挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

誓い

作者:癸 那音
すとむみずみといいます。
初投稿です。
青春ラブです。
頑張って書きました。
感想、アドバイスなどいただけると幸いです。
「僕はケンのこと、好きだよ」
 ユウが俺を見て言った。
「俺も! 俺もユウのこと、好きだ! 大好きだ!!」
 俺はユウの目を見て言った。そして互いのくちびるを――。

『リリリリリ』
 目覚ましが俺の耳許でやかましく喚いて、俺を強引に起こした。
「夢か……」
 そう呟いたあと、舌打ちを無意識に鳴らした。ついに夢にユウが出てきた。
 俺とユウは、いわゆる幼馴染みだ。今年で中学2年生になった。中学生になっても、ユウは自分のことを"僕"と言い続けている。それがユウの可愛いところだ。
 2年生になっても、俺とユウは同じクラスになった。それはすごく嬉しい。
 ユウは2年生になってますます可愛くなった。嬉しいが、ユウは今日もクラスの女子と話している。それは嫌なことだ。正直、嫉妬してしまう。
 もちろん、1年の時もよく女子と話していたが、今程ではなかった。ユウは友達が増えただけだよ、と言っていた。けど、俺にとってはそういう問題じゃない。
 とにかくユウが他のやつと話しているのが、我慢できない。

 授業が始まっても、俺はユウのことばかり考えていた。
「坂井! 坂井、聞いてるのか!!」
 担任の柏の声も耳に入らない。
「ケン! 柏が呼んでるぞ」
 後ろの席の友達が教えてくれた。
 俺は慌てて立ち上がる。
「はい! 起きてます」「じゃあ、俺がさっき言った所読んでみろ」
「聞いてませんでした!!」
 クラスじゅうから爆笑がおこる。もちろんユウも。
「もういい、座れ」
 柏は俺を座らせ、別の生徒を指名した。
「よし、じゃあ広田、読んでみろ」
指名されたのはユウだった。
「はい!!」
ユウは元気よく返事をし、席をたって教科書を読み始めた。
「よし、そこまで」
 ユウは読み終わり席につき、俺の方を見て、ニヤリと笑う。
 俺が読めなかったのは、おまえのせいなんだよ。

 結局、6コマの授業で、まともに受けれたものはなかった。

 放課後、俺はユウを誘って、というよりいつものことだが、一緒に帰った。 今日みたいに授業に身が入らないなら、俺とユウの、この中途半端な関係をどうにかしたい。
 そして、帰り道。
「あの……さ、ユウ……」
 ユウは俺の方を向いた。
「なに?」
 ユウがまっすぐに俺の目を見ている。
「いや、なんでもない」
 やっぱり言えなかった。おまえのこと好きだ、なんて簡単に言えるわけない。
「じゃ、僕からも話があるんだ」
 今度はユウが話しかけてきた。
「なんだよ」
 そう言うと、ユウは顔を赤くして、
「僕、僕ね!ケンのこと好きだよ」
 ――!! おどろいた。
 が、聞こえなかったフリをした。
「ねぇ、ケン! 聞いてるの?」
「うるせぇよ」
「むぅ~」 ユウがふくれっ面をした。

 しばらく歩くと、河川敷が見えてきた。昔よくユウと遊んだ河川敷だ。
「ユウ、ちょっと休もうぜ」
「うん」
 俺とユウは芝生に腰を下ろした。
「なぁ、ユウ……さっきの話だけどさ」
 俺はユウを見ずに言った。
「うん……。あ、僕は本気だよ!」
「ほんとに?」
「ほんとにっ!!」
 いつの間にかユウの目は本気になっていた。
 それを確認し、決意を固めた。
「……俺も!」
「えっ?」
 ユウがおどろく。
「俺も、ずっとユウのことが好きだったんだ」
 言ってしまった。
 陽が落ちるのが早く、もうすっかり空は赤くなっている。しばらく俺もユウもなにも喋らなかった。
「……うれしい」
 ユウが呟いた。
「俺もうれしかった。ユウが俺のこと好きって言ってくれた時、ほんとにうれしかった」
 俺の心臓は、まだバクバクと鳴っている。
「……ありがと」
「ユウもありがとな」
 ユウの目がウルウルと揺れている。
「ね、ケン」
「なんだよ」
「……誓って」
「誓う? なにを?」
「一生僕のこと愛すって誓ってよ。僕の目を見て。そしたら僕も誓うから」
 誓い、か。ユウらしいな。
「それとも、そんなこと、誓えない?」
 恥ずかしげなユウは、とても可愛い。
「ぜんぜん。誓ってやるよ」
 できるだけ悟られないように言ったが、内心すごく恥ずかしかった。
 呼吸を整え、 自分に言い聞かす。
 落ち着け、落ち着け、落ち着け……。
 そして、深呼吸をひとつして、言った。
「俺っ、坂井健は、一生ユウを愛します!」
 ただ、恥ずかしかった。
 俺はしゃがみ込んでユウに背中を向けた。
「次は、ユウの番だぞ。……はやく言えよ」
「じゃあ、こっち向いてよ」
 俺は立ち上がり、ユウの方を見た。
 鼓動はまだ落ち着かなかった。
 ユウの目を見れなかった。
 しかし、ユウの言葉を絶対に聞き逃したくなかった。
 さすがのユウも、緊張するんだろうか。
 それとも、俺のドキドキが移ったのか。
 スーッと呼吸音が聞こえた。
「僕、いや、わたし広田友子は、一生ケンを愛します!!」
 俺は、すごく幸せな気持ちになった。
「……ねぇ、ケン」
「なんだよ」
「僕、僕のこと僕って言うの、やめた方がいい?」
「どっちでもいいよ。ユウの好きにすればいい。ユウが僕って言わなくなったからって、俺はユウのこと嫌いになったりしない」
 最後に言おうか迷ったが
「誓っただろ」
 そう付け加えた。
ぼくは昔から男女錯誤ネタを書きたかったので、こういう作品になりました。もうちょっとキャラを掘り下げられればと思ったのですが。

お読みいただきありがとうございました。
もしよければ感想を書いていただきたいです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ