けどそれだってあたしを留まらせる理由にはならなかった。薄い順に三枚の着物を羽織って、帯らしきものを無造作に結ぶ。
 おかしな気持ちになった。
 まるで、自分が自分でなくなるかのような。

 この気持ちは、なんだろう。
 ただ横たわっているだけなのに、これほどまでにあたしの心を支配して、決して消えることのない少女。
 触れたい、と思った。
 あたしは何かに操れられるかのように、人形に近づいていった。
 背の低い柵など容易に越えて、ディスプレイに上る。
 初枝という名の少女を、いつもよりも間近で、見た。

 綺麗だった。
 黒く長い髪は無造作に咲き誇り、紅い着物は清らかに乱れて。
 存在している、それだけなのに。

 この気持ちは、なんだろう。

 あたしはそうっと、金の布の上に横たわった。
 彼女の隣に並ぶのではなく、彼女の反対側から、まるで違う存在であることを強調するかのように。
 目の前に、白く細い手。
 少し伸ばせば触れられるところで、あたしを呼んでいる。

 手を伸ばした。
 後ろめたさに、どうしようもなく高揚する。
 あと少し。
 あと少し。
 あと少し。

 とうとう、触れた。




   *




 この想いを、なんと呼べばいいのだろう。
 近くて遠いのは、憧れ。
 もしかしたら、焦燥、嫉妬……恋、のような何か。

 わたしは立ち上がった。
 長い髪を後ろに払い、乱れた着物を整える。
 金の布の上、気が遠くなるほどの長い間、わたしが横たわっていた場所に、新しい人形の姿。見慣れたその姿を、見下ろした。
 茶の着物に、短い髪。うつろな瞳は、幸せであるようにも見える。
 どちらにしろ、わたしにはもう、関係のないことだ。

「初枝」

 わたしの名を呼ぶ、愛しい声。
 願いをかなえてくれた、大切なひとの声。

 わたしは微笑んで、声の方へ歩き出した。










読んでいただき、ありがとうございました。

これは、『小説風景12選』(9月)参加作として、乙麻呂先生のイラストに物語を加えさせていただいたものです。
同じイラストに、複数の書き手が異なった物語を執筆しています。よろしければそちらもご覧下さい。
1218464214-8221.jpeg

*「小説喫茶」*
↑他の作品はこちらから。

・HP・ 小説、イラスト、blog等々。
光太朗小説処へ


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ