挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ニューキーツ 作者:奈備 光

1章 海は知っている

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/126

2 記憶の駅

 車窓には単調な白い景色が広がっていた。
 ここ数年、日本に雪が積もるということはなくなっていたが、今年は例外で、関西でも時折雪が舞った。

 この雪景色が隠しているもの。
 大地の様子を、生駒は知っていた。
 生駒が知っていただけではない。日本中の誰もが知っていることだった。

 かつての豊かな田園地帯と陽光溢れる街々。多くの観光客を集めた著名な温泉地。
 そういう郷愁を生む風土だけではなく、道路も信号機も、家々も、そして人々の姿も、何もかも、雪が覆っていた。

 サンダーバード号は、特急列車とはお世辞にもいえないギクシャクとした動きで、ノロノロと雪を掻き分けつつ北陸の地を進んでいた。

 生駒は、前に座った綾の顎の辺りを見つめていた。
 横顔に夕陽が当たっている。
 痩せた頬。
 美しい顔立ちに似合わない、がさついた肌。
 長い髪は健在だが、少女の頃の艶やかさはもうすでにない。

「雪よね」
 大阪から列車に乗り込んでから、はじめて口を開いた綾は、目の前に広げた食べかけの弁当に蓋をした。
「ああ、珍しいね」
「おじさんとの旅行も、これが最後になるのかな」

 生駒はなにも応えることができなかった。
 最後……。
 そうかもしれない……。

「死にやしないよ」
「うん」
「何しろ相手は、女神なんだから」
 女神という言い方に、綾は久しぶりに目を合わせて、少し笑った。


 もう、どれだけ話し合ったことだろう。
 この旅は、自分が行かなくては。いや、自分のための旅なのだから、と主張し続けた生駒。
 私の出した結論に、自分で決着をつけたいという綾……。

 三ヵ月間、準備の傍ら、その議論は膠着し、こうして二人して日本海に沿って北上している。

 列車は加賀を過ぎた。
 もう何年も前に無人化された列車に、到着駅のアナウンスはない。
 そもそも、このあたりになると、乗客は数えるほどしかいない。二人が乗る車両にも他の人影はない。

 窓の外の景色が、微妙に変化し始めていた。
「ほら、見て」
 綾が久しぶりに声をあげた。
「雪が」
 深く降り積もり、白一色だった雪原に変化が起き始めていた。
 家屋の残骸が垣間見えるようになっていた。時折、かつては田園であったと思しき地形が見えたりする。
 雪解けのように、斑に。
 山の緑が濃くなったようにも感じる。
 そして、陽の光が少し強くなったようにも感じた。
「こっちは暖かいんだ」
 終着駅、金沢まで後四十キロほどだろうか。


 金沢駅。
 日本中、どこの町もそうだが、しんと静まり返っていた。
 プラットホームにもコンコースにも人影はない。改札さえも、無人だ。
 駅だけではない。
 街中に、動くものの気配は感じられなかった。

 かつてはあれほど賑やかだった大きな天蓋のある駅前広場には、崩れかけた数台のバスや車が放置されてまま。
 もてなしドームと呼ばれた門や、歩行者通路の屋根のガラスはすべて割れ落ち、骨組みだけとなっていた。
 それさえも錆び付いて、薄暗くなりかけた空に白い残骸を晒すのみである。
 店という店、ビルというビルはシャッターを降ろし、あるいは略奪の跡を残したまま、既に廃墟と化していた。

 雪は全く積もっておらず、むしろ蒸し暑いとさえ感じた。
 ただ、空だけは冬空らしくどんよりとして、今にも振り出しそうな雲行きだった。
 ただ天空の一点を除いて。


 生駒は駅前広場への階段を下りようとはせずに、街の様子を観察した。
 大通りを遠く、ぼろをまとった人間がふらふらと横切っていくのが見えた。
 コンコースへ戻った方がいいだろう。
 自分は老人である。連れは女。
 この街の住人に好奇の目で見られて、良いことが起こるとは思えなかった。
 今晩は、コンコースの人目につかないところで眠ることになるだろう。


「どこに行くのか」
 唐突に呼びかけられて、生駒は思わず躓きそうになった。
 綾が生駒のコートの影に身を隠そうとした。
 そのまま逃げ出したい衝動に駆られたものの、体が自然と振り向いた。
「聞こえないのか。質問している!」

 戦闘服に身を包み、武器を携えた男が二人立っていた。
「……」
 若い兵士がゆっくりと軽機関銃を水平に構えるのを、上官らしき方が押し留めた。
「我々は、陸上自衛隊中部方面隊金沢駐屯地のものである。改めて聞く。どこに行こうとしているのか」

 生駒は肩の力が抜けた。少なくとも、この男達は自分達に危害を加えるものではない。
 しかし、生駒は嘘を言った。
「故郷なのでね」
 この街の住人ではないことは、この自衛隊員の目に一目瞭然だ。
 自分達を誰何する目に、強い不信感が表れている。
 本当のことを話したところで、理解してくれるとは思えなかった。
 むしろ、自分達の目的を阻まれることは目に見えていた。

「観光に」
 この街に、なんと似つかわしくない言葉だろう。
 見え透いた嘘に自衛隊員が納得するとは思えなかったが、それ以外にいい言い訳は思いつかなかった。
cont_access.php?citi_cont_id=526017838&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ