挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

帰還

作者:光太朗
「やめて、やめて」
 小さなひとが、泣いている。
 手の形をしたそれで、懸命に小瓶を叩き、ここから出してと叫んでいる。
 女はじっと、小さなひとを、見つめた。
 何を泣いているのだろうと、ほんの少しの疑問が生まれる。
 しかしそれも、すぐに消えてしまった。
 まるで、最初からなにもなかったかのように。
 空と海とが、あらゆる色を吸い込んでいた。それは空間そのものとなって、女と小さなひととを包み込む。
 この世界に、二人だけ。
 正確には、二人ではなかったのかもしれない。
 女は胸元まで海に浸かっていた。しかし、それが本当に海なのかどうか、女にはわからなくなっていた。
 何も感じなかった。
 冷たさも。
 あたたかさも。
「わたしをいったい、どうするの」
 小さなひとの問いに、ほんの少しだけ首をかしげる。
 どうしてわからないのだろう。
 目的など、ひとつしかないのに。
「海に、かえすのよ」
 


****



 ──この海を救いたい?
 物好きなことだねえ。


 海は死のうとしていた。
 魔女の呪いだとひとはいった。
 青は藍色に、黒に、あるいは鮮やかな赤に。
 魅入られそうになるほどの色彩を湛え、静かに狂っていった。
 小さな生き物は死に絶えた。
 ひとでさえ、長く触れれば命を落とした。
 海は変わってしまったのだ。
 ひとが諦め、海を海としない生活を求め始めたころ、ひとりの姫が立ち上がった。
 海を取り戻しましょう。
 魔女に会いに行きましょう。


 ──あたしがやったって?
 とんでもない。
 避けられないことだったのさ。
 あんたたちは海をあまりにも軽んじた。
 あんたたちは海から生まれたのに、それすらも忘れてしまった。


 軽んじてなどいないと、姫は否定した。
 しかし同時に、反省もした。
 そして、行く先を見据えた。
 二度と同じ過ちは繰り返しません。
 わたしは心から、海を愛しているのです。
 あの美しい海を、もう一度見たいのです。
 もとの海に戻すことは、できないのですか。
 魔女は笑う。
 なんと身勝手なと、ひどく愉快そうに。


 ──できるとも。
 材料が必要だがね。
 海の命を取り戻すのさ。
 あんたに用意できるかい。
 あんただけの力で、揃えなくちゃあいけないよ。
 そうでなきゃ、極上の材料は集まらない。


 姫は誓った。
 必ず揃えてみせます。
 必ず海を、取り戻してみせます。
 魔女のいうとおり、それらすべてを揃えるのは、決して容易なことではなかった。
 すべてを集めるのには、気の遠くなるほどの年月を要した。
 千の夜空の下で、小瓶にひとつの星の砂を。
 万の朝陽を浴びて、ひとさじの光の粉を。
 もっとも高い山の上で、一本の竜のひげを。

 そして、もうひとつ。



****



「やめて、やめて」
 小さなひとが、すがる。
 女はこたえず、そっとそれを小瓶から出した。
 そのまま、海に沈める。 
 海の中で、小さなひとがもがき、苦しんでいる。
「知っているのよ」
 意識とは別のところで、女はつぶやいていた。
「あなたは、もういないの」
 最初から、知っていたことだ。
「いないのよ」
 わかっていたことだ。
 わかっていて、女は選択した。
「黙って」
 それは、ひとりごとだった。
 小さなひとは、糸が切れたように静かになった。
 本当はなにも叫んでなどいなかった。
 本当は、そんなものはいなかった。
 聞こえていたのは、耳に残った少しの欠片。
 見えていたのは、瞼に焼き付いたそれらの名残。
 ひとの姿を、していただけ。
 そんなふうに、思えただけ。
 小瓶に入れたのは、四つの材料だ。
 星の砂。
 光の粉。
 竜のひげ。
 そして、もうひとつ。
 それがなんであったのか、女は考えない。
 女の見下ろす海の中、小さなひとの形をしたものは、次第に輪郭を失っていった。
 それはやがて、青の塊に変化した。
 混沌の中でなお光を失わない、命そのもの。
 女の手から、徐々に光が溢れ出す。
 海を、覆いつくしていく。
 藍、黒、あるいは赤だったそれが、青に染められていく。
 女は表情を変えなかった。
 朝陽が新たな光の粉を振りまいて、鮮やかな青が次第に露わになっていったが、それはただ、女の目に映っているだけだった。
 海に生命の力が蘇る。
 本来の姿を、取り戻していく。
 再生の瞬間だった。
 海は、命を取り戻したのだ。
 待ち望んだ光景であったはずなのに、その海の片隅で、女はただ無表情に、立っていた。
 うつろな眼をぐるりとめぐらせ、赤い瞳で青を見る。
 それだけだ。
 涙も流れない。
 なにも、感じない。
 そっと、両手を見た。
 青に溶けようとしていた。
 消えていくのだ。
 生まれた海に、なにもかも。
 最後に、女は思い出す。
 遠い昔、姫と呼ばれていたときのことを。



 星の砂を、小瓶にひとつ。
 光の粉を、ひとさじ。
 竜のひげを、一本。

 ──そして、もうひとつ。
 
 しわがれた魔女の声が、聞こえた気がした。
 消えゆく刹那、残った瞳が、海にまみれて水を零した。

 ──人間の命を、あるだけぜんぶ。





読んでいただき、ありがとうございました。

元となったイラストは企画サイトにあります。ぜひご覧ください。
(※企画は終了しております)

企画サイトへ

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ